32 GB を超える IDE ハード ディスクでスキャンディスクのエラーが発生する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 243450 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP243450
使用しているハードウェアに関する問題がこの資料に記載されていない場合、以下のマイクロソフト Web サイトで、その他のハードウェアについての資料を参照してください。
http://support.microsoft.com/default.aspx/w98?sid=460
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

32 GB を超える IDE (Integrated Device Electronics) ハード ディスクでクラスタ スキャンを含む完全スキャンを実行するためにスキャンディスクのプロテクト モード (グラフィック) 版を使用すると、スキャンディスクでおよそ 967,393 以降のクラスタ番号のすべてのクラスタに対してエラーが報告されることがあります。

原因

この問題は、Phoenix BIOS と、大容量の IDE ハード ディスクのジオメトリを報告するための Phoenix BitShift 変換アルゴリズムが使用されているコンピュータで発生することがあります。このようなコンピュータでは、Windows プロテクト モード IDE ディスク ドライバ (Esdi_506.pdr) でドライブの変換モードが正しく認識されないことがあります。そのため、最初の 32 GB を超えるドライブの領域にアクセスできません。

この問題は、BIOS で Phoenix BitShift 変換方式ではなく、LBA (Logical Block Addressing) Assist 変換方式が使用されている場合には発生しません。

解決方法

マイクロソフトでは、現在この問題を修正する修正プログラムを提供中ですが、修正プログラムはこの資料に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピュータに対してのみ適用することを推奨します。

この問題を解決するには、この資料の後半のダウンロード リンクをクリックするか、Microsoft Product Support Services にお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。Microsoft Product Support Services の電話番号一覧およびサポート料金については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/
: Microsoft Support 担当者が、特定の更新プログラムを適用することにより問題が解決されると判断した場合、まれに通常サポート依頼にかかる料金が免除されることがあります。ただし、特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

修正プログラム (日本語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
日付         時刻   バージョン  サイズ   ファイル名     プラットフォーム
----------------------------------------------------------------------
2000/02/02 16:46 4.10.2225 24,430 Esdi_506.pdr Windows 98 SE
2000/02/08 10:01 4.10.2186 24,430 Esdi_506.pdr Windows 98
				
次のファイルを Microsoft Windows Update サイトからダウンロードして利用できます。ファイル名をクリックして、ファイルをダウンロードしてください。
243450USA8.EXE
リリース日 : 2000 年 5 月 10 日

Windows Update で公開されている更新プログラムの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトの Microsoft Windows Update サイトにアクセスしてください。
http://update.microsoft.com/

Microsoft Windows Update サイトには、以下の言語版の修正ファイルがあります。
  • 英語 (米国)
  • アラビア語 (Enabled)
  • アラビア語 (ローカライズ版)
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ギリシャ語
  • ヘブライ語 (Enabled)
  • ヘブライ語 (ローカライズ版)
  • ハンガリー語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ポルトガル語 (ブラジル)
  • ロシア語
  • スロバキア語
  • スロベニア語
  • スペイン語
  • スウェーデン語
  • タイ語
  • トルコ語

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

別のバージョンの Windows からアップグレードして、アップグレード中に以前のバージョンの Windows の保存を選択した場合、この更新プログラムがインストールされていると、以前のバージョンの Windows に戻すことはできません。

Windows をアンインストールするオプションを無効にすると、システムで大容量の IDE ドライブがサポートされます。

Windows 98 から Windows 98 Second Edition へのアップグレードに関する注意事項

Windows 98 (オリジナル版) にこの修正プログラムをインストールすると、Windows 98 Second Edition 用の修正プログラムおよび移行 DLL もシステムにコピーされます。後で Windows 98 Second Edition にアップグレードすると、Windows 98 Second Edition 用の修正プログラムがアップグレード処理中に自動的にインストールされます。そのため、Windows 98 Second Edition にアップグレードしても、修正プログラムの機能が損なわれることはありません。

自動で移行が行われるためには、Windows 98 を実行している状態で Windows 98 Second Edition のセットアップを実行する必要があります。コマンド プロンプトから起動して、MS-DOS モードで Windows 98 Second Edition セットアップを実行すると、Windows 98 Second Edition 用の修正プログラムは自動的には移行されません。その場合、修正プログラムを再インストールしないと、「現象」で記述されている問題が発生します。

重要 : Windows 95 用の修正プログラムはありません。その理由については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) で説明されています。
246818 Windows 95 は 32 GB 以上のハード ディスクをサポートしない
この問題の影響を受けるのはプロテクト モード (グラフィック) 版のスキャンディスクのみです。

リアル モード版のスキャンディスクではこの問題は発生しません。この問題を回避するには、コマンド プロンプトから起動して、リアル モードでスキャンディスクを実行します。

Windows 98 および Windows 98 Second Edition の修正プログラムの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
206071 Windows 98 および Windows 98 Second Edition の修正プログラムに関する一般的な情報

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 243450 (最終更新日 2003-05-20) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号: 243450 - 最終更新日: 2011年5月15日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kbhotfixserver kbprb KB243450
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com