PRB: 12 章: RDS ハンドラー エラー メッセージ セキュリティの設定のために

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 243245 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

リモート データ サービス (RDS) を使用して、 DataFactory オブジェクトを通して、または、Microsoft リモート プロバイダーを通じて、ActiveX データ オブジェクト (ADO) レコードセットの要求を場合、次のエラー メッセージのいずれかを取得ことがあります。
ハンドラーは必須であり 1 が指定されていません。
- または -
指定されたハンドラーが、アクセスを拒否されました。
HRESULT は 0x80070005 です。

原因

この問題は、場合に発生します。
  • Web サーバー上で RDS が有効にします。
    - と -
  • 標準またはカスタムの RDS ハンドラーを読み込めません。
    - または -
  • RDS ハンドラーは、クライアントのクエリを実行する許可しません。

解決方法

一覧を確認する項目の次に示します。

サーバーは、RDS ハンドラー セキュリティをチェックします。

Microsoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) 2. 0 で始まる、セキュリティ機能が追加するリモート データ サービス (RDS) 12 章: RDS の IIS コンピューター上の悪意のある使用を防止するされました。

注: MDAC バージョン 2. 1 を MDAC バージョン 2. 0 コンピューターにインストールする、セキュリティ機能は 12 章: RDS の既存のアプリケーションを中断しないように無効です。 MDAC 2. 1 を「クリーン」コンピューターにインストールする場合は 12 章: RDS の新しいセキュリティ機能が有効に。

新しい RDS セキュリティ機能の結果としては、RDS ハンドラーを指定して、 DataFactory 使用時にください。 ハンドラーが既定では必要です。 RDS ハンドラーの詳細については、次の資料を参照してください。
Using the Customization Handler Feature in RDS 2.0
次は、選択肢、RDS DataFactory を使用するものです。
  • MDAC と共にインストールされる、既定 DataFactory ハンドラーを使用します。 Msdfmap.ini ファイルにクエリを許可するを構成する必要があります。
  • 作成し、 DataFactory の独自のカスタム ハンドラーを使用することができます。 独自のカスタム ハンドラー、レジストリの安全性のハンドラーの一覧を登録する必要があります。
  • 0 (ゼロ) を「ハンドラーが必要な」キーを設定して DataFactory 「無制限」モードで実行できます。 これが可能簡単に \Program Files\Common Files\System\MSADC フォルダーに、Handunsf.reg ファイルを使用します。 セキュリティ リスクを回避するには、これのみ行うべきイントラネット Web サーバーがファイアウォールの背後にある場合です。
次セキュリティ情報には新しい RDS セキュリティ機能について記載されています。
Microsoft Security Bulletin (MS99-025)

ハンドラー ディレクトリへの匿名ユーザー アカウントの権限を確認します。

リモート データ サービスは、Files\Common の Files\System\MSADC フォルダーにインストール、されるため、匿名ユーザーは IIS サービス マネージャーからがこのディレクトリ (その両方の読み取りおよびするアクセスを実行) をアクセスできることを確認します。 また場合 IIS または 別のメモリ領域で実行 チェック ボックスを既定のディレクトリのプロパティで選択されているかどうかの既定の仮想ディレクトリを使用していない RDS クライアントがしないアクセスできる RDS ディレクトリに可能性があります。 これを修正する方法の詳細についてをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
184606方法: IIS 4. 0 から RDS を使用する仮想サーバー

状況

これは仕様によるものです。

関連情報

Microsoft Security Bulletin (MS99-025)

プロパティ

文書番号: 243245 - 最終更新日: 2003年9月30日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Remote Data Service for ADO 2.0
  • Microsoft Remote Data Services 2.1
  • Remote Data Service for ADO 2.5
  • Remote Data Service for ADO 2.6
キーワード:?
kbdatabase kbprb kbmt KB243245 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:243245
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com