Lync Server 2010 の Install-CsDatabase コマンドが "データベースを作成できませんでした" エラーを返す

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2502792 - 対象製品
中小企業のお客様は、中小企業向けサポートサイトで問題解決コンテンツや学習リソースもご利用ください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Lync Sever 2010 トポロジ ビルダーの発行トポロジ... データベースのインストール... または Install-CsDatabase -ConfigureDatabases PowerShell コマンドレットを使用して Lync Sever 2010 Enterprise Edition (EE) 中央管理ストアまたはバックエンド データベースを作成すると、次のようなエラー情報が次の場所に記録されます。

<ローカル ドライブ>:\Users\Administrator.contoso\AppData\Local\Temp\2\Create-ApplicationStore-server01.contoso.com-yyyy_mm_dd][hh_mm_ss].log - ログ ファイル

Running script: C:\Windows\system32\cscript.exe //Nologo "C:\Program Files\Common Files\Microsoft Lync Server 2010\DbSetup\RgsConfigDbSetup.wsf" /sqlserver:server01.contoso.com /serveracct:CONTOSO\RTCComponentUniversalServices
/adminacct:CONTOSO\RTCUniversalServerAdmins /roacct:CONTOSO\RTCUniversalReadOnlyAdmins /dbpath:"C:\CsData
\ApplicationStore\(default)\dbpath" /logpath:"C:\CsData\ApplicationStore\(default)\logpath" /verbose

---------------

Installed SQL Server 2005 Backward Compatibility version is 8.05.2312
Connecting to SQL Server on server01.contoso.com
SqlMajorVersion :10
SqlMinorVersion :0
SqlBuildNo :4000
SQL version is acceptable:10.0.4000.0
Database doesn't exist.
(Database rgsconfig doesn't exist.)
Creating database rgsconfig
??? DbFile :PhysicalName = c:\csdata\applicationstore\(default)\dbpath\rgsconfig.mdf
??? LogFile:PhysicalName = c:\csdata\applicationstore\(default)\logpath\rgsconfig.ldf
Failed to create database rgsconfig
Error (name:??????? Error description:?number:????? -2147219701 ?message:???? )
---------------
Exit code:ERROR_CREATE_DB (-4)
---------------

原因

Lync Server 2010 EE SQL Server ファイル ストアとして指定されている SQL Server インスタンスが既定以外の model データベース初期サイズと自動拡張の構成を使用しています。

注: SQL Server model データベースは、SQL Server システム データベースです。このデータベースは、SQL Server データベースのサイズ構成を定義するためのメソッドを SQL Server インスタンスに提供することを目的としています。SQL Server のインストール中に、model データベースは、既定の最小ファイル サイズと制限のない拡張の最小増分値を使用してインストールされます。SQL Server インスタンス データベース管理者は、データベース作成の特定の要件に合わせて、model データベースのファイル サイズと拡張のプロパティを更新することができます。

SQL Server インスタンスの model データベースが、いずれかの Lync Sever 2010 バックエンド データベースの既定のサイズより大きい新しい SQL Server データベースを作成するように構成されている場合、Install-CsDatabase -ConfigreDatabases PowerShell コマンドレットが失敗し、この資料の「現象」に記載されているようなエラーがログに記録されます。

次に、Install-CsDatabase -ConfiguredDatabases Lync server 2010 PowerShell コマンドレットを使用して作成した場合の Lync Sever 2010 EE バックエンド データベースの既定のサイズ (MB) の一覧を示します。

注: mdf ファイル拡張子はデータベース データ ファイルを表し、ldf ファイル拡張子はデータベース トランザクション ログ ファイルを表します。

rtc.mdf - size = 256 filegrowth = 256
rtc.ldf - size = 128 filegrowth = 128

rtcdyn.mdf - size = 256 filegrowth = 256
rtcdyn.ldf - size = 256 filegrowth = 256

rtcab.mdf - size = 128 filegrowth = 128
rtcab.ldf - size = 128 filegrowth = 128

rtcab1.mdf - size = 128 filegrowth = 128
rtcab1.ldf - size = 128 filegrowth = 128

rgsdyn.mdf - size = 32 filegrowth = 32
rgsdyn.mdf - size = 32 filegrowth = 16

cpsdyn.mdf - size = 32 filegrowth = 32
cpsdyn.ldf - size = 32 filegrowth = 16

rgsconfig.mdf - size = 32 filegrowth = 32
rgsconfig.ldf - size = 32 filegrowth = 16

xds.mdf - size = 8 filegrowth = 8
xds.ldf - size = 8 filegrowth = 8

注: この資料の「現象」に記載されている問題は、Lync 2010 Server データベースの累積的な更新プログラムの適用中にも発生する可能性があります。


解決方法

sysadmin SQL Server ロールのメンバーになっている SQL Server 管理者が次の手順を実行する必要があります。

  1. Microsoft SQL Server Management Studio コンソールを開き、Lync Server 2010 EE SQL Server ファイル ストアとして設計されている SQL Server インスタンスに接続します。
  2. オブジェクト ビューアー ウィンドウを使用して、[システム データベース] ノードを展開します。
  3. model データベースを見つけて右クリックし、プロパティ ダイアログを表示します。
  4. [グループの選択] ウィンドウを使用して、[ファイル] オプションを選択します。
  5. 論理名オブジェクト modeldev の [初期サイズ] の設定がデータベース データ ファイル サイズの値より大きいかどうか、または modeldev の [自動拡張] の設定が、この記事の「原因」に記載されているデータベース データの filegrowth 値より大きいかどうかを確認します。
  6. 論理名オブジェクト modeldev の [初期サイズ] の設定がデータベース トランザクション ログ ファイル サイズの値より大きいかどうか、または modeldev の [自動拡張] の設定が、この記事の「原因」に記載されているデータベース トランザクション ログの filegrowth 値より大きいかどうかを確認します。

    上記の手順 5. または 6. の結果で、SQL Server インスタンスの model データベースが、この資料の「原因」に記載されている Lync Sever 2010 Enterprise Edition (EE) バックエンド データベースの既定の size および filegrowth の値より大きいデータベースを作成していることがわかった場合は、この資料の残りの手順を実行します。
  7. [キャンセル] ボタンをクリックして、[データベースのプロパティ - モデル] ダイアログを閉じます。
  8. Microsoft SQL Server Management Studio コンソールのオブジェクト ビューアー ウィンドウを使用して、[システム データベース] ノードを展開します。
  9. model データベースを右クリックし、ポップアップ メニューから [タスク、縮小およびデータベース] を選択します。
  10. [データベースの縮小 - モデル] ダイアログの [OK] ボタンをクリックして、操作を完了します。
  11. オブジェクト ビューアー ウィンドウで model データベースを右クリックし、プロパティ ダイアログを表示します。
  12. [グループの選択] ウィンドウを使用して、[ファイル] オプションを選択します。
  13. modeldev および modellog 論理名オブジェクトの初期サイズが、この資料の「原因」に記載されているデータベース データ ファイルおよびデータベース トランザクション ログ ファイルのサイズよりも小さくなっていることを確認します。
  14. 場合によっては、SQL Server インスタンスの modeldev および modellog データベース ファイルの [自動拡張] の値を既定値にリセットする必要があります。
  15. modellog 論理名オブジェクトの [自動拡張] の省略記号 (...) ボタンをクリックし、[自動拡張を有効にする] チェック ボックスをオンにします。[パーセント単位] オプションを選択し、[パーセント単位] の値を 10 に設定します。
  16. [データベースのプロパティ - モデル] ダイアログの [OK] ボタンをクリックします。
必要な場合は、Lync Sever 2010 EE バックエンド データベースのインストールが完了したときに、SQL Server インスタンスの model データベースの初期サイズおよび自動拡張の構成を既定以外の値に戻すことができます。

詳細

model データベース
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ms186388.aspx
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2502792 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Lync Server 2010 Enterprise Edition
キーワード:?
kbsurveynew kbsmbportal KB2502792
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com