WebSphere MQ ホスト統合 Server 2010 では、IBM WebSphere MQ バックアウト キュー機能での WCF チャネルのサポートを有効にするソフトウェアの更新

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2459833
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、WebSphere MQ の機能を WCF チャネルでは、IBM WebSphere MQ バックアウト キュー機能のサポートを有効にするソフトウェア更新プログラムについて説明します。WCF チャネルの WebSphere MQ の機能は、Microsoft ホスト統合 Server 2010 の一部です。

詳細

IBM WebSphere MQ が含まれている、バックアウト キュー機能は、有害なメッセージを格納するのに使用されるローカルのキューです。ポイズン メッセージを処理できないし、メッセージ キューには繰り返しが返されますの MQ メッセージです。ポイズン メッセージがメッセージ キューから削除される場合、デッドロックは、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性があります可能性があります。

IBM WebSphere MQ のキュー マネージャーは、各メッセージがバックアップされる回数を記録します。数をバックアウトの構成済みのしきい値に達した場合は、バックアウトのキューにメッセージを移動できます。MQ は、有害なメッセージを自動的に移動しません。これは、バックアウトのキューに移動するのには、プログラムの責任です。MQ アプリケーション トランスポート層ではバックアウト カウントをクエリし、メッセージに対する処理を決定できます。たとえば。
  • バックアウトの数が構成したしきい値より小さい場合は、バックアウトのキュー機能のメッセージを処理し、アプリケーションに渡すことができます。
  • バックアウトの数が、構成されたしきい値に達した場合、バックアウトのキュー機能をバックアウトのキューにメッセージを移動できます。
  • バックアウトのキュー機能は、他のアクションを実行します。

ソフトウェア更新プログラムの情報

製品の既定動作を変更する、サポートされている機能がマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この機能は、この資料に記載された動作のみを変更するのには対象としています。特に必要とするシステムにのみ適用します。この機能は、追加のテストが表示されます。したがって、システムがこの機能の不足により深刻な影響がいない場合は、この機能が含まれている次のホスト統合サーバー 2010 service pack のリリースを待つことをお勧めします。

この機能をすぐに取得するには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

ファイル情報

英語 (米国) バージョンのこの修正プログラム、修正プログラムをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC)、次の表に表示されます。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、タイム ゾーンタブのコントロール パネルの [日付と時刻] 項目。
Microsoft ホスト統合 Server 2010 の 32 ビット版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
System.servicemodel.channels.webspheremq.baseclient.dll8.5.4264.2177,07203-2 月-201123: 30x86
System.servicemodel.channels.webspheremq.channel.dll8.5.4264.2119,72003-2 月-201123: 30x86
System.servicemodel.channels.webspheremq.extendedclient.dll8.5.4264.2177,08003-2 月-201123: 30x86
System.servicemodel.channels.webspheremq.server.dll8.5.4264.2177,05603-2 月-201123: 30x86
Microsoft ホスト統合 Server 2010 の 64 ビット版
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
System.servicemodel.channels.webspheremq.baseclient.dll8.5.4264.2177,07203-2 月-201123: 34x86
System.servicemodel.channels.webspheremq.channel.dll8.5.4264.2119,72003-2 月-201123: 34x86
System.servicemodel.channels.webspheremq.extendedclient.dll8.5.4264.2177,08003-2 月-201123: 34x86
System.servicemodel.channels.webspheremq.server.dll8.5.4264.2177,05603-2 月-201123: 34x86
System.servicemodel.channels.webspheremq.baseclient.dll8.5.4264.2204,72003-2 月-201123: 34x 64
System.servicemodel.channels.webspheremq.channel.dll8.5.4264.2119,72003-2 月-201123: 34x86
System.servicemodel.channels.webspheremq.extendedclient.dll8.5.4264.2204,72803-2 月-201123: 34x 64
System.servicemodel.channels.webspheremq.server.dll8.5.4264.2204,70403-2 月-201123: 34x 64
更新プログラムを適用すると、WCF チャネルは、Websphere MQ を新規に設定することによって、バックアウト キュー機能を使用する構成できます。MoveMessageToBackoutQueueプロパティを True にバインドします。

バックアウトのキュー機能のみ受信 (get) がトランザクションを有効にするときのみでサポートされます。また、バックアウト キューと組み合わせて使用できません。ReceiveContext.

場合は、MoveMessageToBackoutQueueプロパティを True に設定し、トランザクション、同期ポイントのプロパティが True の場合は、次のプロセスは MQGet 操作中に発生します。
  1. バックアウト カウントをチェックし、0 以外の場合は、そのメッセージ キューに定義されている、バックアウトのしきい値と比較されます。
  2. バックアウト カウント バックアウトのしきい値よりも小さい場合、メッセージを処理するのには、WCF アプリケーションに送信されます。何らかの理由でトランザクションがコミットされていない場合は、メッセージがロールバックされ、MQ マネージャー メッセージのバックアウト カウントをインクリメントします。また、メッセージが正常にコミットされるまで、またはバックアウト カウントをバックアウトのしきい値よりも大きい値になるまで、サイクルが継続します。
  3. バックアウト カウントがしきい値よりも大きい場合は、MQ マネージャーを照会、メッセージを BOQNAME パラメーターでは、指定されたキューに書き込まれ、メッセージがコミットされます。頻繁にバックアウトのキューにメッセージが作成された理由を示すメッセージを配信不能ヘッダー (MQDLH) が添付されます。

    メモMQ アプリケーション名 BOQNAME を使用して、バックアウト キュー バックアップ元の書き込みメッセージを使用します。
場合は、配信不能のバインディング プロパティ、MoveMessageToBackoutQueueプロパティ、およびトランザクション、同期ポイントのプロパティすべてに設定する場合は True、MQGet 操作中に、次の処理が発生しますがあります。
  1. バックアウト カウントをチェックし、0 以外の場合は、そのメッセージ キューに定義されている、バックアウトのしきい値と比較されます。
  2. バックアウト カウント バックアウトのしきい値よりも小さい場合、配信不能のプロセスが使用されます。メッセージを処理できない場合は、配信不能キューにメッセージが書き込まれます。
  3. メッセージを処理する場合は、WCF アプリケーションを処理する送信します。トランザクションがコミットされていない場合は、メッセージがロールバックされ、MQ マネージャー メッセージのバックアウト カウントをインクリメントします。次に、メッセージが正常にコミットされるまで、またはバックアウト カウントをバックアウトのしきい値よりも大きい値になるまでサイクルを継続します。
  4. バックアウト カウント バックアウトのしきい値よりも大きい場合は、MQ マネージャーを照会、メッセージは、BOQNAME パラメーターで指定されたキューに書き込まれます、メッセージがコミットされます。頻繁にバックアウトのキューにメッセージが作成された理由を示すメッセージを配信不能ヘッダー (MQDLH) が添付されます。

詳細

バックアウトのキュー機能を有効にするのには、関連するプロパティを構成する必要がありますを表示する例を次に示します。

アプリケーション コード内でプロパティが設定されている場合

WebSphereMQBinding mqbinding = の新しい WebSphereMQBinding() です。
mqbinding。ConnectionType = の"ExtendedClient"です。//サーバー可能性があります
mqbinding。MqcdChannelName = の _ChannelName です。
mqbinding。MqcdTransportType = の「TCP」です。//これは SNA できませんでした
mqbinding。トランザクション = true;
qbinding。MqgmoSyncPoint = true;
mqbinding。MoveMessageToBackoutQueue = true;//バックアウトの新しいキューのバインドのプロパティ

AppConfig ファイルにプロパティが設定されている場合

<mqchannelbinding></mqchannelbinding>
<binding name="TransactionalSendReceiveSampleBinding" connectiontype="ExtendedClient"></binding>
mqcdChannelName"MQone"=moveMessageToBackoutQueue ="true"
mqcdTransportType「TCP」= =mqgmoSyncPoint ="true"のトランザクション ="true">
参照してください、"問題 6: backouts のメッセージ「バックアウトのキュー機能では、IBM Websphere MQ の使用法について詳細は次のドキュメント内のトピック。
WebSphere MQ キューおよびアプリケーション プログラム: のベスト プラクティスを共有

この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある企業が製造されています。マイクロソフトは、保証、黙示またはそれ以外のパフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない。

状況

Microsoft では、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 2459833 - 最終更新日: 2011年4月6日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2459833 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2459833
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com