ユーザーは、Outlook を Microsoft Dynamics CRM クライアントでオフラインにしようとするとエラー メッセージ: データベースの削除中にエラーを発生しました

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2496443
Notice
重要なレジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するには、以下の「base をクリックします。
322756バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

次のシナリオを検討してください。
  • クライアント コンピューターは 2 つ以上のユーザーによって使用されるか、および Citrix のターミナル サーバー環境で使用されます。
  • ユーザーがオフラインになった。次に、2 番目のユーザーをクリックします。オフラインします。.

このシナリオでは、2 番目のユーザーはオフラインになることはできません。実際には、他のユーザー オフラインにしたりしません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

データベースの削除中にエラーが発生しました。Microsoft Dynamics CRM 管理者に問い合わせてくださいやり直してもう一度オフラインにします。

原因

Microsoft Office Outlook、Microsoft Dynamics CRM クライアントでオフラインには 1 つだけのユーザーを構成できます。

解決方法

この動作は仕様です。Microsoft Dynamics CRM の 2011 でインストールし、Outlook を Microsoft Dynamics CRM クライアントを構成することができます。クリックして、オフライン コンポーネントをインストールできます、オフラインします。ボタン クリックします。

クリックすることができるようにしないかどうかは、オフラインします。ボタンを次のオプションのいずれかを使用できます。

オプション 1


[オフライン アクセス権を表示できるようにユーザーを削除、オフラインします。ボタン クリックします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. CRM セキュリティ ロールを変更するには、アクセス許可を持つユーザーをクリックします。設定をクリックして管理、セキュリティ ロール.
  2. セキュリティ ロールを変更するために開く] をクリックします。たとえば、クリックします。営業部)
  3. クリックして、ビジネス管理タブをクリックし、オフにします、オフラインします。チェック ボックスで、その他の権限セクションです。
  4. をクリックしてに保存します。閉じる.

    メモクライアントが構成されていない場合にクライアント] ツールバーのボタンが表示されなくなりますまでに 5 分以上かかる可能性があります。

オプション 2


無効にする、オフラインします。ボタンのすべてのユーザーがそれぞれのコンピューター、および、Microsoft Dynamics CRM クライアント Outlook をまとめてを使用してインストール、disableofflinecapabilityスイッチです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. をクリックして開始をクリックして実行します。Setupclient.exe ファイルのパスを入力します。
  2. se、/disableofflinecapabilityMicrosoft Dynamics CRM クライアントで Outlook をインストールするには次のように切り替えます。(たとえば、使用して、C:\Client\i386\SetupClient.exe/disableofflinecapabilityコ)
  3. をクリックして今すぐインストールします。またはを使用して、/qユーザー プロンプトなしのサイレント ・ インストールを実行するには、次のように切り替えます。

オプション 3


警告重大な問題、レジストリを誤ってレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。ユーザー自身の責任において行ってレジストリを変更します。

Microsoft Dynamics CRM クライアント Outlook を既にインストールした場合は、ユーザーの構成を実行するすべての新規ユーザーは表示されないように、LightClient のレジストリ キーを変更できます、オフラインします。ボタン クリックします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. をクリックして開始をクリックして実行します。種類レジストリ エディター、し、[OK].
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\MSCRMClient
  3. LightClient のレジストリ キーを右クリックしをクリックしてください変更.
  4. 変更、するには1を選択10 進数[OK].
  5. Microsoft Dynamics CRM クライアントで Outlook を起動します。

    メモクライアントが構成されていない場合にクライアント] ツールバーのボタンが表示されなくなりますまでに 5 分以上かかる可能性があります。
  6. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRMClient

    メモ64 ビット クライアント コンピューターを使用して、3 ビットのバージョンの Microsoft Office をインストールがある場合は、適切なレジストリ サブキーを以下に示します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\MSCRMClient
  7. 右クリックし、LightClientレジストリ キーをし、変更.
  8. 変更、するには1を選択10 進数、し、[OK].新しい構成を実行すると、オフラインします。ボタンを削除します。

メモHKEY_CURRENT_USER レジストリ エントリを変更すると、変更は現在ログオンしているユーザーのみに影響します。複数のユーザーに変更を適用するには、HKEY_Users\ の下にある部員を探します。または、複数/その他のユーザーには、グループ ポリシーを使用してキーを適用します。

詳細

ユーザーがオフラインになったし、別のユーザーが同じコンピューター上にオフラインにできる必要がある場合は、前のユーザーからデータベースを削除するのにはであります。SQL Express データベースを削除する方法の詳細については、次のマイクロソフト開発者向けネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms178613.aspx

プロパティ

文書番号: 2496443 - 最終更新日: 2011年2月25日 - リビジョン: 2.1
キーワード:?
kbmbsmigrate kbmt kbsurveynew KB2496443 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2496443
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com