Windows オペレーティング システムの既知のセキュリティ識別子

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 243330 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP243330
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

セキュリティ識別子 (SID) をセキュリティ プリンシパルまたはセキュリティ グループでは、Windows オペレーティング システムの識別に使用される可変長の一意の値です。既知の Sid は、一般のユーザーを識別する Sid のグループまたは汎用グループです。値はすべてのオペレーティング システム間で一定します。

この情報は、セキュリティに関連する問題のトラブルシューティングに便利です。また ACL エディターで表示される可能性があります表示の潜在的な問題を場合に便利です。SID のユーザー名またはグループ名の代わりに ACL エディターで表示されます。

詳細

以下の既知の Sid です。
  • SID: S-1-0
    名前: Null Authority
    説明: 識別子機関。
  • SID: S-1-0-0
    名前: NoBody
    説明: セキュリティ プリンシパルなし。
  • SID: S-1-1
    [名前]: 世界中の機関
    説明: 識別子機関。
  • SID: S-1-1-0
    名前: Everyone
    説明: すべてのユーザーでも、匿名ユーザーやゲスト グループ。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。

    既定では、匿名ユーザーは、Windows XP Service Pack 2 (SP2) を実行しているコンピューターで、Everyone グループされなくがあります。
  • SID: S-1-2
    名前: Local Authority
    説明: 識別子機関。
  • SID: S-1-2-0
    名前: ローカル
    説明: ローカルにログオンしたユーザーすべてを含むグループ。
  • SID: S-1-2-1
    名前: Console Logon
    説明: 物理コンソールにログオンしているユーザーを含むグループ。

    Windows 7 および Windows Server 2008 R2 に追加
  • SID: S-1-3
    名前: Creator Athority
    説明: 識別子機関。
  • SID: S-1-3-0
    所有者の名前。
    説明: 継承可能なアクセス制御エントリ (ACE) のプレース ホルダーです。ACE が継承される場合は、システムによりオブジェクト作成者の SID でこの SID を置き換えます。
  • SID: S-1-3-1
    [名前]: 作成者グループ
    説明: 継承可能な ACE のプレース ホルダーです。ACE が継承される場合は、システムこの SID を SID ではオブジェクトの作成者のプライマリ グループを置き換えます。プライマリ グループは POSIX サブシステムでのみ使用されます。
  • SID: S-1-3-2
    [名前]: 作成者所有者サーバー
    説明: この SID は Windows 2000 で使用されていません。
  • SID: S-1-3-3
    Creator グループ サーバーの名前:
    説明: この SID は Windows 2000 で使用されていません。
  • SID: S-1-3-4 名: 所有者の権利
    説明: オブジェクトの現在の所有者を表すグループ。この SID を保持する ACE をオブジェクトに適用すると、システムは、暗黙の READ_CONTROL と WRITE_DAC アクセス許可をオブジェクトの所有者を無視します。
  • SID: S-1-5-80-0
    すべてのサービスの名前。
    説明: システムで構成されたサービスのすべてのプロセスが含まれているグループです。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
  • SID: S-1-4
    一意でない機関の名前。
    説明: 識別子機関。
  • SID: S-1-5
    [名前]: NT 機関
    説明: 識別子機関。
  • SID: S-1-5-1
    名前: ダイアル アップ
    説明: は、ダイヤルアップ接続経由でログオンしたユーザーすべてを含むグループ。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-2
    名前: ネットワーク
    説明: ネットワーク接続経由でログオンしたユーザーすべてを含むグループ。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-3
    名前: バッチ
    説明: は、バッチ キュー機能経由でログオンしたユーザーすべてを含むグループ。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-4
    名前: 対話型
    説明: 対話形式でログオンしたユーザーすべてを含むグループ。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-5-X-Y
    ログオン セッションの名前。
    説明: ログオン セッション。これらの Sid の X と Y の値はセッションごとに異なります。
  • SID: S-1-5-6
    名前: サービス
    説明: サービスとしてログオンしているすべてのセキュリティ プリンシパルが含まれているグループです。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-7
    名前: 匿名
    説明: 匿名でログオンしたユーザーすべてを含むグループ。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-8
    名前: プロキシ
    説明: この SID は Windows 2000 で使用されていません。
  • SID: S-1-5-9
    [名前]: エンタープライズ ドメイン コント ローラー
    説明: は、Active Directory ディレクトリ サービスを使用して、フォレスト内のすべてのドメイン コント ローラーを含むグループ。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-10
    Self プリンシパルの名前。
    説明: アカウントのオブジェクトまたはグループ オブジェクトを Active Directory に継承可能な ACE のプレース ホルダーです。システム ACE の継承時、この SID がアカウントを持ってを SID でセキュリティ プリンシパルを置き換えます。
  • SID: S-1-5-11
    認証されたユーザーの名前。
    説明: ログオン時に id が認証されたすべてのユーザーを含むグループ。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-12
    制限されたコードの名前。
    説明: この SID は将来の使用に備えて予約されています。
  • SID: S-1-5-13
    ターミナル サーバーのユーザー名:
    説明: ターミナル サービス サーバーにログオンしているすべてのユーザーが含まれているグループです。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。
  • SID: S-1-5-14
    リモートの対話型ログオンの名前:
    説明: は、ターミナル サービスを通したログオンのログオンしたユーザーすべてを含むグループ。
  • SID: S-1-5-15
    この組織名:
    説明: 同じ組織からのすべてのユーザーを含むグループ。AD のアカウントに含まれているし、Windows Server 2003 またはそれ以降のドメイン コント ローラーによってのみ追加のみ。
  • SID: S-1-5-17
    この組織名:
    説明: 既定のインターネット インフォメーション サービス (IIS) のユーザーによって使用されるアカウント。
  • SID: S-1-5-18
    [名前]: ローカル システム
    説明: オペレーティング システムによって使用されるサービス アカウント。
  • SID: S-1-5-19
    [名前]: NT 機関
    説明: ローカル サービス
  • SID: S-1-5-20
    [名前]: NT 機関
    説明: ネットワーク サービス
  • SID: S-1-5-21ドメイン-500
    名前: 管理者
    説明: システム管理者のユーザー アカウント。既定では、それがシステムを完全に制御を与えられた唯一のユーザー アカウントです。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-501
    名前: ゲスト
    説明: 個別のアカウントを持っていない人のユーザー アカウント。このユーザー アカウントのパスワードは必要ありません。既定では、Guest アカウントが無効です。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-502
    名前: KRBTGT
    説明: キー配布センター (KDC) サービスにより使用されるサービス アカウント。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-512
    [名前]: ドメイン管理者
    説明: メンバーがドメインを管理する権限が、グローバル グループです。既定では、Domain Admins グループは、ドメイン コント ローラーを含むドメインに参加しているすべてのコンピューターの Administrators グループのメンバーです。Domain Admins グループのメンバーによって作成されたオブジェクトの既定の所有者です。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-513
    ドメイン ユーザーの名前。
    説明: は、既定では、ドメイン内のすべてのユーザー アカウントが含まれますグローバル グループ。ドメインでユーザー アカウントを作成すると、既定で、このグループに追加されます。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-514
    [名前]: ドメインのゲスト
    説明: は、既定では、1 つだけのメンバーは、ドメインのビルトイン Guest アカウント、グローバル グループ。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-515
    [名前]: ドメインのコンピューター
    説明: すべてのクライアントと、ドメインに参加しているサーバーが含まれているグローバル グループ。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-516
    ドメイン コント ローラーの名前。
    説明: ドメイン内のすべてのドメイン コント ローラーを含むグローバル グループ。新しいドメイン コント ローラーは、このグループに既定で追加されます。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-517
    [名前]: 証明書の発行元
    説明: エンタープライズ証明機関を実行しているすべてのコンピューターが含まれているグローバル グループ。証明書の発行元の証明書をユーザー オブジェクトを Active Directory に公開する権限が。
  • SID: S-1-5-21ルート ドメイン-518
    [名前]: スキーマ管理者
    説明: ネイティブ モードのドメインでユニバーサル グループ。混在モード ドメインのグローバル グループ。グループは、Active Directory でスキーマを変更するのには承認されています。既定では、グループのメンバーは、フォレストのルート ドメインの管理者アカウントです。
  • SID: S-1-5-21ルート ドメイン-519
    エンタープライズ管理者の名前。
    説明: ネイティブ モードのドメインでユニバーサル グループ。混在モード ドメインのグローバル グループ。グループの子ドメインを追加するなど、Active Directory では、フォレスト全体の変更を行う権限が。既定では、グループのメンバーは、フォレストのルート ドメインの管理者アカウントです。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-520
    名前: グループ ポリシーの作成者所有者
    説明: Active Directory に新しいグループ ポリシー オブジェクトを作成する権限を持つグローバル グループ。既定では、メンバー グループの管理者です。
  • SID: S-1-5-21ドメイン-553
    [名前]: RAS および IAS サーバー
    説明: ドメイン ローカル グループ。既定では、このグループにはメンバーがありません。このグループ内のサーバーは、Active Directory ドメイン ローカル グループにアカウント制限の読み取りとログオン情報の読み取りアクセスをユーザー オブジェクトがあります。
  • SID: S-1-5-32-544
    名前: 管理者
    説明: ビルトイン グループ。オペレーティング システムの初期インストール後、メンバー グループの管理者のアカウントです。コンピューターがドメインに参加すると、Domain Admins グループが Administrators グループに追加されます。サーバーをドメイン コント ローラーになると、Enterprise Admins グループは Administrators グループにも追加されます。
  • SID: S-1-5-32-545
    名前: ユーザー
    説明: ビルトイン グループ。オペレーティング システムの初期インストール後は、認証されたユーザー グループです。コンピューターがドメインに参加すると、Domain Users グループがコンピューターの Users グループに追加されます。
  • SID: S-1-5-32-546
    名前: ゲスト
    説明: ビルトイン グループ。既定では、唯一のメンバーは、Guest アカウントです。来園者グループに限定された権限をコンピューターのビルトイン Guest アカウントでログオンする臨時または 1 回だけできます。
  • SID: S-1-5-32-547
    Name: Power Users
    説明: ビルトイン グループ。既定では、グループにはメンバーがありません。パワー ユーザーは、ローカル ユーザーとグループを作成できます。変更し、作成したアカウントを削除します。パワー ユーザー、ユーザー、および来園者のグループからユーザーを削除します。パワー ユーザーは、プログラムもインストールすることができます。作成、管理、およびローカルのプリンターを削除します。作成し、ファイルの共有を削除します。
  • SID: S-1-5-32-548
    アカウント オペレーターの名前。
    説明: ドメイン コント ローラーにのみ存在するビルトイン グループ。既定では、グループにはメンバーがありません。既定では、アカウント オペレーターを作成、変更、およびユーザー、グループ、およびすべてのコンテナーと Builtin コンテナーとドメイン コント ローラー OU 以外の Active Directory の組織単位内のコンピューター アカウントを削除する権限があります。Account Operators、Administrators、Domain Admins グループを変更する権限がないと、これらのグループのメンバーのアカウントを変更する権限が。
  • SID: S-1-5-32-549
    名前: Server Operators
    説明: ドメイン コント ローラーにのみ存在するビルトイン グループ。既定では、グループにはメンバーがありません。サーバー オペレーターは、サーバーに対話的にログオンできます。作成し、ネットワーク共有を削除します。開始し、サービスを停止します。バックアップし、復元します。コンピューターのハード_ディスクをフォーマットします。コンピューターをシャット ダウンします。
  • SID: S-1-5-32-550
    印刷オペレーターの名前。
    説明: ドメイン コント ローラーにのみ存在するビルトイン グループ。既定では、唯一のメンバーは、ドメイン ユーザー グループです。印刷の演算子には、プリンターとドキュメントのキューを管理できます。
  • SID: S-1-5-32-551
    バックアップ オペレーターの名前。
    説明: ビルトイン グループ。既定では、グループにはメンバーがありません。バックアップ オペレーターは、バックアップおよびそれらのファイルを保護するためのアクセス許可に関係なく、コンピューター上のすべてのファイルを復元することができます。バックアップ オペレーターは、コンピューターにログオンし、できますシャット ダウン。
  • SID: S-1-5-32-552
    名前: 複製物作成会社
    説明: ドメイン コント ローラーのファイル レプリケーション サービスによって使用される組み込みグループ。既定では、グループにはメンバーがありません。このグループにユーザーを追加しないでください。
  • SID: S-1-5-64-10
    [名前]: NTLM 認証
    説明: クライアントが NTLM 認証パッケージは認証時に使用する SID
  • SID: S-1-5-64-14
    [名前]: SChannel 認証
    説明: クライアント、SChannel 認証パッケージは認証時に使用する SID。
  • SID: S-1-5-64-21
    [名前]: ダイジェスト認証
    説明: クライアントのダイジェスト認証パッケージは認証時に使用する SID。
  • SID: S-1-5-80
    NT サービスの名前。
    説明: は、NT サービス アカウント プレフィックス
  • SID: S-1-5-80-0
    SID の S-1-5-80-0 NT SERVICES\ALL サービス = =
    すべてのサービスの名前。
    説明: システムに構成されているすべてのサービスのプロセスが含まれているグループです。メンバーシップはオペレーティング システムによって制御されます。

    Windows Server 2008 R2 に追加
  • SID: S-1-5-83-0
    [名前]: NT 仮想 MACHINE\Virtual マシン
    説明: ビルトイン グループ。HYPER-V の役割をインストールすると、グループが作成されます。グループ メンバーシップが HYPER-V 管理サービス (VMM) によって維持されます。このグループ、「シンボリック リンクの作成」権限 (SeCreateSymbolicLinkPrivilege) 必要ですしまた、「サービスとしてログオンする」(SeServiceLogonRight) 右。

    Windows 8 で追加 Windows Server 2012
  • SID: S-1-16-0
    [名前]: 信頼されていない必須のレベル
    説明: 信頼関係のない整合性レベルです。Windows Vista および Windows Server 2008 で追加された注記

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
  • SID: S-1-16-4096
    [名前]: 必須レベルの低い
    説明: 整合性の低いレベルです。

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
  • SID: S-1-16-8192
    中の必須レベルの名前:
    説明: 中間の整合性レベルです。

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
  • SID: S-1-16-8448
    名前: メディアと必須のレベル
    説明: メディアとの整合性レベルにします。

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
  • SID: S-1-16-12288
    [名前]: 高度な必須
    説明: 高い整合性レベルにします。

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
  • SID: S-1-16 〜 16384
    [名前]: システムの必須レベル
    説明: システム整合性レベルにします。

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
  • SID: S-1-16-20480
    名前: プロセスの必須のレベルの保護
    説明: 保護されているプロセスの整合性レベルです。

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
  • SID: S-1-16-28672
    名前: プロセスの必須のレベルを保護します。
    説明: セキュリティで保護されたプロセスの整合性レベルにします。

    Windows Vista および Windows Server 2008 で追加
Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーをプライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) 操作マスターの役割所有者が行われるまで、次のグループの Sid と表示されます。「操作マスター」は、フレキシブル シングル マスター操作 (FSMO) とも呼ばれます。Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーをドメインに追加すると、次の他のビルトイン グループが作成されます。
  • SID: S-1-5-32-554
    名前: BUILTIN\Pre Windows 2000 Compatible Access
    説明: Windows 2000 で追加エイリアスです。すべてのユーザーとドメイン グループにアクセス許可する下位互換性グループを参照してください。
  • SID: S-1-5-32-1111
    名前: BUILTIN\Remote デスクトップのユーザ
    説明: エイリアスです。このグループのメンバーにリモートでログオンする権利が与えられます。
  • SID: S-1-5-32-556
    名前: BUILTIN\Network 構成演算子
    説明: エイリアスです。このグループのメンバーには、ネットワーク機能の構成を管理するのに管理者特権を持つことができます。
  • SID: S-1-5-32-557
    名前: BUILTIN\Incoming フォレスト信頼ビルダー
    説明: エイリアスです。このグループのメンバーは、受信した一方向の信頼をこのフォレストを作成できます。
  • SID: S-1-5-32-558
    名前: BUILTIN\Performance ユーザーの監視
    説明: エイリアスです。このグループのメンバーは、このコンピューターを監視するのには、リモート アクセスがあります。
  • SID: S-1-5-32-559
    名前: BUILTIN\Performance のログ ユーザー
    説明: エイリアスです。このグループのメンバーは、このコンピューター上のパフォーマンス カウンターのログをスケジュールするのには、リモート アクセスがあります。
  • SID: S-1-5-32-560
    名前: BUILTIN\Windows 認証アクセス グループ
    説明: エイリアスです。このグループのメンバーはユーザー オブジェクトに計算の tokenGroupsGlobalAndUniversal 属性へのアクセスがあります。
  • SID: S-1-5-32-561
    名前: BUILTIN\Terminal サーバーのライセンス サーバー
    説明: エイリアスです。ターミナル サーバー ライセンス サーバーのグループです。Windows Server 2003 Service Pack 1 がインストールされている場合は、新しいローカル グループが作成されます。
  • SID: S-1-5-32-562
    BUILTIN\Distributed COM ユーザーの名前。
    説明: エイリアスです。グループのコンピューター全体にわたるすべてへのアクセスを制御するアクセス制御を提供する COM 呼び出し、アクティブ化、または要求をコンピューターを起動します。

Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 ドメイン コント ローラーをプライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) 操作マスターの役割所有者が行われるまで、次のグループの Sid と表示されます。「操作マスター」は、フレキシブル シングル マスター操作 (FSMO) とも呼ばれます。Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 ドメイン コント ローラーをドメインに追加すると、次の他のビルトイン グループが作成されます。
  • SID: S-1-5-21ドメイン -498
    [名前]: エンタープライズ読み取り専用ドメイン コント ローラー
    説明: ユニバーサル グループです。このグループのメンバーは読み取り専用ドメイン コント ローラーの企業では
  • SID: S-1-5-21ドメイン -521
    読み取り専用ドメイン コント ローラーの名前。
    説明: グローバル グループです。読み取り専用ドメイン コント ローラーがこのグループのメンバーであります。
  • SID: S-1-5-32-569
    BUILTIN\Cryptographic 演算子の名前:
    説明: ビルトイン ローカル グループです。メンバーは、暗号化操作の実行が承認されます。
  • SID: S-1-5-21 ドメイン -571
    RODC パスワード レプリケーション グループ名: を使用
    説明: ドメインのローカル グループです。このグループのメンバーがパスワードをレプリケートするのには、ドメイン内のすべての読み取り専用ドメイン コント ローラーを持つことができます。
  • SID: S-1-5-21 ドメイン -572
    RODC パスワード レプリケーション グループ名: を拒否
    説明: ドメインのローカル グループです。このグループのメンバーがパスワードをレプリケートする読み取り専用ドメイン コント ローラーがドメイン内にすることはできません。
  • SID: S-1-5-32-573
    名前: BUILTIN\Event ログ リーダー
    説明: ビルトイン ローカル グループです。このグループのメンバーのイベント ログはローカル マシンからを読み取ることができます。
  • SID: S-1-5-32-574
    名前: BUILTIN\Certificate サービスの DCOM アクセス
    説明: ビルトイン ローカル グループです。このグループのメンバーは、エンタープライズ証明機関に接続できます。

Windows Server 2012 ドメイン コント ローラーをプライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) 操作マスターの役割の所有者になるまで、次のグループの Sid と表示されます。「操作マスター」は、フレキシブル シングル マスター操作 (FSMO) とも呼ばれます。Windows Server 2012 ドメイン コント ローラーをドメインに追加すると、次の他のビルトイン グループが作成されます。
  • SID: S-1-5-21-ドメイン-522
    複製可能なドメイン コント ローラーの名前:
    説明: グローバル グループです。このグループのメンバーは、ドメイン コント ローラーのクローンを作成することです。
  • SID: S-1-5-32-575
    BUILTIN\RDS のリモート アクセス サーバーの名前。
    説明: ビルトイン ローカル グループです。このグループ内のサーバーの RemoteApp プログラムおよびこれらのリソースへの個人用仮想デスクトップ アクセスを有効にします。インターネットに接している展開では、これらのサーバーは、通常、境界ネットワーク内に配置されます。このグループは、RD 接続ブローカー サーバーを設定する必要があります。RD ゲートウェイ サーバーと RD Web アクセス サーバーの展開で使用されるこのグループに存在する必要があります。
  • SID: S-1-5-32-576
    BUILTIN\RDS エンドポイント サーバーの名前。
    説明: ビルトイン ローカル グループです。このグループ内のサーバーに仮想マシンとホストのセッションで、RemoteApp プログラムをユーザーと個人用仮想デスクトップを実行を実行します。このグループは、RD 接続ブローカー サーバーを設定する必要があります。RD セッション ホスト サーバーと RD 仮想化ホスト サーバーの展開で使用されるこのグループに存在する必要があります。
  • SID: S-1-5-32-577
    BUILTIN\RDS の管理サーバーの名前。
    説明: ビルトイン ローカル グループです。このグループ内のサーバーはリモート デスクトップ サービスを実行しているサーバーで日常的な管理作業を実行できます。このグループのすべてのサーバーは、リモート デスクトップ サービスの展開を設定する必要があります。RDS のサーバーの全体管理サービスを実行しているサーバーは、このグループに含める必要があります。
  • SID: S-1-5-32-578
    名前: BUILTIN\Hyper V の管理者
    説明: ビルトイン ローカル グループです。このグループのメンバーは、ハイパー-V のすべての機能への完全かつ無制限のアクセスがあります。
  • SID: S-1-5-32-579
    名前: BUILTIN\Access 制御支援演算子
    説明: ビルトイン ローカル グループです。このグループのメンバーは承認属性およびアクセス許可このコンピューター上のリソースをリモートで照会できます。
  • SID: S-1-5-32-580
    BUILTIN\Remote 管理のユーザーの名前。
    説明: ビルトイン ローカル グループです。このグループのメンバーは、WMI リソース管理 (WS-Management) で、Windows リモート管理サービスなどのプロトコル経由でアクセスできます。これは、ユーザーにアクセスを許可する WMI 名前空間だけに適用されます。

プロパティ

文書番号: 243330 - 最終更新日: 2013年5月29日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Windows 8
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 Essentials
  • Windows Server 2012 Foundation
キーワード:?
kbenv kbinfo kbmt KB243330 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:243330
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com