Microsoft データ アクセス インターネット発行プロバイダー構成の修復スクリプト

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2459200
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

構成の Microsoft データ アクセス インターネット発行プロバイダー (MSDAIPP) での破損から多くの問題が生じます。MSDAIPP は、フォルダーの Web 接続を Web 分散オーサリングとバージョン管理 (WebDAV) のいずれかをサポートする web サーバーまたは FrontPage サーバー拡張機能 (FPSE) クライアント ワークステーションを提供します。中にネイティブ Windows XP では、MSDAIPP は Microsoft Office 2003 によってもインストールされます。Microsoft Office 2007年と 2010 の Microsoft Office には、Windows Vista より前のオペレーティング システムでのみ MSDAIPP コンポーネントをインストールします。注: MSDAIPP WebDAV が完全に、ネイティブの WebClient サービスがサポートされている限り FPSE を介してサーバーに接続が必要でない限り、Windows Vista とを開始、新しいオペレーティング システム インストールできませんする必要があります。

一般的な問題が発生します。
  • Office のドキュメントを読み取りのみ、SharePoint サイトから開く
  • Sharepoint サイトから文書を編集できません。
  • Windows エクスプ ローラーのビューが機能しません。
  • Office クライアントからドキュメントをチェックインできません。


一般的なエラーのメッセージ:

サーバー上のファイルの元のバージョンを移動または削除されたためこのファイル チェックインことでした。このファイルの新しいバージョンをサーバーに保存されているが、チェックインのコメントは保存されませんでした。

コメントがこのサーバー上のファイルの新しいバージョンを保存するには、このファイルのローカル コピーを削除、サーバーからファイルをもう一度確認および任意のコメントを追加するとファイルをチェックインする必要があります。

このドキュメントはローカルの下書きフォルダーにチェック アウトされましたが、ローカル コピーをサイトにチェックインできませんでしたが。ドキュメントを編集する任意のアプリケーションを閉じるし、再度、チェックインまたはチェック アウトを破棄しようとしてください。

ネットワークまたはファイル アクセス権のエラーがありました。ネットワーク接続が失われる可能性があります。

選択範囲がロックされているために、この変更は許可されていません"

"サーバー文書: 最新バージョンが利用可能です。このドキュメントを変更するには、最新のバージョンを開くかコピーを保存します。

原因

MSDAIPP にコンポーネントの登録を解除または壊れて occasionaly が適切に機能のインストールでは、多くのコンポーネントがあります。

解決方法

この解決方法は、破損をオフにし、MSDAIPP を再登録するために使用する最も一般的な変更の集まりです。

この問題を修正するには、"Fix it for me"セクション。自分でこの問題を解決する場合は、"自分で解決する更新プログラムをインストールしたら、"セクションに移動します。

Fix it for me



自動的にこの問題を解決するをクリックして、 [ ]で、 [ ダイアログ ボックス、クリックして Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない、し、修正プログラムの手順、ウィザード。


この問題を解決する
Microsoft Fix it 50684


注意
  • この修正プログラムを実行してください、ローカルの管理者権限を持つクライアント上でのソリューション。
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。ですが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、自動的な解決をフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。

このため、Exchange Server 2010 SP1 にパブリック フォルダーがインストールされている場合、空き時間情報取得のリクエストは、Exchange RPC Client Access サービスにより妨害されます。問題が解決されたかどうかの確認"セクションに移動します。



自分で解決する更新プログラムをインストールしたら、

これらの手順では、バッチ ファイルに書き込まれます、クライアントにローカル管理者権限で実行する必要があります。

REM はここの下に存在する任意のキーを削除します。自己登録に再度追加されます。
REG DELETE HKCR\Software\Microsoft\MasterAggregatorForIPP\OleDbHandlers/f

REM (修復 WebFldrs XP)
MSIEXEC/fmoc {350C97B0-3D7C-4EE8-BAA9-00BCB3D54227}/q

REM (修復 Office 2007 Web フォルダー更新 - Microsoft ソフトウェアの更新の Web フォルダーを [英語] 12)
MSIEXEC/fmoc {90120000-0010-0409-0000-0000000FF1CE}/q

REM (修復 Office 2010 の Web フォルダー更新 - Microsoft ソフトウェアの更新の Web フォルダーを [英語] 14)
MSIEXEC/fmoc {90140000-0010-0409-0000-0000000FF1CE}/q

REM 移動拡張機能キャッシュしてすべて削除を web サーバーにします。
REM -----------------------------------------------------------------------------------------
REM WinXP/server 2003: ファイル名を Data\Microsoft\Web Server Extensions\Cache
IF EXIST「ファイル名を Data\Microsoft\Web Server Extensions\Cache」のファイル削除」名 Data\Microsoft\Web Server Extensions\Cache"を/f/q

REM Vista/Server2008: %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Web サーバーの Extensions\Cache
IF EXIST"%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Web Server Extensions\Cache"DEL"サーバーの Extensions\Cache を %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Web"/f/q

Web フォルダーで使用される OLEDB ファイル手動で REM を登録します。
REM -----------------------------------------------------------------------------------------
RegSvr32「DB\oledb32.dll を %CommonProgramFiles%\System\Ole」
RegSvr32「DB\msdaurl.dll を %CommonProgramFiles%\System\Ole」
RegSvr32「DB\msdaipp.dll を %CommonProgramFiles%\System\Ole」

URLMON ファイル手動で REM を登録します。
REM -----------------------------------------------------------------------------------------
% を RegSvr32"windir%\System32\urlmon.dll"

HLINK ファイル手動で REM を登録します。
REM -----------------------------------------------------------------------------------------
% を RegSvr32"windir%\System32\hlink.dll"

REM 64 ビット
REM」
Web フォルダーで使用される OLEDB ファイル手動で REM を登録します。
REM -----------------------------------------------------------------------------------------
IF EXIST"%commonprogramfiles (86) %\System\Ole DB\oledb32r.dll"RegSvr32「%commonprogramfiles (86) %\System\Ole DB\oledb32r.dll」
IF EXIST"%commonprogramfiles (86) %\System\Ole DB\msdaurl.dll"RegSvr32「%commonprogramfiles (86) %\System\Ole DB\msdaurl.dll」



問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、 サポートに問い合わせる.
  • マイクロソフトはフィードバックをお待ちしています。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it for meブログにコメントを記入するか、 電子メール.

プロパティ

文書番号: 2459200 - 最終更新日: 2012年2月6日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbmt kbfixme kbmsifixme KB2459200 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2459200
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com