Exchange Server 2010年は評価モードでインストールまたは修復 2011年標準の SBS の後です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2527626 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを探し、 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

1 つまたは複数の以下の問題で Windows Small Business Server (SBS) 2011年が発生する可能性があります。
元に戻す全体を表示する
Windows SBS の 2011年をインストールすると、1 つまたは複数の次のエラー メッセージが表示されます。
  • セットアップ: はセットアップ中に発生したエラーの一覧です。
  • Exchange Server 2010年のセットアップ: インストールできません。
  • ConfigureWSSOutgoingEmailTask: 着信および発信メールを Microsoft SharePoint Foundation はできません構成されます。
Windows SBS の 2011年をインストールした後、次の問題が発生します。
  • Exchange Server 2010年は、評価モードで実行し、ライセンス認証キーが必要です。
  • Windows SBS コンソールで新しいユーザを作成することはできません。
  • Windows SBS コンソールのユーザー ロールを適用できません。
  • 「インターネットに接続」ウィザードまたは「インターネット アドレスの管理」ウィザードを完了することはできません。
Exchange 管理コンソールの Windows SBS 2011 を実行しているコンピューターでを開くと、次のメッセージが表示されます。
Exchange Server 2010年を実行して、組織内の次のサーバーは現在ライセンスされていません。
このメッセージは、Windows SBS の 2011年の標準を実行しているコンピューターのコンピューター名も表示されます。

原因

これらの問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • 条件 1

    2011/Windows SBS のセットアップ中に、Exchange Server 2010年がインストールされていません。Exchange Server 2010年は、手動で後でインストールされました。
  • 条件 2

    Exchange Server 2010年では、Windows SBS 2011 から、アンインストールされたし、再インストールされました。
  • 条件 3

    Exchange Server 2010年の修復インストール Windows SBS 2011 サーバー上が完了しました。

解決方法

条件 1 または 2 の条件が発生した場合は、この問題を解決するには、「Exchange Server を解決するには、PowerShell スクリプトの問題」のセクションの手順を実行します。次に、「修正プログラムの情報」に記載されている修正プログラムをインストールします。

3 の条件が発生した場合は、この問題を解決するには、「修正プログラムの情報」に記載されている修正プログラムをインストールします。

Exchange Server の問題を解決するには、PowerShell スクリプト



重要な
、次の手順を完了する前に、Exchange Server の 2010年を正常にインストールする必要があります。次の Exchange Server 2010年の役割が正しくインストールされている場合は、この資料に記載されている手順は行わないでください。
  • メールボックス
  • ハブ トランスポート/
  • CA (クライアント アクセス サーバーの場合)
  • 管理
次の手順では、Exchange Server 2010年に正常に Windows SBS 2011 セットアップの既定の設定を構成します。

Exchange の設定を手動で構成した場合は、設定を変更する可能性があり、正しい Windows SBS ウィザードを完了するまで、または Exchange Server が再構成されるまでにメール フローが停止場合があります。また、サポートされているネットワーク トポロジの 1 つのネットワーク アダプターとのクラス C のサブネットが必要です。

これらの手順は、次の変更を行います。

  • セット、 メールボックス データベース レジストリ内の名前
  • 管理ツールの役割のバージョン、レジストリを修正します。
  • 既定値を追加、 msSBSEmailQuota 作業中のディレクトリ属性の 3 つの既定の Windows SBS の役割
  • Exchange Server を実行しているサーバーを管理するのには、適切なセキュリティ ロールを構成します。
  • システム アカウントへのアクセスを許可するには、組織レベルでアクセス許可を追加します。
  • グループが作成されていない場合は、次のグループを作成します。
    • SBSAdmins
    • Allusers
    • ポスト マスター
    • FSRMReports
  • 同じメンバーシップとそれぞれのグループの設定を設定します。
  • 内部サーバーのポスト マスターのアドレスのトランスポート設定を構成します。
  • 既定値を再バインド コネクタ内部のネットワークは、ルーターの内部 ip アドレスを含まない、するが表示されます。
  • 既定のクライアントを削除するコネクタを受信します。
  • 有効にした Windows SBS 自己発行証明書 CN = のサイト
  • Exchange Server 自己署名入りの証明書を削除します。
  • Microsoft SharePoint で、電子メール メッセージの送信の設定を構成します。
  • SharePoint 簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーの DNS にホスト レコードを追加します。
  • インストールの問題を削除するには、[その他のレジストリ キーを追加します。
  • 提供されているツールを使用して、Exchange サーバーをアクティブ化します。
Exchange Server 2010年が Windows SBS 2011 をインストールした後、または Exchange Server 2010年、2011/Windows SBS サーバーに再インストールされた場合は、手動でインストールされている場合は、この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 管理者特権モードでは、Exchange 管理シェルを実行するには、管理者として実行コマンドを選択します。
  2. Exchange 管理シェルでは、次の順序で次のコマンドを実行します。

    #SBS 2011 Std
    # Exchange 管理シェルから、管理者として起動します。
    # このスクリプトは、不足しているタスクは移行時に Exchange セットアップが失敗した後を完了します。

    # でコメントを個別に分離の各セクションを実行します。

    # # このスクリプトを実行する前に、適切なパラメーターを使用して Exchange セットアップ プログラムを終了します。


    # メールボックス名前をレジストリで設定します。
    $mbx Get MailboxDatabase =-$env のサーバー: COMPUTERNAME
    セット ItemProperty"HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\SmallBusinessServer\Messaging"・"MailboxDatabaseName"という名前の $mbx の値します。名前

    ## Reg add キー管理ツールは、このとき SBSSetup のパッケージ化の方法のために必要です。
    $ のバージョン get itemproperty"HKLM:\Software\Microsoft\ExchangeServer\V14\AdminTools"=
    セット ItemProperty"HKLM:\Software\Microsoft\ExchangeServer\V14\AdminTools"・"ConfiguredVersion"という名前の $Version.UnpackedVersion の値

    ## Exchange の属性でユーザーのロールを構成します。ユーザーの役割がない場合に失敗する可能性があります。
    Active Directory のインポート モジュール
    セット aduser「標準ユーザー」-追加 {msSBSEmailQuota 2097152 =}
    セット aduser「WebWorkplaceTools」の追加 {msSBSEmailQuota 2097152 =}
    セット aduser「ネットワーク管理者」に追加 {msSBSEmailQuota 2097152 =}

    # ExchangeAdminPrep
    追加 RoleGroupMember-「組織管理」の Id のメンバー"$ env: USERDOMAIN\Domain Admins"- BypassSecurityGroupManagerCheck
    追加 RoleGroupMember-アイデンティティ「参照のみ可組織管理」のメンバー"$ env: USERDOMAIN\$ env: COMPUTERNAME$"- BypassSecurityGroupManagerCheck
    $組織 Get OrganizationConfig =
    追加 adpermission-$組織のアイデンティティ識別名のユーザー「システム」AccessRights -"GenericAll"InheritanceType「すべて」

    # CreateMailDisributionGroupsTask
    # グループが既に存在する場合は ok です、エラーが発生可能性があります、SBS セットアップ実行複数回、バックアップから復元は、ソースに記号だけです。

    新しい DistributionGroup SamAccountName"sbsadmins"-別名"sbsadmins"-名前の Windows SBS「管理者」名の $env: USERDNSDOMAIN"MyBusiness/配布グループ"-"配布"ErrorAction SilentlyContinue 入力

    新しい DistributionGroup SamAccountName"allusers"-別名"allusers"-"All Users"の名の名前 $env: USERDNSDOMAIN「MyBusiness/配布グループ」-「配布」ErrorAction SilentlyContinue を入力します。

    有効にする-DistributionGroup-「すべてのユーザー」の Id-別名"allusers"- WarningAction SilentlyContinue ErrorAction SilentlyContinue

    有効にする DistributionGroup の Windows SBS「管理者」の Id-別名"sbsadmins"- WarningAction SilentlyContinue ErrorAction SilentlyContinue

    セット-DistributionGroup-RequireSenderAuthenticationEnabled $false - ユーザー Windows SBS「管理者」の強制アップグレード

    新しい DistributionGroup SamAccountName"postmaster"-別名"postmaster という"-名"ポスト マスターと迷惑行為の報告] 名 $env: USERDNSDOMAIN「MyBusiness/配布グループ」-「配布」WarningAction SilentlyContinue 入力 ErrorAction SilentlyContinue

    セット ・ DistributionGroup ・ EmailAddresses アイデンティティ「ポスト マスターや不正使用の報告」RequireSenderAuthenticationEnabled $false - HiddenFromAddressListsEnabled $真の"SMTP:postmaster@$env:USERDNSDOMAIN","SMTP:abuse@$env:USERDNSDOMAIN"EmailAddressPolicyEnabled $false 強制アップグレード-WarningAction SilentlyContinue ErrorAction SilentlyContinue

    追加 DistributionGroupMember-アイデンティティ"ポスト マスターと迷惑行為を報告]-Windows SBS「管理者」のメンバー

    新しい DistributionGroup SamAccountName"fsrmreports"-別名"fsrmreports"-名前の「ファイル サーバー リソース マネージャー レポート」名の $env: USERDNSDOMAIN"MyBusiness/配布グループ"-"配布"WarningAction SilentlyContinue 入力 ErrorAction SilentlyContinue

    セット ・ DistributionGroup ・強制アップグレード ・ アイデンティティの「ファイル サーバー リソース マネージャー レポート」HiddenFromAddressListsEnabled $真
    追加 DistributionGroupMember-「ファイル サーバー リソース マネージャーのレポート」をアイデンティティ-Windows SBS「管理者」のメンバー

    # ConfigureIntranetSMTPTask

    セットからこれらの InternalSMTPServers の 127.0.0.1
    セットからこれらの ExternalPostmasterAddress"postmaster@$env:USERDNSDOMAIN"

    ##rebind の既定の受信コネクタ
    # このセクションの既定値を変更する受信コネクタを内部のサブネット (ルーター) マイナスのみリッスンするように、メールの流れがこの時点で停止します。

    $ip = (gwmi Win32_NetworkAdapterConfiguration |?{ $_.Ip アドレスの ne $null}).ipaddress.get(0)
    $ゲートウェイ = (gwmi Win32_NetworkAdapterConfiguration |?{ $_.Ip アドレスの ne $null})。DefaultIPGateway
    $gw「$ ゲートウェイ」= =
    $gwIp=$gw.split('.')
    サブネットの $$ gw を = します。削除の ($校。LastIndexOf('.'))+".0"
    $範囲 =$ サブネット +"-"+$ 校。削除の ($校。LastIndexOf('.'))+"."+ ($gwIp.get (3)-1) +「,」+$ 校。削除の ($校。LastIndexOf('.'))+"."+ ([int] $gwIp.get (3) +1) +"-"+$ 校。削除の ($校。LastIndexOf('.'))+"します 255"。

    $con get receiveconnector = のアイデンティティ"既定 $env: computername"
    $ip =": 25]
    $ con。バインド ip の $ を =
    セット receiveconnector-アイデンティティ"既定 $env: computername"-$con のバインドします。バインド

    $ipAdd $範囲 =。Split(',')
    $con.remoteipranges $ipAdd [0] =
    $con.remoteipranges + = $ ipAdd [1]

    セット receiveconnector のアイデンティティ"既定 $env: computername"RemoteIpRanges - $con.remoteipranges


    されて既定のクライアント受信コネクタ
    # 場合によって使用今のところ、このステップをスキップする必要がありますか、コネクタを再作成します。
    削除 receiveconnector のアイデンティティ"クライアント $env: computername"-を確認: $false

    # 既定の exchange 証明書を削除して、私たちを有効にします。
    Get-ExchangeCertificate |{$_.-Eq を主題"CN = のサイト"} |有効にする-ExchangeCertificate-SMTP サービスの強制: $true
    #remove
    Get-ExchangeCertificate |{$_.[フレンドリ名] eq"Microsoft Exchange"} |削除 ExchangeCertificate

    # 新規の受信コネクタ
    # 作成の内部 SharePoint、Fax、および POP3 コネクタを受信コネクタ

    新しい receiveconnector-名"Windows SBS の Fax 受信を Sharepoint $env: computername"RemoteIPRanges - 127.0.0.1-127.0.0.1-「127.0.0.1:25」のバインド AuthMechanism"BasicAuth"PermissionGroups「既定、ExchangeUsers」-使用「カスタム」のサーバー"$ env: COMPUTERNAME"タイムアウト「00.06:00:00」


    # ConfigureWSSOutgoingEmailTask
    # SharePoint Exchange を使用して送信メールをルーティングを構成します。
    # SharePoint を既定の設定を使用していないまたはが動作しない場合は、この動作可能性があります。

    PsSnapin を追加 Microsoft.SharePoint.PowerShell
    $spWebApp Get SPWebApplication =
    $mail="CompanyWebAdmin@"+$env:userdnsdomain
    $spWebApp.UpdateMailSettings("SharepointSMTPServer",$mail,$mail,65001)
    dnscmd $env: computername 次の $env: 127.0.0.1 が userdnsdomain SharepointSMTPServer

    ## Reg のキー メッセージ コンポーネントを追加します。
    $val get itemproperty"HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\SmallBusinessServer\Components\"=
    セット ItemProperty"HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\SmallBusinessServer\Components"-名前「メッセージング」、$val.administration の値

    # 修正表示の問題
    セット ItemProperty"HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\SmallBusinessServer\Setup"・"DisplayIssues"という名前の値 False

    # タグ スクリプトの透かし
    $日付取得日付 =
    セット ItemProperty"HKLM:
  3. ユーザーを追加するには、Windows SBS コンソールを使用します。
  4. 「インターネット アドレスの管理」ウィザードを完了します。
  5. Exchange サーバーをアクティブ化するのには、関連の修正プログラム パッケージをインストールします。
Exchange サーバーをアクティブ化するには、修正プログラム パッケージをインストールするのには、次のセクションを参照してください。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用されます。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
「修正プログラムのダウンロード」フォームには、利用可能な言語の修正プログラムが表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Small ビジネス サーバー 2011年を実行している必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムを使用する時、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

プロパティ

文書番号: 2527626 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 8.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Small Business Server 2011 Standard
キーワード:?
kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB2527626 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2527626
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com