FAQ Office Live Meeting クライアントのサポート ポリシー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2457848 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ
場所は、Microsoft Office Live Meeting クライアントのサポート ポリシーを読み取ることができますか。

サポート ポリシーに転記される、Live Meeting 製品ソリューション センター.

サポート ポリシーは、Office Live Meeting クライアントを有効に移動したか

7 月 1日、2010 年。

なぜマイクロソフト サポート ポリシーは、Office Live Meeting クライアントを実装しているでしょうか。

最高品質の Web 会議経験当社のパートナーや顧客のことを確認するために、継続的な取り組みの一環として、マイクロソフトは、Office Live Meeting クライアントを新しいライフ サイクル ポリシー実装です。

マイクロソフト現在約四半期ごとに、Office Live Meeting クライアント更新プログラムをリリースします。 過去 1 年間に、Office Live Meeting が多数の改善、オーディオ、ビデオ、および録画機能を提供したり、会議機能を充実させることができるように新しい機能を実装します。 エンドユーザーは、現在の Office Live Meeting クライアントをインストールすると、Office Live Meeting 経験をより成功したことを確認するのに役立つこれらの拡張機能を利用することです。

どのような技術的なヘルプは、ユーザーが 18 か月以上前にリリースされた、Office Live Meeting クライアントをインストールするとヘルプの呼び出しをサポートが提供されますか。

マイクロソフトは、Live Meeting 検索は、サポート コールの顧客が 18 か月以上前に、リリースされた Office Live Meeting クライアントのバージョンを使用しているマイクロソフトのサポート、Office Live Meeting クライアントの最新版にアップグレードするのには、お客様案内されます。

どのようにこのサポート ポリシーは、Live Meeting Web がコンソールに適用されますか。

このポリシーは、Live Meeting Web がコンソールには適用されません。

どのように会議を Outlook アドインをこのサポート ポリシーを適用はでしょうか。

このポリシーは、Outlook アドインを会議の当てはまりません。

どのようにこのサポート ポリシー、オンプレミス Office Communications Server 2007 R2 の展開に使用すると、Live Meeting クライアントの使用に適用されますか。

このポリシーは、Office Live Meeting クライアントでは、Office Live Meeting サービスの使用状況にのみ適用されます。
Office Communications Server (R2) に対して、お客様の利用状況のことを前提に使用すると、Office LiveMeeting クライアント、OCS サーバー製品のライフ サイクルに依存します。 OCS でのサポート ライフ サイクルがあります。ここで.

インストールされている Office Live Meeting クライアントのバージョンをわかりますか。

現在インストールされている Office Live Meeting クライアントのバージョンを確認するのには。
  1. クリックすると、Office Live Meeting クライアントを起動します。開始をクリックするとすべてのプログラムをクリックするとMicrosoft Office Live ミーティングなど[Microsoft Office Live Meeting。
  2. 左上にある、Office Live Meeting アイコンの横にドロップダウン矢印をクリックし、「Microsoft Office Live Meeting] をクリックしますします。 インストール済みの Office Live Meeting クライアントのバージョン番号がポップ アップ ウィンドウが表示されます。
また、ことができます。このビデオを見るOffice Live Meeting クライアントのバージョンを確認する方法をデモンストレーションします。

元に戻す全体を表示する
製品のリリース一般的な利用可能時間日付メイン ストリーム サポートの廃止済み
会議のクライアント バージョン 8.0.6362.10 リリースをライブします。2007 年 10 月 05 日2009/05/4
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.392007 年 12 月 17 日2009/6/17
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.412008 年 1 月 24 日2009/7/24
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.622008 年 4 月 11 日2009/10/11
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.702008 年 6 月 5 日2009/12/5
Live Meeting クライアント 2007年バージョン 8.0.6362.91 用の更新2008 年 10 月 10 日2010/4/10
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.1142008 年 12 月 30 日2010/6/28
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.1282009/3/232010/9/29
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.1402009/8/32011/2/3
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.1432009/9/252011/3/25
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.1491/18/20102011/7/18
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.1872010/3/269/26/2011
更新プログラムのバージョンの Live Meeting クライアント 2007年 8.0.6362.1902010/07/272012/01/27

方法は私は常に、サポートされているバージョンの Office Live Meeting クライアントを使用していることを確保できますか。

12 か月ごとにアクセスする各 Office Live Meeting クライアントのバージョン内で実装された、最新の機能拡張、最低限の Office Live Meeting クライアントを更新するのには、Office Live Meeting サービスお客様の計画を強くお勧めします。


プロパティ

文書番号: 2457848 - 最終更新日: 2010年11月16日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Live Meeting 2003
  • Microsoft Office Live Meeting 2007
  • Microsoft Office Live Meeting 2005
キーワード:?
kbmt kbsurveynew KB2457848 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2457848
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com