Office Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Outlook の X-none.msp) の説明: 2010 年 12 月 14日、

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2458611
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2010 年 12 月 14 日公開の修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Office Outlook 2007 の問題について説明します。

概要

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • Vista ベースまたは Windows 7 ベース コンピューターで Microsoft Office Outlook 2007 がインストールされていることを想定しています。 この状況では、スマート カード ベースの資格情報を使用して、メールボックスにアクセスすると Office Outlook 2007 Outlook Anywhere (RPC/HTTP) 認証サポートしていません。


  • Office Outlook 2007 にログオンするには、IMAP4 アカウントを使用します。 さらに、送信済みアイテム フォルダー送信済みアイテムを保存するのには、IMAP4 サーバーで構成します。 次に、簡易 MAPI を使用して、Outlook 2007 で電子メール メッセージを送信します。 この状況では、送信済み電子メール メッセージは送信済みアイテム フォルダーに、IMAP4 サーバーに保存されません。


  • Office Outlook 2007 プロファイルで共有されているメールボックスまたはパブリック フォルダーを構成すると、Outlook 2007 をもう一度起動したときの応答を停止します。

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。この問題は 978401 のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている修正プログラム パッケージを適用後に発生します。


  • は、BeforeItemMove次の条件のいずれかに該当する場合とイベントがトリガーされます。
    • Outlook 2007 で予定表からは、会議アイテムを削除します。
    • 予定アイテムを削除します。To Doバーで、ビューOutlook 2007 のメニューです。
    • Outlook 2007 で作成したフォルダーからアイテムを削除します。

  • ファイル名拡張子を持たない添付ファイルを開こうとすると、Office Outlook 2007 がクラッシュします。

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。この問題は、981735 の KB 資料に記載されている修正プログラム パッケージを適用した後にのみ発生します。


  • Outlook 2007 から連絡先アイテムをリストには、SharePoint 2007 サイトを同期する場合は、Office Outlook 2007 がクラッシュします。

  • 拡張 MAPI を使用してプロファイルを作成するときに Office Outlook 2007 を開くしようとすると Outlook 2007 がクラッシュする可能性があります。


  • プログラムで 32 を超えるプロファイルに Office Outlook 2007 を実行しているコンピューターで同時にログオンすることはできません。

    注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。新しい制限値は 100 のプロファイルを同時に今すぐです。

  • 作業カレンダー モジュールでは、Office Outlook 2007 を使用して、ビューまたは [ビュー、ユーザー インターフェイスが応答を停止または空白になる場合があります。 さらに、グラフィックス デバイス インターフェイス (GDI) オブジェクトは、Outlook のプロセスに 10, 000 で、タスク マネージャーになります。

  • トルコ語] に、ローカル システムの言語を設定すると、Office Outlook 2007 で会議出席依頼に返信できません。

  • Office Outlook 2007 で、共有 MAPI セッションにログオン アドインをインストールします。 Office Outlook 2007 を終了すると、Outlook プロセスは停止しません。 この問題は、MAPI_LOGOFF_SHARED フラグを使用して、共有 MAPI セッションからログオフすると、アドインのために発生します。

解決方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。。 この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。。 この修正プログラムは、この資料に記載された問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。。 使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。。

前提条件

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 をインストールするにはこの修正プログラム パッケージを適用する必要があります。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。:
9495852007 Office を最新の Service Pack の入手方法スイート

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。。

レジストリについて

このパッケージで修正プログラムを使用するには、レジストリを変更する必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。。 この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を解決するのには必要なファイルだけが含まれます。

グローバルこの修正プログラム パッケージを使用して、Microsoft Windows インストーラーのバージョンのパッケージ、修正プログラム パッケージをインストールします。 以下の表に記載されているファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で記載されています。。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンコントロール パネルの [日付と時刻] タブ。

ダウンロード情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
オフィス-kb2458611-fullfile-x 86-glb.exe12.0.6550.500112,197,39207-12 月-201020: 44x86

Microsoft Windows インストーラ .msp ファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Outlook の X-none.msp適用できません。11,574,2722010-08-12 月01: 30適用できません。

Outlook の X-none.msp 情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Cnfnot32.exe12.0.6501.5000140,104最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01適用できません。
Contab32.dll12.0.6514.5000128,360最終更新日: 2009 年 8 月 17 年14: 54x86
Dlgsetp.dll12.0.6501.500087,392最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01x86
Dumpster.dll12.0.6501.500034,192最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01x86
Emablt32.dll12.0.6518.5000115,57623-9 月-200914: 01x86
Emsmdb32.dll12.0.6550.50001,525,68820-11 月-201011: 46適用できません。
Exsec32.dll12.0.6545.5000372,56013-8 月-201015: 08適用できません。
Impmail.dll12.0.6501.5000138,072最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01x86
Mimedir.dll12.0.6550.5000340,32017-11 月-201020: 59x86
Mlcfg32.cpl12.0.6501.500082,808最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01適用できません。
Mspst32.dll12.0.6548.50001,089,4562010-08-10 月17: 13適用できません。
Olkfstub.dll12.0.6501.5000253,808最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01x86
Olmapi32.dll12.0.6550.50012,983,80807-12 月-201023: 49x86
Omsmain.dll12.0.6550.5000661,88817-11 月-201020: 52x86
Omsxp32.dll12.0.6550.5000194,44817-11 月-201020: 52x86
Outlctl.dll12.0.6514.5000136,520最終更新日: 2009 年 8 月 17 年14: 54x86
Outlmime.dll12.0.6546.5000597,40021-9 月-201012: 15x86
Outlook.exe12.0.6550.500112,996,46407-12 月-201023: 50x86
Outlph.dll12.0.6524.5000177,040最終更新日: 2009 年 11 月 20 年19: 55x86
Outlvba.dll12.0.6501.500052,072最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01x86
Outlvbs.dll12.0.6548.500057,20007-10 月-201000: 44適用できません。
Pstprx32.dll12.0.6548.5000421,73607-10 月-201000: 44x86
Recall.dll12.0.6501.500038,248最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01x86
Rm.dll12.0.6501.500075,624最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01x86
Rtfhtml.dll12.0.6501.5000407,920最終更新日: 2009 年 3 月 12 年14: 22x86
Scanost.exe12.0.6501.500054,088最終更新日: 2009 年 3 月 11 年10: 01x86
Scanpst.exe12.0.6507.500037,26429-月-200917: 27適用できません。
Scnpst32.dll12.0.6547.5000273,83228-9 月-201014: 45x86
Scnpst64.dll12.0.6547.5000282,03228-9 月-201014: 45x86

関連情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2458611 - 最終更新日: 2010年12月16日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2458611 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2458611
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com