更新プログラムのロールアップ 2 の詳細については、Exchange Server 2010 の Service Pack 1

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2425179
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft 更新プログラムのロールアップ 2 は Microsoft Exchange Server 2010 サービス パック 1 (SP1) をリリースしました。 この資料には、更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップで修正される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするのには、前提条件

概要

更新プログラムのロールアップで修正される問題


Exchange Server 2010 SP1 用の更新プログラムのロールアップ 2 は、次のマイクロソフト サポート技術資料に記載されている問題が修正されます。
  • 983186ユーザーのメールボックス エイリアスが含まれています、"?"が予期せず、ユーザーのメールボックスを Exchange Server 2010 環境で作成するのには、有効にするメールボックスのコマンドレットを実行した後の文字
  • 2295902例外発生 iCalendar の定期的なメッセージの Exchange Server 2010 メールボックス ユーザーから除外されていません
  • 2385017Exchange Server 2010 環境内のアイテムの所有者でも、パブリック フォルダーのアイテムを編集できません。
  • 2385194メールボックス サーバーの場合は、MAPI アプリケーションを使用して、Exchange Server 2010 のメールボックスに接続できないし、クライアント アクセス サーバーが別のコンピューターにインストールされています。
  • 2397171返信または大きな電子メール メッセージは、Exchange Server 2010 のメールボックスに転送することはできません。
  • 2403783Exchange Server 2010 環境では、OWA を使用してアイテムを開くときの日付フィールドには、パブリック フォルダーのアイテムに誤ったラベルが表示されます。
  • 2408924Exchange Server 2010 環境では、"UploadItems"操作が「更新」アクションまたは"UpdateOrCreate"アクションを使用すると、アイテムの件名が削除されます。
  • 2409597Exchange Server 2010 環境では、メールボックス データベースの既定のパブリック フォルダー データベースが使用できない場合は、パブリック フォルダーのアイテムを開くことができません。
  • 2423776Exchange インフォメーション ストア サービスは、パブリック フォルダー レプリケーション プロセスは、Exchange Server 2010 のパブリック フォルダーの中に頻繁にクラッシュします。
  • 2431500いくつかの Windows XP ベースのコンピューターから Outlook Anywhere を使用して、Exchange Server 2010 のメールボックスを同時に接続できません。
  • 2433642Exchange Server 2010 は、コンピューターに電子メール メッセージの添付ファイルの破損したファイル名"FETCH (BODYSTRUCTURE)"コマンドを返します
  • 2452075Exchange Server 2010 SP1 のインストール後は回復用データベース、サーバー上のメールボックスに接続できません。
  • 2458005PST ファイルは、Exchange Server 2010 のメールボックスにインポートするのには、[新規作成-MailboxImportRequest コマンドを使用すると、Exchange メールボックスのレプリケーション サービスがクラッシュします。
  • 2458419"一時的な変更は、別のサーバーに接続する必要がありますしました"というエラー メッセージが Exchange Server 2007 のメールボックス ユーザーは、Exchange Server 2010 のクライアント アクセス サーバーを使用してメールボックスにアクセスしようとすると
  • 2322161パッシブ コピーに再生キューの長さのメールボックス データベースでデータベースの可用性のグループの Exchange Server 2010 環境では、増え続ける
  • 982004Exchange Server 2010 ユーザーがパブリック フォルダーにアクセスできません。
  • 983492Exchange Server 2010 パブリック フォルダーの更新されたコンテンツを表示できません。
  • 983549Exchange Server 2010 は、リダイレクトされた電子メール メッセージの受信者リストから、送信者の電子メール アドレスを削除します。
  • 2467001MSExchangeTransport.exe プロセスがクラッシュまたは Exchange Server 2010 SP1 がインストールされているハブ トランスポート サーバーの応答を停止します。

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

To download and to install Update Rollup 2 for Exchange Server 2010 SP1, visit the following Microsoft Update website:
http://update.microsoft.com
注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。Microsoft Update does not detect Update rollups on Exchange Server 2010 Mailbox servers that are part of a database availability group (DAG).

You may want to deploy Update Rollup 2 for Exchange Server 2010 SP1 to multiple computers that are running Exchange Server 2010 SP1. Or, you may want to deploy Update Rollup 2 for Exchange Server 2010 SP1 to Mailbox servers that are part of a database availability group (DAG). The update rollup is also available from the Microsoft Download Center.

The following file is available for download from the Microsoft Download Center:
Download the Exchange2010-KB2425179-EN-x64 package now.
Release Date: December 14, 2010

Important information for customers installing the update on computers not connected to the Internet

When you install the update rollup on a computer that is not connected to the Internet, you may experience long installation times. Additionally, you may receive the following message:

"Creating Native images for .Net assemblies."

This behavior is caused by network requests that connect to thehttp://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crlWeb サイト。 The network requests look up the certificate revocation list for each assembly that native image generation (NGen) compiles to native code. However, the Exchange Server is not connected to the Internet. Therefore, each request must wait to time-out before it moves on.


To resolve this problem, disable “Check for publisher’s certificate revocation” on the server that you are upgrading.

1. In Internet Explorer, selectオフィス機器, select[インターネット オプション、、をクリックし、詳細設定Tab.

2. In theセキュリティsection, clear theCheck for publisher's certificate revocationチェック ボックスです。

3. ClickOK閉じるには、[インターネット オプションダイアログ ボックスです。

We recommend that you clear this security option in Internet Explorer if the computer was in a tightly controlled environment. When setup is complete, recheck theCheck for publisher’s certificate revocationチェック ボックスです。

Important information for Outlook Web App users about Outlook Web App customization

更新プログラム ロールアップ パッケージを適用すると、それらが必要な場合、更新プロセス経由で Outlook Web アプリケーションのファイルをコピーします。 Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web アプリケーション ファイルを変更した場合、Outlook Web アプリケーションが正しく更新されているかどうかを確認するのには、カスタマイズは上書きされます。 更新プログラム ロールアップ パッケージを適用した後、Logon.aspx に Outlook Web アプリケーションのカスタマイズを再作成する必要があります。

更新プログラムのロールアップを適用する前に、常に、カスタマイズした Outlook Web アプリケーション ファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。 Outlook Web アプリケーションのカスタマイズの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Outlook Web アプリケーションのカスタマイズの詳細に関する一般情報
インターネットに接続されていないクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、CAS プロキシの展開のガイダンスのお客様は、CAS、CAS のプロキシを展開している場合は、更新プログラムのロールアップをインターネットに接続されたクライアント アクセス サーバーに適用されます。 その他の Exchange Server 2010 構成では、更新プログラムのロールアップは、サーバーに適用される順序は重要ではありません。

CAS、CAS のプロキシ処理の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
CAS、CAS のプロキシに関する一般情報

前提条件

次に、には Exchange Server 2010 SP1 用の前提条件、更新プログラムのロールアップ 2 が含まれます。
  • この更新プログラムのロールアップを適用する前に、コンピューターに Exchange Server 2010 SP1 をインストールします。
  • この更新プログラムのロールアップを適用する前に Exchange Server 2010 SP1 のすべての暫定的な更新プログラムを削除します。
再起動の要件

必要なサービスは自動的に停止し、この更新プログラムのロールアップを適用すると、再起動します。

アンインストール情報

Exchange Server 2010 SP1 の更新プログラムのロールアップ 2 を削除するには、使用します。追加し、プログラムを削除します。コントロール パネルから行う。。 次に、更新プログラム 2425179 を削除します。

参照
Microsoft を使用してソフトウェア更新プログラムについて説明する用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明


プロパティ

文書番号: 2425179 - 最終更新日: 2010年12月31日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2425179 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2425179
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com