Microsoft Silverlight 更新プログラムの説明: 2011 年 4 月 19 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2526954 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Silverlight は Microsoft の次世代を提供する、クロスブラウザー、multi-environment のプラグインです。 ベース メディア エクスペリエンスとリッチ インタラクティブ アプリケーションを web します。この記事は Silverlight 4 の 4.0.60310.0 バージョンをについて説明します。この更新プログラムは、一般配布リリースされ、2011 年 4 月 19 日にリリースされました。

Silverlight の更新プログラムの情報

Microsoft Silverlight を更新することができます。この更新プログラムは以前のバージョンの Silverlight のアップグレード、新しいビルド (バージョン 4.0.60310.0) を提供します。この更新プログラムは、現在の Silverlight インストーラーに含まれています。コンピューターに Silverlight がインストールされていない場合は、インストーラーは Microsoft Update または Windows Server Update Services (WSUS) によって提供されます。WSUS Feature Pack はすぐに利用できます。

インストール情報

この更新プログラムは、次のソースから利用できます。

Silverlight サイト

Silverlight インストーラーは今回の更新プログラムに加えて、以前のすべての更新プログラムも含んでいます。コンピューターに最新バージョンの Silverlight をインストールするのには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

マイクロソフトの更新プログラム

この更新プログラムは Microsoft Update のユーザーでも利用することができます。コンピューターに以前のバージョンの Silverlight がインストールされている場合、この更新プログラムは「Microsoft Silverlight (KB 2495644) 用の更新プログラム」として提供されます。

Silverlight のアンインストール方法

詳細情報を表示または非表示にするのにはここをクリック

この更新プログラムが再び表示されないように非表示にする方法

詳細情報を表示または非表示にするのにはここをクリック

詳細

この更新プログラムで修正される問題

問題 1



次のシナリオについて考えてみましょう:
  • スクリプト可能な型のインスタンスを登録するのには、 HtmlPage.RegisterScriptableObjectメソッドを呼び出します。
  • スクリプト可能な型のメンバーにアクセスするのには、JavaScript ベースのスクリプトを有効にするのには、Silverlight 4 のアプリケーションを実行します。
  • アプリケーションをモーダル ウィンドウに表示されます。

このシナリオでは、次の警告メッセージが表示されます。
このページは不特定潜在的なセキュリティ リスクがあります。続行しますか。
メモこの問題は、Microsoft office 365 を Microsoft SharePoint Online を使用する場合に通常発生します。

問題 2



次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Silverlight 4 のアプリケーションでのコントロールからの継承するユーザー コントロールを作成します。ユーザー コントロールよりも優先されます。DefaultStyleKey クリックし、[追加 DependancyProperty.
  • コントロールのControlTemplateプロパティにはContentPresenterオブジェクトのポップアップ コントロールが含まれています。
  • オブジェクトは、 DependencyPropertyのカスタム プロパティにTemplateBinding関数を使用してバインドされています。
  • Popup コントロールが開いたです。

このシナリオでは、ポップアップの制御のメモリをガベージ コレクションの対象です。そのため、メモリ リークが発生に発生します。

問題 3



次のシナリオについて考えてみましょう:
  • Windows Internet Explorer 9 を使用して、Silverlight 4 アプリケーションを開きます。
  • ウィンドウを全画面表示モードに切り替えるし、ウィンドウを元のサイズに戻します。

このシナリオでのウィンドウの内容は正しく表示されます。たとえば、空白の領域がウィンドウに表示します。問題は、 BrowserInteropHelperクラスが、ホスト HTML ページ内の要素の子のエントリの数を誤って報告ために発生します。

問題 4



DataGridコントロールを含む、Silverlight 4 のアプリケーションを実行していることを前提としています。コントロール内の列の幅が同じされません。コントロールを水平方向にスクロールするときこのシナリオでは、コントロールの行文字化けします。

問題 5



次のシナリオについて考えてみましょう:
  • DataGridコントロールを含む、Silverlight 4 のアプリケーションを実行します。
  • コントロールの検証をINotifyDataErrorInfoインターフェイスを使用して型にバインドされています。
  • イベントに複数のサブスクリプションにINotifyDataErrorInfo.ErrorsChangedイベントが行われます。
このシナリオでは、 DataGridコントロールのメモリは解放されません。そのため、メモリ リークが発生に発生します。

問題 6



BindingExpressionのインスタンスの対象要素をTextBlock要素またはテキスト要素DataGridCell内のオブジェクトは、Silverlight 4 のアプリケーションであることを想定しています。このような状況では、アプリケーションを実行して要素を編集すると、 DataGridコントロールのメモリは解放されません。そのため、メモリ リークが発生に発生します。

この更新プログラムによって追加される機能



この更新プログラムは次の場所にレジストリ キーが設定されている場合は、 IsolatedStorageExceptionタイプでは、 InnerExceptionプロパティを設定する機能を追加します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Silverlight\IsolatedStorageInnerExceptionsAllowedDomains

レジストリ キーの値はコンマで区切られたドメインの一覧です。

関連情報

Silverlight の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Silverlight の管理
Microsoft Silverlight
Silverlight 開発者向けリソース
この更新プログラムについての問題の報告、もしくは Microsoft Silverlight 開発チームにフィードバックを送信するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
マイクロソフト接続します。

プロパティ

文書番号: 2526954 - 最終更新日: 2013年7月1日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Silverlight 4
キーワード:?
kbfix atdownload kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbinfo kbcip kbsurveynew kbmt KB2526954 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2526954
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com