Office Outlook 2007 迷惑メール フィルター更新プログラム: 14、2010 年 12 月

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2466076
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この更新プログラムでは、Microsoft Office Outlook 2007 の迷惑メール フィルターで最新の定義を提供します。この更新プログラムは、2010 年 12 月 14日、リリースされました。未読の電子メール メッセージは迷惑メール メッセージとして扱うかどうかは、これらの定義を評価してください。

解決方法

更新プログラムの詳細

この更新プログラムは以下の以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられます。
2443839Office Outlook 2007 迷惑メール フィルター更新プログラム: 2010年 11 月 9日

インストールの詳細

入手して、更新プログラムをインストールする方法

次に、ファイルは、Microsoft のダウンロードからダウンロード利用Center:

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
更新プログラム パッケージをダウンロードします。

詳細については方法についてマイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード] で、表示するには、以下の「base をクリックします。Knowledge Base の記事:
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルス スキャン。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバーでは、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。

この更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

この更新プログラムに記載されている、バージョン ファイルが含まれています。次の表にします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Outlfltr.dat12.0.9429.5623,610,43217-11 月-201006: 20


コンピューターにインストールされているファイルのバージョンを確認するには、実行しているオペレーティング システムに応じて、次の手順を実行します。

Windows 7
  1. をクリックして開始、し、コンピューター.
  2. で、コンピューターを検索ボックスの種類Outlfltr.datをクリックし、ENTER キーを押します。
  3. 右クリックOutlfltr.dat、し、プロパティ.
  4. で、全般タブで、コンピューターにインストールされている Outlfltr.dat ファイルのプロパティに注意してください。


Windows Vista
  1. をクリックして開始
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    、し、をクリックして検索.
  2. をクリックして高度な検索.
  3. で、場所ボックスで、をクリックしてくださいローカルハードディスク (Hdd).
  4. で、名前ボックスの種類Outlfltr.dat、し、検索.
  5. ファイルの一覧で、右クリックします。Outlfltr.dat、し、プロパティ.
  6. で、全般タブのプロパティを確認します。コンピューターにインストールされている Outlfltr.dat ファイルです。
Windows XP
  1. 検索コンパニオンを起動します。これを行うをクリックします。開始、し、検索.

    メモWindows デスクトップ サーチが起動したらをクリックします。をクリックしてここで検索コンパニオンを使用します。
  2. [検索結果] ウィンドウをクリックします。すべてのファイルとフォルダーで、検索コンパニオンウィンドウです。
  3. で、ファイル名のすべてまたは一部ボックスで、種類Outlfltr.dat、し、検索.
  4. ファイルの一覧で、右クリックします。Outlfltr.dat、し、プロパティ.
  5. で、全般タブと、バージョンタブで、コンピューターにインストールされている Outlfltr.dat ファイルのプロパティに注意してください。

この更新プログラムをアンインストールする方法

  1. をクリックして開始、し、実行.
  2. 種類appwiz.cpl、し、[OK].
  3. 実行しているオペレーティング システムに応じて、次の手順のいずれかを使用します。
    • Windows 7 および Windows Vista
      1. をクリックして更新プログラムのインストールの表示.
      2. 更新プログラムの一覧で、2466076 の更新] をクリックしをクリックします。アンインストール.
    • Windows XP
      1. オンにし、更新プログラムを表示します。チェック ボックス。
      2. 更新プログラムの一覧で、2466076 の更新] をクリックしをクリックします。削除する.


.Msp ファイルに関する管理者向け情報

この更新プログラムは、フルファイル版の Microsoft Windows インストーラーで構成されています。(.msp) ファイルです。.Msp ファイルは自己解凍形式の実行可能ファイルにパッケージ化します。以下の .msp ファイルは、この更新に配布されます。
Outlfltr.msp

特定のコンポーネントを再インストールする方法に関する管理者向け情報

管理者用インストール ポイントをしを更新する場合再キャッシュしてクライアント コンピューターに Office Outlook 2007 を再インストール、実行できます、コマンド ライン コマンドが含まれています、再インストール = [機能の一覧][プロパティ] します。このプロパティを再インストールするかどうかを指定します。Office Outlook 2007 の特定のコンポーネントの管理イメージです。

この更新プログラムの値は、再インストール = [機能の一覧]プロパティは次のとおりです。
OUTLOOKFiles

または、置き換えることができます、再インストール = ALLすべての Microsoft Office コンポーネントを再インストールするには、パラメーターがクライアント コンピューター。

2007 Microsoft Office system 製品の更新プログラムを配布する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
製品の更新プログラムを 2007 Office system を配布します。
どの電子メール outlook または Exchange Server では、迷惑メール フィルターによってフィルターされているため、ポリシーの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するには、以下の「base をクリックします。
954199どの電子メール outlook または Exchange Server では、迷惑メール フィルターによってフィルターされているため、ポリシーの説明
Office システムの TechCenter には、最新の管理者用更新プログラムおよび配布方法のリソースのすべてのバージョンの Office が含まれます。Office システムの TechCenter に関するの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Microsoft Office

既知の問題

Windows Update エラー コード 646 またはエラー コード 0x80070646 を返します。

マイクロソフトの更新プログラムを office の更新プログラムが正常にインストールがあります。または、手動でそれらを使用して、インストールしようとするとこれらの更新プログラムが正常にインストールされていない、/quiet/passiveフラグです。この問題は、破損したシステムの環境変数のためのまたは失敗したアクセス権限のエスカレーションのために発生します。

この問題を解決する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するには、以下の「base をクリックします。
2258121エラー コード"0x80070646、"「646、」または「Office 更新プログラムをインストールしようとしたときに、1606」

プロパティ

文書番号: 2466076 - 最終更新日: 2011年2月28日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
atdownload kbexpertisebeginner kbmt kbsurveynew KB2466076 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2466076
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com