エラー メッセージ:、Works のタスク起動ツールは、選択したタスクにアクセスできません

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 247602 - 対象製品
この資料には、Windows Installer Cleanup ユーティリティ (MSICUU2.exe) へのリンクが記載されている可能性があります。Windows Installer Cleanup ユーティリティを使用して問題を解決するためにこの資料が提示された場合、製品のインストールのサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。また、Windows インストーラーを使用する製品のアンインストールの問題のトラブルシューティング手順については、以下のサポート技術情報の資料を参照してください。

2438651 Windows ベースのコンピューターでプログラムをインストール、アンインストール、またはアップグレードするときに発生することがある問題のトラブルシューティング方法
Notice
この資料は、Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティ (MSICUU2.exe) へのリンクもあります。Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティを使用して問題を解決しようとしていてこの資料が表示された場合、製品のインストールに関するサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。または Windows インストーラーを使用している製品のアンインストールに関する問題をトラブルシューティングする手順については、以下のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

重要: この資料にはセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれています。特定の問題を回避するために、こうした変更を行うことはできます。これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に使用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、システムを保護するために、適切な追加手順を実行します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Works のタスク起動ツール内でタスクをクリックすると、いずれか、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
をWorks タスク起動ツール選択した作業にアクセスできません。必要なファイル可能性があります。不足している場合は、壊れているか、または削除されている可能性があります。復元するかファイルを置き換えるには、Works を再セットアップしてから作業を再起動ください。不要になった場合は、タスクを右ボタンでクリックをクリックし、タスク名、削除します。
1 つまたは複数の機能にアクセスできません。ファイルです。
タスクの起動ツール マイクロソフトでは、タスクを選択すると、Works Suite 2002 のようなエラー メッセージが表示ことがありますが次の。
テンプレート 発生しました深刻なエラー。
このエラー メッセージで テンプレート しているタスクの名前です。実行するのには

原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • Norton ウイルス対策ソフトウェアは、コンピューターで実行されています。
  • Microsoft Word 2000 のインストールを修復する必要があります。ください (Works Suite の場合のみ)。
  • Works タスクの起動ツール ファイルが破損しているか不足しています。
  • [フォント] フォルダー内にインストールされているフォントが多すぎる、コンピューターです。
  • 複数のプリンター ドライバーがインストールされている、コンピューターです。
  • Works のタスク起動ツールから開始する必要があります Word 内2000 (Works Suite の場合のみ)。
  • 両方、Microsoft Word では、Works を再インストールする必要があります。スイートのインストールと、Microsoft Word 2000 のインストール、コンピューター(動作のスイートのみ)。
  • Windows のプロファイルまたはユーザー アカウントがあります。破損しています。

解決方法

重要次の手順は、セキュリティ上のリスク増加可能性があります。これらの手順は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性が悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をします。この資料で説明するのには、設計どおりに動作するために、または特定のプログラム機能を実装するプログラムを有効にするプロセスをお勧めします。これらの変更を行う前に、特定の環境でこのプロセスの実装に関連するリスクを評価することをお勧めします。このプロセスを実装する場合は、システムを保護するために、適切な追加手順を実行します。だけは本当にこのプロセスが必要とする場合は、このプロセスを使用することをお勧めします。
警告この回避策は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性が悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をことがあります。この回避策はお勧めしませんが、各々の判断でこの回避策を実行できるように、この情報を提供します。ご自身の責任でこの回避策を使用してください。
メモ ウイルス対策プログラムは、ウイルスからコンピューターを保護するために設計されています。ダウンロードしなかったり、信頼できないソースを信頼するか、ウイルス対策プログラムを無効にすると、電子メールの添付ファイルを開くと Web のサイトにアクセスからファイルを開く必要があります。

コンピューター ウイルスの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
129972コンピューター ウイルス: 説明、予防、および回復

この問題を解決するのには、適切なメソッドを使用します。

Norton ウイルス対策ソフトウェアがコンピューターに実行しています。

この問題を解決するのには、製品の再構成のヘルプを製品の最新バージョンを入手するのには、Norton に問い合わせてください。詳細については、Norton ウイルス対策ソフトウェアOfficeAV.dll プラグインの「関連情報」セクションを参照してください。

Word 2000 (Works Suite) から Works のタスク起動ツールを開始する必要があります。

Word 2000 (Works Suite から、Works のタスク起動ツールを開始するのにはのみ)、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのにはプログラムプロパティ マイクロソフト単語.
  2. クリックしてください。 ファイル、しポイント新しい.
  3. フライアウト メニューを選択します。 Works タスク起動ツール.
  4. 手順 1 〜 3 を使用する場合は、タスクから Word を起動します。開始起動ツール。
  5. 手順 4 で動作する場合は、デスクトップ上のすべての開いているウィンドウを閉じ、タスクの起動ツールを起動し、タスク起動ツールから、Word を起動します。
  6. このメソッドが失敗した場合は、続いてください。メソッドです。

Microsoft Word 2000 (Works Suite) を修復する必要があります。

修復する Word 2000 では、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには設定プロパティ コントロールパネル.
  2. ダブルクリックします。 追加と削除プログラム.
  3. クリックしてください。 Microsoft Word 2000プロパティ追加と削除.
  4. クリックしてください。 Word の修復.
  5. クリックしてください。 My Word 内のエラーを修復します。インストールプロパティ 終了日します。.
  6. 修復するのには、画面の指示に従いますMicrosoft Word 2000。
問題が引き続き発生する場合は、するには、次の方法に進みます。残りの手順を使用している場合Windows 2000 または Windows XP を使用して、新しいユーザー アカウントを作成する、割り当てる必要があります。ローカルの Administrators グループ、アカウント間でのログに手順を実行します。コンピューターがネットワーク ドメインに接続されている場合は、必要があります。ヘルプが必要な場合は、ネットワーク管理者に問い合わせてくださいします。をこれを行う方法についての情報 スタート → ヘルプ し検索には、次のトピック:「コンピューターに新しいユーザーを追加するには」.と管理資格情報を持つ新しいアカウントを作成してログに記録しました。そこには、次の手順に進みます。

Works タスクの起動ツール ファイルが壊れているか不足しているです。

これらのファイルを置き換えるには、Works を削除、Microsoft Works を削除します。フォルダーをコンピューターをクリーン ブートし、Works を再インストールします。これを行うには、実行します。表示される順序で手順します。

Works スイートを削除します。

Works Suite 製品を削除するのには、次の手順を実行します。
  1. Works のセットアップ CD をコンピューターの CD-ROM ドライブに挿入します。または、DVD-ROM ドライブします。
  2. Works のセットアップ画面をクリックしてください。削除.
  3. 表示されているすべての製品を選択します。
  4. 各製品を削除するのには、指示に従います。

フォルダーおよびレジストリ コンポーネントを削除します。

ダウンロードしてのキーのレジストリ コンポーネントを削除し、このユーティリティは、オペレーティング システムの適切なを実行しています。

Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、または Microsoft Windows Millennium Edition (Me)

を次のファイルを入手するには、マイクロソフト ・ ダウンロードからです。Center:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
http://download.microsoft.com/download/works60/Utility/1/WinMe/EN-US/wks6.exe
Microsoft Windows 2000

を次のファイルを入手するには、マイクロソフト ・ ダウンロードからです。Center:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
http://download.microsoft.com/download/works60/Utility/1/NT5/EN-US/wks6w2k.exe
をマイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細についてをクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。Microsoft は、最も使用されます。日に存在した最新のウイルス検出ソフトウェアをファイル送信されました。ファイルに役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。ファイルに許可されていない変更を防ぐ。 これらのファイルを実行するのには、次の手順を実行します。
  1. ファイルをデスクトップに保存します。
  2. ファイルをダブルクリックし、に従って、メッセージが表示されます。

コンピューターをクリーン ブートします。

バック グラウンドで実行されるプログラムと競合する、インストール プロセスです。プログラムは実行かどうかを確認するには目的を記載されているプログラムのいずれかをインストールする前に、コンピューターのクリーン ブート「適用」セクションで。これを行うには、適切なメソッドを使用して、Windows のバージョン。

Microsoft Windows Millennium Edition (Me)

システム構成ユーティリティ (msconfig.exe) を実行します。するにはこれを行うは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 msconfig 続いて と入力して ボックスをし、クリックしてください。 ].
  2. クリックして、 一般的な タブします。

    クリックしてください。スタートアップのオプション.
  3. [すべて] チェック ボックスをオフにします オプションを選択スタートアップ.
  4. クリックして、 スタートアップ タブします。

    クリックするのには選択します。 * StateMgr チェック ボックスします。
  5. クリックしてください。 ].

    ことがように求められますコンピューターを再起動しをクリックしてください [はい].
  6. コンピューターを再起動した後をクリックしてください。 スタート,クリックしてください。 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] msconfig、し、クリックしてください。 ].

    重要で、 一般的な タブ、ことを確認してください、オフにしたチェック ボックスがオフになっています。チェック ボックスがない場合選択すると、手順 7 に進みます。無効のチェック ボックスまたは灰色のチェックを参照してください場合ボックスで、コンピューターを本当に「クリーン ブート」です。製造元に問い合わせて、Windows を起動する方法を決定する灰色のチェック ボックスを持つ製品そのプログラムを実行します。
  7. 問題を特定します。
再実行して再度、クリーン起動後、問題が発生していない場合msconfig をクリックして、 一般的な タブと 1 つを選択しますチェック ボックスで、 スタートアップのオプション セクションです。再起動を場合はその項目を選択することを確認するのには、コンピューターは問題を再現します。 Microsoft Windows 98

システム構成ユーティリティ (msconfig.exe) を実行します。するにはこれを行うは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 msconfig 続いて と入力して ボックスをし、クリックしてください。 ].
  2. クリックして、 一般的な タブします。

    クリックしてください。スタートアップのオプション、し、次のチェックをオフにしますボックス数:
    • Config.sys ファイルを処理します。
    • Autoexec.bat ファイルを処理します。
    • Winstart.bat ファイルを処理します。 (の場合利用可能な場合)
    • [スタートアップ グループの項目を読み込む
  3. クリックして、 Win.ini タブします。
  4. 展開、 [ウィンドウ] フォルダーです。
  5. [Windows] フォルダーの下をクリックして、次にオフにするのにはチェック ボックス チェック ボックス:
    • 負荷 =
    • 実行 =
  6. クリックしてください。 ].
  7. コンピューターを再起動するメッセージが表示されたら、操作を行いますようにします。
追加方法の詳細についてWindows 98 のクリーン ブートするにを表示するのには、次の資料番号をクリックして、資料では、マイクロソフト サポート技術情報:
192926クリーン ブートを実行する方法Windows 98 のトラブルシューティング
メモ 元のスタートアップ オプションを復元するのには、システムを再実行します。構成ユーティリティをクリックして、 一般的な タブとクリック [標準の起動.問題が引き続き発生する場合は、引き続き「修理の Microsoft Internet Explorer 5.5"セクション。

Microsoft Windows 95
  1. コンピューターを再起動します。

    開始」を参照してください。Windows 95」メッセージ、F8 キーを押します。で、 スタートアップ メニューの選択コマンド プロンプトのみ.
  2. コマンド プロンプトに入力します。 勝利、とENTER キーを押します。

    押しながら SHIFT キーを押し、Windows までスタートアップ シーケンスが完了しました。
  3. すべてのウイルス対策を無効にする、またはディスク ツール プログラムがインストールされています。コンピューターです。

    これらのプログラムを無効にする方法については、プログラムのマニュアルまたはオンライン マニュアルを参照してください。
  4. CTRL + ALT + DEL キーを押します。
  5. = でプログラムを閉じる ダイアログ ボックスをクリックして(これは Microsoft のコンポーネント エクスプ ローラーと Systray を除くすべてのプログラムWindows の場合) し、 [タスクの終了.

    表示されたかどうかは、プログラムがビジー状態または応答して、あることを示すメッセージをクリックします[タスクの終了 もう一度。
  6. 手順 4 と 5 をエクスプ ローラーを除くプログラムをすべて終了するのにはシステム トレイ。
s 元の起動オプションを復元するのには、メモは、コンピューターを再起動します。通常は、ウイルス対策プログラムやディスク ツール プログラムを有効にコンピューターにインストールします。

これらを有効にする方法の詳細についてプログラムは、プログラムのマニュアルまたはオンライン マニュアルを参照してください。

Works スイートをインストールします。

Works Suite プログラムとそのレジストリを削除した後キーは、インストーラーの動作が期待どおりに機能します。プログラムで再インストールします。動作する CD-ROM #1 でセットアップ プログラムを実行します。

フォントが多すぎる、フォント フォルダーにインストールされています。

この問題を解決するのには、削除フォントの使用頻度、[フォント] フォルダーします。

メモ 削除する必要があるフォントの数によって異なります、[コンピューターの構成。通常、この問題は 500 未満の場合発生しませんフォントは、Fonts フォルダーにインストールされます。ただし、この問題が報告されていますわずかに 300 のフォントがフォント フォルダーにインストールします。

複数のプリンター ドライバーがコンピューターにインストールされています。

複数のプリンター ドライバーがコンピューターにインストールされている場合ドライバーとの競合があります。プリンター ドライバーを削除で使用していません。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをポイントするのには設定プロパティ プリンター.
  2. 使用するプリンターのアイコンを右クリックしクリックし [削除] 削除.
  3. 削除を確認するメッセージが表示されたらをクリックしてください。[はい].

詳細

プラグイン Norton AntiVirus の OfficeAV.dll を無効にします。「Norton ウイルス対策ソフトウェアが実行されているコンピューターに」の手順を使用してセクションは、プラグインがドキュメントのマクロ ウイルスをスキャンします。感染します。

ただし、Norton AntiVirus Auto-protect 機能実行される任意のファイルをスキャンすることによって継続的な保護を提供するのには次のように続き、、オープン、作成、または削除をダウンロードします。

詳細についてはNorton ウイルス対策 2000 は、ソフトウェアの製造元に問い合わせてくださいまたは製品を参照してください。マニュアル。

この資料に記載サード ・ パーティ製の製品します。マイクロソフトに依存しない会社によって製造されました。マイクロソフトでは行っていません。保証、黙示またはそれ以外の場合、パフォーマンスや信頼性についてこれらの製品。

プロパティ

文書番号: 247602 - 最終更新日: 2013年6月28日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Works 7.0 Standard Edition
  • Microsoft Works 6.0 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2005
  • Microsoft Works Suite 2004 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2003 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2002 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2001 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2000 Standard Edition
  • Microsoft Works Suite 2006
キーワード:?
kbmsicuu2 kberrmsg kbgraphxlinkcritical kbimu kbprb kbmt KB247602 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:247602
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com