Outlook-x none.msp Office Outlook 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2011 年 4 月 26日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2512788
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2011 年 4 月 26 日公開の修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Office Outlook 2007 の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 次のシナリオを検討してください。
    • 会議を送信要求の電子メール メッセージには、Microsoft Office Outlook 2007 で他のユーザー。
    • ユーザーは、会議の新しい日時を提案します。
    • 開き、会議の返信電子メール メッセージです。
    • クリックして、 すべての提案を表示します。 コマンドです。

    このシナリオでは、新しい日時を提案は、会議を開催できる提案の一覧に表示ではありません。会議の提案は、会議を受け入れるときにさらに、要求の時刻が前の時間。


  • は、 : フィールドとは Cc:Outlook 2007 を使用して、.eml ファイルを開くと、それを印刷する場合フィールドは空です。この修正プログラムをユーザーが印刷できる、:フィールドとは Cc:Outlook 2007 を使用して、オンライン モードまたは PIM 専用モードの場合のフィールドです。


  • 次のシナリオを検討してください。
    • Office Outlook 2007 では、会社名を含む連絡先を作成します。
    • 連絡先を切り替えてをクリックして、 すべての連絡先アイテムフォルダー バーでのボタンです。
    • [検索] ボックスに会社名を検索します。
    • 返される連絡先を選択しをクリックして、 同じ会社の新しい連絡先 コマンドで、 アクション メニューです。

    このシナリオでは、Outlook 2007 がクラッシュします。


  • Outlook 2007 がクラッシュするを使用して複数の月を印刷しようとすると、 多数のアイテムが含まれている、予定表に表示します。


  • 特定アドインの統合シナリオでを呼び出すにはactiveexplorer.currentview プロパティは、無意味なデータを返します。

  • 次のシナリオを検討してください。
    • Office Outlook 2007 を実行してはコンピューターがあります。
    • 値を設定、 ObjectModelGuard レジストリの値 1.
    • 値を設定、 AdminSecurityMode レジストリの値 3.
    • Office Outlook 2007 を起動しをクリックして、 セキュリティ センター コマンドです。
    • クリックして、プログラムによるアクセスオプションのセキュリティ センター ウィンドウです。

    このシナリオでは、 ウイルス対策ソフトウェアがないか期限切れ (推奨) と不審な動作に関する警告します。 オプションを選択したのではなく、 常に不審な動作に関する警告します。オプションです。さらに、オプションを変更することはできません。オプションではありません、修正プログラムを適用した後、 プログラムによるアクセス ダイアログ ボックスが選択されているに設定すると、 ObjectModelGuard レジストリの値 1 および AdminSecurityMode レジストリの値 3.オプションを変更することはできません、 プログラムによるアクセス ダイアログ ボックス。したがって、まだ機能が同様に機能します。


  • Office Outlook 2007 でゆっくりとテキストの印刷の複数のページが含まれている電子メール メッセージ。

    メモ
    この問題だけと発生します。適用は、マイクロソフト サポート技術情報 (KB) の記事 973404 に記載されている修正プログラム パッケージ。

  • 繰り返しに使用するアプリケーションを作成するとき、メモリ リークが発生する、 IConverterSession::MIMEToMAPI Office Outlook 2007 での MAPI メッセージに MIME メッセージを変換する方法.

  • 証明書またはレコードを持つ、64 kb より大きいサイズでは、ユーザーのオフライン アドレス帳を検索すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    オフライン アドレスが利用できないため、操作を完了できませんでした。企業のオフライン アドレス帳をダウンロードします。
  • 次のシナリオを検討してください。
    • により、 Exchange キャッシュ モード 電子メール アカウントを設定します。
    • パブリック フォルダーからのアクセスは、 Exchange Server サービス MFCMAPI (Microsoft Foundation クラス MAPI) を使用して入力します。
    • 削除、 PR_DISPLAY_NAME [プロパティ] します。
    • 電子メール アカウントを使用して Outlook 2007 にログオンします。
    • クリックして、 パブリック フォルダー 左側のナビゲーション ウィンドウのフォルダー。

    このシナリオでは、名前で、 パブリック フォルダー 正しくタイトルバーでフォルダーを表示します。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、追加テストを受ける可能性があります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

ダウンロード可能な修正プログラムの場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービスとサポート修正プログラムを入手するにお問い合わせください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するについては、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 のインストールこの修正プログラム パッケージを適用することがあります。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
9495852007 Office の最新の service pack を入手する方法スイート

要件を再起動します。

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを以前にリリースされたに置き換えることはありません。修正プログラムです。

レジストリ情報

この修正プログラムを使用するのにはパッケージは、レジストリを変更する必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには完全、製品を最新のビルドに更新に必要なすべてのファイルが含まれる可能性があります。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を解決するために必要なファイルのみが含まれています。

は、この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、Microsoft Windows インストーラーを使用します。この修正プログラム パッケージをインストールするには、[パッケージ] をクリックします。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC)、次の表に示します。場合、ファイルの情報を表示するには、日付はローカル時刻に変換されます。検索するのにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ日付と時刻項目コントロール パネルのします。

情報をダウンロードします。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Office kb2512788 フルファイル x 86-glb.exe12.0.6557.500011,928,24012-4 月-201118: 57

Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Outlook の x-none.msp該当なし11,534,84812-4 月-201109: 42

Outlook の x-none.msp の情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Cnfnot32.exe12.0.6501.5000140,10411-3 月-200910: 01
Contab32.dll12.0.6514.5000128,36017-8 月-200914: 54
Dlgsetp.dll12.0.6501.500087,39211-3 月-200910: 01
Dumpster.dll12.0.6501.500034,19211-3 月-200910: 01
Emablt32.dll12.0.6518.5000115,57623-9 月-200914: 01
Emsmdb32.dll12.0.6557.50001,514,93611-4 月-201119: 12
Exsec32.dll12.0.6545.5000372,56013-8 月-201015: 08
Impmail.dll12.0.6501.5000138,07211-3 月-200910: 01
Mimedir.dll12.0.6550.5000340,32017-11 月-201020: 59
Mlcfg32.cpl12.0.6501.500082,80811-3 月-200910: 01
Mspst32.dll12.0.6557.50001,065,90411-4 月-201119: 12
Olkfstub.dll12.0.6501.5000253,80811-3 月-200910: 01
Olmapi32.dll12.0.6557.50002,997,12011-4 月-201119: 12
Omsmain.dll12.0.6550.5000661,88817-11 月-201020: 52
Omsxp32.dll12.0.6550.5000194,44817-11 月-201020: 52
Outlctl.dll12.0.6514.5000136,52017-8 月-200914: 54
Outlmime.dll12.0.6556.5000596,88819-3 月-201122: 02
Outlook.exe12.0.6557.500012,992,36811-4 月-201119: 12
Outlph.dll12.0.6524.5000177,04020-11 月-200919: 55
Outlvba.dll12.0.6501.500052,07211-3 月-200910: 01
Outlvbs.dll12.0.6548.500057,20007-10 月-201000: 44
Pstprx32.dll12.0.6548.5000421,73607-10 月-201000: 44
Recall.dll12.0.6501.500038,24811-3 月-200910: 01
Rm.dll12.0.6501.500075,62411-3 月-200910: 01
Rtfhtml.dll12.0.6501.5000407,92012-3 月-200914: 22
Scanost.exe12.0.6501.500054,08811-3 月-200910: 01
Scanpst.exe12.0.6507.500037,26429-月-200917: 27
Scnpst32.dll12.0.6553.5000273,83218-1 月-201110: 32
Scnpst64.dll12.0.6553.5000282,03218-1 月-201110: 32

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語で、クリックして、次の資料番号を表示するのには、資料では、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2512788 - 最終更新日: 2011年4月28日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2512788 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2512788
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com