NTFS 圧縮では、Windows のヒント集

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 251186 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、NTFS ファイル システムを使用した Windows のファイルとフォルダーの圧縮パフォーマンスについて説明します。

詳細

NTFS ファイル システムの圧縮ディスク領域を節約することができますが、データを圧縮すると、パフォーマンスに悪影響することができます。NTFS 圧縮、次のパフォーマンスの特性。コピーまたは圧縮は、NTFS を移動するときファイルを別のフォルダーに NTFS ファイル解凍、コピーまたは移動します。ファイルを新しい場所にし、ファイルを recompresses。この現象が発生します。でもときファイル コピーまたは同じコンピューター上のフォルダー間で移動します。NTFS のネットワーク経由でコピーする前に圧縮されているファイルが展開されます。圧縮は、ネットワークの帯域幅を保存しません。

NTFS 圧縮あるプロセッサ集中型で、パフォーマンス コストをサーバーでは、顕著になります頻繁にプロセッサにバインドされています。負荷の高いサーバーでは、多くトラフィックが不適切な候補者のデータ圧縮機能を記述します。ただし、禁止されていますパフォーマンスの大幅な低下を読み取り専用、読み取りが多く、またはサーバーの負荷が低い。

トランザクションを使用するプログラムを実行する場合ログと常に、データベースまたはログへの書き込みは、プログラムの構成圧縮されていない、ボリューム上でファイルを保存します。プログラムを変更した場合圧縮ファイル内のマップされたセクションでは、データはプログラムを生成することができます。マップされるライターよりも高速の「ダーティ」ページを作成できます。プログラムなどMicrosoft メッセージ キュー (MSMQ とも呼ばれます) で NTFS では動作しません。この問題のための圧縮。

ユーザーのホーム フォルダーと移動プロファイルの読み取り書き込み操作、マイクロソフトはユーザーのホーム フォルダーを配置することをお勧めし、ボリューム上の移動プロファイルは、NTFS 圧縮では、親フォルダーやボリュームのルートはありません。個々 のユーザーはそのフォルダーの圧縮を有効に可能性がありますが、圧縮されたファイルとフォルダーの全体数が小さくなります。サーバーではホスト ボリュームの圧縮は、パフォーマンスを慎重に、CPU が実行されている、圧縮と圧縮解除の操作をサポートするために十分な容量があるかどうかを確認するための監視を使用する必要があります。

詳細についてを参照してください、[ファイルとフォルダーの圧縮] と圧縮パフォーマンス」セクションで、Microsoft Windows 2000 リソース キット 』。

プロパティ

文書番号: 251186 - 最終更新日: 2013年4月7日 - リビジョン: 14.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Enterprise N
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Web Server 2008 R2
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Web Server 2008
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Starter Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbproductlink kbenv kbinfo kbmt KB251186 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:251186
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com