BizTalk Server 2010 の累積的な更新プログラム パッケージ 1

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2497789 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この累積的な更新プログラム Microsoft BizTalk Server 2010 にはには、BizTalk Server の 2010. のリリース後に解決された BizTalk Server 2010 の問題に対する修正プログラムが含まれています。

それらを運用環境に展開する前に、修正プログラムをテストすることをお勧めします。ビルドは累積的であるため、新しい更新リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の BizTalk Server 2010 に含まれていたすべてのセキュリティ更新プログラムのリリースを更新します。この修正プログラムが含まれている最新の更新プログラム パッケージを適用することを検討することをお勧めします。

この累積的な更新プログラム パッケージに関する注意事項

  • 1 つの累積的な修正プログラム パッケージには、すべてのコンポーネント パッケージが含まれます。ただし、累積的な更新プログラム パッケージは、システムにインストールされている機能のみを更新します。
重要新しいサービス パックまたは累積的な更新プログラムが BizTalk Server を使用できるかどうかを確認するのには、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2555976 BizTalk Server の Service Pack、および累積的な更新プログラムの一覧

詳細

BizTalk Server 2010 の累積は、1 を更新し、上記の変換中に既定の空白の動作を変更します。これと、以前の動作に戻す方法についての詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2786241 既定の BizTalk 内の空白の動作を変更します。
次の累積的な更新プログラム (CU) は次の項目が含まれているプログラムのロールアップ更新です。
  • BizTalk Server 2010 のすべての以前にリリースされた修正プログラム
  • Microsoft BizTalk Server 2009年は、Microsoft BizTalk Server 2006 R2 の修正プログラム
  • いくつかその他の機能強化
メモ この累積的な更新プログラムで修正プログラム Microsoft エンタープライズ シングル サインオン (SSO を) はありません。そのため、この更新プログラムでは、スタンドアロンの SSO サーバーには適用されません。

いくつかの重要な修正と改善この service pack は次のとおりです。

  • 信頼性とパフォーマンスの Windows 通信基盤の WCF ベースのアダプターと EDI のサポートを向上します。
  • 次の新しい機能を追加。
    • HIPAA 5010 正誤表のスキーマです。
    • DeleteAfterPollのレジストリ値は Java メッセージ サービス (JMS) キューからメッセージを削除するのには、TIBCO EMS 用の BizTalk アダプターを。

メモ HIPAA 5010 の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
HIPAA 5010 に関する一般的な情報
BizTalk Server チームは、パイロットとして、特定のバージョンをこのモデルを使用しています。このモデルを適用するのには、計画コミュニティから受け取ったフィードバックに基づいています。

マイクロソフト製品の更新プログラムを説明するために使用される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。

824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

BizTalk Server の 2010修正は、累積的な更新プログラムに含まれています。1BizTalk Server の 2010

これらの修正プログラムについて説明するマイクロソフト サポート技術情報が利用可能になるように解放されます。BizTalk Server のバグの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。

BizTalk Server アダプター

元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報資料番号説明
696130該当なしDeleteAfterPollと呼ばれる新しいレジストリ値が利用できます。DeleteAfterPollのレジストリ値は、BizTalk アダプターによって TIBCO EMS を正常に受信した後に、メッセージを JMS キューから削除されるかどうかを指定します。

TIBCO EMS 用 BizTalk アダプターを実行しているコンピューターでこの累積的な更新プログラム パッケージを適用した後、存在せず、False に既定で設定されている場合、 DeleteAfterPollのレジストリ値によって、次のレジストリ サブキーの下が自動的に作成されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\BizTalkAdapters\Config\Global\Adapters\TibcoEMS
5767932387313修正プログラム: WCF ベースの BizTalk アダプターを使用して、Oracle データベースの BizTalk Server によって使用される動的ポートのパフォーマンスが低下するときに
6931882510752[FIX] は複数のルート要素"、管理コンソールで BizTalk Server の受信場所のバインド情報をエクスポートするときのエラー
5731222431074FIX WCF ベースの型指定されたエラーが発生した場合、WCF カスタム アダプター、WCF ベースのサービスでは、BizTalk Server への接続を閉じられません
BizTalk Server の EDI サポート
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報資料番号説明
6438522511268FIX、双方向で使用する場合、インターチェンジの受信確認は返されません、TA1 受信ポートが BizTalk Server の EDI インターチェンジを受信するのには
6931912510733FIX HIPAA 5010 準拠スキーマ準拠の最新タイプ 1 TR3 正誤表に BizTalk Server を使用しません。
693238980712FIX: IIS ワーカー プロセスがクラッシュする、MDNs は送信、送信側のパーティに AS2EdiReceive パイプラインを BizTalk Server で使用する場合
6932692065966FIX、EDI を使用すると有効なデータ要素を「+」文字が含まれる EDIFACT メッセージが中断されるパイプラインを BizTalk Server で受信
6591692467136FIX BizTalk Server で MIME の Content-type ヘッダーを含まない場合、AS2、または EDI メッセージの AS2 デコーダーを復号化するときにエラーが発生します。
6931952492615FIX「エラー: 無効な Adler32 チェックサムが検出しました」エラーが BizTalk Server では、圧縮された AS2 メッセージを受信したとき
6933772510514FIX HIPPA 837 インターチェンジを BizTalk Server に送信すると無効な AK3 x12 997 の機能確認をセグメントします。
6594312535452FIX BizTalk Server 2010 では、AS2 アグリーメントの値を指定すると「AS2 の Id 指定したには無効な文字が含まれています」エラー
BizTalk Server 管理ツール & 開発者ツール
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報資料番号説明
6566552502624FIX、2 番目のパラメーターは、テーブル ループ functoid には、BizTalk Server 2010 プロジェクトを長くと、[Functoid 入力の構成] ダイアログ ボックスを閉じるには、[ok] をクリックすると、Visual Studio 2010年がクラッシュします。
6781442516201FIX、BizTalk Server 2010 管理コンソールの [アプリケーション] フォルダーを展開しようとするとエラー メッセージ:「ローカルにキャッシュされたバージョンの BizTalk Server グループ構成の最新のです」
6364022482225FIX"オーケストレーションの論理ポートはありません」エラー、BizTalk Server 管理コンソールでの BizTalk Server 2010 オーケストレーションのバインド タブ
BizTalk Server メッセージ ボックス、メッセージ エージェント、パイプライン、および追跡
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報資料番号説明
6963102224680FIX:"MessageBox_Parts_Cleanup_BizTalkMsgBoxDb"の SQL Server エージェントのジョブは非常に BizTalk Server の実行速度が遅い
5621202452550FIX BizTalk Server 2010 で、BizTalk グループの 7 つ以上の BizTalk ホストを追加した後、モニター BizTalk Server の SQL Server エージェントのジョブが動作しない可能性が
6401392486267追跡プロファイルは BAM BizTalk Server 2010 に適用されている場合は、PassThruTransmit パイプラインを使用して、送信ポートで FIX XML 以外のメッセージが中断されます。
6932022508913FIX は BizTalk Server 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1 をインストールした後に動作して BizTalk ドキュメント トラッキングを停止します。
BizTalk Server のビジネス アクティビティの監視 (BAM)

元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報資料番号説明
6871352520221FIX「エラー: ビューを再生成に失敗する"BAM_DM_<activity_name>では、BizTalk Server 2006 R2 または BizTalk Server 2010 で BAM の SSIS パッケージ</activity_name>を実行するとエラー
6931862475812FIX BizTalk Server では、BAM の SSIS パッケージを実行すると「属性キーを処理すると見つかりません」エラー
BizTalk Server の XLANG エンジン
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報資料番号説明
6199392458218メッセージのインスタンスがアクティブになっている BizTalk オーケストレーション インスタンス中の BizTalk ホスト インスタンスを再起動するとクラッシュする可能性があります 2010年修正: 順序付け。
6591752492255FIX BizTalk Server 内のメッセージの構築図形に含まれる割り当て操作では、メッセージが処理された場合は、スペースが削除されます。
BizTalk Server セットアップ
元に戻す全体を表示する
VSTS のバグ番号サポート技術情報資料番号説明
6174882460740修正: SQL Server のインスタンスをデータとして使用する BRE を構成しようとすると「要求された名前は有効ですが、要求された種類のデータは見つかりませんでした」のエラー格納 BizTalk Server 2010 で

BizTalk Server 2010 での累積的な更新 1 を取得する方法

サポートされている累積的な更新プログラム パッケージをマイクロソフトから利用できるようになりました。ただし、この累積的な更新プログラム パッケージはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この累積的な更新プログラム パッケージはこれら特定の問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この累積的な更新プログラム パッケージには、追加のテストが行われる予定です。したがって、これらの問題で深刻な影響を受けていない場合は、次の BizTalk Server 2010 のサービス パックのリリースを待つことをお勧めします。修正プログラムはこの累積的な更新プログラム パッケージで修正プログラムが含まれます。

累積的な更新プログラムがダウンロードできない場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの累積的な更新プログラム パッケージを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の累積的な更新プログラム パッケージの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。メモ 「修正プログラム ダウンロード使用可能」フォームの言語を表示します。これは、累積的な更新プログラムが利用可能です。特定の言語が表示されない場合は、その言語の累積的な更新プログラム パッケージはありません。

累積的な更新プログラム パッケージの情報

前提条件

この更新プログラムを適用するのには、Microsoft BizTalk Server 2010 をインストールする必要があります。

Readme.txt ファイルはこの更新プログラムに含まれている場合は、この更新プログラムをインストールする方法の詳細についての Readme.txt ファイルを参照してください。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

この累積的な更新プログラムの英語版パッケージにファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) がの一覧に表示されます次の表。日付および時刻これらのファイルに記載されています。世界協定時刻 (UTC)。ファイル情報を表示する場合は、ローカル時間に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するのを使用します。を タイム ゾーン タブには 日付と時刻 アイテムコントロール パネルのします。
サポートされているすべての x86 ベースのバージョンの BizTalk Server 2010 について
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Bts_administration_logic.sql該当なし578,4202011 年 5 月 18-17:09該当なし
Bts_deployment_logic.sql該当なし97,6942011 年 5 月 18-17:09該当なし
Bts_tracking_logic.sql該当なし330,1262011 年 5 月 18-17:09該当なし
Btshttpreceive.dll3.9.522.2183,1362011 年 5 月 18-17:09x86
Btsmessageagent.dll3.9.522.2716,6402011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.adapter.wcf.common.dll3.9.522.2378,7602011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.adapter.wcf.runtime.dll3.9.522.2210,8322011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.administration.as2ext.dll3.9.522.2329,6162011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.bam.management.dll3.9.522.24,192,1282011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.bts_administration_logic.sql.dll3.9.522.211,6802011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.bts_deployment_logic.sql.dll3.9.522.211,6722011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.bts_tracking_logic.sql.dll3.9.522.211,6642011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.configuration.rules.dll3.9.522.2173,9682011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.deployment.dll3.9.522.2345,9762011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.deployment.xmlserializers.dll3.9.522.2288,6642011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.edi.messagecore.dll3.9.522.2391,0482011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.edi.pipelinecomponents.dll3.9.522.2198,5442011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.ediint.pipelinecomponents.dll3.9.522.2141,2082011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.explorerom.dll3.9.522.2579,4482011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.mapper.mappervspackage.dll3.9.522.2706,4482011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.mapper.om.dll3.9.522.2145,2722011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.msgboxlogic.sql.dll3.9.522.211,6562011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.pipeline.components.dll3.9.522.2292,7522011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.pipeline.dll3.9.522.2292,7282011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.biztalk.pipeline.dll3.9.522.2292,7282011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.xlangs.engine.dll3.9.522.2272,2402011 年 5 月 18-17:09x86
Microsoft.xlangs.engine.dll3.9.522.2272,2402011 年 5 月 18-17:09x86
Msgboxlogic.sql該当なし587,4602011 年 5 月 18-17:09該当なし
サポートされているすべての x64 ベースのバージョンの BizTalk Server 2010 について
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Bts_administration_logic.sql該当なし578,4202011 年 5 月 18-17:23該当なし
Bts_deployment_logic.sql該当なし97,6942011 年 5 月 18-17:23該当なし
Bts_tracking_logic.sql該当なし330,1262011 年 5 月 18-17:23該当なし
Btshttpreceive.dll3.9.522.2183,1362011 年 5 月 18-17:23x86
Btshttpreceive.dll3.9.522.2224,6082011 年 5 月 18-17:23x64
Btsmessageagent.dll3.9.522.21,141,6002011 年 5 月 18-17:23x64
Btsmessageagent.dll3.9.522.2716,6402011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.adapter.wcf.common.dll3.9.522.2378,7602011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.adapter.wcf.runtime.dll3.9.522.2210,8322011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.administration.as2ext.dll3.9.522.2329,6162011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.bam.management.dll3.9.522.24,192,1282011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.bts_administration_logic.sql.dll3.9.522.211,6802011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.bts_deployment_logic.sql.dll3.9.522.211,6722011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.bts_tracking_logic.sql.dll3.9.522.211,6642011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.configuration.rules.dll3.9.522.2173,9682011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.deployment.dll3.9.522.2345,9762011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.deployment.xmlserializers.dll3.9.522.2288,6642011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.edi.messagecore.dll3.9.522.2391,0482011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.edi.pipelinecomponents.dll3.9.522.2198,5442011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.ediint.pipelinecomponents.dll3.9.522.2141,2082011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.explorerom.dll3.9.522.2579,4482011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.mapper.mappervspackage.dll3.9.522.2706,4482011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.mapper.om.dll3.9.522.2145,2722011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.msgboxlogic.sql.dll3.9.522.211,6562011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.pipeline.components.dll3.9.522.2292,7522011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.pipeline.dll3.9.522.2292,7282011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.biztalk.pipeline.dll3.9.522.2292,7282011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.xlangs.engine.dll3.9.522.2272,2402011 年 5 月 18-17:23x86
Microsoft.xlangs.engine.dll3.9.522.2272,2402011 年 5 月 18-17:23x86
Msgboxlogic.sql該当なし587,4602011 年 5 月 18-17:23該当なし

関連情報

BizTalk アダプター パック 2010年累積的な更新プログラム 1 の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2539794 BizTalk アダプター パック 2010年の累積的な更新プログラム パッケージ 1

BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
2003907 BizTalk Server の修正プログラムの情報

プロパティ

文書番号: 2497789 - 最終更新日: 2013年4月17日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft BizTalk Server Branch 2010
  • Microsoft BizTalk Server Developer 2010
  • Microsoft BizTalk Server Enterprise 2010
  • Microsoft BizTalk Server Standard 2010
キーワード:?
kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbmt KB2497789 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2497789
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com