ファントム、廃棄およびインフラストラクチャ マスター

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 248047
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows Server 2003 でのファントムの使用方法をについて説明します。

詳細

ファントム オブジェクトは Active Directory に対して内部の管理操作を使用して低レベルのデータベース ・ オブジェクトです。ファントム オブジェクトの 2 つの一般的なインスタンスは次のとおりです。
  • 削除されたオブジェクト。

    廃棄 (tombstone) の有効期間が経過したが、オブジェクトへの参照が、ディレクトリ データベースに残っています。
  • ドメイン ローカル グループがメンバーであるユーザーは、Active Directory フォレスト内の別のドメインからです。
ファントム オブジェクトは、特定の種類のオブジェクトを追跡する内部データベース、LDAP や Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) を表示ことはできません。

オブジェクトの削除

Active directory からオブジェクトを削除すると、オブジェクトは、次の手順に従います。

ステージ 1: 標準オブジェクト

オブジェクトは、最初は、一般的な Active Directory オブジェクトとして存在します。オブジェクトは、適切な Active Directory を使用して、LDAP インターフェイスを表示できます。

管理者または別の方法で、オブジェクトが削除されると、オブジェクト ステージ 2 に移動します。

ステージ 2: 廃棄の有効期限が切れる前にオブジェクトを削除します。

オブジェクトが、廃棄 (tombstone) の有効期間の間隔の長さの廃棄 (tombstone) オブジェクトとして存在しています。オブジェクトの元の形を維持するがあります。
  • オブジェクトはまだ、通常の (非ファントム) オブジェクトです。
  • ObjectGUID 属性は変更されません。
オブジェクトは、元の形式から大幅にも変更されています。
  • フラグが (オブジェクトは特別なシステム オブジェクトとして設定されていない場合)、DeletedObjects コンテナーにオブジェクトを移動します。
  • オブジェクトの識別名の属性には (esc) の DEL:GUID が含まれています。
  • オブジェクトのほとんどの他の属性が完全に削除されました。
スキーマ オブジェクトの削除された属性と、削除後に保持されている属性を指定します。各オブジェクト クラスの属性の指定を変更できます。

オブジェクトは、通常の Active Directory 管理ツールを表示できません。低レベル LDP これらのオブジェクトを表示するように LDAP インターフェイスを構成することができます。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb です。EN-US です。Q258310
2 つの状態 (段階 3 または 4) のいずれかにオブジェクトを移動、廃棄 (tombstone) の有効期間が切れて場合します。デフォルトの廃棄の有効期間は 60 日です。

段階 3: は、active directory データベースから (通常の) オブジェクトを完全に削除されます。

このオブジェクトへの参照は、Active Directory にない場合、データベース内の行が完全に削除され、オブジェクトを左のトレースは存在しません。

段階 4: (外部参照残って) ファントム オブジェクト

ある場合、オブジェクト自体が削除される、Active Directory でこのオブジェクトへの参照を保持、それらの参照が削除されるまでその場所にファントム オブジェクトが作成されます。オブジェクトへの参照をすべて削除すると、ファントム オブジェクトが削除されます。

すべて LDAP または ADSI インターフェイスを通じてこれらの見かけ上のオブジェクトを表示できません。メモ グローバル カタログがドメイン コント ローラーからの削除時に、グローバル カタログから削除されます、読み取り専用のオブジェクトの削除手順にしないでください。データベースからすぐに削除し、それらへの参照に影響はありません。

ドメイン間での参照と、インフラストラクチャ マスターの役割

特定の種類のグループは、active directory ドメインに信頼される側のドメインからのアカウントを含めることができます。グループのメンバーシップの名前が正確であるかどうかを確認するには、グループのメンバーシップのユーザー オブジェクトの GUID を参照します。Active Directory ツールが外部ドメインからのユーザーを持つこれらのグループを表示する場合は、即時の連絡先が、外部ドメインのグローバル カタログ ドメイン コント ローラーに依存することなくが外部ユーザーの正確かつ最新の名前を表示できる必要があります。

Active Directory ドメイン間でユーザー ・ グループの参照はファントム オブジェクトを使用します。ファントム オブジェクトは特別な任意の LDAP インターフェイスを通じて参照できないオブジェクトです。

幻のレコードには最小限ドメイン コント ローラーは、元のオブジェクトが存在する場所を参照するための情報にはが含まれます。ファントム オブジェクトのインデックスには、相互参照オブジェクトに関する次の情報が含まれます。
  • オブジェクトの識別名
  • オブジェクトの GUID
  • オブジェクトの SID
別のドメインからメンバーにローカル ユーザー グループの追加時に、リモート ユーザーのファントム オブジェクトを追加するには、グループを実行しているローカル ドメイン コント ローラーを作成します。

外部ユーザーの名前を変更または、外部ユーザーを削除する場合は、ファントムを更新またはグループのドメインで、ドメインの各ドメイン コント ローラーから削除する必要があります。グループのドメインのインフラストラクチャ マスター (IM) 役割を持つドメイン コント ローラーのファントム オブジェクトへの更新を処理します。

すべて LDAP または ADSI インターフェイスを通じてこれらの見かけ上のオブジェクトを表示できません。

幻の更新とクリーンアップを処理します。

ファントム オブジェクトが参照するオブジェクトが削除されている場合は、ローカル ドメイン (クリーンアップ) ファントム オブジェクトを削除してください。ファントム オブジェクトは、グループのメンバーシップの一覧は、グループには、正確な一覧が含まれるように、元のオブジェクトの名前が変更された場合にも更新しなければなりません。ドメイン内の IM の役割を持つドメイン コント ローラー、ドメインの両方の操作を処理します。

IM は、最新バージョンに対してファントム オブジェクトに関する情報がグローバル カタログ サーバーを比較し、必要に応じて、ファントムに変更が行われます。間隔は、日データベース ファントム スキャン レジストリ エントリごと、次のレジストリ サブキーに追加することによってカスタマイズできます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Parameters
この変更を行うには、以下に注意してください。
  • レジストリ エントリ: データベース ファントム スキャンあたりの出張日数
  • 種類: DWORD
  • 既定値: 2
  • 機能: 日間の IM は、グローバル カタログ サーバーの最新バージョンに対してファントム オブジェクトを比較することで、間隔を指定します。
メモ [DWORD 値の最小値は 1 日です。ファントム オブジェクトが参照元のオブジェクトを変更または削除されて、後、IM を決定します。
  • IM を infrastructureUpdate オブジェクト CN の作成インフラストラクチャ, DC = DomainName, DC =... = コンテナーとすぐに、それを削除します。
  • グローバル カタログ サーバーがない他のドメイン コント ローラー、ドメイン内に特殊なプロキシがこの (部分 tombstone) オブジェクトがレプリケートされます。

    元のオブジェクトの名前を変更する場合は、DNReferenceUpdate 属性、infrastructureUpdate の値には新しい名前が含まれます。(Esc) DEL:GUID は元の DN に追加されるように、元のオブジェクトが削除された場合、削除されたオブジェクトの DN が変更されます。
  • ドメイン コント ローラーの infrastructureUpdate オブジェクトの情報を取得し、それは幻のオブジェクトのローカル コピーに変更を適用します。

    元のオブジェクトが削除されている場合は、受信側ドメイン コント ローラーはローカル ファントム オブジェクトを削除し、参照 (グループの member 属性) など、対応する属性を削除します。
メモ グループのドメイン内のグローバル カタログ サーバーが特別なプロキシのレプリケーション オブジェクトの CN のインフラストラクチャ, DC = DomainName, DC =... = コンテナー。ローカル データベースにオブジェクト自体の読み取り専用コピーが既にインスタンス化されているためしかし、それらを無視します。

グローバル カタログとインフラストラクチャ マスターの役割の競合

IM 柔軟な単一マスター操作 (FSMO) の役割所有者がまた、グローバル カタログ サーバーの場合は、ファントム インデックスは作成またはそのドメイン コント ローラー上で更新します。(FSMO とも呼ばれる、操作マスターです。)この現象は、Active Directory 内の各オブジェクトの部分的なレプリカがグローバル カタログ サーバーを含むために発生します。既にローカルのグローバル カタログのオブジェクトの部分的なレプリカがあるため、IM、異物の幻のバージョンは保存されません。

このプロセスをマルチ ドメイン環境で正しく動作するのには、インフラストラクチャ FSMO の役割所有者がグローバル カタログ サーバーをすることはできません。フォレスト内の最初のドメインが 5 つすべての FSMO 役割を保持しているし、がグローバル カタログでもあることに注意します。したがって、複数のドメインを使用する場合は、別のドメイン コント ローラーは、ドメインにインストールされてすぐ別のコンピューターにどちらかの役割を転送する必要があります。

インフラストラクチャ FSMO の役割とグローバル カタログの役割を同じドメイン コント ローラー上に存在する場合、ディレクトリ サービス イベント ログにイベント ID 1419 継続的に受信します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
251095イベント ID は、ドメイン コント ローラー上で生成された 1419
FSMO の役割の配置では、ドメインとドメイン内の別のドメイン コント ローラーには、FSMO の役割を転送する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
223346FSMO の配置と Active Directory のドメイン コント ローラー上の最適化
223787 柔軟な単一マスター操作の転送および強制処理

プロパティ

文書番号: 248047 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB248047 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:248047
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com