OneNote 2010 更新プログラムの説明: 2010 年 12 月 14日、

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2433299
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、32 ビットおよび 64 ビット エディションの Microsoft OneNote 2010 の更新プログラムをリリースしました。 この更新プログラムは、32 ビットと、64 ビット バージョンの OneNote 2010 の最新の修正プログラムを提供します。 さらに、この更新プログラムの安定性とパフォーマンスも強化をされます。

解決方法

この更新プログラムで修正される問題

  • Microsoft OneNote 2010 では、ノートブックを自動的に保存されません。 さらに、OneNote 2010 のページの領域の外側にポインターを移動すると、ページが予期せずスクロール可能性があります。

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。ページが予期せずをも押すと、ボタンのいずれか、ポインティング デバイスの操作を行いますがスクロールすることがあります。
  • OneNote 2010 は、セクションを開くときにクラッシュします。 この問題は、マイクロソフト サポート技術情報 (KB) の資料 2288640 に記載されている修正プログラム パッケージを適用した後に発生します。

インストールの詳細

更新プログラムの詳細

この更新プログラム以前にリリースされた以下の更新プログラムが置き換えられます。
2288640OneNote 2010 更新プログラムの説明: 2010 年 9 月 14日
?

更新プログラムを入手してインストールする方法

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます。:

32 ビット

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
32 ビット版更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。

64 ビット

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
64 ビット版更新プログラム パッケージを今すぐダウンロードします。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。。 マイクロソフトはアップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。。 このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。。

再起動について

この更新プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムがインストール済みかどうかを確認する方法

この更新プログラムには、次の表に記載されているバージョンを持つファイルが含まれています。

32 ビット
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間
Onmain.dll14.0.5128.50009,184,10409-10 月-201006: 37

64 ビット
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間
Onenote.exe14.0.5128.50002,131,29609-10 月-201006: 43
Onmain.dll14.0.5128.500013,896,55209-10 月-201006: 43

コンピューターにインストールされているファイルのバージョンを確認するには、実行しているオペレーティング システムに応じて以下の手順を実行します。

Windows7
  1. クリックします。開始、[コンピューター:.
  2. で、コンピューターの検索ボックスに、入力Onmain.dll、Enter キーを押します。
  3. 右クリックしOnmain.dll、[プロパティ.
  4. には全般タブで、コンピューターにインストールされている Onmain.dll ファイルのプロパティに注意してください。


Windows Vista
  1. クリックします。開始
    元に戻す画像を拡大する
    ボタンを開始します。
    、[検索.
  2. クリックします。高度な検索.
  3. で、場所ボックスで、クリックしてくださいローカル ハード ドライブします。.
  4. で、ボックスに、入力Onmain.dll、[検索.
  5. ファイルの一覧で、右クリックしOnmain.dll、[プロパティ.
  6. には全般タブで、コンピューターにインストールされている Onmain.dll ファイルのプロパティに注意してください。
Windows XP この修正プログラム (Windows XP 英語版) の属性は次のとおりです。
  1. 検索コンパニオンが起動します。 これを行うをクリックします。開始、[検索.

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。Windows デスクトップ サーチが起動したらをクリックします。ここをクリックします検索コンパニオンを使用します。
  2. 検索結果] ウィンドウをクリックします。すべてのファイルとフォルダーで、検索コンパニオンウィンドウです。
  3. で、ファイル名の全部または一部ボックス、Onmain.dll を入力し、クリックしてください検索.
  4. ファイルの一覧で、右クリックしOnmain.dll、[プロパティ.
  5. には全般タブと、バージョンタブで、コンピューターにインストールされている Outlfltr.dat ファイルのプロパティに注意してください。

この更新プログラムをアンインストールする方法

  1. クリックします。開始、[実行します。.
  2. タイプappwiz.cpl、[OK.
  3. 次の手順を実行しているオペレーティング システムに応じてのいずれかを使用します。
    • Windows 7 と Windows Vista
      1. クリックします。インストールされているビューの更新.
      2. 更新プログラムの一覧で、[検索し更新 2433299 をクリックし、クリックしてくださいアンインストールします。.
    • Windows XP この修正プログラム (Windows XP 英語版) の属性は次のとおりです。
      1. オンにします、更新プログラムを表示します。チェック ボックスです。
      2. 更新プログラムの一覧で、[検索し更新 2433299 をクリックし、クリックしてください削除.


Office システム TechCenter には、最新の管理者用更新プログラムと展開の戦略的なリソースのすべてのバージョンの Office が含まれます。 次のマイクロソフトの Office システム TechCenter の詳細についてを参照してください Web サイト。
Microsoft Office

プロパティ

文書番号: 2433299 - 最終更新日: 2010年12月14日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
atdownload kbexpertisebeginner kbmt kbsurveynew KB2433299 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2433299
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com