既知の問題と制限を使用する場合、APP-V 4.6 と APP-V 4.5 の SP2 クライアント上のアプリケーションの Office 2010 仮想化

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2481474 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Office 2010年アプリケーションでマイクロソフト アプリケーションの仮想化 (App-V) 4.6 と APP-V 4.5 の SP2 クライアントを使用して仮想化する場合の既知の問題と制限事項この資料について説明します。

詳細

Office アプリケーションを仮想化する場合の既知の問題

導入ガイド 』 の Office はのみサポートされています。MAK、KMS またはボリューム ライセンスのプロダクト キー
Office 2010 の App-V の展開キットは、Office の 2010年のパッケージのライセンスを管理するためのツールです。これは Office ソフトウェア保護プラットフォーム サービスをインストールする KMS サーバーからは、KMS のライセンスを要求するやインストール時に提供された MAK キーを使用しています。『 導入ガイド 』 で使用できますだけのライセンス MAK、KMS またはボリューム ライセンス (VL) 名義でのものです。MAK にラベルがない場合に複数のライセンス認証キーがありますが、KMS またはボリューム ライセンスは、『 導入ガイド 』 で動作しません。

例えば、『 導入ガイド 』 の次のキーの種類は動作しません。

個の演習編 - 演習このキーを使用は、アカデミック アライアンス プログラムをであり、複数のアクティブ化をできます。キーの種類が使用されている場合複数のライセンスがないそのラベルとして MAK では、ラベルをそのキーに複数のライセンス認証ではなく製品考えます。

次は 『 導入ガイド 』 で動作します。

個の MAK キー - これは、マルチ ライセンス認証キーのアカデミック アライアンス プログラムのお客様です。この 1 つは、ラベル付けされた MAK で動作します。

AA VA 1.0 - このボリューム ライセンス キー (VA 1.0) アカデミック アライアンス プログラムであり、複数インストールできます。

『 導入ガイド 』 を使用して、Visio 2010 の高いライセンス ・ モードのいくつかのライセンス モードを指定することを使用した場合

Visio で指定された、仮想化のバージョンの Visio 2010 といくつかのライセンス モードを展開すると、最高のモードが選択されます。コマンドの例を次に示します。

msiexec/i OffVirt.msi PROPLUS 1 VISIOPREM = 1 VISIOSTD = 1 VISIOPRO = = 1

上記のコマンドの結果は、VISIOPREM のライセンスが適用されることです。次のブログでこの現象を説明します。

http://blogs.technet.com/b/odsupport/archive/2010/12/03/volume-license-editions-of-visio-2010-install-premium-edition-by-default.aspx

この問題を回避するには、Offvirt.msi がコンピューターに必要なライセンス モードのみを展開する必要があります。例を次に示します。

msiexec/i OffVirt.msi PROPLUS 1 VISIOSTD を = = 1

注: Office の導入ガイド 』 には、1 つのコンピューターのアプリケーション。リモート デスクトップ サービス (RDS) のサーバーでインストールを実行すると、前回のインストールで使用されるスイッチが適用されます。

SharePoint サイトの読み込みが遅くなる可能性があります。
この問題の詳細については、次の資料を参照してください。 http://blogs.technet.com/b/appv/archive/2010/09/27/troubleshooting-slow-sharepoint-integration-with-virtualized-microsoft-office-2010-in-app-v.aspx

Office 共存: Outlook 2010 を使用すると、ローカルにインストールされている Outlook 2007 動作しません
Outlook 2010 プロファイルとメールボックスの情報をアップグレードして、Outlook 2010 でこれらのアップグレードを行った後は、Outlook 2007 が正常に機能しないことがします。

次のエラー メッセージは、APP-V クライアントの SharePoint ドキュメント ライブラリにアクセスするときに発生します。

アプリケーション仮想化のクライアントは、要求されたアプリケーションを起動できません。
指定されたアプリケーションは存在しません。名前を指定する、もう一度やり直してを確認してください。エラー コード: xxxxxxx ・ xxxxxx04 ・ 00000A09

APP-V クライアントの 『 導入ガイド 』 複数回を再インストールする場合は、"HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\14.0\CVH"のレジストリ キーが正しく表示ことがあります。この問題を解決するには、導入ガイド 』 のアンインストール、システムを再起動し、『 導入ガイド 』 を再インストールします。

Visio 2010 年にはブロックの新しいタイムラインを作成することはできません。

同時に共有ブックを編集する他のユーザーの名前を表示することができません。

シーケンスが付けられた Office 2010 の仮想パッケージを次のレジストリ キーと値を削除してください。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSDN\8.0\Help\0x0409\<GUID>> \Registration
"RegisteredName「=」"

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSDN\8.0\Help\LanguageNeutral\<GUID>> \Registration
"RegisteredName「=」"

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSDN\8.0\Registration
"ユーザー名「=」"

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\VisualStudio\8.0\Help\LanguageNeutral\<GUID>> \Registration
"RegisteredName「=」"

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\<*******>> \InstallProperties
"RegOwner「=」"

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Common\UserInfo
「会社「=」」
"UserInitials「=」"
"ユーザー名「=」"

</*******></GUID></GUID></GUID>

Office アプリケーションを仮想化する場合の既知の制限事項


Windows の検索結果に含まれていない outlook メール
Outlook 2010 を仮想化する場合は、Windows の検索機能は、Windows XP、Windows Vista または Windows 7 の e メールの検索を行うと結果は返されません。

Office 共存: Office の複数のバージョンを使用すると、Office のドキュメント内の目的のバージョンを開く可能性があります
この問題の詳細については、次の資料を参照してください。 http://support.microsoft.com/kb/2605618

Office 共存しますローカルにインストールされたバージョンではなく、仮想化されたバージョン Office の Office ドキュメントが SharePoint サイトを開く。
SharePoint OpenDocuments コントロールによって ActiveX は、Office (ローカルまたは仮想) のインスタンスが 1 つだけサポートできます。SharePoint のプロキシ設定で、『 導入ガイド 』 の Office がインストールされている場合は、SharePoint サイト上の Office ドキュメントを開くには、仮想化されたバージョンの Office が使用されます。

Office 共存 Outlook 2007 がローカルにインストールされていると、Outlook 2010 で仮想化する場合は、送信するメール受信者] オプションが Outlook 2010 ではなく、Outlook 2007 で開きます。
この問題を回避するには、ローカルにインストールされている Outlook のバージョンをアンインストールします。

T彼の"Outlook に接続] 機能は、SharePoint サイト上の予定表を表示するときに使用できませんが
SharePoint サイトの予定表を表示し、[予定表ツールの予定表オプションを選択する場合は、"Outlook に接続] オプションは利用できません。

Windows エクスプ ローラーで共有フォルダーの同期の SharePoint のメニューは表示されません。

T彼は SharePoint 複数のアップロード機能がないです。
この問題の詳細については、次の資料を参照してください。 http://blogs.technet.com/b/appv/archive/2010/10/28/solution-multiple-uploads-and-datasheet-view-features-don-t-work-using-app-v-virtualized-office-2010.aspx

データシート ビューの SharePoint 機能を利用できません。
この問題の詳細については、次の資料を参照してください。 http://blogs.technet.com/b/appv/archive/2010/10/28/solution-multiple-uploads-and-datasheet-view-features-don-t-work-using-app-v-virtualized-office-2010.aspx

プリンターの [OneNote 2010 に送信する] オプションは利用できません。
OneNote 2010 に送信プリンターのオプションは、Office パッケージ、仮想プロキシを正しく構成して、コンピューターにグローバルに展開する必要があります。APP-V 管理サーバーまたは他のユーザーのパッケージ展開を使用して展開、OneNote 2010 に送信プリンターの機能を公開します。

Internet Explorer およびその他のアプリケーションでの"OneNote に送信"機能は利用できません。

Visio 2010 で図形を検索することができません。図形を検索、次のメッセージが返されます。
一致するものが見つかりませんでした。もう一度検索してください。

Infopath XML ファイルを SharePoint ドキュメント ライブラリから起動すると、次のエラーを開くことができません。

フォームの読み込み中にエラーが発生しました。

エラーの詳細:

このフォーム テンプレートはブラウザー対応です。いずれかブラウザー対応のフォームでは、再発行する必要があるかどうかは、または Microsoft Office の InfoPath の適切なバージョンを使用して開いた。

マイクロソフトは、Microsoft オンライン サービス サインイン アシスタントの仮想化をサポートしていません
Microsoft オンライン サービス アシスタントの Microsoft Office Professional Plus Office 365 を付属しています。Microsoft Office が仮想化されている場合は、Microsoft オンライン サービス サインイン アシスタント ローカル APP-V クライアントにインストールしなければなりません。

プロパティ

文書番号: 2481474 - 最終更新日: 2012年8月1日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Application Virtualization 4.6 for Windows Desktops
  • Microsoft Application Virtualization 4.6 for Terminal Services
キーワード:?
kbmt KB2481474 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2481474
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com