エラー 85010013、8600C2B、または Exchange サーバーに、Windows Phone ベースのデバイスを同期しようとするときに、86000C 29

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2464593 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Phone ベースのデバイスを使用して Microsoft Exchange Server を実行しているサーバーに接続すると、同期は失敗します。さらに、次のいずれかのようなエラー メッセージが表示されます。

エラー メッセージ 1
Mail.Contoso.com はお客様の情報を同期する前に特定のセキュリティ ポリシーを適用することが必要です。サポート担当者またはサービス ・ プロバイダーに問い合わせてください。

最後に試行したxを分前。

エラー コード:エラー コード>

エラー メッセージ 2
Mail.Contoso.com は特定のセキュリティ ポリシーを適用する必要があります。ポリシーを適用するもう一度同期してみてください。場合は、このメッセージを参照してください、サポート担当者またはサービス ・ プロバイダーにお問い合わせください。

最後に試行したxを分前。

エラー コード:エラー コード>

これらのエラー メッセージのプレース ホルダーにエラー コード> 次のエラー コードのいずれかを表します。
  • 0x85010013
  • 0x8600C2B
  • 86000C 29


原因

この問題は、Exchange ActiveSync メールボックス ポリシーが実装された Windows Phone ベースのデバイスは完全に設定されているパラメーターを使用する場合に発生します。

Exchange クライアント アクセス サーバーは、デバイスを Exchange ActiveSync メールボックス ポリシー内のすべてのパラメーターを適用できませんと、HTTP ステータス 449 のデバイスに応答します。各後続の同期の試行は、現在の Exchange ActiveSync ポリシーが存在しているときに、HTTP ステータス 449 の失敗します。

解決方法

この問題を解決するのには、既存の Exchange ActiveSync ポリシーを変更または Windows Phone ベースのデバイスにポリシーを適用できるように、新しい Exchange ActiveSync ポリシーを作成します。これを行うには、次の操作のいずれかを実行します。
  • サポートされているポリシーの各パラメーターにのみ適用する、既存の Exchange ActiveSync ポリシーを変更します。
  • Windows Phone デバイスに実装できる、サポートされるポリシー パラメーターを適用する新しい Exchange ActiveSync ポリシーを作成します。次に、Windows Phone のユーザーにこのポリシーを割り当てます。

回避策

Windows Phone 8 ベースのデバイスでこの問題を回避するには、Exchange ActiveSync ポリシーの準備以外のデバイスを許可するパラメーターを有効にします。

重要以外の準備を許可するデバイスのパラメーターにデバイスを同期させることができます。これは、デバイスを強制するポリシーをサーバー上に構成されている Exchange ActiveSync ポリシーのパラメーターが一致しない場合にも当てはまります。

詳細

Exchange ActiveSync メールボックス ポリシー


次の表は、Windows Phone デバイスでサポートされているポリシーを説明します。

Windows Phone 7 でサポートされているポリシーの各パラメーター
元に戻す全体を表示する
パラメーターパラメーターパラメーター
PasswordRequiredAllowSimplePasswordDisableIrDA
MinPasswordLengthPasswordExpirationDisableDesktopSync
IdleTimeoutFrequencyValuePasswordHistoryBlockRemoteDesktop
DeviceWipeThresholdDisableRemovableStorageBlockInternetSharing


Windows Phone 8 でサポートされているポリシーの各パラメーター
元に戻す全体を表示する
パラメーターパラメーター
AllowSimpleDevicePasswordMaxInactivityTimeDeviceLock
AlphanumericDevicePasswordRequiredMinDevicePasswordComplexCharacters
DevicePasswordEnabled MinDevicePasswordLength
DevicePasswordExpirationRequireDeviceEncryption
DevicePasswordHistory RemoteWipe
IrmEnabled AllowNonProvisionableDevices
MaxDevicePasswordFailedAttempts

メモ さらに、EAS ポリシーのパラメーター AllowStorageCardは Microsoft システム センターの構成マネージャーを使用してデバイスを管理するときに。

変更または Exchange ActiveSync ポリシーを作成する方法については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123783.aspx

http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123783 (v=exchg.141).aspx

http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123783 (v=exchg.80).aspx


一般的な問題
マイクロソフトのサポートは、頻繁に ActiveSync メールボックス ポリシーの適用に関する問題についてのサポート要求を受信します。これらの問題の最も一般的な原因は、サポートされていないポリシー パラメーターの存在です。AllowNonProvisionableDevicesパラメーターがFalseに設定すると、ポリシーのパラメーターは無視され、正当な理由がある場合を除き、ポリシー パラメーターする必要があります正常にプロビジョニングするのには、デバイスの適用されます。

この資料の前半では、ポリシーのパラメーターが表示されているサポートされています。ポリシーに関する問題のトラブルシューティングを行うときに無視することはできませんが、サポートされていないパラメーターの存在を既存のポリシーを見直す必要があります。既定およびカスタム ポリシーの両方が含まれます。ポリシーと適用の詳細な一覧は、次の Microsoft Developer Network (MSDN) の web ページで利用できます。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee200827 (v=exchg.80).aspx
次の使用例は、現在のバージョンの Windows Phone 8 の問題と今後のアップデートで解決される予定します。

ストレージ カード上の暗号化の必要性のポリシーのパラメーターが有効な場合、デバイスの SD カード スロットがあるない場合でも Windows Phone 8 デバイス、SD カードの存在を misreport します。失敗したプロビジョニング ポリシーの施行が発生し、デバイスを同期することはできません。

MSDN のトピック 2.2.2.51 (によるRequireStorageCardEncryption) について、ポリシーのパラメーターをポリシーのパラメーターが存在とですが、デバイスがリムーバブル記憶域をサポートしていない、パラメーターを無視するか、デバイスを同期できる必要があります。

この問題を解決するには、Windows Phone 8 デバイスに記載されている方法、「解決方法」および「回避策」のセクションで使用します。

関連情報

Windows Phone でサポートされているポリシーの詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/aa998357.aspx#WindowsPhone7

Windows Phone デバイスの管理」および「Windows Phone でサポートされているポリシーの詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=270085

Windows Phone 7 と Exchange Server を使用する場合の考慮事項に関する詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。
http://social.technet.microsoft.com/wiki/contents/articles/exchange-activesync-considerations-when-using-windows-phone-7-clients.aspx


Exchange Server のガイド付きのチュートリアルを ActiveSync をトラブルシューティングします。 により、次の問題のトラブルシューティングを行います。
  • デバイスのプロファイルを作成することができません。
  • サーバーに接続できません。
  • メールの問題
  • 予定表の問題
  • デバイスと CA のパフォーマンス上の遅延

プロパティ

文書番号: 2464593 - 最終更新日: 2014年2月19日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
  • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
キーワード:?
kbsurveynew kbwp8 kbtshoot kbprb kbmt KB2464593 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2464593
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com