エラー メッセージ "このファイルには、Word でサポートされなくなったユーザー設定の XML 要素が含まれています" が Word で文書を開こうとすると表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2445062 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のような状況を想定します。次のいずれかのファイル形式を使用している文書を Microsoft Office Word 2007、Microsoft Word 2010 または Microsoft Word 2013 で開こうとします。
  • Word 文書 (.docx)
  • Word マクロ有効文書 (.docm)
  • Word テンプレート (.dotx)
  • Word マクロ有効テンプレート (.dotm)
  • Word XML 文書 (.xml)
  • Word 2003 XML 文書 (.xml)
Word 2007、Word 2010 または Word 2013 で開いているときに、次のエラー メッセージが表示されます。
このファイルには、Word でサポートされなくなったユーザー設定の XML 要素が含まれています。このファイルを保存すると、該当するユーザー設定の XML 要素が完全に削除されます。

その後で、[OK] をクリックすると、カスタム XML 要素が表示されません。

注: Microsoft Word 2013 では、上記のファイル形式以外にも、以下のファイル形式に対してエラー メッセージが表示されます。
  • Word 97 〜 2003 文書 (.DOC)
  • Word Web ページ (.HTML)
  • リッチ テキスト形式 (.RTF)

詳細

2010 年 1 月 10 日以降にマイクロソフトにより配布される Word のバージョンは、.docx、.docm、.dotx、.dotm、または .xml ファイル内に含まれている可能性があるカスタム XML マークアップを読み取りません。Word 2007、Word 2010 および Word 2013 の新しいバージョンは依然としてこれらのファイルを開くことができますが、カスタム XML マークアップは削除されます。

Word 文書内のカスタム XML マークアップは、文書内でテキストを囲むピンク色 (既定の色) のタグ名として表示されます。

元に戻す画像を拡大する
2818287


カスタム XML マークアップの削除は、2009 年 12 月 22 日の米国における裁判所の裁定の結果です。通常、2010 年 1 月 10 日以降に米国および米国領で使用するためにマイクロソフトから Word 2007、Word 2010 または Word 2013 を購入またはライセンス使用するお客様は、特定のカスタム XML タグ付け実装が含まれない、更新されたソフトウェアを使用する必要があります。

Word の次の機能は、更新による影響を受けません。
  • コンテンツ コントロールは影響受けません。コンテンツ コントロールは、文書のコンテンツを構造化し、コンテンツをカスタム XML 部分にマッピングするための一般的な方法です。
  • Open XML 標準 (すべての ECMA および ISO のバージョン) は影響を受けません。
  • Word 97-2003 文書 (.doc) ファイル内に保存されているカスタム XML マークアップは影響を受けません。
  • リボン XML およびリボン機能拡張は影響を受けません。
  • カスタム XML 部分は影響を受けません。カスタム XML 部分の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb608618.aspx
  • Word オブジェクト モデルは影響を受けません。ただし、カスタム XML マークアップを処理する一部のオブジェクト モデルのメソッドは、異なる結果を返す場合があります。
    • TransformDocument メソッドは引き続き動作しますが、変換の結果の内部にあるカスタム XML マークアップは削除されます。
    • InsertXML メソッドは引き続き動作しますが、コンテンツが挿入される前に、存在するカスタム XML マークアップは削除されます。


注: カスタム XML マークアップを使用するソリューションの開発者である場合は、カスタム XML マークアップのサポートが使用できなくなったことに注意してください。カスタム XML マークアップを使用することで実装されるシナリオの多くは、コンテンツ コントロール、フォーム フィールド、ブックマークなどの Word 2007、Word 2010 および Word 2013 で使用可能な代替技術を使用して実装することができます。たとえば、以下の資料で説明されているように、開発者は、ブックマークなどの他のテクノロジに加えてコンテンツ コントロールを使用することで、構造化された文書を作成して構造化されたコンテンツに任意の値を割り当てるために使用できます。これらの任意の値を使用して、コンテンツの各部分に意味論的意味を割り当てることができます。

コンテンツ コントロールの詳細については、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
Word 2007 テンプレートをプログラムで作成する
コンテンツ コントロールを使用した Word 2007 文書テンプレートの作成
XMLMapping オブジェクトを使用した Word 2007 コンテンツ コントロールのカスタム XML へのマッピング
コンテンツ コントロールをデータ ストア内のノードにバインドする方法
バインドされたコンテンツ コントロールの利用
複数の Word 文書を簡単に作成する方法
Open XML SDK および LINQ to XML を使用したデータ連結コンテンツ コントロールの作成

関連情報

978951 Office Word 更新プログラム (2010 年 1 月) について
2445060 Word 2010 で文書を開くとカスタム XML マッピングが削除される
2761189Word 2013 で文書を開くとカスタム XML マークアップが削除される

プロパティ

文書番号: 2445062 - 最終更新日: 2013年2月15日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Word 2007
  • Microsoft Word 2010
  • Microsoft Word 2013
キーワード:?
KB2445062
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com