更新プログラムのロールアップ 9 がホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2492952
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトは、2011年 1 月日更新をしました。このプログラムのロールアップには HMC 4.5 にはすべての以前にリリースされた更新プログラムが含まれます。この更新プログラムはホストされているメッセージングおよびコラボレーション 4.5 (HMC 4.5) の Microsoft のソリューションでは、次のコンポーネントでの問題を解決します。
  • Active Directory のプロバイダー
  • ADCollector
  • BlockRMO プロバイダー
  • CategorizerOverrideAgent
  • CoreRMO プロバイダー
  • ファイル システムのプロバイダー
  • DNSClient.msi
  • DNS プロバイダー
  • Exchange 2007 OAB リソース マネージャーの名前空間
  • Exchange 2007 の OAB リソース マネージャーで Web サービス
  • Exchange 2007 リソース マネージャーの名前空間
  • Exchange 2007 リソース マネージャーの Web サービス
  • Exchange 2007 のプロバイダー
  • ホストされているアクティブなディレクトリの名前空間
  • ホストされているアクティブなディレクトリの Web サービス
  • ホストされる電子メール 2007年の名前空間
  • ホストされている電子メール 2007 Web サービス
  • マネージ電子メール 2007年の名前空間
  • マネージ電子メール 2007 Web サービス
  • ユニファイド メッセージング 2007年の名前空間を管理します。
  • pwdb40ssis
  • RPCHttpConfigTool
  • SmtpDomainCacheTask
  • ユニファイド メッセージング 2007年のプロバイダー
  • Active Directory の名前空間を管理します。
  • Active Directory の Web サービスを管理します。
  • カテゴライザー オーバーライド エージェント
  • ResourceManageDatabase.msi
  • SharePoint 2007 のホストされている Web サービス
  • SharePoint 2007 のホストされている名前空間
  • CheckFolderGroupsAndRMByPlan.msi
  • KB959196.msi
  • Exchange 2007 のモビリティのプロバイダー
  • 共有ポイントのプロバイダー
  • エラー プロバイダー
  • プロバイダーのレジストリ
  • スクリプトのプロバイダー
  • PowerShell プロバイダー
  • SMTP メール プロバイダー
  • Xml ファイルのプロバイダー
  • Windows インストーラーのプロバイダー
  • Office 通信サーバーのホストされている名前空間
  • Office 通信サーバーの名前空間を管理します。
  • Office 通信サーバーのプロバイダー
  • SharedOABUtility
  • Exchdatasetup
この資料で更新プログラムのロールアップに関する以下の項目をについて説明します。
  • 更新プログラムのロールアップの修正される問題します。
  • 更新プログラムのロールアップをインストールする前提条件を指定します。
  • かどうか、更新プログラムのロールアップをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。
  • かどうか、他の更新プログラムのロールアップ更新プログラムのロールアップが置き換えられます。
  • かどうか、レジストリの変更を行う必要があります。
  • 更新プログラムのロールアップに含まれるファイル。

はじめに

更新プログラムのロールアップで解決する問題

この更新プログラムのロールアップには、以下の Microsoft サポート技術情報 (KB) 資料に記載されていた問題が解決されます。
  • 957583 更新プログラムのロールアップ 1 がホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 の説明
  • 957584 更新プログラムのロールアップ 2 がホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 の説明
  • 969820 更新プログラムのロールアップ 3 をホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 の説明
  • 977174 更新プログラムのロールアップ 5 がホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 の説明
  • 979704 更新プログラムのロールアップ 6 をホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 の説明
  • 982215 更新プログラムのロールアップ 7 をホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 の説明
  • 2444344 更新プログラムのロールアップ 8 をホストされているメッセージングとコラボレーション 4.5 の説明
この更新プログラムのロールアップは、マイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されているいない問題を解決もします。
  • CreateResourceMailbox 電子メール 2007 のホストされている名前空間での手順は失敗し、エラーのスタック情報を示す、 セット MailboxCalendarSettings コマンドが問題の原因となった。この更新プログラムを使用してこの問題を回避を操作するには、次の XML 要素を追加する必要が、 executeData プロシージャ要求のノード:
    <skipMailboxCalendarSetting>1</skipMailboxCalendarSetting>

    設定する必要がある場合は、 MailboxCalendarSettings 属性の追加の呼び出しを ModifyResourceMailbox その後で手順します。

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報

Aサポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムの対象としていますこの資料に記載されている問題のみを修正するには。これを適用します。修正プログラムは、この特定の問題が発生しているシステムのみにします。

修正プログラムがダウンロード可能の場合は、「修正プログラムのダウンロード"このサポート情報記事の先頭にセクション。このセクションで表示されていない場合表示、Microsoft カスタマー サービスとサポートを入手するのには、要求を送信この修正プログラムは。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。通常のサポート料金追加の質問およびの対象とならない問題について適用されます。この特定の修正プログラムです。完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポート電話番号または、別のサービス リクエストを作成するを参照してください、次のマイクロソフト web サイト:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォーム言語が表示されます。修正プログラムが利用可能です。お使いの言語が表示されない場合は、そのためです、修正プログラムがその言語で利用可能です。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、ホストされているメッセージングおよびコラボレーションのバージョン 4.5 をインストールが必要です。すべての Exchange サーバーは、Exchange 2007 Service Pack 2 またはそれ以降でする必要があります。さらに、Domain Admins グループのメンバーはでなければなりません。

HMC デプロイメント ツールは、マイクロソフト提供サーバー (MPS) エンジンの最初のサーバーにインストールしなければなりません。

再起動の必要性


この更新プログラムのロールアップを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。ただし、インストール時に一部のサービスを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムはすべての以前にリリースされた更新置き換えられます。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示されます。日付と時刻これらのファイルで世界協定時刻が表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、そのローカル時刻に変換されます。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン で、 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Rpchttpconfigtool.msi該当しません。412,67206-1 月-201111: 34該当しません。
Adcollector.msi該当しません。419,32806-1 月-201111: 34該当しません。
Exchdatasetup.msi該当しません。223,23206-1 月-201111: 34該当しません。
Pwdb40ssis.msi該当しません。273,40806-1 月-201111: 34該当しません。
Categorizeroverrideagent x64.msi該当しません。373,76006-1 月-201111: 34該当しません。
Categorizeroverrideagent.msi該当しません。373,76006-1 月-201111: 34該当しません。
Checkfoldergroupsandrmbyplan.msi該当しません。384,51206-1 月-201111: 34該当しません。
Kb959196.msi該当しません。756,22406-1 月-201111: 34該当しません。
Sharedoabutility.msi該当しません。392,70406-1 月-201111: 34該当しません。
Smtpdomaincachetask x64.msi該当しません。369,66406-1 月-201111: 34該当しません。
Exchange2007oabresourcemanagerns.msi該当しません。253,95206-1 月-201111: 34該当しません。
Exchange2007resourcemanagerns.msi該当しません。308,73606-1 月-201111: 34該当しません。
Hostedactivedirectoryns.msi該当しません。264,19206-1 月-201111: 34該当しません。
Hostedemail2007ns.msi該当しません。351,74406-1 月-201111: 34該当しません。
Hostedofficecommunicationsserverns.msi該当しません。274,94406-1 月-201111: 34該当しません。
Hostedsharepoint2007ns.msi該当しません。260,60806-1 月-201111: 34該当しません。
Managedadns.msi該当しません。285,69606-1 月-201111: 34該当しません。
Managedemail2007ns.msi該当しません。318,46406-1 月-201111: 34該当しません。
Managedofficecommunicationsserverns.msi該当しません。267,26406-1 月-201111: 34該当しません。
Managedunifiedmessaging2007ns.msi該当しません。247,80806-1 月-201111: 34該当しません。
Activedirectoryprovider.msi該当しません。374,78406-1 月-201111: 34該当しません。
Blockrmoprovider.msi該当しません。280,57606-1 月-201111: 34該当しません。
Corermoprovider.msi該当しません。370,68806-1 月-201111: 34該当しません。
Errorprovider.msi該当しません。218,11206-1 月-201111: 34該当しません。
Exchange2007mobilityprovider.msi該当しません。364,54406-1 月-201111: 34該当しません。
Exchange2007provider.msi該当しません。545,79206-1 月-201111: 34該当しません。
Filesystemprovider.msi該当しません。406,52806-1 月-201111: 34該当しません。
Officecommunicationsserverprovider.msi該当しません。372,73606-1 月-201111: 34該当しません。
Powershellprovider.msi該当しません。217,08806-1 月-201111: 34該当しません。
Registryprovider.msi該当しません。301,56806-1 月-201111: 34該当しません。
Scriptprovider.msi該当しません。233,98406-1 月-201111: 34該当しません。
Sharepointprovider.msi該当しません。512,00006-1 月-201111: 34該当しません。
Smtpmailprovider.msi該当しません。210,94406-1 月-201111: 34該当しません。
Unifiedmessaging2007provider.msi該当しません。256,51206-1 月-201111: 34該当しません。
Windowsinstallerprovider.msi該当しません。217,08806-1 月-201111: 34該当しません。
Xmlfileprovider.msi該当しません。223,74406-1 月-201111: 34該当しません。
Dnsclient.msi該当しません。682,49606-1 月-201111: 34該当しません。
Dnsprovider.msi該当しません。357,88806-1 月-201111: 34該当しません。
Resourcemanagedatabase.msi該当しません。790,52806-1 月-201111: 34該当しません。
Exchange2007oabresourcemanagerws.msi該当しません。445,44006-1 月-201111: 34該当しません。
Exchange2007resourcemanagerws.msi該当しません。467,96806-1 月-201111: 34該当しません。
Hostedactivedirectoryws.msi該当しません。475,64806-1 月-201111: 34該当しません。
Hostedemail2007ws.msi該当しません。530,43206-1 月-201111: 34該当しません。
Hostedsharepoint2007ws.msi該当しません。476,67206-1 月-201111: 34該当しません。
Managedactivedirectoryws.msi該当しません。472,06406-1 月-201111: 34該当しません。
Managedemail2007ws.msi該当しません。524,80006-1 月-201111: 34該当しません。

インストール情報


更新プログラムのロールアップ 8 HMC 4.5and のすべての以前の更新プログラム ロールアップ HMC 4.5 をインストールした場合は、この更新プログラムをインストールしていません。

この更新プログラムのロールアップをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 最初の MPS サーバー (へのログオンします。MPS01)、Domain Admins グループのメンバーとして。
  2. MPS01 サーバー上、MPS の展開ツールを開き、次の古いコンポーネントをアンインストールすること。
    • ActiveDirectoryProvider
    • BlockRMOProvider
    • CoreRMOProvider
    • FileSystemProvider
    • DNSProvider
    • Exchange2007OabResourceManagerNS
    • Exchange2007OabResourceManagerWS
    • Exchange2007ResourceManagerNS
    • Exchange2007ResourceManagerWS
    • Exchange2007Provider
    • HostedActiveDirectoryNS
    • HostedActiveDirectoryWS
    • HostedEmail2007NS
    • HostedEmail2007WS
    • ManagedEmail2007NS
    • ManagedEmail2007WS
    • ManagedUnifiedMessaging2007NS
    • UnifiedMessaging2007Provider
    • ManagedADNS
    • ManagedActiveDirectoryWS
    • HostedSharePoint2007WS
    • HostedSharePoint2007NS
    • Exchange2007MobilityProvider
    • SharePointProvider
    • ErrorProvider
    • RegistryProvider
    • ScriptProvider
    • PowerShellProvider
    • SMTPMailProvider
    • XmlFileProvider
    • WindowsInstallerProvider
    • HostedOfficeCommunicationsServerNS
    • ManagedOfficeCommunicationsServerNS
    • OfficeCommunicationsServerProvider
  3. 更新プログラムのロールアップ パッケージ、MPS サーバーで一時的な場所に展開します。たとえば、次の場所を抽出します。
    C:\temp\QFERollupPackage
  4. 名前を変更したり、既存のファイルのコピー、 C:\MSIShare\ 次のファイル名を持ち、次の MSI をコピーしたフォルダーのファイルから、 C:\temp\QFERollupPackage\ フォルダーに、 C:\MSIShare\ フォルダー:
    • ActiveDirectoryProvider.msi
    • ADCollector.msi
    • BlockRMOProvider.msi
    • CategorizerOverrideAgent x64.msi
    • CoreRMOProvider.msi
    • FileSystemProvider.msi
    • DNSClient.msi
    • DNSProvider.msi
    • Exchange2007OabResourceManagerNS.msi
    • Exchange2007OabResourceManagerWS.msi
    • Exchange2007ResourceManagerNS.msi
    • Exchange2007ResourceManagerWS.msi
    • Exchange2007Provider.msi
    • HostedActiveDirectoryNS.msi
    • HostedActiveDirectoryWS.msi
    • HostedEmail2007NS.msi
    • HostedEmail2007WS.msi
    • ManagedEmail2007NS.msi
    • ManagedEmail2007WS.msi
    • ManagedUnifiedMessaging2007NS.msi
    • pwdb40ssis.msi
    • RPCHttpConfigTool.msi
    • SmtpDomainCacheTask x64.msi
    • UnifiedMessaging2007Provider.msi
    • ManagedADNS.msi
    • ManagedActiveDirectoryWS.msi
    • CategorizerOverrideAgent.msi
    • ResourceManageDatabase.msi
    • HostedSharePoint2007WS.msi
    • HostedSharePoint2007NS.msi
    • CheckFolderGroupsAndRMByPlan.msi
    • KB959196.msi
    • Exchange2007MobilityProvider.msi
    • SharePointProvider.msi
    • ErrorProvider.msi から
    • RegistryProvider.msi
    • ScriptProvider.msi
    • PowerShellProvider.msi
    • SMTPMailProvider.msi
    • XmlFileProvider.msi
    • WindowsInstallerProvider.msi
    • HostedOfficeCommunicationsServerNS.msi
    • ManagedOfficeCommunicationsServerNS.msi
    • OfficeCommunicationsServerProvider.msi
    • SharedOABUtility.msi
    • Exchdatasetup.msi
  5. MPS エンジン サーバー上で、次のコンポーネントを再インストールするのには、展開ツールを使用します。
    • Active Directory のプロバイダー
    • BlockRMO プロバイダー
    • CoreRMO プロバイダー
    • ファイル システムのプロバイダー
    • DNS プロバイダー
    • Exchange 2007 OAB リソース マネージャーの名前空間
    • Exchange 2007 の OAB リソース マネージャーで Web サービス
    • Exchange 2007 リソース マネージャーの名前空間
    • Exchange 2007 リソース マネージャーの Web サービス
    • Exchange 2007 のプロバイダー
    • ホストされているアクティブなディレクトリの名前空間
    • ホストされているアクティブなディレクトリの Web サービス
    • ホストされる電子メール 2007年の名前空間
    • ホストされている電子メール 2007 Web サービス
    • マネージ電子メール 2007年の名前空間
    • マネージ電子メール 2007 Web サービス
    • ユニファイド メッセージング 2007年の名前空間を管理します。
    • ユニファイド メッセージング 2007年のプロバイダー
    • Active Directory の名前空間を管理します。
    • Active Directory の Web サービスを管理します。
    • SharePoint 2007 のホストされている Web サービス
    • SharePoint 2007 のホストされている名前空間
    • Exchange 2007 のモビリティのプロバイダー
    • 共有ポイントのプロバイダー
    • エラー プロバイダー
    • プロバイダーのレジストリ
    • スクリプトのプロバイダー
    • PowerShell プロバイダー
    • SMTP メール プロバイダー
    • Xml ファイルのプロバイダー
    • Windows インストーラーのプロバイダー
    • Office 通信サーバーのホストされている名前空間
    • Office 通信サーバーの名前空間を管理します。
    • Office 通信サーバーのプロバイダー
    1. 有効にし、各 MPS サーバー上で、提供エンジンを開始します。以下が手順例となります:
    2. MPS エンジン サーバー上を起動します。 コンポーネント サービス.
    3. 展開 コンポーネント サービス、展開 コンピューター、し展開 マイ コンピューター.
    4. クリック COM + アプリケーション.
    5. Usbehci.sys プロビジョニング エンジンプロパティ シャット ダウン.
    6. Usbehci.sys プロビジョニング エンジンプロパティ ボタンをクリックし、.
  6. 配置ツールを展開します。 Exchange のホストされています。、展開 Exchange プロビジョニング構成は、次のノードを右クリックし、[初期化コマンドを実行します。
    • マネージ電子メール 2007
    • Exchange 2007 の OAB リソース マネージャー
    • ホストされる電子メール 2007
    • Exchange 2007 のリソース マネージャー
  7. 展開ツールで、次のノードを右クリックし、[初期化コマンドを実行します。
    • ホストされている Active Directory
    • ホストされている SharePoint
    • ホストの Office 通信サーバー
    • Office 通信サーバーの管理
  8. クリック 展開を開始します。.
  9. 各 Web サービス サーバーで、インターネット インフォメーション サービス (IIS) を再起動します。
  10. ログオンします。 PROV01 使用して、ドメインの管理者アカウントと、次の手順を実行します。
    1. 次のフォルダーにカスタマイズしたすべてのファイルをバックアップします。
      % プログラム セグ: Hosting\Provisioning\RPCHTTPConfig
    2. 使用 追加またはプログラムを削除します。 削除するには RPCHttpConfigTool コンポーネントとの新しいバージョンをインストールし、 RPCHttpConfigTool 更新プログラムのコンポーネントです。
    3. カスタマイズを再適用します。
    4. RPCHttpConfigTool.msi コンポーネントをインストールするには、「展開、RPC 経由で HTTP クライアント構成の Web サイト」セクションで HMC 4.5 を rtm 版の導入ガイド 』 の指示に従って。

      リモート プロシージャ コール (RPC) が HTTP クライアントの構成の web サイト経由で展開する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
      RPC を HTTP クライアントの構成の web サイト経由で展開する方法
  11. で、 OMSQL01サーバーから更新プログラムを Pwdb40ssis.msi および ADCollector.msi ファイルをコピーし、2 つの Pwdb40ssis.msi を実行時間の以前のバージョンのコンポーネントを削除して、コンポーネントの新しいバージョンをインストールします。

    HMC 4.5 を rtm 版の導入ガイド 』 の「、パフォーマンス ウェアハウス データベースの作成」セクションの指示に従って Pwdb40ssis.msi コンポーネントをインストールしますします。パフォーマンスのウェアハウス データベースを作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
    パフォーマンスのウェアハウス データベースを作成する方法
    HMC 4.5 を rtm 版の導入ガイド 』 の「配置ホスト メッセージングおよびコラボレーション ディレクトリ アクティブコレクター」セクションで指示に従って ADCollector.msi コンポーネントをインストールします。ホストされているメッセージングおよびコラボレーションのアクティブなディレクトリのコレクターを導入する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。 ホストされているメッセージングおよびコラボレーションのアクティブなディレクトリのコレクターを導入する方法
  12. HMC 4.5 の RTM の展開ガイドの「展開 MPS DNS クライアント」セクションの指示に従って DNSClient.msi コンポーネントをインストールしますします。MPS DNS クライアントを展開する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
    MPS DNS クライアントを展開する方法
  13. Office (OOF) エージェントをインストールします。

    HMC 4.5 を rtm 版の導入ガイド 』 の「インストールと構成、OOF エージェント」セクション手順をインストールするにはし次の 2 つのユーティリティにはが含まれています、Office (OOF) のエージェント構成。
    • カテゴライザー オーバーライド エージェント
    • SMTP ドメイン キャッシュのタスク

    インストールして、不在時のエージェントを構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
    インストールして、不在時のエージェントを構成する方法
    テナントのさまざまな企業、同じドメイン内での multi-tenant の Office 機能の対応をサポートするには、すべての Exchange ハブ トランスポート サーバーで、不在時のエージェントをインストールしなければなりません。Microsoft Exchange トランスポート サービスをカテゴライザー上書きエージェントのインストールを再起動してください。
  14. で、 MPSSQLサーバーは、次のコンポーネントを再インストールします。
    • ResourceManageDatabase.msi
  15. 現在のシステムをホストされているメッセージングおよびコラボレーション 4.0 からアップグレードする場合をインストールするには、次の手順を実行し、CheckFolderGroupsAndRMByPlan.msi ファイルを実行します。
    1. 場所に CheckFolderGroupsAndRMByPlan.msi ファイルをコピー、 MPS01 サーバー。
    2. CheckFolderGroupsAndRMByPlan.msi ファイルを実行します。
    3. 次のフォルダーに CheckFolderGroupsAndRMByPlan.exe.config ファイルを探します。
      % プログラム セグ: Hosting\Provisioning\CheckFolderGroupsAndRMByPlan
    4. このファイルには読み取り専用プロパティを削除しての SQL サーバーの場所を指すように、ファイルを編集、 ResourceManagerPlanManager 仮想化されたサーバMPSSQL01).
    5. コマンド プロンプトで、CheckFolderGroupsAndRMByPlan.exe ファイルを実行します。
  16. ログオン、 MPSSQL サーバーは、ドメイン管理者アカウントを使用して、MPS リソース マネージャー データベース関数の更新ツールをインストールするのには、KB959196.msi ファイルを実行します。
  17. MPS エンジン サーバーでこの更新プログラムのロールアップから、新しい SharedOABUtility.msi ファイルを実行、Ofline アドレス帳の数に制限を実行ことがありますと思われる場合。共有の OAB ユーティリティの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
    977990 ホスト メッセージおよびコラボレーション環境では、新規のオフライン アドレス帳を作成できません。
  18. この更新プログラムのロールアップから、新しい Exchdatasetup.msi ファイルを実行します。Exchdatasetup.msi コンポーネントをインストールするのには、「構成 Exchange 2007 SP1 の監視とデータの収集」で HMC 4.5 を rtm 版の導入ガイド 』 の指示に従ってください。Exchange Server 2007年の SP1 の監視を構成する方法と、データ コレクションの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2492952 - 最終更新日: 2012年5月25日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2492952 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2492952
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com