Windows でフォルダーのリダイレクトのためのレジストリ設定

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 242557 - 対象製品
Notice
この資料は Windows 2000 に適用されるものです。2010 年 7 月 13 日をもって Windows 2000 のサポートは終了します。、 Windows 2000 のサポート終了のソリューション センター Windows 2000 からの移行戦略を計画するための開始点です。詳細についてを参照してください、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Windows NT 4.0 では、場所を変更するシステム ポリシーを実装することができます、スタートアップ フォルダー、デスクトップ、[スタート] メニューまたは [ネットワーク コンピューター] フォルダーの既定の場所から。Windows 2000 では、グループ ポリシー エディターを使用できます。ポリシー エディターで [カスタム フォルダー] オプションは、Windows 2000 では、フォルダー リダイレクトと交換済み。

詳細

重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

Windows 2000 では、次の項目の位置を変更できます。
  • アプリケーションのデータです。
  • デスクトップ。
  • マイ ドキュメント フォルダー。
  • マイ ピクチャ フォルダーです。
  • [スタート] メニューです。
フォルダー リダイレクトで現在利用できる次のオプションの場所を次に示します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User シェルのフォルダー
Name: AppData
Type: REG_EXPAND_SZ
Data: %USERPROFILE%\Application Data

Name: Desktop
Type: REG_EXPAND_SZ
Data: %USERPROFILE%\Desktop

Name: Personal
Type: REG_EXPAND_SZ
Data: %USERPROFILE%\My Documents

Name: My Pictures
Type: REG_EXPAND_SZ
Data: %USERPROFILE%\My Documents\My Pictures

Name: Start Menu
Type: REG_EXPAND_SZ
Data: %USERPROFILE%\Start Menu
				
次の使用例は、フォルダー リダイレクトを使用して、デスクトップのフォルダーの場所を変更する方法を示します。
  1. クリックしてください。 スタート、を指す プログラム、を指す 管理ツール、し、[ Active Directory ユーザーとコンピューター] をクリックします。
  2. Usbehci.sys Domainプロパティ プロパティ.
  3. をクリックします グループ ポリシー タブをクリックしてください 既定のドメイン ポリシープロパティ 編集.
  4. グループ ポリシーを起動すると] をクリックします。 ユーザーの構成[ Windows の設定プロパティ フォルダーのリダイレクト.
  5. Usbehci.sys デスクトップのフォルダープロパティ プロパティ.
  6. これで、デスクトップのフォルダーの場所を構成できます。で、 設定 ボックスを拡張 - さまざまなユーザー グループの場所を指定] をクリックしてをクリックしてください 追加.
  7. をクリックします 参照 クリックして、 セキュリティ グループのメンバーシップ ボックスし、[ドメイン] ボックスの一覧から選択したグループ] をクリックします。
  8. クリックしてください。 ターゲットの場所のフォルダー、UNC パスを使用して、デスクトップのフォルダーを配置する場所をします。
  9. をクリックします 設定 タブします。既定では、次の設定の両方が有効になって。
    • 有効にすると、ユーザー デスクトップに排他的な権限を与える] チェック ボックスをオンをアクセス許可フォルダーに、ユーザーおよびシステムの完全なアクセス許可。チェック ボックスをオフをクリックすると、フォルダーのアクセス許可は変更されません。
    • 有効な場合、新しい場所にデスクトップの内容を移動する] チェック ボックスをオン内容を新しい場所に移動します。チェック ボックスをオフをクリックすると、内容は削除されませんしています。
  10. で、 ポリシーの削除 ボックスで、[新しい場所のポリシーが削除されたときに、フォルダーのままにして、または、ポリシーが削除されたときにローカルのユーザー プロファイルの場所にフォルダーをリダイレクトします。既定では、最初のオプションが選択されます。
  11. クリックしてください。 適用[ ]、し、グループ ポリシー エディターを終了します。
  12. 管理者アカウントをログオフし、再度ログオンします。
ユーザー ログオン後にもう一度、デスクトップ フォルダーを新しい場所にリダイレクトする必要があります。ターゲットの場所として指定した場所を確認することができ、レジストリの設定がこの資料に記載します。関連トピックに関する詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示する下記事番号をクリックします。
227302 SECEDIT を使用して、グループ ポリシーの更新をすぐに強制するには
232692 Windows でフォルダーのリダイレクト機能

プロパティ

文書番号: 242557 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
キーワード:?
kbenv kbinfo kbmt KB242557 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:242557
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com