ACC2000: リンクされた SQL Server テーブルに新しい行がまたはの最後のレコードを重複として表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 251289 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
警告: 基本的なマクロ、コーディング、および相互運用性のスキルが必要です。

この資料は Microsoft Access データベース (.mdb) についてのみ記述したものです。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

リンクされた Microsoft SQL Server テーブルに新しいレコードを追加してから別のレコードに移動すると、次の現象のいずれかされていることがあります。
Tab キーをテーブルに新しいレコードの一部を入力後、次の新しいレコードに移動すると、disappears.When、テーブル内に完了したら、新しいレコードを入力し、既存のレコードに移動するを入力したレコードをテーブルに新しいレコードの一部だけを入力して、既存のレコードに新しいレコードにそのレコードから移動し、disappears.When を入力したレコードが消え、テーブル内の最後のレコードが duplicated.When、フォームにレコードの一部を入力して、レコードのままにし、入力した情報が消えます。
重要 : データは実際には失われません。 レコードをもう一度追加するしないでください。 存在します。 明らかな重複するレコードを削除しないでください。 したレコードしないが重複して表示される元レコードを削除するそれを削除して追加するのです。

原因

SQL Server のテーブルが ID 列、レコードを追加するときに代わりに表示前のレコードの複製が表示されます。 新しいレコードは、レコードセットを更新するまで、正しいデータを表示されません。 この現象は関連して Microsoft Access は、SQL Server データベースを再クエリ方法しています。

解決方法

解決するこの問題には、入手、最新の Jet 4. 0 Service Pack 更新プログラムです。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
239114方法: Microsoft Jet 4. 0 データベース エンジンの最新の Service Pack を取得します。
この問題を回避するには、いずれか、次の 3 つの方法の使用します。

Access プロジェクトを使用します。

Access データベースの代わりに、Access プロジェクトを使用することができます。 Access プロジェクトを使用してが SQL Server データベースに接続するテーブルをリンクする必要はありません。

Access プロジェクトへの Access データベースの変換の追加についてはをクリック資料以下の記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
241743ダウンロード センターで利用可能な ACC2000:"Access 2000 のアップサイジングのツールのホワイト ペーパー
250616[ACC2000] DTS を使用して、SQL Server データベースを Access データベースからデータをエクスポートする方法

Access データベースでフォームを使用します。

表示された場合、フォームでこの現象は、Microsoft Visual Basic を BeforeInsert し、AfterInsert イベントのコードのデータを自動的に再クエリし、新しく追加されたレコードに、フォームを移動を使用します。 サンプル コードは、以下では、自動的に、フォームのレコードを更新するイベントに追加できます。

: このメソッドがわかりますが 2 回、新しいレコードから移動します。 新しいレコードを追加してキーを押す、Tab キーかいずれかのレコード ナビゲーション ボタンを別の新しいレコードを追加または前のレコードに移動キーを押す、する、適切なレコードに移動するレコード ナビゲーション ボタンを 2 回目をクリックする必要があります。 これには影響を与えませんフォームを閉じるします。
Option Compare Database
Option Explicit

Dim mfRequery As Boolean

Private Sub Form_AfterInsert()

    If mfRequery = True Then
        ' If the variable indicates a Requery
        ' is needed, Requery the form.
        Me.Requery
        ' Move back to the record that was just added
        DoCmd.GoToRecord acDataForm, Me.Name, acLast
        mfRequery = False
    End If

End Sub

Private Sub Form_BeforeInsert(Cancel As Integer)

    If Me.NewRecord = True Then
        ' If this is a new record, set a variable
        ' to indicate the need to Requery.
        mfRequery = True
    End If
    
End Sub
				

MDB テーブルの使用

表示された場合、テーブルでこの現象を手動でテーブルを使用または終了し、テーブルを再び開きます。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題。 ? この問題は、最新の Jet 4. 0 Service Pack 修正されました。

詳細

問題の再現手順

  1. サンプル データベース Northwind.mdb を開きます。
  2. 既存の SQL Server データベースには、"受注"テーブルをエクスポートします。 OrdersTest という名前です。
  3. 新しい Access データベースを作成します。
  4. 新しいデータベースで SQL Server にエクスポートした OrdersTest テーブルに新しいリンク テーブルを作成します。
  5. リンクした後にテーブルを開きます。
  6. スクロールの最後に記録します。
  7. 新しいレコード行で、新しいレコードに入力します。
  8. すべてのデータを入力、上方向キーを押して、新しいレコードの出力カーソルを移動します。
  9. 新しいレコードが表示されていませんが、最後のレコードが 2 回表示されますが表示されます。
  10. [ レコード ] の [ Requery のクエリを再実行 ] をクリックします。 重複が削除されてがわかります。

プロパティ

文書番号: 251289 - 最終更新日: 2014年1月23日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbprb kbpending kbmt KB251289 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:251289
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com