プログラム追加と削除] を使用してアンインストールすることはできない場合は、Microsoft Security Essentials 2.0.1963 を手動でアンインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2483120
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

この資料は、Microsoft Security Essentials をアンインストールできない場合、コントロール パネルの [の追加と削除プログラムまたは Windows Vista および Windows 7 では、プログラムと機能の項目を使用してアンインストールする方法について説明します。最初の追加と削除プログラムを使用してアンインストールすることはできないことを確認することをお勧めします。

メモ Microsoft Security Essentials の生産バージョン番号 2 で始まります。Microsoft Security Essentials バージョン 2 またはそれ以降を実行している場合にのみ、このサポート技術情報の記事を使用します。ベータ版またはバージョン 1 で始まるこのサポート技術情報の資料を使用しません。Microsoft Security Essentials のバージョン 1 をアンインストールする方法の詳細についてを参照してください。

2435760 プログラム追加と削除] を使用してアンインストールすることはできない場合は、Microsoft Security Essentials 1.0.1963 を手動でアンインストールする方法

解決方法

メモ ウイルス対策ソフトウェアは、ウイルスからコンピューターを保護するために設計されています。ダウンロードまたはソースを信頼しないの訪問の web サイトを信頼、またはしないウイルス対策ソフトウェアを無効にすると、電子メールの添付ファイルを開くファイルを開くしてする必要があります。コンピューター ウイルスの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
129972 コンピューター ウイルス: 説明、予防、および回復

この資料は、Microsoft Security Essentials をアンインストールできない場合、コントロール パネルの [の追加と削除プログラムまたは Windows Vista および Windows 7 では、プログラムと機能の項目を使用してアンインストールする方法について説明します。最初の追加と削除プログラムを使用してアンインストールすることはできないことを確認することをお勧めします。

この資料を最初に印刷すると、手順を追いやすいでしょう。

まず、プログラム追加と削除の Windows XP または Windows Vista および Windows 7 では、プログラムと機能の項目を使用して Microsoft Security Essentials をアンインストールすることはできないことを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。

Windows XP の場合
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして、 appwiz.cpl実行] テキスト ボックスに入力および [ OK] をクリックします。
  2. Microsoft Security Essentialsをを選択し、[アンインストール] をクリックします。
  3. 「ステップ 3:: を再インストール Microsoft Security Essentials」セクションに移動し、コンピューターを再起動.
Windows Vista または Windows 7
  1. 折りたたみ、[スタート] ボタンをクリックし、 ENTERキーを押し、検索プログラムおよびファイル] テキスト ボックスに、 Appwiz.cplと入力します。
  2. Microsoft Security Essentialsでを右クリックし、[アンインストール] をクリックします。
  3. コンピューターを再起動、し、「ステップ 3:: を再インストール Microsoft Security Essentials」セクションに移動。
Microsoft Security Essentials を前の手順を使用してアンインストールする場合は完了です。Microsoft Security Essentials をアンインストールできなかった場合は、プログラム追加と削除] ダイアログ ボックスで、問題がある可能性があり、いくつかの Microsoft Security Essentials コンポーネントがアンインストールされない場合があります。このような場合は、しないことできます Microsoft Security Essentials を再インストールします。

自分で解決する

メモ このメソッドを完了するのには、コンピューターの管理者であるユーザー アカウントを使用して Windows にログオンする必要があります。パーソナル コンピューターの場合は、管理者アカウントを使用してログオンします。もしネットワークの一部であるコンピューターの場合は、システム管理者に問い合わせする必要があります。ログオンしている Windows にコンピューターの管理者であるユーザー アカウントを使用して、確認するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/gp/admin

Microsoft Security Essentials をアンインストール、プログラム追加と削除」または「プログラムと機能の項目を使用してアンインストールすることはできません場合は、次の手順を実行します。

手順 1: レジストリをバックアップする

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。バックアップし、レジストリを復元する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報または Windows のヘルプで参照する次の文書番号をクリックしてとする方法。

322756 バックアップし、Windows (Windows XP) では、レジストリを復元する方法

レジストリをバックアップします。 (Windows Vista)

レジストリをバックアップします。 (Windows 7)

レジストリのバックアップを実行しているオペレーティング システムに応じて、次の手順に従います。

Windows XP の場合
  1. [スタート] ボタンをクリックし、実行[テキスト] ボックスにregeditと入力ENTERキーを押します。
  2. ナビゲーション ウィンドウ (左側のウィンドウ) のレジストリ エディター、コンピューターを右クリックしてで [エクスポート] をクリックします。

Windows VistaまたはWindows 7
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索プログラムおよびファイルのテキスト ボックスに「regedit」を入力します。レジストリ エディターをクリックします。
  2. レジストリ エディターをクリックします。
  3. ナビゲーション ウィンドウ (左側のウィンドウ) のレジストリ エディター、コンピューターを右クリックしてで [エクスポート] をクリックします。
手順 2:Microsoft Security Essentials のレジストリ サブキーを削除します。

Microsoft Security Essentials のレジストリ サブキーを削除することに進んで、"Fix it で解決する"セクションに移動します。自分でこの問題を解決したい場合は、「自分で解決する"セクションに移動します。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決] をクリックして、修正 ボタンまたはリンクです。ファイルのダウンロードダイアログ ボックスで実行をクリックし、Fix itウィザードの手順に従います。
元に戻す画像を拡大する
assets fixit1
この問題を解決する
マイクロソフト修正 50692
元に戻す画像を拡大する
assets fixit2

注:
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、その後問題のあるコンピューターで実行することができます。

このため、Exchange Server 2010 SP1 にパブリック フォルダーがインストールされている場合、空き時間情報取得のリクエストは、Exchange RPC Client Access サービスにより妨害されます。問題が解決されたかどうかの確認"セクションに移動します。

自分で解決する


Microsoft Security Essentials のプロセスを停止します。
  1. タスク マネージャーを開きます。これには、次の実行しているオペレーティング システムに応じて、次の手順を実行します。
    1. Windows XP:
      1. [スタート] ボタン実行] をクリックして、 taskmgrと入力し、[ OK] をクリックします。
    2. Windows 7Windows Vista:
      1. [スタート] ボタンをクリックし、 taskmgrをし、検索プログラムおよびファイル] テキスト ボックスに入力します。
  2. [プロセス] タブをクリックします。
  3. Msseces.exeファイルのエントリを検索します。エントリを右クリックし、[プロセスの終了] をクリックします。確認ウィンドウが表示されたら、プロセスの終了をクリックします。
停止し、Microsoft Security Essentials のサービスを無効にします。
  1. Windows XPで [スタート] Windows VistaまたはWindows 7で、[スタート] ボタンをクリック、し、[実行] をクリックしてください
  2. Net stop msmpsvcを入力し、 ENTERキーを押します。
  3. Windows XPで [スタート] Windows VistaまたはWindows 7で、[スタート] ボタンをクリック、し、[実行] をクリックしてください
  4. sc config msmpsvc スタート = 無効、し、 ENTERキーを押します。
Microsoft Security Essentials の実行、キーを削除します。
  1. Windows XPで [スタート] Windows VistaまたはWindows 7で、[スタート] ボタンをクリック、し、[実行] をクリックしてください
  2. Regeditと入力し [ OK] をクリックします。場合は、[ユーザー アカウント制御] ウィンドウが表示されたら、[ OK] をクリックします。
  3. 次のサブキーを探します: 読み込まれない
  4. 詳細ペイン (右ペイン) でMicrosoft Security Essentialsのを削除] をクリックします。
MSE の残りのレジストリ サブキーを削除します。
  1. Windows XPで [スタート] Windows VistaまたはWindows 7で、[スタート] ボタンをクリック、し、[実行] をクリックしてください
  2. Regeditと入力し [ OK] をクリックします。場合は、[ユーザー アカウント制御] ウィンドウが表示されたら、[ OK] をクリックします。
  3. 次のサブキーを探します: version\Uninstall\Microsoft クライアントのセキュリティのよう
  4. 詳細ペイン (右ペイン) でMicrosoft Security Essentialsのを削除] をクリックします。
  5. 英数字のキーで、次のエントリの検索] の下、各エントリを右クリックし、見つかったインスタンスごとに [削除] をクリックします。
    • マイクロソフトのウイルス対策サービス XX XX 言語パック (注意してください、XX XX のプレース ホルダーが実際にインストールされているロケール id、ドイツ語、MSE の DE-DE などであります。そのため、このキーがない [en-我々 のインストール)
    • マイクロソフトのウイルス対策
    • マイクロソフトのセキュリティのクライアント
  6. 次のサブキーを探します: 編集してセキュリティ クライアント
  7. 詳細ペイン (右ペイン) でMicrosoft セキュリティ クライアントを右クリックし、[削除] をクリックします。
  8. 次のサブキーを探します: 編集してウイルス対策
  9. 詳細ペイン (右ペイン) ではマイクロソフトのウイルス対策をし、[削除] をクリックします。
インストーラーのサブキーを削除します。
  1. Windows XPで [スタート] Windows VistaまたはWindows 7で、[スタート] ボタンをクリック、し、[実行] をクリックしてください
  2. Regedit と入力し、[ OK] をクリックします。場合は、[ユーザー アカウント制御] ウィンドウが表示されたら、[ OKを] をクリックします。
  3. 次のサブキーを探します: HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products
  4. [商品名] フィールドの英数字のキー、次のエントリを検索します。見つかった各インスタンスの番号に注意してください。、各エントリを右クリックし、インスタンスごとに [削除] をクリックします。、
    • マイクロソフトのセキュリティのクライアント
    • マイクロソフトのウイルス対策
    • マイクロソフトのウイルス対策サービス XX XX 言語パック (注意してください、XX XX のプレース ホルダーが実際にインストールされているロケール id、ドイツ語、MSE の DE-DE などであります。そのため、このキーがない [en-我々 のインストール)
手順 3: Microsoft Security Essentials を再インストールします。

  1. 次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 http://windows.microsoft.com/en-US/windows/products/security-essentials
  2. クリックして無料 * ダウンロード
  3. 実行を、クリックして従います、インストールが完了するまで画面の指示します。
  4. コンピューターを再起動します。


問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決したかどうか確認します。問題が解決した場合、このセクションで作業完了となります。問題が解決されていない場合は、 サポートに問い合わせる.
  • 私たちはお客様からのフィードバックを歓迎します。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it で解決するブログにコメントを記入するか、 電子メール メッセージ。


詳細

Microsoft Security Essentials の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 http://windows.microsoft.com/en-US/windows/products/security-essentials

Microsoft Security Essentials のサポートについては、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://windows.microsoft.com/en-US/windows/products/security-essentials/support

プロパティ

文書番号: 2483120 - 最終更新日: 2014年3月3日 - リビジョン: 11.0
キーワード:?
kbfixme kbmsifixme kbmt KB2483120 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2483120
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com