Windows 2000 の WINS レジストリ パラメータ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 251067 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、レジストリ エディタ (Regedt32.exe または Regedit.exe) を使用して変更可能な Windows 2000 Server の Windows インターネット ネーム サービス (WINS) のパラメータについて説明します。一部のパラメータは、Microsoft 管理コンソール (MMC) を使用して構成できます。

詳細

WINS サービスのレジストリ パラメータは次のキーの下に指定されています。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Parameters
このキーには、WINS サーバーの構成に必要な、複製に関連しないパラメータがすべて含まれています。また、\Datafiles サブキーには、WINS サーバーがローカル データベースの初期化および再初期化に使用するすべてのファイルが含まれています。

BackupDirPath

データの種類 : REG_SZ
範囲 : パス名
デフォルト値 : %SystemRoot%\system32\wins\backup

説明 : バックアップ フォルダのパスを指定します。

BurstHandling

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : このキーでは、WINS サーバーがキュー内のクライアントに正常応答を送信するのにバースト処理を使用するかどうかを指定します。このエントリの値が 0 の場合、WINS サーバーでバースト処理がサポートされません。このエントリの値が 1 の場合は、WINS サーバーでバースト処理がサポートされます。

BurstQueSize

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 有効な値は 50 から 5000
デフォルト値 : 500

説明 : WINS サーバーによってバースト処理が有効にされる前に、サーバーの入力キューに格納される名前登録および書き換えクエリの最大数を設定します。この値は、バースト処理が無効な場合は使用されません。

ChlMaxNoOfRetries

データの種類 : REG_DWORD
デフォルト値 : 3

説明 : このパラメータは、WINS サーバーによって行われる名前チャレンジ クエリの再試行回数を指定します。

DbFileNm

データの種類 : REG_EXPAND_SZ
範囲 : パス名
デフォルト値 : %SystemRoot%\system32\wins\wins.mdb

説明 : WINS データベース ファイルの完全なパス名を指定します。このエントリは、WINS コンソールを使用してデータベースのバックアップ パスを確立した場合にのみ表示されます。

DoBackupOnTerm

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : WINS サービスを停止する際に、自動的にデータベースのバックアップを行うかどうかを指定します。

DoStaticDataInit

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0 (偽。これは、WINS サーバーがデータベースを初期化しないことを意味します。)

説明 : このパラメータが 0 でない場合、WINS サーバーは \Datafiles レジストリ キーの下のファイル内で指定されたレコードで、データベースを初期化します。初期化は、プロセスの起動時、および \Parameters または \Datafiles レジストリ キーの値に変更を加えた際 (DoStaticDataInit 値を 0 に設定した場合以外) に行われます。

InitChlRetryInterval

データの種類 : REG_DWORD
デフォルト値 : 500 (ミリ秒)

説明 : このパラメータでは、名前チャレンジ クエリの初期再試行間隔を設定します。間隔は、再試行を行うごとに 2 倍になります。たとえば、ChlmaxNoOfRetries 値を 4 に設定し、InitChlRetryInterval 値を 1000 に設定した場合、最初の再試行は 1000 ミリ秒後になり、続く再試行は 2000 ミリ秒後、4000 ミリ秒後、8000 ミリ秒後となります。

InitTimePause

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : 最初の複製まで一時停止状態を保持するよう WINS に指示するには 1 を設定します。値を 1 に設定する場合、WINS\Partners\Pull\InitTimeReplication 値を 1 にするか削除することをお勧めします。いずれの場合も、WINS の起動時には、指定されたパートナーと WINS との間で複製が行われます。一時停止状態とは、上記の複製まで、どのような名前の登録または解放も WINS で許可されないことを意味します。

LogDetailedEvents

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : ログ出力イベントを詳細モードにするかどうかを指定します。

LoggingOn

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 1

説明 : Jet.log ファイルへのデータベース変更のログ出力を有効にするかどうかを指定します。

LogFilePath

データの種類 : REG_SZ or REG_EXPAND_SZ
範囲 : ディレクトリ
デフォルト値 : %SystemRoot%\System32\WINS

説明 : WINS ログ ファイルのディレクトリを指定します。

MigrateOn

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : データベース中の一意の静的レコードおよびマルチホーム レコードを、新しい登録または複製と競合した際に、動的レコードとして扱うかどうかを指定します。

MaxRecsAtATime

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 1000 からレコードの合計数 (10 進数)
デフォルト値 : 30000 (10 進数)

説明 : 1 回の整合性チェック サイクルで複製するレコードの最大数を指定します。WINS は、各所有者 WINS サーバー (レコードの複製元の WINS サーバー) のレコードで整合性チェックを行います。所有者 WINS サーバーのチェック後、ローカル WINS サーバーは次の所有者サーバーに続けるか、または停止します。これは、MaxRecsAtATime 値で設定します。

McastIntvl

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 設定可能な最小値は 2400 秒 (40 分)
デフォルト値 : 2400 (秒)

説明 : このパラメータでは、WINS サーバーがその存在を他の WINS サーバーにアナウンスするために送信するマルチキャスト アナウンスの時間間隔 (秒単位) を指定します。

McastTtl

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 1 - 0x22
デフォルト : 6

説明 : このパラメータでは、WINS マルチキャスト アナウンスが通過できるルーターの数を指定します。

NoOfWrkThds

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 1 - 0x28
デフォルト値 : システム上のプロセッサ数

説明 : (クライアントからの名前クエリ パケットを処理する) ワーカー スレッドの数を指定します。これは、WINS コンピュータを再起動せずに変更できます。

PortNo

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 1 - 5000 (10 進数)
デフォルト値 : サービス ファイル中で指定された "nameserver" ポート。通常は 42。

説明 : デフォルトでは、WINS では複製および他の WINS データベースの検索に 'nameserver' ポート (サービス ファイル中で指定) が使用されます。このポートが、コンピュータ上で動作している他のプロセスまたはサービスによって使用されている場合、WINS 用に他のポートを指定する必要があります。指定するには、PortNo 値を別の値に設定します。この方法でポート番号を変更すると、他の WINS サーバーにも同じポート番号を指定しない限り、その WINS が他の WINS サーバーの複製および検索を実行できなくなる点に注意してください。

PriorityClassHigh

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : WINS の優先度クラスを指定します。1 に設定すると高優先度クラスになります。この値は、WINS コンピュータを再起動せずに変更できます。

Randomize1cList

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0x1

説明 : このキーでは、WINS サーバーが、連続した domainname<1C> 名クエリ応答の IP アドレスの順番を変更するかどうかを設定します。特定の状況では、この変更により、ドメイン内のログオン サーバーとして動作中のドメイン コントローラ間の負荷分散のパフォーマンスが向上します。値 0 は、1C List Randomization が無効であることを意味します。この場合、WINS サーバーは WINS domainname<1C> 名クエリ応答中の IP アドレス一覧を、名前クエリが作成されるたびに毎回同じ順序で返します。値 1 は、1C List Randomization が有効であることを意味します。この場合、WINS サーバーは WINS domainname<1C> 名クエリ応答中の IP アドレスの一覧を、クエリが作成されるたびにランダムな量だけ回転させます。

RefreshInterval

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0x960 - 0x01e284c4。最大設定値は 365 日 23 時間 59 分です。
デフォルト値 : 0x0007e900 (144 時間、つまり 6 日)

説明 : クライアントが、その名前を登録する頻度を指定します。これは、書き換え間隔として WINS マネージャ経由で構成できます。

TombStoneInterval

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0x960 - 0x01e284c4。最大設定値は 365 日 23 時間 59 分です。
デフォルト値 : 0x54600 (96 時間、つまり 4 日)

説明 : エントリが、解放とマークされてから廃棄とマークされるまでの時間間隔を指定します。WINS マネージャ経由で構成する廃棄間隔と同じです。書き換え間隔の最小値の少なくとも 2 倍にする必要があります。

TombStoneTimeOut

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0x960 - 0x01e284c4。最大設定値は 365 日 23 時間 59 分です。
デフォルト値 : 0x0007e900 (144 時間)

説明 : エントリが廃棄とマークされてから、データベースから最終的に削除されるまでの時間間隔を指定します。WINS マネージャ経由で構成する廃棄タイムアウトと同じです。デフォルト値は、書き換え間隔または 24 時間のうち、大きい方の値です。 書き換え間隔 (RefreshInterval) の値以上にする必要があります。

UseSelfFndPnrs

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : パラメータを 1 に設定し、ネットワーク ルーターがマルチキャストをサポートしている場合、WINS サーバーはネットワーク上の他の WINS サーバーを自動的に検索し、それらをプッシュおよびプル パートナーとして構成します。パラメータを 1 に設定し、ネットワーク ルーターがマルチキャストをサポートしていない場合、WINS サーバーは自身のサブネットワーク上の WINS サーバーのみを検索します。

VerifyInterval

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0x1FA400 - 0x7fffffff
デフォルト値 : 0x1FA400 (576 時間)

説明 : WINS サーバーで所有していない古い名前が依然としてアクティブになっているかどうか検査する時間間隔を指定します。デフォルトの最低値は、576 時間 (24 日) または TombStoneInterval の 3 倍の大きい方の値です。

VersCounterStartVal_LowWord

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 - 0x7fffffff
デフォルト値 : 0
説明 : データベースの最新バージョン ID 番号の下位の DWORD 値を指定します。

VersCounterStartVal_HighWord

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 - 0x7fffffff
デフォルト値 : 0

説明 : データベースの最新バージョン ID 番号の上位の DWORD 値を指定します。

次のレジストリ キーは、定期的な整合性チェックを実行するためにレジストリに追加できる、オプションのサブキーです。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins \Parameters\ConsistencyCheck
このサブキーの下のパラメータは、以下のとおりです。

MaxRecsAtATime

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 1000 からレコードの合計数 (10 進数)
デフォルト値 : 30000

説明 : 1 回の整合性チェック サイクルで複製するレコードの最大数を指定します。WINS は、各所有者 WINS サーバー (レコードの複製元の WINS サーバー) のレコードで整合性チェックを行います。所有者 WINS サーバーのチェック後、ローカル WINS サーバーは次の所有者サーバーに続けるか、またはレコードのチェックを停止します。

SpTime

データの種類 : REG_SZ
デフォルト値 : 2:00:00 (午前 2 時)

説明 : 最初に WINS サーバーがデータベースの整合性チェックを行う特定の時刻を指定します。時刻は、hh:mm:ss 形式で指定します。その後、TimeInterval パラメータで指定した時間間隔を使用して、WINS データベースの整合性が定期的にチェックされます。

TimeInterval

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 21600 (6 時間) - 秒で入力 (10 進数)
デフォルト値 : 86400 (24 時間) - 秒で入力 (10 進数)

説明 : WINS サーバー データベースの整合性チェックの時間間隔を指定します。

UseRplPnrs

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 0 でない値
デフォルト値 : 0

説明 : 0 に設定した場合、WINS は所有者 WINS サーバーに接続します。0 以外の値に設定した場合、WINS はプル パートナーにのみ接続して、整合性チェックを実行します。0 以外の値に設定すると、WINS はプル パートナーの一覧から WINS をランダムに選択します。ただし、所有者 WINS もプル パートナーになる場合は別です。その場合、所有者 WINS に接続します。

以下のレジストリ キーには、ローカル データベースを静的レコードで初期化または再初期化するために、WINS サーバーによって読み込まれる 1 つ以上のファイルが指定されています。ファイルの完全なパスが指定されていない場合、WINS サーバーの実行ディレクトリにデータ ファイルが存在すると想定されます。このパラメータには、任意の名前を指定できます (たとえば、DF1 または DF2 など)。データの種類は、REG_SZ または REG_EXPAND_SZ にする必要があります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins \Parameters\Datafiles

WINS 複製パラメータ

WINS サーバーのプッシュおよびプル パートナーの IP アドレスは、以下の 2 つのレジストリ キーに含まれています。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Partners\Pull
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Partners\Push
以下のパラメータが、このサブキーに指定されています。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Partners

PersonaNonGrata

データの種類 : REG_MULTI_SZ
範囲 : IP アドレス
デフォルト値 : 空白

説明 : 複製中にローカル データベースから除外するレコードを持つ Microsoft WINS サーバーの IP アドレスを指定します。このエントリを使用することにより、ネットワーク上の WINS サーバーのデータベースにある不適切なレコードが、WINS サーバーに複製されないようになります。

ReplicationType

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : このパラメータを使用して、ドメイン、インターネット、およびマルチホーム グループのみを複製パートナーに複製するように WINS サーバーを構成できます。デフォルトでは、WINS はすべてのレコードを複製します。このパラメータを 1 に設定すると、WINS はローカル ドメインの外部では必要のない情報 (一意の名前) の複製を削除し、一方では特別なグループ情報を複製します。

このパラメータは、それぞれプルまたプッシュ パートナーに適用する ..\Wins\Partners\Pull または ..\Wins\Partners\Push の下に追加することも可能です。このパラメータが 1 つ以上の場所で指定されている場合、キー階層の下位のパラメータが上位のパラメータよりも優先されます。
以下のパラメータは、次のレジストリ キーの下にあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Partners\Push

InitTimeReplication

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : システムの初期化時に、この WINS サーバーがデータベースの状態をプル パートナーに通知するかどうかを指定します。

PropNetUpdNtf

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 1

説明 : WINS サーバーが、プッシュ パートナーから受信したプッシュ通知をプル パートナーへ伝達するかどうかを指定します。値 1 は、プッシュ通知をプル パートナーに通知することを示します。

RplOnAddressChg

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : マッピング レコードでアドレス変更があった場合に、このサーバーがデータベースの状態をプル パートナーに通知するかどうかを指定します。

以下のパラメータは、次のレジストリ キーの下にあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Partners\Push\<IP address>

NetBIOSName

データの種類 : REG_SZ
範囲 : コンピュータ名
デフォルト値 : デフォルト値はなし

説明 : プッシュ パートナーの NetBIOS コンピュータ名を指定します。

OnlyDynRecs

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : 1 に設定すると、動的に登録されたレコードのみが、複製物をプルしている WINS に複製されます。デフォルト値である 0 では、すべてのレコード (動的および静的) が複製されます。

RplOnlyWCnfPnrs

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 1

説明 : "RplOnlyWCnfPnrs" を TRUE に設定している場合、Pull または Push キーの下に指定されているパートナーとのみ複製が実行されます。TRUE に設定していない場合は、複製は指定されていないパートナーとでも、管理操作の結果として、または更新通知受信の結果として初期化できます。

UpdateCount

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0x14 - 0x7fffffff
デフォルト値 : なし

説明 : パートナーに変更を通知する前に、データベース中でローカルに所有しているレコードに対して行う更新の回数を指定します。

以下のパラメータは、次のレジストリ キーの下にあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Partners\Pull

CommRetryCount

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 - 0x7fffffff
デフォルト値 : 3

説明 : 複製物をプルするために、サーバーがパートナーに接続を試みる最大回数を指定します。

InitTimeReplication

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : 0

説明 : WINS サーバーが、パートナーからの新しい WINS データベースのエントリの複製物を、いつプルするかを指定します。値 0 は、TimeInterval で指定した頻度でのみ複製することを示します。値 1 は、システムの初期化時およびパートナーで複製に関連する変更があった場合に、WINS サーバーが、パートナーからの新しい WINS データベースのエントリの複製物をプルすることを示します。

以下のパラメータは、次のレジストリ キーの下にあります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Wins\Partners\Pull\<IP address>

MemberPrecedence

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 または 1
デフォルト値 : なし

説明 : WINS パートナーからプルしたインターネット グループ内のアドレスを、ドメイン グループ内で高優先順位または低優先順位のどちらに割り当てるかを指定します。高優先順位は、WINS パートナーが物理的に近いことを示します。

インターネット グループ内のアドレスは、NetBIOS 名の 16 バイト目の値 0x1C で識別されます。ローカルに登録したアドレスは、常に高優先順位です。この WINS パートナーが地理的に近隣をサービスしている場合、このエントリの値を 1 に設定します。

SpTime

データの種類 : REG_SZ
範囲 : 00:00:00 - 23:59:59
デフォルト値 : (初期化時刻 + TimeInterval の値)

説明 : 複製の開始時刻を指定します。SpTime の設定時刻が当日の現在時刻以降の場合、WINS はその時刻に複製します。その後、TimeInterval で指定した秒数ごとに複製します。SpTime が当日の現在時刻以前の場合、WINS は現在の時間から開始して、TimeInterval で指定した秒数ごとに複製します (InitTimeReplication で 1 を設定した場合)。

TimeInterval

データの種類 : REG_DWORD
範囲 : 0 - 0xFFFFFFFF
デフォルト値 : 0x708 (30 分)

説明 : WINS サーバー データベースを複製する頻度を指定します。このエントリの値が 0x0 の場合、またはこのエントリがレジストリ中に存在しない場合、WINS サーバー データベースは複製されません。

プロパティ

文書番号: 251067 - 最終更新日: 2005年10月19日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbinfo kbenv KB251067
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com