文書番号: 2520970 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Safety Scanner の実行後、スキャン中にエラーが見つかったというメッセージが表示されると、より詳しい情報を表示するためこの資料にリダイレクトされます。

注: これらのエラーのいくつかは情報としてのメッセージまたは軽微な問題に対するものであり、これ以上のアクションを必要とするものではありません。厳密には、ログで警告としてマーク付けされている失敗は、エラーとしてマーク付けされている失敗より深刻度は低くなっています。

解決方法

特定のエラーのトラブルシュート方法

エラー メッセージが表示された理由を判断するには、これらの手順を実行します。
  1. 開始をクリックし、[実行] をクリックします。
  2. 次のコマンドを入力します: %systemroot%\debug[Ok]をクリックします。
    1. 注: % システム ルート % は、パスとフォルダー名は Windows システム ファイルが存在します。通常、これは C:\Windows、Windows をインストールするときに、別のドライブまたはフォルダーを指定できます。
  3. Msert という名前のファイルをダブル クリックします。メモ帳が開きます。
  4. 新しいメモ帳のウィンドウで、エラーが見つかるまでスクロールします。これらは通常、 0 xで始まります。
  5. エラー コードを以下の表のリストと照合し、「この手順を使用」セクションに記載されている指示に従います。次の表に、エラー コードが表示されない場合を参照してください、 ヘルプとサポートの入手方法セクション。
元に戻す全体を表示する
エラー コード原因この手順を使用
0x80508019スキャン対象のファイルまたはドライブが存在しません。スキャン対象のファイルまたはドライブを変更します。.
0x80508007システムのメモリ不足です。Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。.
0x8050800Cシステム状態で、特定のユーザー コンテキストでのスキャンの実行が禁止されています。コンピューターを再起動し、スキャンを再試行してください。.
0x8050A005それらの署名は、サインされていません。Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。.
0x8050A002署名データベースが破損しています。Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。.
0x8050A004署名が無効であるか、破損しています。Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。.
0x80508002署名データベースが破損しています。Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。.
0x80508004署名データベースが破損しています。Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。.
0x8050A001署名が存在しないため、エンジンを読み込めませんでした。Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。.
0x80508001エンジンが読み込めませんでした。Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。.
0x80508025操作を完了するには、手順に従う必要があります。たとえば、ユーザーはシステム設定を変更する必要があります。ログや通知内の手順に従います.
0x80508024この操作を完了するには、そのユーザーがフル スキャンを実行し、再度処理を実行する必要があります。完全なスキャンを実行します.
0x80508026リソースの 1 つは、コンテナーの一部です。たとえば、アーカイブ内のファイルがリソースの一つです。ファイル アーカイブを特定し、ファイルを手動で削除する

表に記載されている手順を実行するには、次の手順を参照してください。

スキャン対象のファイルまたはドライブを変更します。
  1. マイクロソフト安全スキャナーを起動します。
  2. スキャンの種類] でカスタマイズされたスキャンをクリックしてフォルダーを選択] をクリックします。
  3. [フォルダーの参照] で、別のファイルまたはドライブをクリックして、 [OK] をクリックしますおよびし [次へ] をクリックします。
スキャンを再試行します
  1. マイクロソフト安全スキャナーを開始し、[次へ] をクリックします。
  2. [スキャンの種類スキャンを使用して、[次へ] をクリックしての種類を選択します。
コンピューターを再起動し、スキャンを再試行してください。
  1. コンピューターを再起動します。
    1. Windows XP の場合 : [スタート] ボタンをクリックし、[シャットダウン] をクリックします。ドロップ ダウン リストには、[再起動] をクリックします]をクリック。
    2. Windows VistaまたはWindows 7: [スタート] ボタンをクリックして、 [スタート] メニューの右下隅の矢印をクリックし、[再起動] をクリックします。
  2. マイクロソフト安全スキャナーを開始し、[次へ] をクリックします。
  3. [スキャンの種類スキャンを使用して、[次へ] をクリックしての種類を選択します。
Microsoft Safety Scanner を再度ダウンロードします。
  1. http://safety.live.com を参照してダウンロード リンクを見つけます。
ログや通知内の手順に従います

Microsoft Safety Scanner がエラーおよび対処方法を表示した場合は、その手順を実行します。ツールが対処方法を表示しない場合は、ツールのログ ファイル内で対処方法を探すことができます。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 開始をクリックし、[実行] をクリックします。
  2. 次のコマンドを入力します: %systemroot%\debug[Ok]をクリックします。
    1. 注: % システム ルート % は、パスとフォルダー名は Windows システム ファイルが存在します。通常、これは C:\Windows、Windows をインストールするときに、別のドライブまたはフォルダーを指定できます。
  3. Msert という名前のファイルをダブル クリックします。メモ帳が開きます。
  4. 新しいメモ帳のウィンドウで、エラーが見つかるまでスクロールします。これらは通常、 0 xで始まります。
  5. ログの最新のエントリに記載されている指示に従います。指示がない場合は、エラー コード番号を記録および特定のエラーのトラブルシューティングを行う方法を参照してください。
完全なスキャンを実行します。
  1. マイクロソフト安全スキャナーを起動して、[次へ] をクリックします。
  2. [スキャンの種類] でフル スキャンをを [次へ] をクリックします。
ファイル アーカイブを特定し、ファイルを手動で削除します。

マイクロソフト安全スキャナーは、スキャン中に、.zip ファイルなどのファイルのアーカイブに含まれる悪意のあるソフトウェアを検出します。ファイルが悪意のあるソフトウェアと、アーカイブから手動で削除かどうかを決定する必要があります。ファイルが悪意のあるかどうかを調べるには次の手順に従います。
  1. マイクロソフト マルウェア プロテクション センターを参照してください。 http://www.microsoft.com/security/portal/
  2. マルウェアの詳細] をクリックします。
  3. 検索、百科事典のボックスに、ファイルの名前を入力し、虫眼鏡ボタンをクリックします。
  4. 場合は、ファイルは、悪意あるコードとして表示されます。
    1. 開始をクリックし、[実行] をクリックします。
    2. ファイルの名前を入力し、 [OK] をクリックします。
    3. Windows エクスプ ローラーが表示されます。ウィンドウでファイルを検索し、右クリックして削除] をクリックします。
    4. 場合は、[ユーザー アカウント] ウィンドウが表示されたら、[はい] をクリックします。
  5. 百科事典では、ファイルが表示されない場合はそれが悪意のある、サンプルの送信をクリックします。校閲用のファイルを送信するには画面に表示される指示に従って操作します。


詳細

ヘルプとサポートを取得する方法を指定します。

この資料は、マイクロソフト安全スキャナーでエラー コードを使用する方法について説明します。この資料では説明しませんが、エラー コードを受信した場合無料のマイクロソフト カスタマー サポート サービスが送信することにより、 サポート案件.マイクロソフト支社に問い合わせてくださいする方法の詳細については、次の世界のサポート Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/common/international.aspx

マイクロソフトは、Microsoft Security Essentials の、ウイルスやマルウェアによる感染からコンピューターを保護するのに役立つ無料のプログラムも提供します。Microsoft Security Essentials をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 http://www.microsoft.com/security_essentials/default.aspx

プロパティ

文書番号: 2520970 - 最終更新日: 2014年5月27日 - リビジョン: 17.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Safety Scanner
キーワード:?
kbmt KB2520970 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2520970
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com