Windows 2000 Advanced Server のクラスター化された IIS 仮想サーバーを構成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 248025 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP248025
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

負荷分散および Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) Web サイトを構成するのには、クラスタ リングの概要を掲載しています。この資料では Microsoft Windows 2000 Advanced Server クラスター ノードで IIS の仮想サーバーを構成する方法について説明について説明します。

概要

高可用性を備えた IIS Web サイトを構成するのには、負荷分散またはクラスタ リングを使用できます。負荷分散は、高トラフィックの Web サイトは、1 日あたりの多くのヒットを受信するのに効果的です。クラスタ Web サイト トラフィックの減少に効果的なソリューションは、サイトが使用可能である必要がありますです。クラスター構成では、2 台のコンピューター共有ハード_ディスクを使用し、単一のサイトとしてユーザーに表示されます。

この資料では Windows 2000 Advanced Server クラスター ノードで IIS の仮想サーバーを構成する方法について説明します。

詳細

メモクラスターを構成する前に、インストール Microsoft IIS 5.0、Microsoft クラスター サービスがクラスター内の両方のコンピューター上でされていることを確認します。また、同じ共有ハード_ディスクをコンピューターが接続されていることを確認します。Microsoft Windows 2000 Advanced Server および Microsoft Windows 2000 Datacenter Server ベースのドメイン コント ローラーまたはメンバー サーバー上でクラスター サービスをインストールすることができます。

クラスター サービスを実行するサーバー上に IIS サーバー インスタンスをインストールする前に、クラスター サービスが正しくインストールされているし、フェールオーバー機能を確認します。

クラスター ノードで、クラスター化されたリソースとして MSDTC を実行をのみサポートします。スタンドアロン モードでは、クラスター上で MSDTC を実行することは推奨またはサポートされている構成です。クラスターのフェイル オーバーが発生した場合にトランザクションが孤立することができますので、MSCS クラスター上でクラスター化されていないリソースがされてように MSDTC を使用して発生します。

IIS クラスター サイトを構成するには、次の手順を実行します。

メモ1 から 23 まで、Web リソースを正しく作成するのにはの手順を実行 必要があります。
  1. クラスター内の最初のノードでをクリックします。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] Comclust.exeプロパティ ].コンポーネントの負荷分散がインストールされていないすることを示すメッセージを無視することができます。

    この手順は、両方のノードに MSDTC を構成し、クラスター サービスを実行するサーバーに MSDTC リソース グループがインストールされます。

    Web プログラムがトランザクション モードを使用してまたは MSDTC に関連するプログラムを呼び出すとき、IIS の仮想サーバーに対する MSDTC リソースのインストールが必要です。IIS 仮想サーバー インスタンスは、Web サイトでトランザクションを使用しない場合は、MSDTC リソースの依存関係は必要ありません。
  2. クラスター内の各ノードで手順 1 を繰り返します。
  3. クラスター内のノードの 1 つで、] をクリックします。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない、し、次のように入力で ドライブ 共有ドライブのドライブ文字は、 フォルダー Web フォルダーを使用するフォルダーの名前です。
    ドライブ: \Inetpub\Wwwroot\フォルダー
    既定では、MSDTC リソースは Comclust.exe を実行したときに、既定のクラスター グループには、常に追加されます。ただし、非クォーラム ディスクに依存している他のグループに MSDTC をインストールすることができます。既定のクラスター グループはそのまま残ります。

    クォーラム ディスク リソースを削除するか、グループから、クォーラム ディスク リソースを移動する場合は、Comclust.exe は別のグループに MSDTC リソースを移動します。依存関係をクォーラム ディスクから別のディスクに変更して、別のディスク グループに移動できるように、MSDTC リソースのプロパティを変更することもできます。
  4. 手順 3 で作成したフォルダーに、Default.asp と Default.htm という名前は 2 つの新しいファイルを作成します。
  5. クリックしてください。 ボタンをクリックし、、ポイント プログラム、ポイント 管理ツールプロパティ クラスター アドミニストレーター.
  6. 使用する、非クォーラム ディスク グループを右クリックし 新しい[ リソース、および [リソースの説明と名前を入力します。下にあります。 リソースの種類[ IP アドレスプロパティ 次へ.
  7. 上では 実行可能な所有者 画面で、しない障害が発生した場合にディスク リソースを使用して、クリックして、ノードをクリックします。 削除プロパティ 次へ.
  8. 上では 依存関係 画面、ディスク リソースをクリックして、クリックしてください 追加プロパティ 次へ.
  9. 仮想サーバーのインターネット プロトコル (IP) アドレスを入力します。仮想サーバーごとに異なる IP アドレスを使用します。オフにし、 NetBIOS を有効にします。 状況はこの構成が必要な場合は、チェック ボックスをオンにします。で、 ネットワーク ボックスで、をクリックしてください パブリック クラスター接続、し、 終了日.
  10. クラスター アドミニストレーターで、非クォーラム ディスクを使用して、ディスク グループ内の IIS 仮想サーバーの IP アドレス リソースを作成します。仮想サーバーごとに異なる IP アドレスを使用します。手順 6 〜 9 を各仮想サーバーのインスタンスを実行します。MSDTC リソースと、Web サイト コンテンツを保持するために選択した共有ディスク リソースに依存する IP アドレス リソースを設定します。
  11. クリックしてください。 ボタンをクリックし、、ポイント プログラム、ポイント 管理ツールプロパティ インターネット サービス マネージャー.
  12. コンピューター名を右クリックしをクリックしてください 新しい[ Web サイトプロパティ 次へ.
  13. Web サイトの説明を入力しをクリックしてください 次へ.
  14. 手順 9 で指定した IP アドレスを入力、ポートの設定は、サイトを入力し、ホスト ヘッダーを使用して、クリックした場合、ホスト ヘッダー情報を入力 次へ.
  15. で、 パス ボックス、手順 3 で作成したフォルダーの場所を入力しをクリックしてください 次へ.
  16. 下にあります。 次を許可します。、アクセス許可を選択する] をクリックし、をクリックして 次へ.
  17. クリックしてください。 終了日.
  18. クリックしてください。 ボタンをクリックし、、ポイント プログラム、ポイント 管理ツールプロパティ クラスター アドミニストレーター.
  19. ディスク ・ グループは、手順 9 で作成した IP アドレスを右クリックしをクリックしてください 新しいプロパティ リソース.
  20. 名前と、仮想サーバーのインスタンスの説明を入力します IIS サーバー インスタンスプロパティ 次へ.
  21. 上では 実行可能な所有者 画面で、仮想サーバーをホストし、たくないすべてのサーバーを削除します。 次へ.
  22. クリックしてください。 ディスク リソース[ IP アドレス リソース[ 追加プロパティ 次へします。.
  23. インターネット サービス マネージャーで、作成した仮想サーバーをクリックしをクリックしてください 終了日.
  24. (この手順は省略可能です)。ドメイン ネーム システム (DNS) サーバーを IIS 仮想サーバーのネットワーク名をこの Web サイトで提供される IP アドレスにマップするホスト エントリを追加します。IIS の仮想サーバーのインスタンス ノード A になりました手動で、グループをノード B に移動し、新しい Web サイトを作成することもできます。これを行うには、ノード B で Microsoft 管理コンソール (MMC) を使用して、同じフォルダーのパスと IP アドレスを入力します。また、2 つのノードを自動的に同期するのには、IISSYNC ユーティリティを使用できます。

    Windows 2000 Advanced Server で IISSYNC を実行する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
    249603IISSYNC を使用して、Windows 2000 Advanced Server 上のクラスター化の Web サイトを同期するのには
  25. 1 から 23 までの手順で記載されている手順を実行すると、DNS 名を Web サイトにアクセスして IIS 仮想 Web サーバー クライアントのブラウザーからをテストします。たとえば、"MyWeb"のネットワーク名、IIS 仮想サーバーを持つし、このサイトには「MyWeb.Microsoft.com」に対応する ip アドレス、DNS エントリをマップする場合は、次の既定のページを表示するには、ブラウザー ウィンドウでを入力します。
    http://myweb.microsoft.com
    手順 7 で DNS エントリを指定しない場合は、それをテストするには、クラスター Web サイトに直接アクセスする IP アドレスを使用できます。IIS 仮想 Web サーバーをテストするのには、ブラウザーを使用する前に、コマンド プロンプトで PING プロトコルを使用して、ネットワーク上の IP 構成が正しいかどうかを確認するのには、クラスター Web サイトの IP アドレスを確認するのには。

MSDTC のインストールに関する追加情報

IISSync で MSDTC はクラスターのノード間での metabases を同期させる必要があります。既定では、MSDTC はクラスター グループにインストールされているしがありますも。 IIS サーバー インスタンスを所有するグループに MSDTC を移動する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
243204Windows 2000 クラスター サーバーで Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) の回復手法

プロパティ

文書番号: 248025 - 最終更新日: 2012年10月24日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
キーワード:?
kbproductlink kbhowto kbinfo kbmt KB248025 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:248025
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com