Windows 7 の Windows Update で更新プログラムが検出された場合に、更新プログラムを非表示に設定することでインストール対象から除外する方法

文書番号: 2463965 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

Windows 7 の Windows Update で更新プログラムが検出された場合に、Windows Update で表示される更新プログラムの表示設定を変更することで、インストール対象となる更新プログラムを選択できるようになります。

この方法は Windows 7 の Windows Update で検出される更新プログラムを適用すると、ご利用の環境でエラーが発生することが確認されている場合や、 使用するコンピューターの互換性問題を理由に更新プログラムの適用を控えたい場合に役立ちます。

この資料では、Windows 7 の Windows Update に表示される更新プログラムを非表示に設定しインストール対象から除外する方法を説明します。

注意 : お使いの Windows が最新の状態と現在認識されている環境では本機能をご利用いただけません。更新プログラムが検出された場合にのみ、更新プログラムを非表示に設定しインストール対象から除外することができます。

セキュリティ関連の更新プログラムを非表示に設定した場合、お使いのコンピューターが脅威にさらされる可能性があります。また、非表示に設定された更新プログラムがあることをお忘れになる可能性も考えられます。そのため、この資料では、非表示に設定した更新プログラムを再表示しインストール対象として復元する方法についても説明します。

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

更新プログラムを非表示に設定しインストール対象から除外する方法

  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    すべてのプログラム
  2. [Windows Update] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    Windows Update
  3. Windows Update で表示されるメッセージを確認し、次の手順に進んでください。
    • "更新プログラムをコンピューターにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示される場合は、手順 4 に進みます。
    • "Windows は最新の状態です。" というメッセージが表示される場合は、手順 4 以降の設定を適用できません。 Windows 7 の Windows Update で更新プログラムが検出された場合にのみ、手順 4 以降の設定に進んでください。

      元に戻す画像を拡大する
      Windows Update
  4. 最新の更新プログラムがある場合は、"更新プログラムをコンピューターにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示されます。更新プログラムの詳細を確認するため、[○ 個の重要な更新プログラムが利用可能です] をクリックします。

    次の例では、利用可能な更新プログラムが、重要: 10 個と、オプション: 2 個、計 12 個あるので、[10 個の重要な更新プログラムが利用可能です] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    Windows Update
  5. インストールする更新プログラムの選択画面で、非表示に設定したい更新プログラムを右クリックし、[更新プログラムの非表示] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御
    管理者パスワード、または確認のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    次の例では、利用可能な更新プログラムの 1 つである 「Windows 7 用 Media Center の累積的な更新プログラム (KB2284742) 」 を右クリックし、[更新プログラムの非表示] をクリックすることで、ダウンロード対象から除外します。

    元に戻す画像を拡大する
    更新プログラムの非表示
  6. ウィンドウ左上の [戻る] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [戻る] ボタン
    をクリックして、Windows Update のトップ画面に戻ります。
  7. Windows Update のトップ画面に戻ると、自動的に更新プログラムの確認が行われます。
  8. 更新プログラムの確認が完了した後、再度、[○個の重要な更新プログラムが利用可能です] をクリックし、非表示に設定した更新プログラムが検出されていないことを確認します。

    次の例では、利用可能な更新プログラムが、重要: 9 個と、オプション: 2 個、計 11 個と認識されていることからも、非表示に設定した更新プログラムがダウンロード対象から除外されていることが確認できます。

    元に戻す画像を拡大する
    非表示後の確認


非表示に設定した更新プログラムを再表示しインストール対象として復元する方法

  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    す
  2. [Windows Update] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    Windows Update
  3. Windows Update で表示されるメッセージを確認し、次の手順に進んでください。
    • "更新プログラムをコンピューターにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示される場合は、手順 4 に進みます。
    • "Windows は最新の状態です" というメッセージが表示される場合は、お使いのコンピューターに必要な更新プログラムがすべて適用済みであることを示していますが、以前、非表示に設定した更新プログラムがある場合は、未適用の更新プログラムが残されていることになります。お使いのコンピューターの安全性を確認するためにも、手順 4?に進み、非表示に設定した更新プログラムの有無を確認後、必要に応じて、未適用の更新プログラムをダウンロード対象としてください。
  4. 最新の更新プログラムがある場合は、"更新プログラムをコンピューターにダウンロードしてインストールします" というメッセージが表示されます。

    左側のオプションにある [非表示の更新プログラムの再表示] をクリックし、非表示に設定した更新プログラムの有無を確認します。

    元に戻す画像を拡大する
    非表示の更新プログラムの再表示
  5. 再表示したい更新プログラムのチェックボックスをクリックし、チェックボックスをオンにした後、[再表示] ボタンをクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御
    管理者パスワード、または確認のメッセージが表示されたら、[続行] をクリックします。

    次の例では、利用可能な更新プログラムの 1 つである 「Windows 7 用 Media Center の累積的な更新プログラム (KB2284742) 」 のチェックボックスをクリックし、チェックボックスをオンにした後、[再表示] ボタンをクリックすることで、ダウンロード対象とします。

    元に戻す画像を拡大する
    非表示の更新プログラムの再表示

  6. 自動的に Windows Update のトップ画面に戻り、更新プログラムの確認が行われます。
  7. 更新プログラムの確認が完了した後、再度、[○ 個の重要な更新プログラムが利用可能です] をクリックし、 再表示に設定した更新プログラムがダウンロード対象として復元されていることを確認します。

プロパティ

文書番号: 2463965 - 最終更新日: 2013年10月24日 - リビジョン: 1.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbharmony kbexpertisebeginner kbdeployment kbsetup kbhowto KB2463965
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com