例: DUPS.exe を使用して DLL の互換性の問題を解決するのには

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 247957
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

DLL のユニバーサル問題ソルバー ツール (DUPS.exe) では、2000 年 1 月記載されてすべてのユーティリティが含まれているサンプル Microsoft開発者向けネットワーク (MSDN) のニュースの記事「DLL Hell のエンドします。」確認してください。この記事を読む前に MSDN の記事。

DUPS パッケージはセットです。追跡し、複数の DLL のバージョンを比較することができますユーティリティWindows ベースのコンピューター。最大数が SQL Server によって適用されますかMicrosoft Access のインストールします。Dll を列挙、Dlister クライアントはシステムは、Windows 95 または Windows 98、Windows NT 4.0 および Windows 2000 で実行されます。を表示ユーティリティは Windows NT 4.0 および Windows 2000 で開発されました、Microsoft Access または Microsoft SQL Server のいずれかが必要です。それをテストされましたMicrosoft Access 97 以降のバージョンと SQL Server 6.5 およびそれ以降のバージョン。

詳細

を次のファイルを入手するには、マイクロソフト ・ ダウンロードからです。Center:

DUPS.exe
リリース日:1 月-14-2000

ダウンロードする方法の詳細についてマイクロソフトのサポート ファイル、資料を参照する次の資料番号をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術情報で。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。Microsoft は、最も使用されます。日に存在した最新のウイルス検出ソフトウェアをファイル送信されました。ファイルに役立つセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。ファイルに許可されていない変更を防ぐ。 この記事と付属のコードが更新されます。定期的にします。すべてのコメントを歓迎し、後でと見なされます更新します。(送信のホットリンク、右側のフレームの使用します。コメント。)
Microsoft プログラミングの例は、予告がこれらに限定されない、市場性および特定目的に対する適合性の黙示の保証表現または暗黙は提供します。この資料は、例示されているプログラミング言語と作成し、プロシージャをデバッグするために使用するツールに精通していることを前提としています。Microsoft support 担当者は、特定のプロシージャの機能について説明することができますが、これらの機能を追加したり、特定のニーズを満たすようにプロシージャを作成するのには、これらの例は変更されません。
プログラミングに習熟されていない場合は、マイクロソフト認定パートナー、あるいはマイクロソフト アドバイザリー サービスにお問い合わせくださいする可能性があります。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

マイクロソフト認定パートナー https://partner.microsoft.com/global/30000104

マイクロソフトのアドバイザリ サービス- http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

利用可能なサポート オプションおよびマイクロソフトの問い合わせ先についての詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;アメリカ合衆国。CNTACTMS DUPS パッケージを 1 台のコンピューターを使用またはするために使用することができます。ネットワーク上のすべての DLL の DLL 履歴します。上で Windows 95 を実行します。Windows 2000 では、簡単なモードには、依存関係はありません。DUPS パッケージ3 つの C++ ユーティリティといくつかの Visual Basic ビューアーがあります。

場合は 2 台のコンピューターでアプリケーションが使用している Dll を比較するには(コンピューター A とコンピューター B)、Dlister.exe プログラムを実行します。既定では DlisterC:\ ディレクトリ名 Comp が Comp_DLL.txt では、ファイルが作成されます。Dlister を実行しているコンピューターの名前です。指定することもできます、Dlisterデータベースへの書き込みまたはを別のディレクトリを指定することができますファイル作成する必要があります。Dlisters 属性の既定値を上書きするのには、2 つの方法があります。このレジストリ キーが Dlister と Visual Basic ビューアー表示されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\KB Samples\r1dllHell
次の値:
ConnectionString, fileTableDir
[Visual Basic] アプレットを使用することができます。これらの値を設定するのには、DllHell\C_clients\ATL4VB\VbregSetup を単に実行することができます。Dlister とその既定値を作成します。たとえば、あわせて、設定:
Provider=SQLOLEDB.1;Initial Catalog=dllHell;Data Source=dsc3_ts;
					
値が SQL Server に書き込む Dlister をしますdllHell データベースにします。
Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0;Data Source=c:\dllHell.mdb
					
ローカル データベースを使用します。

既定値を上書きするのには、2 番目の方法で属性を設定することある、DllHell.ini は、Dlister.exe ディレクトリにファイルです。これらのファイルに解凍されます。DllHell\C_clients\Dlister\Release\ ディレクトリです。

という名前のファイルxdllHell.ini サンプルを使用することができます接続文字列に含まれています変更します。(それを使用する場合はこの dllHell.ini を変更してください)。

コンピューターA して両方 ActiveX データ オブジェクト (インストールされている ADO) がコンピューター B が最も簡単ですdllHell データベースを設定するのには、接続文字列を設定する方法します。SQL Server または Jet データベースです。また、テキストファイルの Dlister を実行できます。モードから C++ のユーティリティを使用して、出力の読み取りに DllHell\C_clients\Dlister\readtxttbl\Release\DlgDtxt2DB.exeテキスト ファイルを DllHell データベースです。ReadTxtTbl MFC アプリケーションでもあります。データ クライアントの電子メールのテキストを読むに便利です。登録する必要があります。COM サーバーDUPS\C_clients\ATL4VB\r1RegMon\ReleaseMinDependency\r1RegMon.dll とDUPS\C_clients\ATL4VB\readDlls\R1readTxtMod\ReleaseMinDependency\R1readTxtMod.dllVisual Basic のビューアーを使用します。

CRC チェックサムを有効にすることができます。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\KB のレジストリ キーを設定します。Samples\r1dllHell ComputeCRC 0x1 では、Windows 2000 を実行しているシステムにします。したら、このキーに移動、それをお気に入りに追加することができます。Windows NT 4 のユーザーする必要があります。このキーを手動で移動します。

DllHell データベースを作成します。

SQL Server 7.0、Microsoft Access 2000 が、またお勧め適しています。SQL Server Enterprise Manager を使用して、DLLhell データベースを作成するには、ことができます。DLLhell をという名前の空のデータベースを作成します。SQL Server クエリ アナライザーからウィンドウ、データベース ドロップダウン リスト ボックスからの選択の DLLhell です。実行します。DllHell\SQL\dllHellSchema.sql スクリプト ウィンドウで作成するすべてのDllhell に必要なテーブル。

次を実行することができますまた、SQL Server のクエリ アナライザー内でのコマンド:
EXEC sp_attach_single_file_db 'DLLhell', 'DllHell\SQL\dllHell_Data.MDF'
				
コードは、データベースとのすべてのテーブルを作成します。

2 つのシステム上の Dll を比較します。

Visual の cmpWithList で使用して、2 つのシステムのすべての Dll を比較するにはDllhell\VBviewers\VBcmpList2 ディレクトリの基本的なユーティリティです。

制限するのにはDLL の比較には、対象アプリケーションの読み込みは、通常 Dll だけ)また、比較する必要がある Dll を含むテキスト (.txt) ファイルが必要です。このリストを作成することができますに依存または (ListDLLs などのいくつかのツールの 1 つプロセスのエクスプ ローラー)、次の Web サイトから。
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/default.aspx

CmpWithList を使用します。

CmpWithList 起動時、コンピューターの一覧を示します、DLLhell データベースのコンピューター リスト ボックスです。既定では、最初の 2 つのコンピューターボックスの一覧で比較のため選択されています。選択対象となるコンピューターを変更するのにはリスト ボックスと、[変更] を選択します。コンピューター Comp1 と Comp2 の編集ボックスを表示するに比較します。

ディレクトリのナビゲーション コントロールを使用して、テキストを選択します。2 つの比較したいすべての Dll の名前を含むファイルシステムです。テキスト ファイルをダブル ・ クリックしてが選択されます。

有効でない場合いくつかのディレクトリに Dll を比較する (通常は Dll を気にしません。winnt\system32\dllcache と WINNT\$ します) をダブルクリックグリッド内の行。ディレクトリに _skipDir を追加する必要があります。テーブルです。Dll が _skipDir の比較には考慮されません。

自動ネットワーク DLL のインストールの監査

セットアップは Windows 2000 システム上のスケジュール。

DllHell\rcomp.cmd ・ コマンド ・ ファイルを起動します。変更します。システムを反映するのには、次の環境変数。
  1. Dpath: [クライアント ディレクトリに、Dlister を作成クライアント上の dll のテキスト ファイルの一覧します。既定値します。C:\temp\DLLhell\
  2. COMP: クライアント コンピューターの名前です。
  3. ChangeFileLocation: 完全なネットワーク パスを DLL相違点ファイルをコピーする必要があります。これは、ですが、HellsMonitorサービスを監視します。
  4. ServerLst: ネットワーク パスは、C_clients ディレクトリDLLhell パッケージにあります。
タスクバーの[スタート] ボタンをクリックしてのプログラムアクセサリシステム ツールをポイントや [タスク]。

スケジュールされたタスクの追加 ]アプレットを有効にします。Rcomp.cmd を含むローカル ディレクトリを参照します。ファイルし、それをオンにします。ウィザードが表示されますは、オプションを選択した後、rcomp.cmd ファイルは、スケジュールされているジョブに追加されます。最初に設定するにはテストすることができますようにスケジュールされたジョブを選択開始 2 〜 5 分、将来時間します。設定します。一時停止コマンド コメントを解除すると便利なことがよくありますように発生したエラーを参照してくださいすることができます。

サービスの監視、ファイルを登録します。

Dllhell\C_clients\HellsMonitor\ReleaseUMinDependencyこのコマンドは、サービス登録を実行するディレクトリ:
HellsMonitor /Service
				
最も重要な部分は、モニターのクライアントです。これは、GUI では、追加または監視するのには、ディレクトリを削除することができます。することもできます。(便利な参照ボタンを使用) を実行するアプリケーションを指定します。コピーシステムの監視は、アプリケーションでください。Dllhell\C_clients\Dlister\ReadTxtTblCmdLine\Debug\ReadTxtTblCmdLine.exe。

監視するディレクトリを追加するのには、[追加を] をクリックします。これを参照することができます、ディレクトリの参照] ダイアログ ボックスが表示されます。監視するディレクトリです。ディレクトリまたはディレクトリを削除する] を選択ディレクトリを削除し、[削除] をクリックします。実行するアプリケーションを指定するためにいずれかを入力または参照してください。パスを指定しない場合がシステム パスにする必要があります。どこかに。次に、変更になった場合、そのアプリケーションを実行するのには、モニターの設定を設定をクリックしてください。検出されました。

: [設定] ボタンは、アプリケーションを変更する場合にのみ有効になります何を実行するのには、現在設定されます。[削除] ボタンが有効になっている場合にのみディレクトリの削除を選択があります。

関連情報

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
「DLL ヘルの最後」

プロパティ

文書番号: 247957 - 最終更新日: 2013年6月28日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbdownload kbfile kbhowto kbmt KB247957 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:247957
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com