[Howto]: MFC を使用して Excel オートメーションを使用する DAO レコード セットをコピーするのには

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 243394
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Excel は、CopyFromRecordset メソッドを公開します。範囲のオブジェクトをデータ アクセス オブジェクト (DAO) レコード セットの内容をコピーするのにはワークシート。この資料で DAO を使用して構築する方法を示しています、オートメーションを使用して、Excel ワークシートにコピーするレコード セットです。

詳細

どのように取得できます、次の手順を説明します。レコード セットのすべてのレコードの「商品」テーブルにサンプルへのアクセスNorthwind.mdb データベースし、そのコンテンツのコピーを Excel の自動化レコード セットをワークシートです。次の使用例で Access データベースを使用していますがそのレコード セットは、ODBC を提供ことができます任意のデータベースを使用する可能性があります。接続文字列です。ODBC データ ソースを DAO を使用しての詳細についてを参照してください。MFC の DAO ヘルプします。

サンプル コード

  1. ダイアログ ベースの新しい MFC AppWizard の EXE プロジェクトを開始します。名前付き AutoExcel.
  2. で、 ビュー メニューをクリックして ClassWizard またはキーを押す CTRL キーを押しながら W).で、 オートメーション タブで、クリックしてください クラスを追加します。 "は、タイプ ライブラリから] をクリックします。Excel タイプを検索]ライブラリ (Excel 97 Excel8.olb、Excel9.olb を Excel 2000 では、Excel.ExeExcel 2002 および Excel 2003)。
    メモタイプ ライブラリは、Excel と同じディレクトリにあります。実行可能ファイル。
  3. すべてのクラスの追加、Excel タイプ ライブラリでは、ClassWizard を表示します。
  4. ダイアログ リソースに IDC_RUN をという名前のボタンを追加します。IDD_AUTOEXCEL_DIALOG と、ボタンのハンドラーに次のコードを追加します。
    
    void CAutoExcelDlg::OnRun() 
    {
        //For optional arguments
        COleVariant vOpt(DISP_E_PARAMNOTFOUND, VT_ERROR);
    
        CDaoDatabase db;
        CDaoRecordset rs;
        CString sConn;
        long lNumCols;
    
        //Get a recordset that represents all the records in the Products 
        //table of the sample Northwind database
        sConn = 
         "C:\\Program Files\\Microsoft Office\\Office\\Samples\\Northwind.mdb";
        db.Open(sConn, FALSE, FALSE);
        rs.m_pDatabase = &db;    
        rs.Open(AFX_DAO_USE_DEFAULT_TYPE, "Select * From Products", 0);
        lNumCols = rs.GetFieldCount();
    
        //Start a new workbook in Excel
        _Application oApp;
        oApp.CreateDispatch("Excel.Application");
        if (!oApp)
        {
            AfxMessageBox("Cannot start Excel");
            return;
        }
    
        Workbooks oBooks = oApp.GetWorkbooks();
        _Workbook oBook = oBooks.Add(vOpt);
        Worksheets oSheets = oBook.GetWorksheets();
        _Worksheet oSheet = oSheets.GetItem(COleVariant((short)1));
        Range oRange;
    
        //Transfer the data in the recordset to the worksheet
        COleDispatchDriver rs2;
        rs2.AttachDispatch((LPDISPATCH) rs.m_pDAORecordset);
        oRange = oSheet.GetRange(COleVariant("A2"), vOpt);
        oRange.CopyFromRecordset((LPUNKNOWN) rs2.m_lpDispatch, vOpt, vOpt);
        rs2.DetachDispatch();
        rs2.ReleaseDispatch();
    
        //Add the field names to row 1
        CDaoFieldInfo FieldInfo;
        for(long i=0; i<=lNumCols-1;i++)
        {
            oRange = oSheet.GetRange(COleVariant("A1"), vOpt);
            oRange = oRange.GetOffset(vOpt, COleVariant(i));
            rs.GetFieldInfo(i, FieldInfo, AFX_DAO_PRIMARY_INFO);
    
            oRange.SetValue(COleVariant(FieldInfo.m_strName));
            // For Excel 2003, SetValue takes two parameters.
           // oRange.SetValue(COleVariant(FieldInfo.m_strName),COleVariant());
        }
    
        //Format the worksheet
        oRange = oSheet.GetRange(COleVariant("A1"), vOpt);
        oRange = oRange.GetResize(COleVariant((short)1), 
                                  COleVariant(lNumCols));
        Font oFont = oRange.GetFont();
        oFont.SetBold(COleVariant((short)TRUE));
        oRange = oRange.GetEntireColumn();
        oRange.AutoFit();
    
        //Make Excel visible and give the user control
        oApp.SetVisible(TRUE);
        oApp.SetUserControl(TRUE);
    }
    
    						
  5. ClassWizard を生成したヘッダー ファイルを含める、Excel タイプ ライブラリ CAutoExcelDlg.cpp にします。たとえば。
        #include "excel8.h" /// For Excel 2003, use #include "excel.h"
    						
    メモ: このディレクティブ後"Stdafx.h"を回避するのには、インクルードを追加します。コンパイラ エラー。
  6. MFC DAO で StdAfx.h のヘッダー ファイルをインクルードします。
        #include <afxdao.h>
    						
  7. AutoExcel.cpp の CAutoExcelApp::InitInstance を変更するようにCOM のサービスは、アプリケーションの起動時に初期化されます。
        if(!AfxOleInit())
        {
            AfxMessageBox("Cannot initialize COM services.");
            return FALSE;
        }    
    						
    メモ: この DoModal() を呼び出す前にコードを追加します。
  8. ビルドして、アプリケーションを実行します。
  9. ダイアログ ボックスでをクリックします。場合は、ボタンのハンドラー完了に、Northwind の Products テーブルの内容が表示されますExcel でのブックの最初のワークシート。

プロパティ

文書番号: 243394 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kbautomation kbmt KB243394 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:243394
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com