アプリケーション互換性ツールの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 251062
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

アプリケーション互換性ツール (Apcompat.exe) は、ツールです。準拠の Windows のチェックを実行するプログラムを誘導しよう2000 以前のオペレーティング システムでは、実際に実行しています。

詳細

Apcompat.exe パスが、別のバージョン番号のバックアップには、プログラムのプログラムは、現在のオペレーティング システムのバージョンのクエリを実行するとします。これツールは一般的なプログラムでは、役立つことがありますが、プログラムが機能しなくなることオペレーティング システムに固有です。

あります、一般的なエラー メッセージ月が表示されますがあります。
このプログラムを Windows 95 が必要です。実行します。
- または -
このアプリケーションは Windows NT が必要です。Service Pack 3 以降では。
Apcompat.exe しないヘルプを表示できません、次の問題:
  • プログラムは、Microsoft Windows 98 用に書かれました。Microsoft Windows 95、または Microsoft Windows 3.x でハードウェアにアクセスしようとしています。直接。
  • Windows 95 または Windows 98 ベース プログラムします。仮想デバイス ドライバー (Vxd) で Windows 2000 を実行します。
Apcompat.exe 次の問題が容易になります。
  • マイクロソフトの Windows NT で作成されたプログラムと特定のサービス パックが必要です。
  • 書き込まれている windows 95 ベースまたは Windows 98 ベースのゲーム実行のみする DirectX のための Windows 95/Windows 98 が発行されます。(Windows2000 には、DirectX 7.0 が含まれています。Windows NT 4.0 DirectX 3.0 が含まれます。)
メモ。 Apcompat.exe 単に、別のオペレーティング システムのバージョンを報告します。インストールするプログラムの番号です。プログラムを変更しないようにWindows 2000 でを実行できます。実行中のプログラムに関する問題がある場合Windows 2000 では、かどうか、プログラムの製造元にお問い合わせください。これらは、Windows 2000 と互換性のあるバージョンがあります。

Apcompat.exe ツールです。サポート フォルダーに Windows 2000 CD-ROM を使用しますメモは、。 ヘルプ Windows 2000 のサポートをインストールしない限り、ボタンが動作しません。ツールです。完全なドキュメントは、Windows 2000 のサポートをインストールすることによって利用できます。Msi Windows 2000 cd-rom にあるツールです。 このテクノロジを使用する方法の詳細についてWindows 2000 Service Pack 2 では、資料を表示するのには、次の文書番号をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術。
279792 Windows 2000 Service pack 2 アプリケーション互換性モードの機能を有効にする方法

サポート ツールのドキュメント

Apcompat.exe に関する次の情報をコピーしてから、ツールのドキュメントをサポートしてください。

アプリケーションの互換性プログラム (Apcompat.exe)

このプログラムの最も一般的な原因を解決するために設計されていますWindows 2000 でアプリケーションに互換性がないです。このツールを使用してできます、Windows のインターフェイスでは、アプリケーションの互換性プログラムを実行します。このプログラムは、コマンド ライン ツールとして実行します。

アプリケーションを使用するにはプログラムの互換性
  1. クリックしてください。 参照 実行可能ファイル (.exe) ファイルを使用プログラムを指定します。実行するには。
  2. アプリケーションの互換性の設定を指定し、次に [ok] をクリックします。

オペレーティング システム バージョンを確認します。

インストールまたは実行中に、いくつかのプログラムが動作を確認します。システムのバージョンを実行しています。場合は、プログラムだけを実行するように設計されています特定のオペレーティング システム、および Windows 2000 ではありません 1 つ、インストールまたはプログラムの実行をできませんでした。

場合が発生します。このような問題はインストールまたはアプリケーションから、プログラムを実行してみてください。プログラムの互換性です。オペレーティング システムでは、オペレーティング システムを指定します。これまでプログラムを実行しました。

プログラムを確認すると、オペレーティング システムのバージョンは、指定したオペレーティング システムです。返されました。正常にプログラムをインストールする場合、ことを確認、プログラムも正常に実行されます。

元のエラーが再度発生した場合は、プログラムがあります。互換性のない Windows 2000 上では実行できません。製造元またはベンダーを連絡先します。プログラムおよびアップグレード版について照会します。

メモリ管理の競合

いくつかのプログラム メモリを使用して Windows に競合する方法で2000 の改良されたメモリ管理場合は、プログラムの実行中にエラーが発生します。以前のオペレーティング システムでは発生しなかった Windows 2000 を実行してくださいヒープ マネージャーで予約されているメモリの一部を無効にすると、プログラムです。

選択、 Windows のヒープ マネージャーを無効にします。2000 チェック ボックスします。無効に、ヒープ マネージャーが実行されているプログラムことができます。Windows 2000 メモリ管理もメモリを使用以下での競合を避けるため効率的にします。

一時フォルダーのパスに互換性がないです。

いくつかのプログラムを限られた数を格納する文字列を割り当てるパスと、Temp フォルダーの名前。文字数を使用する場合Temp を特定のフォルダーに Windows 2000 がで許容されている長さよりも大きい選択したプログラム、 Windows 2000 以前の一時パスを使用します。 チェックWindows 2000 Temp フォルダーを指定するのには、[ボックス] をクリックします。

指定したプログラム\Temp の Temp フォルダーを使用します。このフォルダーが存在しない場合は、作成します。

ディスク領域の検出を修正します。

一部のアプリケーションが Windows 2000 を別のデータ型を使用します。利用できるディスクの空き領域の量は、コンピューターに保存します。これが発生することができます。アプリケーションの実行に十分なディスク領域がない決定か操作を実行します。

このような不一致のディスク容量を解決するのには検出を選択、 ディスク領域の検出には 2 の修正-GB 以上ドライブ チェック ボックスします。

ストア アプリケーション互換性設定

いずれかを使用して互換性の問題を解決する場合は、アプリケーションの互換性オプションを永続的なこれらの設定を変更できます。アプリケーションを使用せず指定したアプリケーションを実行することができますし、プログラムの互換性です。

アプリケーションの互換性の設定を保存するのには指定したアプリケーションを選択します。 上記のチェック ボックスの設定を確認します。永続的です.レジストリに設定を保存します。

製品の互換性

については下の Windows を実行する書き込みプログラム2000、Microsoft Windows 2000 の開発センターを参照してください。
http://msdn.microsoft.com

プロパティ

文書番号: 251062 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB251062 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:251062
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com