Dynamics CRM クライアント、Outlook を構成するときに「Microsoft Dynamics CRM のサーバーとの通信の問題」のエラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2502671 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを探し、 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

構成ウィザードを使用して Outlook の Microsoft Dynamics CRM クライアントを構成すると、次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft Dynamics CRM のサーバーとの通信に問題があります。サーバーが使用できない場合があります。後でもう一度やり直してください。問題が解決しない場合は、管理者に問い合わせてください。

原因

この問題は、次の原因のいずれかで発生します。
  1. クライアント コンピューター上でオペレーティング システムの日付が正しい日付には設定されていません。
  2. クライアント コンピューター上のオペレーティング システムの時刻が正しい時刻には設定されていません。
  3. クライアント コンピューター上のオペレーティング システム タイム ゾーン正しいタイム ゾーンには設定されていません。
  4. Microsoft Dynamics CRM の web サイトでは、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 上で複数の HTTP バインドされます。

解決方法

1、2、および 3 の原因

  1. CRM の構成ウィザードを終了します。
  2. オペレーティング システムの日付と時刻を変更します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    方法 1: オペレーティング システムの時刻を手動で変更します。


    メモ
    、次の手順は Windows 7 または Windows サーバー 2008年オペレーティング ・ システム用です。日付を変更し、Windows XP での時間を手動でするには、Windows XP のヘルプ マニュアルを参照してください。
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ コントロール パネル[ [時計、言語、および地域プロパティ 日付と時刻.
    2. で、 日付と時刻 ダイアログ ボックスをクリックして 変更の日付と時刻 日付を変更して、時刻の設定にします。など、2011 年 2 月 1 日などの日付をカレンダーから] をクリックし、時刻を変更します。
    3. クリックしてください。 ].
    4. クリックしてください。 タイム ゾーンの変更、およびタイム ゾーンを選択します。
    5. クリックしてください。 ].

    方法 2: をインターネット時刻サーバーと同期するのには、オペレーティング システムの時刻を構成します。
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ コントロール パネル[ [時計、言語、および地域プロパティ 日付と時刻.
    2. で、 日付と時刻 ダイアログ ボックスをクリックして、 インターネット時刻 タブをクリックし. 設定を変更します。.
    3. オンにし、 インターネット時刻サーバーと同期します。 タイム サーバーを選択して、クリックして] チェック ボックス [今すぐ更新します。プロパティ ].

    方法 3: コンピューター、ドメインのメンバーである場合は、ドメインと時間を同期するのにコマンドを使用します。
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ すべてのプログラム[ アクセサリを右クリックして コマンド プロンプトプロパティ 管理者としての実行します。.
    2. コマンド プロンプトで、次のテキストを入力し、Enter キーを押します。
      net の時間 [{\\コンピューター名 |/domain [します。ドメイン名] |/rtsdomain [します。ドメイン名}] [/set]
      わからない場合は、 コンピューター名 または、 ドメイン名、次の単純なコマンドを実行してください。
      時刻に合わせること
      次に、入力します。 Y変更を完了するのには:

      元に戻す画像を拡大する
      2555885

    Net timeコマンドの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
方法 4: NTP クライアント コンピューターを使用して、NTP サーバーと同期する場合は、ネットワーク タイム プロトコル (NTP) クライアントの同期を強制します。

原因 4


Microsoft Dynamics CRM 2011 web サーバーで、IIS マネージャーを開き、CRM web サイトには、1 つの http バインドまたは https バインドの 1 つ、あるいはその両方を制限します。以下が手順例となります:
  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない、およびタイプ inetmgr 続いて と入力して ボックス。
  2. 展開 サイト、および、Microsoft Dynamics CRM の web サイト] をクリックします。
  3. で、 [操作] ウィンドウ[ バインド.
  4. で、 サイト バインディング ウィンドウ、入力、1 つの http バインドのみが作成または https バインドを 1 つだけの種類、またはその両方。複数の http バインドまたは複数の https バインドがある場合は、複数のバインドを削除してください。

ままにする必要がありますバインド、展開マネージャーで定義されているバインディングです。展開マネージャーの適切な Url をファイルを開くを確認するには、右クリックします。Microsoft Dynamics CRMを選択 をクリックします。、し、 Web アドレス タブします。

インターネットが直面している展開 (IFD) を使用すると、IFD 設定と一致する証明書を保持する必要があります。

詳細

Outlook 構成のトレース (エラーを) は 1、2、および 3 の原因
[0] に再スローする例外。
System.Runtime.Remoting.Proxies.RealProxy.HandleReturnMessage (IMessage reqMsg、IMessage retMsg) で
System.Runtime.Remoting.Proxies.RealProxy.PrivateInvoke (MessageData & msgData、Int32 型)
Microsoft.Xrm.Sdk.Discovery.IDiscoveryService.Execute (DiscoveryRequest 要求) に
Microsoft.Xrm.Sdk.Client.DiscoveryServiceProxy.Execute (DiscoveryRequest 要求) に
Microsoft.Crm.Application.Outlook.Config.DeploymentsInfo.DeploymentInfo.LoadOrganizations (AuthUIMode uiMode) で
Microsoft.Crm.Application.Outlook.Config.DeploymentsInfo.LoadOrganizations (AuthUIMode uiMode) で
02:45:29|エラー |URL への接続エラー: https://dev.crm5.dynamics.com/XRMServices/2011/Discovery.svc

例外: System.ServiceModel.Security.MessageSecurityException:がセキュリティ保護されていないまたは誤って保護フォールトを相手側から受信しました。内部の FaultException をエラー コードと詳細を参照してください。System.ServiceModel.FaultException--->:メッセージのセキュリティを検証するときにエラーが発生します
認めています。 内部例外のスタック トレースの終わりを


原因 4 の Microsoft CRM のサーバー プラットフォーム トレース (エラーを)
エラー: サービス ' と XRMServices/2011/Discovery.svc' のコンパイル中に例外がアクティブにできません。例外メッセージ:このコレクション既に配色 http でアドレスが含まれています。できる多くて 1 アドレス スキームでは、このコレクションは。サービスを IIS でホストされている場合は、'system.serviceModel/serviceHostingEnvironment/multipleSiteBindingsEnabled' を true に設定、または 'system.serviceModel/serviceHostingEnvironment/baseAddressPrefixFilters' を指定することによって問題を解決します。
パラメーター名: 項目。

プロパティ

文書番号: 2502671 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 6.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 2011
  • Microsoft Dynamics CRM for Microsoft Office Outlook with Offline Access
キーワード:?
kbmbsmigrate kbsurveynew kbcip kbmt KB2502671 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2502671
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com