BizTalk アダプター パック 2.0 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2444952
この資料で、次の製品に適用します。

  • Microsoft BizTalk アダプター パック 2.0
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この累積的な更新プログラム Microsoft BizTalk アダプター パック 2.0 にはには、BizTalk アダプター パック 2.0 のリリース後に解決された Microsoft BizTalk アダプター パック 2.0 の問題に対する修正プログラムが含まれています。

それらを運用環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。ビルドは累積的であるため、新しく更新プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の BizTalk アダプター パック 2.0 に含まれていたすべてのセキュリティ更新プログラムのリリースを更新します。この修正プログラムが含まれている最新リリースの更新プログラムの適用を検討することをお勧めします。

累積的な更新プログラム パッケージに関する注意事項

  • 1 つの累積的な修正プログラム パッケージには、すべてのコンポーネント パッケージが含まれます。累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされているコンポーネントのみを更新します。
重要です 最新の Service pack または累積的な更新プログラム BizTalk Server を使用できるかどうかを確認するには、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2555976 BizTalk Server のサービス パックと累積更新プログラムについて

詳細

累積的な更新プログラム (CU) 最新のすべての以前修正プログラムが含まれています、プログラムのロールアップ更新プログラムです。 アダプター パック 2.0。

BizTalk Server のチームは、パイロットとして、このバージョンのこのモデルが使用されています。このモデルを適用するのには、計画コミュニティから受け取ったフィードバックに基づいています。

詳細についてはするために使用される用語マイクロソフト製品の更新を表示するのには、次の資料番号をクリックします。資料は、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

累積的な更新 1 で BizTalk アダプター パック 2.0 に含まれている BizTalk アダプター パック 2.0 の修正プログラム

これらの修正プログラムについて説明する技術資料はしだいに解放されます。BizTalk アダプター パックのバグの詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号 サポート技術情報の記事番号 説明
465537974801MySAP Business Suite の BizTalk アダプター パック 2.0 は SAP システムへの接続中にユーザーの偽装してログオン チケットをサポートするために含まれているの Microsoft BizTalk アダプターの 3.0 を有効にする修正プログラムの修正プログラム: 説明
465536974800FIX BizTalk アダプター パック 2.0 に含まれている SAP の WCF ベース アダプターを使用してもいくつか BAPI メッセージ バッチが正常に、SAP システムに送信されません。
465638977528FIX 別の Idoc のいずれかが表示されたら、エラー メッセージが表示される BizTalk アダプター パック 2.0 からの SAP の WCF アダプターを使用して、受信場所
465675979096FIX".csproj"サフィックスが突然 BizTalk Server 2009 を基に、プロジェクトのプロジェクトのファイル プロパティに追加されます。
465777982481修正: プロパティの値を変更した後、MaxConnectionsPerSystem プロパティの値は、SAP の WCF アダプターで 50 の既定値にリセットされます
5030712255172[FIX] 使用と BCD データの小数部分が失われますがします。NET Framework のデータ プロバイダーは mySAP Business スイートの BizTalk アダプター パックを SAP システムに接続するのには、2.0
5057442257782FIX を Oracle データベース用の Microsoft BizTalk アダプター 3.0 LONG RAW データ型は、Oracle サーバーから返すことはできません。
5278552300507BizTalk Server 2006 R2 または BizTalk Server の 2009 年の迅速、WCF アダプターを使用すると、スレッド数の増加に伴って受信場所
5456552388784"ReceivedIdocRelease"のバインドのプロパティは、SAP の WCF アダプターを BizTalk アダプター パック 2.0 に追加するのには修正プログラム
5569922413183FIX「開始要素 '予想 SQLSTATEMENT'」SQLEXECUTE が BizTalk アダプターの 3.0 からの Oracle データベースに記録されます。
5599972419919FIX、BizTalk アダプター 3.0 Oracle データベースの BizTalk アダプターの 3.0 では、Oracle E-business Suite が Oracle サーバーに接続するとき、列の値に NULL 値が Oracle サーバー上で更新されません。


BizTalk アダプター パック 2.0 の累積的な更新 1 を入手する方法

サポートされている累積的な更新プログラム パッケージがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、累積的な更新プログラム パッケージはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。累積的な更新プログラム パッケージはこれらの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この累積的な更新プログラム パッケージは、さらにテストを受ける可能性があります。そのためには、これらの問題で深刻な影響がない場合は、次の BizTalk アダプター パック service pack のリリースを待つことをお勧めします。次の service pack は、この累積的な更新プログラム パッケージで修正プログラムが含まれます。

累積的な更新プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの累積的な更新プログラム パッケージを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。通常のサポート料金が追加の質問およびこれの対象とならない問題について適用します。特定の累積的な更新プログラム パッケージです。Microsoft の顧客の一覧についてサービスとサポート電話番号または、別のサービス リクエストを作成するのには次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。メモ 「修正プログラム ダウンロードできる」フォームの言語を表示します。累積的な更新プログラムが利用可能です。特定の言語が表示されない場合は、その言語の累積的な更新プログラム パッケージはありません。

累積的な更新プログラム パッケージの情報

前提条件

この更新プログラムを適用するには、BizTalk アダプター パック 2.0 または Windows 通信基盤 (WCF) の業務 (LOB) アダプター SDK Service Pack 2 (SP2) のインストールが必要です。この更新プログラムには Readme.txt ファイルが含まれている場合は、この更新プログラムをインストールする方法の詳細については、Readme.txt ファイルを参照してください。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

この累積的な更新プログラムの英語版パッケージがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) に記載されて次の表。日付および時刻これらのファイルに一覧表示されます。世界協定時刻 (UTC)。ファイル情報を表示する場合は、現地時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用してください。は、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 項目コントロール パネルのします。
サポートされているすべての BizTalk アダプター パック 2.0 または WCF アダプター SDK SP2 の LOB の x86 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.adapters.oracledb.dll3.5.5314.0391,03224-11 月-201015: 49x 86
Microsoft.adapters.oracleebs.dll3.5.5314.0452,47224-11 月-201015: 49x 86
Microsoft.adapters.sap.dll3.5.5314.0350,06424-11 月-201015: 49x 86
Microsoft.servicemodel.channels.dll3.0.5314.0276,35224-11 月-201015: 56x 86
Microsoft.servicemodel.channels.tools.biztalkextension.dll3.0.5314.059,31224-11 月-201015: 56x 86


サポートされているすべての BizTalk アダプター パック 2.0 または WCF アダプター SDK SP2 の LOB の x64 ベース バージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.adapters.oracledb.dll3.5.5314.0386,93624-11 月-201015: 51x64
Microsoft.adapters.oracleebs.dll3.5.5314.0448,37624-11 月-201015: 51x64
Microsoft.adapters.sap.dll3.5.5314.0345,96824-11 月-201015: 51x64
Microsoft.servicemodel.channels.dll3.0.5314.0276,35224-11 月-201015: 58x 86
Microsoft.servicemodel.channels.tools.biztalkextension.dll3.0.5314.059,31224-11 月-201015: 58x 86

関連情報

BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2003907 BizTalk Server の修正プログラムに関する情報

プロパティ

文書番号: 2444952 - 最終更新日: 2011年8月18日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbbtsadapters kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2444952 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2444952
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com