[SDP 3][A51D3710-07DA-400D-B4B3-380A8CC9B18E]Exchange Server 2007年と Exchange Server 2010年の高のアイテムの数のメールボックスの診断

文書翻訳 文書翻訳
閉じる 閉じる
文書番号: 2439370 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Exchange Server 2007年と Exchange Server 2010年高項目カウント メールボックス診断は Microsoft Exchange Server 2007年および Microsoft Exchange Server 2010年のメールボックスのパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティングに役立つ情報を収集します。

詳細

この資料では、Exchange Server 2007年と Exchange Server 2010年高項目カウント メールボックス診断を実行しているコンピューターから収集される情報について説明します。

メモ 収集される情報と、出力データは、インストールされているサーバーの役割によって異なります。

通常、出力ファイルの名前にプレフィックスが含まれています。このプレフィックスには、出力が生成される、アイテムの名前が含まれます。次の例では、プレフィックス、コンピューター名、クラスター名、ストレージ グループの名前、またはデータベース名があります。

収集される情報

Exchange Server と組織の基準
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
コマンドレットの出力を取得 ExchangeServer: AdminDisplayVersion とのすべての Exchange サーバー + exsetup.exe FileVersionInfo.ProductVersion ローカル システムからのロール{プリフィックス} _AllExchangeServers*.txt
コマンドレットの出力を取得 ExchangeCertificate{prefix}_ExchangeCertificate_FL.txt
コマンドレットの出力を取得 AcceptedDomain{プリフィックス} _AcceptedDomain*.txt
コマンドレットの出力を取得 RemoteDomain{プリフィックス} _RemoteDomain*.txt
コマンドレットの出力を取得 OrganizationConfig{プリフィックス} _OrganizationConfig*.txt
コマンドレットの出力を取得 EmailAddressPolicy{プリフィックス} _EmailAddressPolicy*.txt
コマンドレットの出力を取得 AvailabilityAddressSpace{プリフィックス} _AvailabilityAddressSpace*.txt
コマンドレットの出力を取得 UserPrincipalNamesSuffix{プリフィックス} _UserPrincipalNamesSuffix*.txt
コマンドレットの出力を取得 ThrottlingPolicy{プリフィックス} _ThrottlingPolicy*.txt
HKLM:SYSTEM\CurrentControlSet\Services レジストリ キーと値のキー名が含まれている Reg.exe クエリの出力 * 交換 *{プリフィックス} _REG_SERVICES_EXCHANGE。TXT
HKLM:SOFTWARE\Microsoft レジストリ キーと値のキー名が含まれている Reg.exe クエリの出力 * 交換 *{プリフィックス} _REG_SOFTWARE_EXCHANGE。TXT
Reg.exe のクエリが存在する場合は、HKLM:Software\Microsoft\MosTrace レジストリ キーと値を出力します。{プリフィックス} _REG_MOSTRACE。TXT

Exchange Server のツールボックス
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
存在し、14 日よりも新しい場合は、Exchange トラブルシューティング アシスタントのトレース コントロールの出力を収集します。ExTRATrace.cab
存在し、14 日よりも新しい場合は、Exchange パフォーマンス トラブルシューティング アシスタントの出力を収集します。ExPTAData.cab

Exchange Server のセットアップ情報
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
Exchange のセットアップ フォルダーおよびサブフォルダーの *.config ファイルのコピーです。該当する場合に .cab ファイル名のサブフォルダーの名前が付きます。ExchangeConfigFiles.cab
レジストリ キーの Windows インストーラーをインストールされている Exchange Server のバージョンの子 Reg.exe クエリ出力します。{プリフィックス} _REG_INSTALLER_EXCHANGE。TXT

Exchange Server の IIS の情報
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
HKLM:\SYSTEM\CCS\Services\ IISAdmin、Inetinfo、W3SVC、msdtc、Reg.exe クエリの出力サーバの HKLM:SOFTWARE\Microsoft\Transaction、InetStp、InetMGR、キーリング{プリフィックス} _REG_IIS。TXT
Metabase.xml のコピー{prefix}_metabase.xml
各 web サイトの 2 つの最も最近使用した IIS W3SVC ログのコピーです。{prefix}_W3SVC{websiteindex}LogFiles.cab

Exchange クライアント アクセス サーバーの役割
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
コマンドレットの出力を取得 ClientAccessServer{prefix}_ClientAccessServer.txt
コマンドレットの出力を取得 PopSettings{prefix}_PopSettings.txt
コマンドレットの出力を取得 ImapSettings{prefix}_ImapSettings.txt
コマンドレットの出力を取得 ActiveSyncVirtualDirectory{prefix}_ActiveSyncVirtualDirectory.txt
コマンドレットの出力を取得 ActiveSyncMailboxPolicy{prefix}_ActiveSyncMailboxPolicy.txt
コマンドレットの出力を取得 OutlookAnywhere{prefix}_OutlookAnywhere.txt
コマンドレットの出力を取得 AutodiscoverVirtualDirectory{prefix}_AutodiscoverVirtualDirectory.txt
コマンドレットの出力を取得 OabVirtualDirectory{prefix}_OabVirtualDirectory.txt
コマンドレットの出力を取得 OwaVirtualDirectory{prefix}_OwaVirtualDirectory.txt
コマンドレットの出力を取得 WebServicesVirtualDirectory{prefix}_WebServicesVirtualDirectory.txt
コマンドレットの出力を取得 RPCClientAccess{prefix}_RPCClientAccess.txt
Get-childitem の出力 HKLM:SOFTWARE\Microsoft\Rpc\RpcProxy を{プリフィックス} _REG_RPCPROXY。TXT

すべての Exchange トランスポート サーバーの役割
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
コマンドレットの出力を取得 TransportConfig{prefix}_TransportConfig.txt
コマンドレットの出力を取得 TransportServer{prefix}_TransportServer.txt
コマンドレットの出力を取得 ReceiveConnector{prefix}_ReceiveConnector.txt
コマンドレットの出力を取得 SendConnector{prefix}_SendConnector.txt
コマンドレットの出力を取得 TransportAgent{prefix}_TransportAgent.txt
コマンドレットの出力を取得 TransportPipeline{prefix}_TransportPipeline.txt
コマンドレットの出力を取得 EdgeSubscription{prefix}_EdgeSubscription.txt
コマンドレットの出力を取得キュー{prefix}_Queue.txt
コマンドレットの出力を取得 EdgeSyncServiceConfig{prefix}_EdgeSyncServiceConfig.txt
コマンドレットの出力をエクスポート TransportRuleCollection{prefix}_ExportedTransportRules.xml
?ExportLegacyRules コマンドレットをエクスポート TransportRuleCollection{prefix}_ExportedLegacyTransportRules.xml
最新の 4 つの routing*.xml ログのコピーExchangeRoutingLogs.cab
Get ContentFilterConfig コマンドレットの出力{プリフィックス} _ ContentFilterConfig.txt
コマンドレットの出力を取得 ContentFilterPhrase{プリフィックス} _ ContentFilterPhrase.txt
Get IPBlockListConfig コマンドレットの出力{プリフィックス} _ IPBlockListConfig.txt
コマンドレットの出力を取得 IPBlockListEntry{プリフィックス} _ IPBlockListEntry.txt
コマンドレットの出力を取得 IPBlockListProvidersConfig{プリフィックス} _ IPBlockListProvidersConfig.txt
Get IPBlockListProvider コマンドレットの出力{プリフィックス} _ IPBlockListProvider.txt
コマンドレットの出力を取得 IPAllowListConfig{プリフィックス} _ IPAllowListConfig.txt
コマンドレットの出力を取得 IPAllowListEntry{プリフィックス} _ IPAllowListEntry.txt
コマンドレットの出力を取得 IPAllowListProvidersConfig{プリフィックス} _ IPAllowListProvidersConfig.txt
Get IPAllowListProvider コマンドレットの出力{プリフィックス} _ IPAllowListProvider.txt
コマンドレットの出力を取得 SenderIdConfig{プリフィックス} _ SenderIdConfig.txt
コマンドレットの出力を取得 SenderReputationConfig{プリフィックス} _ SenderReputationConfig.txt
コマンドレットの出力を取得 SenderFilterConfig{プリフィックス} _ SenderFilterConfig.txt
コマンドレットの出力を取得 RecipientFilterConfig{プリフィックス} _ RecipientFilterConfig.txt
コマンドレットの出力を取得 AntispamUpdates{プリフィックス} _ AntispamUpdates.txt

Exchange ハブ トランスポート サーバーの役割
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
コマンドレットの出力を取得 ForeignConnector{prefix}_ForeignConnector.txt
コマンドレットの出力を取得 RoutingGroupConnector{prefix}_RoutingGroupConnector.txt
コマンドレットの出力を取得 JournalRule{prefix}_JournalRule.txt
コマンドレットの出力を取得 IRMConfiguration{prefix}_IRMConfiguration.txt

Exchange エッジ サーバー ロール
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
Get AddressRewriteEntry コマンドレットの出力{prefix}_AddressRewriteEntry.txt
Get AttachmentFilterListConfig コマンドレットの出力{prefix}_AttachmentFilterListConfig.txt
Get AttachmentFilterEntry コマンドレットの出力{prefix}_AttachmentFilterEntry.txt

Exchange メールボックス サーバーの役割
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
ローカル サーバー上のすべてのメールボックスからのアイテムの 15,000 を超えるが含まれているすべてのメールボックス フォルダーの一覧です。{prefix}_HighItemFolders.csv
-Mailboxserver get コマンドレットの出力{プリフィックス} _MailboxServer*.txt
コマンドレットの出力を取得 ClusteredMailboxServerStatus{プリフィックス} _ClusteredMailboxServerStatus*.txt
コマンドレットの出力を取得 MailboxDatabaseCopyStatus{プリフィックス} _MailboxDatabaseCopyStatus*.txt
コマンドレットの出力を取得 StoreUsageStatistics{プリフィックス} _StoreUsageStatistics*.txt
コマンドレットの出力を取得 DatabaseAvailabilityGroup{プリフィックス} _DAG_ {databaseavailabitlitygroupname} *.txt
コマンドレットの出力を取得 DatabaseAvailabilityGroupNetwork{プリフィックス} _DAGNetworks*.txt
コマンドレットの出力を取得 StorageGroup{接頭辞。{SG}{storagegroupname} _*.txt
各ストレージ グループ用の LogFolderPath 内のファイルの在庫{接頭辞。{SG}{storagegroupname} _LogFolderPath*.txt
各ストレージ グループ用の SystemFolderPath 内のファイルの在庫{接頭辞。{SG}{storagegroupname} _SystemFolderPath*.txt
コマンドレットの出力を取得 MailboxDatabase{接頭辞。{SG}{storagegroupname}{DBMb}{mailboxdatabasename} _*.txt
各メールボックス データベースの EDBFilePath 内のファイルの在庫{接頭辞。{SG}{storagegroupname}{DBMb}{mailboxdatabasename} _EDBFilePath*.txt
各メールボックス データベース用の LogFolderPath 内のファイルの在庫{接頭辞。{DBMb}{mailboxdatabasename} _LogFolderPath*.txt
コマンドレットの出力を取得 PublicFolderDatabase{接頭辞。{SG}{storagegroupname}{DBPf}{publicfolderdatabasename} _*.txt
各パブリック フォルダー データベースの EDBFilePath 内のファイルの在庫{接頭辞。{SG}{storagegroupname}{DBPf}{publicfolderdatabasename} _ EDBFilePath*.txt
各パブリック フォルダー データベースの LogFolderPath 内のファイルの在庫{接頭辞。{DBPf}{publicfolderdatabasename} _LogFolderPath*.txt
\NON_IPM_SUBTREE パス ([システム フォルダー]) の各パブリック フォルダー データベースのパブリック フォルダーの在庫{接頭辞。{SG}{storagegroupname}{DBPf}{publicfolderdatabasename} _NON_IPM_SUBTREE*.txt
各パブリック フォルダー データベースの LogFolderPath 内のファイルの在庫{接頭辞。{DBMb}{publicfolderdatabasename} _LogFolderPath*.txt
Active Directory からサーバーのインフォメーション ストア オブジェクトのプロパティ{プリフィックス} _InformationStore_ADSIProperties*.txt
MSExchangeIS 作業ディレクトリに存在する場合は、ファイルの在庫{プリフィックス} _MSExchangeIS_WorkingDirectory*.txt
Exchange のログ出力ディレクトリから関数の呼び出しのログのコピーExchangeStoreFCL.cab

Exchange ユニファイド メッセージング サーバーの役割
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
コマンドレットの出力を取得 UMServer{prefix}_UMServer.txt
コマンドレットの出力を取得 UMDialPlan{prefix}_UMDialPlan.txt
コマンドレットの出力を取得 UMIPGateway{prefix}_UMIPGateway.txt
コマンドレットの出力を取得 UMHuntGroup{prefix}_UMHuntGroup.txt
コマンドレットの出力を取得 UMMailboxPolicy{prefix}_UMMailboxPolicy.txt
コマンドレットの出力を取得 UMVirtualDirectory{prefix}_UMVirtualDirectory.txt
Um の get コマンドレットの出力{prefix}_UMAutoAttendant.txt
Get UMDialPlan をそれぞれ Diailplan、ConfiguredInCountryOrRegionGroups{プリフィックス} _UMDialPlan_ {DialPlanName} _CountryOrRegionGroups.txt
Get UMDialPlan をそれぞれ Diailplan、DialPlanInternationalGroups{プリフィックス} _UMDialPlan_ {DialPlanName} _DialPlanInternationalGroups.txt
各 UMAutoAttendant、BusinessHoursKeyMapping の get Um{プリフィックス} _UMAutoAttendant_ {UMAutoAttendantName} _BusinessHoursKeyMapping.txt
各 UMAutoAttendant、AfterHoursKeyMapping の get Um{プリフィックス} _UMAutoAttendant_ {UMAutoAttendantName} _AfterHoursKeyMapping.txt
コマンドレットの出力を取得 UMServer{prefix}_UMServer.txt

Exchange のトランスポータ スイート
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
コマンドレットの出力を取得 DominoFreeBusyConnector{prefix}_DominoFreeBusyConnector.txt
コマンドレットの出力を取得 DominoDirectoryConnector{prefix}_DominoDirectoryConnector.txt
Notes.ini ファイルのコピー{prefix}_Notes.ini
Notes.ini ファイルは存在するが存在しない場合は、出力{prefix}_Missing_Notes.ini

イベント ログ
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
イベント ログ アプリケーション-のテキスト、csv、および evt と evtx の形式{プリフィックス} _evt_Application.*
システム-のイベント ログのテキスト、csv、および evt と evtx 形式{プリフィックス} _evt_System.*
イベント ログ-PowerShell ? テキスト、csv および evt と evtx のフォーマット{プリフィックス} _evt_ * PowerShell * します *。
イベント ログ-Exchange *: テキスト、csv および evt と evtx の形式{プリフィックス} _evt_ * 交換 * します *。

その他の
元に戻す全体を表示する
説明ファイル名
Msinfo32.exe でシステム情報の出力{プリフィックス} _msinfo.*
WMI 経由で収集されたシステム情報 (MSInfo32 と同等)Diagnostic_Results.html

関連情報

メールボックス フォルダーの項目カウント データの収集を自動化するために、Windows PowerShell スクリプトを使用する方法については、次の TechNet web サイトを参照してください。

http://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/42fc40d2-46a8-4e48-b15c-f0ad23357739

マイクロソフト自動トラブルシューティング サービスおよびサポート診断プラットフォームについては、次の資料、マイクロソフト サポート技術を参照してください。

2598970 についてはマイクロソフト自動トラブルシューティング サービスとサポート診断プラットフォーム


プロパティ

文書番号: 2439370 - 最終更新日: 2013年11月16日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
キーワード:?
kbsurveynew kbinfo kbmt KB2439370 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2439370
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com