「エラー メッセージ: 403.6 - アクセス不可"エラーは、IIS の web ページを開いたときに

文書翻訳 文書翻訳
メモ この資料の対象は、web サイトの管理者です。エンドユーザーは場合に、この URL アドレスに、このエラーが発生したことを知らせて、web サイトの管理者に問い合わせてくださいがあります。

すべてのユーザーに Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) バージョン 7.0 にアップグレードを強くお勧め Microsoft Windows Server 2008 を実行しています。IIS 7.0 は、Web インフラストラクチャのセキュリティが大幅に増加します。IIS のセキュリティ関連のトピックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/security/prodtech/IIS.mspx
IIS 7.0 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.iis.net/default.aspx?tabid=1

この資料の内容

Show all imageすべて表示Hide all imageすべて非表示

現象

インターネット インフォメーション サービス (IIS) でホストされている Web サイトがあります。Web ブラウザーで Web サイトを参照するくださいと、次のようなエラー メッセージが表示されます。
HTTP 403.6 - アクセス不可: IP アドレスが拒否されました

原因

各クライアントが一意の IP アドレスです。サーバーで定義されている場合サイトへのアクセスは禁止されている IP アドレスと使用している IP アドレスの一覧がこの一覧には、エラー メッセージを受け取ります。

これは、許可または特定のユーザー、Web サイト、ディレクトリ、またはファイルへのアクセスを拒否する機能です。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. インターネット サービス マネージャー (Microsoft 管理コンソール) を使用して、インターネット インフォメーション サーバー (IIS) スナップインで開き 403.6 エラー レポート、Web サイトを選択します。Web サイト、仮想ディレクトリ、またはエラーが発生しているファイルを右クリックします。その項目のプロパティ シートを表示するには、プロパティをクリックします。
  2. 適切な [ディレクトリ セキュリティ] または [ファイル セキュリティ] プロパティ ページを選択します。[ IP アドレスとドメイン名の制限] の [編集] をクリックします。
  3. IP アドレスとドメイン名の制限] ダイアログ ボックスで、[拒否する]オプションがオンの場合、追加、IP アドレス、ネットワーク ID、またはドメインを例外の一覧へのアクセスを必要とするコンピューターの。

    IP アドレスとドメイン名の制限] ダイアログ ボックスで、[許可する] がオンの場合、削除、IP アドレス、ネットワーク ID、またはドメインを例外の一覧へのアクセスを必要とするコンピューターの。
重要:
  • 特定の Web サイトにセキュリティ プロパティを設定すると自動的に設定する、そのサイトに属するディレクトリとファイルを同一のセキュリティ プロパティ、個々 のディレクトリやファイルのセキュリティ プロパティが設定されていない場合。
  • Web サーバーが、Web サイトにセキュリティ プロパティを設定しようとすると、個々 のディレクトリやファイルのプロパティをリセットするには、アクセス許可を要求します。これらのプロパティをリセットする場合は、以前のセキュリティ設定は新しい設定で置き換えられます。サブディレクトリやファイルを事前にセキュリティ プロパティが設定を含むディレクトリのセキュリティ プロパティを設定すると、同じ条件が適用されます。
注:
  • 既定では、いくつかのサイトは、ローカル ホストコンピューター名に対応しては、Web サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) または NetBIOS よりも、別のアドレスと名前と見なされます IP アドレス 127.0.0.1 からアクセスを許可のみ。Localhostに制限されているサイトにアクセスするには、ローカル ホスト制限のあるコンピューターのコンソールにする必要があります。
  • プロキシ サーバーを介してサーバーにアクセスするコンピューターがプロキシ サーバーの IP アドレスが表示されます。
  • そのサイトへの接続ごとに DNS 逆引き参照を実行するには、Web サーバーを強制することで、Web サーバーのパフォーマンスを短縮するので、ドメイン名によって制限することは推奨されません。Web サーバーの負荷、逆引き参照も低下サイト。

詳細

場合は、製品ドキュメントが IIS と共にインストールされる、以下のリンクのいずれかの IIS サーバー上で表示したときに提供されます。
インターネット インフォメーション サービス 5.0 ドキュメント
http://localhost/iishelp/iis/misc/default.asp?jumpurl=../htm/core/iigdasc.htm

インターネット インフォメーション サーバー 4.0 マニュアル
http://localhost/iishelp/iis/htm/core/igdasc.htm

詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
172218 Microsoft TCP/IP のホスト名解決の順序
163391 Windows 2000、Windows NT 4.0、または Windows NT では、ダイヤルアップ ネットワーク接続を使用して、インターネット上のサーバーとの通信に関する問題のトラブルシューティング

この資料について

文書番号: 248043
最終更新日: 2014年6月20日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Microsoft Internet Information Services 6.0
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:248043
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
この資料に関するフィードバックを提供しますか?
 

Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.