グローバル カタログにレプリケートする属性を変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 248717
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

グローバル カタログ (GC) には、エンタープライズ内のすべてのオブジェクトの部分的なレプリカが含まれています。設定値が GC に複製する属性を操作する方法について説明します。(既定の属性のほかに) 属性がレプリケートされますを決定するネットワーク トラフィックと必要なディスク領域の考慮事項を慎重に計画する必要があります。

詳細

GC に複製する属性を設定する方法を説明する前にこのネットワーク上のレプリケーション トラフィックに与える影響に注意してくださいすることが重要です。

後は、 attributeSchema オブジェクトが作成されるが GC にレプリケートするために追加の属性マーキングの完全な複製 (とも呼ばれる「完全同期」) すべてオブジェクト GC 下記のようされます。この現象は、Windows 2000 のバージョンではこの資料に記載されてに発生します。

すべてのサーバーは、独自ドメインの完全で書き込み可能なコピーがあります。サーバー GC は場合は、フォレスト内の残りのドメインとしての読み取り専用の部分的なコピーが保持されます。「部分」属性のサブセットのみを保存することを意味します。

属性が GC に追加するとの部分的なコピー サブセット (部分的な属性セット) に追加されます。これをもう一度再作成するのには、すべての読み取り専用コピーの「完全同期」を実行するの GC が発生自体を保持する必要のある部分属性のみを使用します。この完全な同期が発生した場合でも、属性プロパティ isMemberOfPartialAttributeSet "True"に設定されています。したがって、読み取り専用の部分的なコピー ドメインとない書き込み可能なドメイン、構成ディレクトリ パーティションとスキーマ ディレクトリ パーティションの完全同期は行われます。

メモ:

「パーティション」は「名前付けコンテキストとして」参照前されていますGC から削除ローカル レプリケーションせず処理します。

Active Directory GC にレプリケートする属性を変更するには、スキーマを変更する必要があります。スキーマを変更するには、管理者は、"Schema Admins"グループのメンバーがあります。このグループのメンバーをするだけでなく、スキーマ マスター上でレジストリ キーを設定する必要があります。 このプロセスの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
216060 スキーマへの書き込みを許可するために必要なレジストリの変更
また、Active Directory スキーマ Microsoft 管理コンソール (MMC で) を実行する手順についても説明します。このスナップインでは、完全インストールの Windows 2000 の管理ツールまたは Windows 2000 サーバー上のシステム ルートに Schmmgmt.dll を登録を取得できます。

スキーマ MMC をアクティブにするのには、スナップインは、次の手順します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ mmc、し [OK].
  2. で、 MMC コンソール メニューをクリックして 追加またはスナップインの削除..
  3. クリックしてください。 追加、し Active Directory スキーマ.
  4. クリックしてください。 追加をクリックして 閉じる、し [OK].
スキーマ MMC スナップインで上記の記事で説明したレジストリ キーを設定するのには、次の手順を実行することもできます。
  1. ハイライト Active Directory スキーマ
  2. 選択 アクション |操作マスター..
  3. ボックスを選択する] をクリックします。 このドメイン コント ローラーでスキーマを変更可能性があります。.
  4. クリックしてください。 [OK].
この時点で、スキーマ管理者、グローバル カタログに属性を追加できます。これには、スキーマ MMC スナップインや ADSI スクリプトなど、グローバル カタログに属性を追加するのには、いくつかの方法があります。

スナップインは、Active Directory スキーマ MMC を使用して変更を確認するのには

  1. スナップインで [属性] フォルダーをクリックします。
  2. 右側のウィンドウで、目的の属性の下にスクロールを右クリックし、クリックしてください プロパティ.
  3. オンにし、 グローバル カタログにこの属性をレプリケートします。 チェック ボックスします。
  4. クリックしてください。 [OK].
上記のレジストリ変更を行わない場合は、次のエラーが GC に複製の状態を変更しようとするときに発生します。
この属性は、グローバル カタログ サーバーにレプリケートする必要があるかどうかを変更できませんでした。

ADSI スクリプトを使用して変更を加える

Active Directory サービス インターフェイス (ADSI)、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) プロバイダーによるスキーマを変更できます。スキーマの場所を次のコードを決定する、スキーマの属性にバインドおよび GC への複製を強制的に必要な変更を行います。
Const ADS_PROPERTY_CLEAR = 1
' Declarations are commented for use with VBScript
Dim oRootDSE 'As IADs
Dim oConn 'As ADODB.Connection
Dim oRecordset 'As ADODB.Recordset
Dim strAttribute 'As String
Dim strADsPath 'As String
Dim oAttribute 'As IADs
Dim bReplicate 'As Boolean

strAttribute = "Department"  'Replace with the name of the attribute to change replication
bReplicate = True            'Replicate to GC True/False

Set oConn = CreateObject("ADODB.Connection")
Set oRootDSE = GetObject("LDAP://RootDSE")

oConn.Provider = "ADsDSOObject"
oConn.Open "ADs Provider"

strQuery = "<LDAP://" & oRootDSE.Get("schemaNamingContext")
& ">;(&(objectClass=attributeSchema)(cn=" & strAttribute & "));cn,adspath;subtree"
Set oRecordset = oConn.Execute(strQuery)
oRecordset.MoveFirst
strADsPath = oRecordset.Fields("ADsPath")  'store the path of the object in the schema

Set oAttribute = GetObject(strADsPath) 'Get the object in the schema
If bReplicate Then
  oAttribute.Put "isMemberOfPartialAttributeSet", True    'Set the property to true
Else
  oAttribute.PutEx ADS_PROPERTY_CLEAR, "isMemberOfPartialAttributeSet", 0   'Clear the property
End If

'Write to schema
oAttribute.SetInfo

'Clean Up
Set oAttribute = Nothing
Set oRootDSE = Nothing
oRecordset.Close
oConn.Close
Set oConn = Nothing
Set oRecordset = Nothing
				
上記のレジストリ変更を行わない場合は、スクリプトを実行しようとすると、次のエラーに発生します。
エラー-2147016651 (80072035): オートメーション エラーです。サーバーは要求を処理するのには消極的です。

関連情報

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
232517 グローバル カタログの属性とレプリケーションのプロパティ
230663 グローバル カタログにレプリケートする属性を列挙する方法
ADSI の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/library/aa772170.aspx

プロパティ

文書番号: 248717 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbmsg kbglobalcatalog kbmt KB248717 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:248717
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com