OL2000: 方法をインポートして、Outlook では書式なしテキストをエクスポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 243476 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、インポート/エクスポート ウィザードを使用して、Outlook にテキスト データをインポートし、Outlook データをテキスト ファイルにエクスポートする方法について説明します。

テキスト ファイルを使用するは、Outlook に用意されているコンバーターはインポートするデータの形式に直接一致しない場合に便利です。 ほとんどのプログラムは、エクスポートし、使用できるように多くの場合、テキスト ファイル、共通のファイル形式としてのエクスポートおよびデータのインポート テキスト ファイルをインポートできます。

詳細

Outlook の [インポート/エクスポート ウィザードできるインポート、および、次のテキスト データをエクスポートします。

  • コンマ区切り値 (MS-DOS)
  • コンマ区切り値 (Windows)
  • タブ区切り値 (MS-DOS)
  • タブ区切り値 (Windows)

MS-DOS または Windows

データで使用されるテキストの文字セットに基づいて、MS-DOS または Windows のコンバーターを使用するという決定に設定します。 ASCII は、多くの MS-DOS プログラムによって使用される文字セットをあり、ANSI は、多くの Windows プログラムによって使用される文字セット。 ASCII と ANSI の主な違いは上位 128 文字は、下位 128 文字が、同じ。 上位 128 文字は拡張文字と呼ばれる多くの場合。 拡張 ASCII 文字は ANSI の拡張文字が各国語の文字および公開の記号に線の描画文字を含めます。

コンマまたは区切り記号] ダイアログ ボックスのタブ

分離、またはそれぞれを区切るに使われる文字データのフィールドにコンマを使用するまたはタブで区切られたコンバーターかどうかを判断します。 Microsoft Word 97/98年で、データを開くし、各フィールド間のカンマを参照して、データがカンマ区切り (CSV)。 データがいずれかが表示された場合、フィールドの間にスペースは、タブ区切り、または、[スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドのデータ フィールドを使用します。 Outlook] タブで区切られたコンバーターは、フィールド間をタブ文字を探します。 Word 97/98年で、[表示/非表示] オプションを選択できます; 右を指す矢印の先端のタブおよびスペース文字は点線として表示されます。

: はないファイルとして保存、Word 文書 Word では異なるファイル形式を使用しているためです。

検査する必要があるテキスト ファイルからデータをインポートする前に、ヘッダー レコードをテキスト ファイルに格納されて、項目を保証する一致 Outlook 内部の名前。 ヘッダー レコードは、テキスト ファイルの最初のレコードです。 データの編成方法を定義します。 これらのフィールドが一致しないデータはインポートされません。

調べるにどのような標準 Outlook フィールド名がすることができますこれらのフィールドのサンプルで生成 Outlook します。

Outlook フィールドのサンプルを生成するには

データ ソースを編集する前に Outlook で使用するフィールドのサンプルを生成すると便利場合があります。 サンプル フィールドを生成するには、次の手順に従います。
  1. 存在する場合は、現在バイナリ マッピング ファイルを削除"(カンマ) Separated の値 (Windows).adr"Windows\Application フォルダーにあります。 この手順は、このファイルを再構築は。
  2. 既に表示されていない場合 [ 表示 ] メニューの [ フォルダー一覧 ] をクリックします。
  3. [フォルダー一覧] [でを使用する Outlook フォルダーを右クリックし、ショートカット メニューの [ 新しいフォルダー をクリックします。
  4. この一時フォルダーの名前を入力 [OK] をクリックし、します。 サンプル フィールド ファイルを作成したら、このフォルダーを削除することがあります。
  5. [ ファイル ] の [ インポートとエクスポート ] をクリックします。 [ 次へ] をファイルにエクスポート ] をクリックします。
  6. エクスポートするファイルの種類の [クリックして カンマ区切り (Windows) 、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  7. エクスポートするフォルダーの選択 を、手順 2 で、作成したフォルダーの選択を [し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  8. エクスポートしたファイルとして保存 ] で、ファイルの名前を入力し、 参照 ] でファイルを保存するフォルダーを選択する] をクリックします。 エクスポートされたファイルを保存を 次へ ] をクリックして、 [OK] をクリックし、 [終了日]
選択したフォルダーに対して使用するフィールドを生成されたコンマ区切り値ファイルに含みます。 この手順をインポートするデータの種類ごと、必要に応じて繰り返します。 Outlook フィールド ラベルが、理解、中に正確なスペル チェックが必要なことを確認します。 たとえば、電子メール アドレスを定義するとき、に従って、スペル チェック、「電子メール」します。

書式なしテキストのインポート

テキスト ファイルからデータをインポートするには、次の手順に従います。
  1. [ファイル] の [ インポートとエクスポート ] をクリックします。
  2. 実行する処理の選択 ] で [ ほかのプログラムまたはファイルからのインポート ] をクリックし、クリック します。
  3. インポートするファイル種類の選択 をには、ファイルの種類、データと一致するをクリックして [ 次へ ] をクリックします。
  4. インポートするファイル をでインポート、または 参照 をファイルに移動する] をクリックし、[ 次へ] </a0> をクリックするファイルのパスとファイル名を入力します。
  5. インストール先フォルダーの選択 ] にインポートするフォルダーをクリックし、クリックして 次へ] します。
  6. 保存先フォルダーが正しいことを確認し、 [終了日]

テキスト データのエクスポート

  1. [ ファイル ] の [ インポートとエクスポート ] をクリックします。
  2. 実行する処理の選択 ] で ファイルへエクスポート ] をクリックし、クリック します。
  3. エクスポートするファイルの種類 ] でクリックしてエクスポート、および [ 次へ ] をクリックするファイルの形式を選択します。
  4. エクスポートするフォルダーの選択 をで、エクスポートするフォルダーをクリックし、クリック します。
  5. エクスポートしたファイルとして保存 ] で目的のファイルのパスとファイルの名前の種類をエクスポート ] 次へクリックします。
  6. アクションを確認し、 [終了日]

プロパティ

文書番号: 243476 - 最終更新日: 2003年10月8日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
キーワード:?
kbhowto kbexport kbimport kbmigrate kbmt KB243476 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:243476
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com