データ バインド コントロール内のソース オブジェクトは、コントロールの名前スコープ外で定義された要素である場合は、.NET Framework 4. 0 ベースの WPF アプリケーションがクラッシュします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2461678
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

以下のシナリオを考えます。:
  • Microsoft .NET Framework 4. 0 ベースの Windows プレゼンテーション Foundation (WPF) アプリケーションがあります。
  • ソース オブジェクトのデータ バインディング コントロールを WPF アプリケーションでは、コントロールの名前スコープ外で定義された要素です。
  • WPF アプリケーションのユーザー インターフェイスを使用して、いくつかの操作を実行します。 これらの操作を実行すると、対象のオブジェクトのバインドのビジュアル ツリーから削除され、ガベージ コレクションの対象となる要素を再利用します。 この現象は、アプリケーションで、次のレイアウト パスが開始される前に発生します。
このシナリオでは、ArgumentNullException例外が発生し、WPF アプリケーションがクラッシュします。 アプリケーションをデバッグする場合は、次のエラー メッセージと共に、「詳細」セクションに記載されている、コール スタックが表示されます。
値を null にすることはできません。

原因

この問題は、データ バインド コントロールで reevaluates すると、WPF アプリケーションでは、null 引数が返されるために発生します。

解決方法

修正プログラムについて

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。 ただし、この資料に記載されている問題のみを解決するものです。 この問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するのには、マイクロソフト カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。 マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。特殊なケースでは、Microsoft Support 担当者は、特定の更新プログラムで問題が解決されると判断した場合に通常サポート コールの発生にかかる料金がキャンセル可能性があります。 特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。この修正プログラムは、次のマイクロソフト接続 Web サイトからもダウンロードできます。
http://connect.microsoft.com/VisualStudio/Downloads/DownloadDetails.aspx?DownloadID=33315

前提条件

この修正プログラムを適用するには、.NET Framework 4. 0 をインストールする必要があります。

再起動の要件

影響を受けるファイルが使用されていない場合は、この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) で一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンタブで、Date and Timeコントロール パネルの項目です。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista の Windows Server 2008 の Windows 7 のおよび Windows Server 2008 R2 の
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Presentationframework.dll4.0.30319.3956,347,11224-11 月-201008: 21x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista の Windows Server 2008 の Windows 7 のおよび Windows Server 2008 R2 の
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Presentationframework.dll4.0.30319.3956,347,11224-11 月-201008: 21x64

状況

マイクロソフトでは、「以下の製品について」の項目に記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています。。

詳細

スタック情報を呼び出します。
at MS.Internal.Data.ElementObjectRef.GetObject(DependencyObject d, ObjectRefArgs args)
at MS.Internal.Data.ObjectRef.GetDataObject(DependencyObject d, ObjectRefArgs args)
at System.Windows.Data.BindingExpression.MS.Internal.Data.IDataBindEngineClient.VerifySourceReference(Boolean lastChance)
at MS.Internal.Data.DataBindEngine.Task.Run(Boolean lastChance)
at MS.Internal.Data.DataBindEngine.Run(Object arg)
at System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall(Delegate callback, Object args, Int32 numArgs)
at MS.Internal.Threading.ExceptionFilterHelper.TryCatchWhen(Object source, Delegate method, Object args, Int32 numArgs, Delegate catchHandler)
at System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeImpl()
at System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeInSecurityContext(Object state)
at System.Threading.ExecutionContext.runTryCode(Object userData)
at System.Runtime.CompilerServices.RuntimeHelpers.ExecuteCodeWithGuaranteedCleanup(TryCode code, CleanupCode backoutCode, Object userData)
at System.Threading.ExecutionContext.RunInternal(ExecutionContext executionContext, ContextCallback callback, Object state)
at System.Threading.ExecutionContext.Run(ExecutionContext executionContext, ContextCallback callback, Object state, Boolean ignoreSyncCtx)
at System.Threading.ExecutionContext.Run(ExecutionContext executionContext, ContextCallback callback, Object state)
at System.Windows.Threading.DispatcherOperation.Invoke()
at System.Windows.Threading.Dispatcher.ProcessQueue()
at System.Windows.Threading.Dispatcher.WndProcHook(IntPtr hwnd, Int32 msg, IntPtr wParam, IntPtr lParam, Boolean& handled)

プロパティ

文書番号: 2461678 - 最終更新日: 2011年1月10日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB2461678 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2461678
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com