1900/1/1 で前に、の年齢を計算する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 245104
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

日付の数式を Excel の間で入力された日付をしか使用できませんが 1900/1/1、12/31/9999、カスタムの Microsoft の Visual Basic for Applications 関数を使用して、人または物の (年) では、1900 年 1 月の前に最初に作成された年齢を計算することができます。

マクロを使用して経過時間を計算するのには

Microsoft プログラミング例としては、明示または黙示の保証もないだけを提供します。これを含むが、商品性や特定目的への適合性の黙示的な保証に制限はありません。この資料は、例示されているプログラミング言語やを作成したりプロシージャをデバッグするために使用されるツールに精通するいると仮定します。マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供またはお客様固有の要件を満たすようにプロシージャを作成するこれらの例は変更されません。
Excel 1900/1/1 より前の日付を文字列として入力します。この関数は 1/1/0001 から始まるテキストとして入力された日付、標準の日付とすることができますを使用開始日を 1900 の前にいるし、は 1900 後の終了日の日付を処理します。マクロを使用するには、次の手順を実行します。
  1. Excel を起動します。この関数を使用するワークシートを表示します。
  2. Visual Basic エディターに切り替えるには、alt キーを押しながら F11 キーを押します。
  3. で、 挿入 メニューをクリックして モジュール.
  4. このモジュールでは、次のコードを入力します。
    ' This is the initial function. It takes in a start date and an end date.
    Public Function AgeFunc(stdate As Variant, endate As Variant)
        
        ' Dim our variables.
        Dim stvar As String
        Dim stmon As String
        Dim stday As String
        Dim styr As String
        Dim endvar As String
        Dim endmon As String
        Dim endday As String
        Dim endyr As String
        Dim stmonf As Integer
        Dim stdayf As Integer
        Dim styrf As Integer
        Dim endmonf As Integer
        Dim enddayf As Integer
        Dim endyrf As Integer
        Dim years As Integer
        
        ' This variable will be used to modify string length.
        Dim fx As Integer
        fx = 0
        
        ' Calls custom function sfunc which runs the Search worksheet function
        ' and returns the results.
        ' Searches for the first "/" sign in the start date.
        stvar = sfunc("/", stdate)
        
        ' Parse the month and day from the start date.
        stmon = Left(stdate, sfunc("/", stdate) - 1)
        stday = Mid(stdate, stvar + 1, sfunc("/", stdate, sfunc("/", stdate) + 1) - stvar - 1)
        
        ' Check the length of the day and month strings and modify the string 
        ' length variable.
        If Len(stday) = 1 Then fx = fx + 1
        If Len(stmon) = 2 Then fx = fx + 1
        
        ' Parse the year, using information from the string length variable.
        styr = Right(stdate, Len(stdate) - (sfunc("/", stdate) + 1) - stvar + fx)
            
        ' Change the text values we obtained to integers for calculation 
        ' purposes.
        stmonf = CInt(stmon)
        stdayf = CInt(stday)
        styrf = CInt(styr)
        
        ' Check for valid date entries.
        If stmonf < 1 Or stmonf > 12 Or stdayf < 1 Or stdayf > 31 Or styrf < 1 Then
            AgeFunc = "Invalid Date"
            Exit Function
        End If
    
        ' Reset the string length variable.
        fx = 0
        
        ' Parse the first "/" sign from the end date.
        endvar = sfunc("/", endate)
        
        ' Parse the month and day from the end date.
        endmon = Left(endate, sfunc("/", endate) - 1)
        endday = Mid(endate, endvar + 1, sfunc("/", endate, sfunc("/", endate) + 1) - endvar - 1)
        
        ' Check the length of the day and month strings and modify the string 
        ' length variable.
        If Len(endday) = 1 Then fx = fx + 1
        If Len(endmon) = 2 Then fx = fx + 1
        
        ' Parse the year, using information from the string length variable.
        endyr = Right(endate, Len(endate) - (sfunc("/", endate) + 1) - endvar + fx)
            
        ' Change the text values we obtained to integers for calculation 
        ' purposes.
        endmonf = CInt(endmon)
        enddayf = CInt(endday)
        endyrf = CInt(endyr)
        
        ' Check for valid date entries.
        If endmonf < 1 Or endmonf > 12 Or enddayf < 1 Or enddayf > 31 Or endyrf < 1 Then
            AgeFunc = "Invalid Date"
            Exit Function
        End If
        
        ' Determine the initial number of years by subtracting the first and 
        ' second year.
        years = endyrf - styrf
        
        ' Look at the month and day values to make sure a full year has passed. 
        If stmonf > endmonf Then
            years = years - 1
        End If
            
        If stmonf = endmonf And stdayf > enddayf Then
            years = years - 1
        End If
    
        ' Make sure that we are not returning a negative number and, if not, 
        ' return the years.
        If years < 0 Then
            AgeFunc = "Invalid Date"
        Else
            AgeFunc = years
        End If
        
    End Function
    
    ' This is a second function that the first will call.
    ' It runs the Search worksheet function with arguments passed from AgeFunc.
    ' It is used so that the code is easier to read.
    Public Function sfunc(x As Variant, y As Variant, Optional z As Variant)
        sfunc = Application.WorksheetFunction.Search(x, y, z)
    End Function
    					
  5. ファイルを保存します。
  6. 次のデータを入力します。
    A1   01/01/1887
    A2   02/02/1945
    						
    セル A3 に次の数式を入力してください。
    = AgeFunc (開始日,終了日)
    場所 開始日 セル参照 (A1) が最初の日には、 終了日 2 番目の日付 (A2) へのセル参照です。

    58 が発生する必要があります。
メモ: 1/1/1900 年より前に、のすべての日付の妥当性を確認してください。日付のテキストを確認しないと Excel で入力します。

関連情報

この資料でサンプル コードを使用する方法の詳細についてをクリックします。「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号。
212536Knowledge Base の資料からサンプル コードを実行する方法

プロパティ

文書番号: 245104 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowtomaster kbmt KB245104 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:245104
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com