Microsoft Dynamics CRM 2011年用の更新プログラムのロールアップ 2 が利用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2466086
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Dynamics CRM 2011年用の更新プログラムのロールアップ 2 は、利用可能です。この資料では、修正プログラムおよびこの更新プログラムのロールアップに含まれる更新プログラムについて説明します。この更新プログラムのロールアップは、Microsoft Dynamics CRM 2011 年までにサポートされているすべての言語に対して利用可能です。

詳細

この更新プログラムのロールアップの数とファイルの名前を構築します。

以下のコンポーネントの更新プログラム パッケージのビルド番号は 5.0.9688.1155 です。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年サーバー
  • Microsoft Office Outlook の Microsoft Dynamics CRM 2011
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年電子メール ルーター
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年オーサリングの拡張機能を報告します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年の言語パック
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年拡張機能のレポート作成

32 ビット バージョンの更新プログラムのロールアップ パッケージのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-クライアント-KB2466086-LangID-i386.exe
  • CRM2011-ルーター-KB2466086-[Langid]-i386.exe
  • CRM2011-入札・ KB2466086-[Langid]-i386.exe
  • CRM2011-Mui-KB2466086-[Langid]-i386.exe
64 ビット バージョンの更新プログラム パッケージのファイル名は次のとおりです。
  • CRM2011-サーバーの KB2466086-[Langid]-amd64.exe
  • CRM2011-クライアント-KB2466086-[Langid]-amd64.exe
  • CRM2011-Mui-KB2466086-[Langid]-amd64.exe
  • CRM2011-ルーター-KB2466086-[Langid]-amd64.exe
  • CRM2011 ・ Srs-KB2466086-[Langid]-amd64.3exe

更新プログラムのロールアップの情報


次のファイルは、Microsoft ダウンロード センター」からダウンロード可能なです。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
2466086 のパッケージをダウンロードします。リリース日: 2011 年 6 月 2日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは配布ファイルのウイルスをスキャンします。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。利用可能な 2011 年 6 月 28日
Microsoft Update カタログの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
323166 ドライバーおよび修正プログラムを Windows Update カタログから更新プログラムをダウンロードする方法

インストール情報

この更新プログラムのロールアップをインストールした後、CRM、既存のセッションを終了し、変更を反映する新しい CRM セッションを開始します。

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 5.0.9688.583 のこの更新プログラムのロールアップを適用するインストールの構築 2011年が必要です。

Microsoft Dynamics CRM 2011年の詳細については 5.0.9688.583 を構築、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2461082 Microsoft Dynamics CRM 2011年リリース候補版の更新プログラムが利用します。

再起動の必要性

ダイアログ ボックスが表示されたら、更新プログラムのロールアップを適用した後、コンピューターを再起動します。

プログラムのアンインストール情報

Microsoft Dynamics CRM を実行しているサーバーから、更新プログラムのロールアップ 2 をアンインストールできます。ただし、更新プログラムのロールアップ 2 をアンインストールする前に、データベースをバックアップする必要があります。この更新プログラムをアンインストールするには、Microsoft Dynamics CRM 2011年をインストールに使用した元のソース ファイルにアクセスする必要があります。元のインストール ファイルがあるない場合は、インストール ファイルをダウンロードするのには、次のマイクロソフト ダウンロード web サイトを参照してくださいできます。
Microsoft Dynamics CRM サーバー 2011

更新プログラムのロールアップ 2 には Microsoft Dynamics CRM 2011 で解決される問題

更新プログラムのロールアップ 2 の更新プログラムのロールアップ 1 に記載されている問題に対するすべての修正プログラムを含む累積的な更新プログラムのロールアップです。

更新プログラム ロールアップ 1 とそれを解決する問題の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
2466084 Microsoft Dynamics CRM 2011年用の更新プログラムのロールアップ 1 が利用可能です。

更新プログラムのロールアップ 2 には、以下の追加の修正が含まれます。なしのこれらの修正プログラムは、個別技術資料に記載されています。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年の組織には、POC の移行を実行することを想定しています。次のシナリオのいずれかに該当する場合は、複数の監査エラーが発生します。
    • 監査の設定を有効にすると、エンティティの新しいレコードを作成します。
    • 監査の設定を有効にすると、エンティティの既存のレコードを変更します。
    • 監査の設定を無効にします。
  • アカウントのページを参照することを想定しています。次に、クリックします。 アカウント ナビゲーション バーにします。このような状況では、メモリの使用率が増加が発生します。
  • 待機条件を持つワークフローを作成する場合は、ワークフローが正しく Microsoft Dynamics CRM 2011 を遅延されません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 を英語以外の基本言語を使用して Microsoft Dynamics CRM 4.0 をアップグレードすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    ' XPKLocalizedLabel'。オブジェクト 'MetadataSchema.LocalizedLabel' に重複するキーを挿入できません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 で Internet Explorer 9 を使用して、リソース ・ グループの作成] ページを開く場合は、期待どおりに、ページを閉じることができません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年環境内の活動との関係を持つ多くのカスタム エンティティをあることを想定しています。設定しようとしたとき、 について フィールド、アクティビティには、次のエラー メッセージが表示されます。
    ページが見つかりませんでした。
    さらに、クリックすると、 について 検索ボタンは、 参照 ダイアログ ボックスが正常に開かれません。
  • インストールまたは、2011 年に Microsoft Dynamics CRM のサンプル データを削除すると、未処理の例外エラーを発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールすることを想定しています。更新が失敗した場合は、レジストリ内のバージョン情報が正しく更新されません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年を日本語の言語を使用すると、市場動向日本語の言語にはローカライズされません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年クライアントから 2011 年に Microsoft Dynamics CRM の Microsoft Office Outlook に送信される送信要求の調整メカニズムは存在しません。したがって、背景の送信要求が多すぎて、サーバーに同時に送信できます。このような状況は、低いサーバー パフォーマンスを発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 年には、次のシナリオを検討してください。
    • 購読解除] リンクが、新しい電子メール メッセージ テンプレートを作成します。
    • Microsoft Office Outlook では、新しい電子メール メッセージを作成します。
    • テンプレートは、電子メール メッセージに挿入します。
    • 電子メール メッセージを送信します。
    • 電子メール メッセージ内の [購読解除] リンクをクリックします。
    このシナリオで、 するには フィールドとは 件名 フィールドは設定されません正しく。
  • カスタマイズすることを前提としています、 アクセス モード 属性の既定値であると、システムのユーザーの 読み取り または 管理.ユーザーへの招待のウィザードを使用して、ユーザーを追加すると、ウィザードは例外エラーで失敗します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 年には組織で詳細なトレースを有効にすることを想定しています。実行すると、 UpdateContractStates ジョブは、非同期サービスは例外エラーで失敗します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 のジョブが完了したら、ユーザーに報告する同期タスクを作成することを想定しています。ジョブが完了すると、正しくない URL を含む電子メール メッセージが表示されます。ただし、組織に、URL がリンクしてください。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 で複数の組織があることを前提としています。各組織で別のユーザー定義エンティティがあります。フィルター パラメーターを使用同じオブジェクト タイプのコードを各組織を持つ場合は、このような状況では、エラーを発生します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 で同じ表示名を持つ複数のエンティティがあるし、重複の検出が有効になっていることを想定しています。このような状況では、重複の検出ルールのフォームを開くことができません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 で公開されている重複の検出ルールを持つエンティティをあることを前提としています。エンティティのレコードを保存すると、いくつかの未処理の例外エラー メッセージが表示されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年用の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールした後は、「更新プログラム ロールアップ 1 の Microsoft Dynamics CRM 2011年」の代わりに「Microsoft Dynamics CRM 2011 の最新情報」で表示されます、 追加またはプログラムを削除します。 リストです。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011年フィンランドの言語のクライアントをインストールした後、"Microsoft Dynamics CRM 5.0 の Microsoft Office Outlook"とない"Microsoft Dynamics CRM 2011年の Microsoft Office Outlook"が表示されますで、 追加またはプログラムを削除します。 リストです。
  • フランス語の翻訳をフォームのプレビューは、フランス語の Microsoft Dynamics CRM 2011 で正しいです。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 年にはキャッシュのインフラストラクチャでのリボンのキャッシュを読み込むため、バッチ ロードのメカニズムはありません。
  • クライアント API は、subgrids Microsoft Dynamics CRM 2011 年にはアクセスできません。
  • フランス語の翻訳は、 参照、削除制限 入力、 動作 オプション「1:N 関係」フォームでは、フランス語の Microsoft Dynamics CRM 2011 で正しいです。タイプ"「削除制限の代わりにします」制限を削除"に変換されます。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 で複数のレコードの種類をサポートするいくつかの役割をあることを前提としています。ロールを使用して接続を作成すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    レコードの種類を使用して、選択した接続の役割を持つは定義されていません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 をアップグレードした後は、一部の古い Microsoft Dynamics CRM 4.0 ファイルが期待どおりに削除されません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 年には、複数サイトのドメインにユーザーを追加すると、保存処理が予想よりも長い。
  • アップグレードするか、名前に Microsoft Dynamics CRM 2011 年にはハイフンが含まれているデータベースをインポートすると、アップグレードやインポートは失敗します。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 を設定、autoexpand/自動拡張のコントロールがある、サブグリッド考えます。それらの文字の別のコントロール、サブグリッド - 並べてに設定されます。このような状況では、フォームエディターで指定されているサイズのサブグリッドのコンテナーのサイズを重視しません。ホワイト スペースは、下サブグリッド コンテナー内のデータが予期せず表示されます。
  • 2011 年に Microsoft Dynamics CRM のアクセント記号なし別のレコードが重複しているレコードを作成することを想定しています。このような状況では、重複するレコードが検出されます。ただし、重複するレコードは表示されません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 1 をアンインストールすると、製品のバージョン番号が正しくありません。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラム ロールアップ 1 をインストールすることを想定しています。アンインストール プロセスの更新プログラム ロールアップ 1 の Microsoft Dynamics CRM 2011 を起動します。アンインストール プロセスをキャンセルすると、予期せずに、空のダイアログ ボックスが表示されます。
  • インポートし、Microsoft Dynamics CRM 2011 Microsoft Dynamics CRM 4.0 から、組織を更新することを想定しています。システム属性の値が 100 を超える場合は、インポートは失敗します。
  • ルールを発行すると、 重複の検出ルール 2011 年に Microsoft Dynamics CRM ダイアログ ボックスで、日本語、 ステータス フィールドが正しく表示されます。
  • Severitycode フィールドとは Prioritycode フィールドは、同じ Microsoft Dynamics CRM 2011 年には日本語で、日本語に変換します。
  • 2011 年に Microsoft Dynamics CRM のサンプル データを削除すると、未処理の例外エラーを発生します。
  • Internet Explorer 9 を使用して、差し込み印刷テンプレートは、新しい Microsoft Dynamics CRM 2011 で作成することを想定しています。次に、差し込み印刷テンプレートを再度開きます。この状況では、差し込み印刷テンプレートを保存するときに名フィールドを値に持つことを示すエラー メッセージが表示されます。
  • 場合は、 データ 一括削除の非同期操作でのフィールドが null で、非同期サービスがクラッシュします。
  • 6750 KB よりも大きいのサンド ボックスでプラグインを実行することはできません。


修正プログラムと更新を有効にするか手動で構成する必要があります。

Microsoft Dynamics CRM 2011年は、以下の修正プログラムと更新を有効にするか手動で構成する必要がありますが、プログラムのロールアップ 2 を更新します。Microsoft Dynamics CRM 2011年を実行しているサーバーでこれらの修正プログラムまたは更新プログラムを構成するのには、次の Knowledge Base の資料の手順を実行します。記事に実行できる手順が含まれている Microsoft Dynamics CRM 2011年のリリース版の機能を維持する場合は、Microsoft Dynamics CRM 2011 の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールする前にします。

2535245 2011 年に Microsoft Dynamics CRM の大規模なデータセットのつありますクエリを実行すると、パフォーマンスが低下します。

ファイル情報

ファイルの情報の表示と非表示を切り替えるには、ここをクリックします。

プロパティ

文書番号: 2466086 - 最終更新日: 2012年5月20日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kberrmsg kbfix kbqfe kbmbsmigrate atdownload kbmt KB2466086 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2466086
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com