SQL Server 仮想サーバーのネットワーク IP アドレスを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 244980
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP244980
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、SQL Server 仮想サーバーのネットワーク IP アドレスを変更する方法について説明します。

SQL Server 2005 を使用している場合は、SQL Server Books Online の「SQL Server 2005 フェールオーバー クラスタの IP アドレスを変更する方法」を参照してください。

SQL Server 7.0 仮想サーバーの IP アドレスの変更

既存の SQL Server 7.0 仮想サーバーの IP アドレスを変更する必要がある場合、SQL Server クラスタ ウィザードを使用して SQL Server のクラスタ化を解除することをお勧めします。このウィザードでは、仮想サーバーを削除することができます。その後、このウィザードで新しい IP アドレスを設定して SQL Server を再度クラスタ化します。

: SQL Server 仮想サーバーのクラスタ化を解除し、IP アドレスを変更して再度クラスタ化するまで、SQL Server 仮想サーバーはオフラインになり利用できなくなります。

クラスタ内のその他の IP アドレスを変更する場合や、クラスタが存在するドメインを変更する場合は、サーバーを再度クラスタ化する前にその処理を完了します。

SQL Server 2000 では機能性と回復性が向上しているため、現在クラスタ化されているすべての SQL Server 6.5 サーバーおよび SQL Server 7.0 サーバーを SQL Server 2000 にアップグレードすることをお勧めします。SQL Server クラスタの運用環境として以前のアプリケーションを実行しているコンピュータでは、SQL Server クラスタのアップグレードを実行できない場合があります。詳細とサポートについては、アプリケーションの製造元にお問い合わせください。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
274446 INF: SQL Server 2000 クラスタ環境へのアップグレード推奨点

SQL Server 2000 仮想サーバーの IP アドレスの変更

既存の SQL Server 2000 仮想サーバーの IP アドレスを変更する必要がある場合、デフォルトのインスタンスであるか、名前付きインスタンスであるかにかかわらず、SQL Server 2000 セットアップ プログラムの [詳細設定オプション] にある [フェールオーバー クラスタリングの仮想サーバーの管理] オプションを使用できます。
[詳細設定オプション] の [フェールオーバー クラスタリングの仮想サーバーの管理] を使用するには、次の操作を行います。
  1. SQL Server 2000 Enterprise Edition の CD を挿入し、[SQL Server 2000 コンポーネント] をクリックします。
  2. [データベース サーバーのインストール] をクリックします。
  3. 最初の画面で、[次へ] をクリックします。
  4. 変更する仮想サーバーの名前を入力し、[次へ] をクリックします。
  5. [詳細設定オプション] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. [フェールオーバー クラスタリングの仮想サーバーの管理] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  7. [フェールオーバー クラスタリング] ダイアログ ボックスで、以下の処理を実行できます。
    • 追加のネットワークに IP アドレスを追加します。
    • 既存の IP アドレスを削除して置き換えます。
    • 不要な IP アドレスを削除します。
    このような変更を行った後、[追加] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    : ネットワークごとに 1 つの IP アドレスを割り当て、ネットワーク アダプタごとに 1 つのネットワークを割り当ててください。SQL Server では、SQL Server に割り当てる IP アドレスごとに一意のサブネット マスクを使用する必要があります。SQL Server では同じサブネット上で複数の IP アドレスを使用することはできません。これは、ネットワーク上で名前が重複する可能性があるためです。たとえば、パブリック ネットワークとプライベート ネットワークがあり、SQL Server 仮想サーバーに追加の IP アドレスを割り当てる場合、各ノードに別のネットワーク アダプタを追加し、新しいネットワークを作成する必要があります。その後で、新しく作成されたネットワークに追加の IP アドレスを割り当てることができます。
  8. ノードに変更を加えて、[次へ] をクリックします。
  9. 要求されたユーザー情報とパスワードを確認し、[次へ] をクリックします。

    変更されたことを確認するには、仮想サーバーのクラスタ アドミニストレータで SQL Server 2000 の IP リソースのプロパティを参照します。
  10. [完了] をクリックします。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明

Windows クラスタ内のリソースのサブネット マスクを変更した場合、上記で説明した手順を使用して SQL Server 仮想サーバーの IP アドレスを変更することはできません。

Windows クラスタ内のリソースのサブネット マスクを変更した場合の IP アドレスの変更

Windows クラスタ内のリソースのサブネット マスクを変更し、クラスタ内のノードごとにパブリック ネットワークのネットワーク アダプタが 1 つだけ存在する場合、SQL Server 2000 セットアップ プログラムで SQL Server 仮想サーバーの IP アドレスを変更できないことがあります。Windows クラスタ内のリソースのサブネット マスクを変更した場合、ネットワーク カードとパブリック ネットワークのサブネット マスクも変更されます。そのため、SQL Server リソースはオフラインのままです。これは、SQL Server 仮想サーバーのサブネット マスクと SQL Server IP アドレス リソースが Microsoft クラスタ サービスから取得されるためです。SQL Server リソースがオフラインの場合、SQL Server 2000 セットアップ プログラムを使用して SQL Server 仮想サーバーの IP アドレスを変更することはできません。

Windows クラスタ内のリソースのサブネット マスクを変更した場合は、以下の手順を実行して SQL Server 仮想サーバーの IP アドレスを変更します。
  1. クラスタ アドミニストレータを起動します。
  2. 左側のウィンドウで、Windows クラスタ名を展開し、[クラスタの構成] を展開します。次に、[ネットワーク] をクリックします。
  3. 右側のウィンドウでパブリック ネットワークに新しいサブネット マスクが使用されていることを確認します。
  4. 左側のウィンドウで [グループ] を展開し、[リソース] をクリックします。
  5. SQL Server の IP アドレス リソース名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [パラメータ] タブをクリックします。
  7. [アドレス] ボックスに、新しい IP アドレスを入力します。
  8. [サブネット マスク] ボックスに、新しいサブネット マスクを入力します。
  9. [ネットワーク] ボックスで、新しいサブネット マスクを使用しているパブリック ネットワークをクリックします。
  10. SQL Server の IP アドレス リソースをオンラインにします。SQL Server の IP アドレス リソースとネットワーク名リソースがオンラインになる場合があります。
SQL Server の IP アドレスが変更されたことを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. SQL Server の IP アドレス リソースを右クリックし、[プロパティ] をクリックして、[パラメータ] タブをクリックします。表示された IP アドレスとサブネット マスクを確認し、[キャンセル] をクリックします。
  2. SQL Server のエラー ログをチェックし、SQL Server のインスタンスが、指定したポート上で新しい IP アドレスを受信待ちしていることを確認します。
警告 : MAPI がクラスタに対応していないので、SQL Mail を SQL Server 2000 フェールオーバー クラスタリングで使用した場合、SQL Mail は完全にはサポートされません。SQL Mail は、フェールオーバー クラスタで使用した場合には商慣習上の妥当な範囲でサポートされますが、安定性および可用性については保証されません。 マイクロソフトではこの問題を、SQL Mail をフェールオーバー クラスタリング上で使用した場合の SQL Server 6.5、7.0、および 2000 の問題として認識しています。

関連情報

Microsoft Cluster Service の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
230356 クラスタ サーバー内でネットワーク アダプタの IP アドレスを変更する
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
319578 SQL Server のフェールオーバー クラスタ ノードの IP アドレスを変更するとエラー メッセージ "バインドに失敗しました" が表示される

プロパティ

文書番号: 244980 - 最終更新日: 2011年2月15日 - リビジョン: 9.5
キーワード:?
kbsqlmanagementtools kbsql2005cluster kbhowtomaster kbinfo KB244980
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com