クラスターに対応していないウイルス対策ソフトウェアによりクラスター サービスの問題可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 250355
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP250355
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

クラスターに対応していないウイルス対策ソフトウェアはクラスター サービスを実行しているサーバーで予期しない問題があります。たとえば、別のノードにグループを移動しようとするとリソースの障害や問題をことがあります。

詳細

警告 この回避策をコンピューターまたはネットワークの脆弱性によって、悪意のあるユーザーまたはウイルスなどの悪質なソフトウェアによる攻撃をしないことです。この回避策はお勧めしませんが、独自の判断でこの回避策を実装できるようにこの情報が提供されます。この回避策は、自己責任で使用します。

メモ ウイルス対策ソフトウェアのウイルスからコンピューターを保護することができます。ダウンロードしたり、信頼されていないソースの訪問 Web サイトの信頼、またはを行わないウイルス対策ソフトウェアを無効にすると、電子メールの添付ファイルを開くことからファイルを開きます。

コンピューター ウイルスの詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
129972コンピューター ウイルス: 説明、予防、および回復
ほとんどのウイルス対策ソフトウェアは、ウイルスをスキャンするサービスと共に動作するフィルター ドライバー (デバイス ドライバー) を使用します。これらのフィルター ドライバーはファイル システム レコグナイザーに常駐し、ローカル ハード ディスクに閉じ、ファイルをスキャンします。ウイルス対策ソフトウェアは、共有ディスク モデルを理解しないとフェイル オーバーを正しく許可しません。

フェールオーバー問題または一般的な問題は、クラスター サービスのトラブルシューティングを行っているし、ウイルス対策ソフトウェアがインストールされている場合は、一時的ウイルス対策ソフトウェアをアンインストールまたはウイルス対策ソフトウェアがクラスター サービスとともに動作するかどうかを判断するのには、ソフトウェアの製造元に確認します。だけで、ウイルス対策ソフトウェアを無効にするとほとんどの場合に不十分です。ウイルス対策ソフトウェアを無効にした場合でも、コンピューターを再起動すると、フィルター ドライバーが読み込まれます。

完全にウイルス対策ソフトウェアを無効にする方法の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
240309ファイル フィルタ リングからのウイルス対策ソフトウェアを完全に無効にする方法
共有ディスクを監視していない場合でも、フィルター ドライバーが読み込まれているし、クラスターの操作に影響を与える可能性があります。

SQL Server のクラスターでは、ウイルス対策ソフトウェアを実行できます。ただし、ウイルス対策ソフトウェアがクラスター対応であることを確認してください。クラスターを認識するバージョンと相互運用性に関するウイルス対策ソフトウェアのベンダーに問い合わせてください。

さらに、クラスター サービスを実行しているサーバー上のウイルスから、次のファイル システムの場所を除外してください。
  • クォーラム ハード_ディスク上の \mscs フォルダーのパスを指定します。たとえば、Q:\mscs フォルダーからのウイルスのスキャンを除外します。
  • %Systemroot%\Cluster フォルダーです。
  • クラスター サービス アカウントの一時フォルダー。たとえば、除外は。clusterserviceaccount\Local Settings\Temp フォルダーからウイルスをスキャンします。

関連情報

SQL Server を実行しているサーバー上でウイルス対策ソフトウェアを実行する方法の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
309422SQL Server を実行しているコンピューター上で実行するウイルス対策ソフトウェアを選択するためのガイドライン

プロパティ

文書番号: 250355 - 最終更新日: 2011年12月15日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbinfo kb3rdparty kbclustering w2000mscs kbmt KB250355 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:250355
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com