SQL Server の「デナリ」では、製品更新機能を使用すると、Microsoft Update 問題をトラブルシューティングする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2528485
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次


この資料で、次の製品に適用します。
  • Microsoft SQL Server の「デナリ」

はじめに

マイクロソフトが広範なテストを実行しますが、場合によって、問題が発生することができます、できない場合があります Microsoft SQL Server「デナリ」、SQL Server の製品の更新機能が期待どおりに動作またはエラーなし。この記事は SQL Server 製品の更新プログラムで発生する可能性があります問題を解決するいくつかの一般的なトラブルシューティングの手順を説明します。次の手順は、正確なエラー メッセージや、正確な手順の詳細情報を検索することで、エラーが発生しました、セットアップ プロセス中に特定するために役立ちます。

メモこの資料でトラブルシューティングの一連のドキュメントではありません。代わりに、平均的なユーザーのスタート ガイドとしてものです。

詳細

SQL Server の「デナリ」の新しい製品の更新機能

SQL Server 製品の更新プログラムは、最新の更新プログラムのインストール時にあるかどうかを確認するために作成された新しい機能です。製品の更新機能をテストするためのサポートを追加するのには、利用可能な更新プログラムの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2580208 更新 SQL Server「デナリ」の CTP3 では、製品の更新機能をテストするためのサポートを追加するのには
SQL Server の以前のバージョンをインストールすることまで、更新は解決のセットアップまたは製品に問題を支援するリリースされています可能性があります。これらの更新プログラムには安定性と信頼性の SQL Server の幅広い製品群を強化するためには、セキュリティ更新プログラムが含まれています可能性があります。

SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) の導入により、マイクロソフトは、スリップの機能を実装しました。ことができますスリップ ストリーム インストールの時点での最新の更新プログラムがあります。ただし、スリップ ストリームとは、ほとんどのユーザーを簡単に実行可能性があります、多くの手作業が必要。

SQL Server の「デナリ」では、製品の更新機能は、これらの問題に簡単な方法を提供します。これで、通常のセットアップ アプリケーションを起動することによって、インストールした製品を最新の製品アップデートを統合できます。製品の更新プログラムは Microsoft Update、Windows サーバー更新サービス (WSUS)、または、ローカルまたはリモートのネットワーク フォルダーに自動的に検索されます。製品の更新プログラムが適用可能な更新プログラムの最新バージョンを検出すると、それらをローカル システムにダウンロードし、現在の SQL Server のセットアップと統合します。これらの更新プログラムがダウンロード、累積的な更新プログラム (CU)、service pack、またはこれらの更新プログラムの任意の組み合わせです。

マイクロソフトの更新プログラム

SQL Server 製品の更新機能はマイクロソフトの更新プログラム ダウンロードして SQL Server の最新の更新プログラムを統合する方法の 1 つとして使用できます。

マイクロソフトの更新プログラムは、他の Microsoft アプリケーション (SQL Server など) を Windows Update の更新プログラムのすべての機能を提供するサービスです。更新サービスは、Windows オペレーティング システムのオンライン拡張機能です。基本的に改良と SQL Server などの他の多くのアプリケーションを Windows のカタログであります。

最初のトラブルシューティング

Microsoft Update の問題を解決可能性がありますは、試すことができますアクションの一部は。このセクションでは、Microsoft Update および Windows Update の問題を解決することができますいくつかの記事を一覧表示します。
  • Windows Update クライアントのファイルと設定をリセットしようとしてください。これを行う方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    971058 Windows Update コンポーネントをリセットする方法
  • エラー メッセージを特定した場合は、マイクロソフト サポート技術の詳細については、最も一般的な問題のいくつかの資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    906602 Windows Update、Microsoft Update、および Windows Server Update Services のインストールに関する一般的な問題のトラブルシューティング方法
  • 受信したエラー メッセージを解決するには、Windows Update のトラブルシューティングを実行してください。これを行うには、次の Windows Update web サイトを参照してください。
    Windows Update のトラブルシューティング
  • オンライン検索に役立つことがあります、Microsoft Update のエラー コードの説明を検索するには、以下の Microsoft TechNet web サイトを参照してください。
    Windows Update エージェントの結果コード
Windows Update クライアント ファイルを再設定し、ここに記載されているその他のリソースは、問題が解決しなかった場合は、コンピューターにインストールされているウイルス対策ソフトウェアを無効にする必要があります.

注意 ウイルス対策ソフトウェアのウイルスからコンピューターを保護することができます。ウイルス対策ソフトウェアを無効にすると、しないダウンロードまたは、信頼されていないソースを信頼、または電子メールの添付ファイルを開くしないでください訪問 web サイトからファイルを開く必要があります。

場合によっては、ウイルス対策ソフトウェアに Microsoft Update ことがあります。いくつか新しいウイルス対策ソフトウェアには、ファイアウォール機能などがあります。ウイルス対策ソフトウェアで除外を作成するか、場合でも、ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする必要があります。ウイルス対策ソフトウェアを無効にすると、再度インストールを実行する前に、コンピューターを再起動します。ファイルは、コンピューターを再起動インストール プロセスへのアクセスがロックされることを防止します。インストールが完了したら、ウイルス対策ソフトウェアを再度有効にするかどうかを確認します。ウイルス対策ソフトウェア ベンダーの web サイトを無効にしてから、ウイルス対策ソフトウェアを再度有効にするには、実行する正確な手順を参照してください。

SQL Server のログを使用して、エラーを確認する方法

SQL Server の製品の更新機能のトラブルシューティングを行うときは、まず正確なエラー メッセージを見つける必要があります。このエラー メッセージは、既知の問題では、マイクロソフト サポート技術を検索するのにはまたは、次の情報を使用しても問題を解決する使用します。

開始するには、以下のログ ファイル、最新の SQL Server インストールの試行からを確認します。

メモSQL Server のセットアップ プログラムを実行しようとするたびに、タイムスタンプの形式名を使用して、フォルダーにログ ファイルが作成されます。タイムスタンプ形式 YYYYMMDD_hhmmss、SQL Server のセットアップ プログラムが起動された時刻を反映します。既定では、これらのログ ファイル内の次の場所です。
%ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\110\Setup Bootstrap\Log

概要ログ ファイル (Summary.txt)

Summary.txt ファイル、全体の概要レポートのすべてのコンポーネントは、成功または失敗のメッセージが表示されます。また、このログ ファイルはセットアップ プログラムを使用した入力パラメーターが表示されます。

メモSetup.exe を実行するたびに、Summary.txt ファイルが上書きされます。障害発生後もう一度セットアップ プログラムを実行しようとした場合、ログ ファイルで詳細を調査することがあります。個々 の Summary.txt ファイルを検索するには、各フォルダーを開く必要があります。特定のタイム ・ スタンプ付きのフォルダーにファイルが追加されると、Summary_MachineName_YYYYMMDD_HHMMSS.txt ファイルの名前です。たとえば、ファイルは次の名前があります。
Summary_2008R2Node1_20110628_044645.txt
サマリー ログ ファイルを開くと、製品の更新プログラムの機能が使用されたことを示す特定の項目を参照してください。これにより、トラブルシューティングを実行する必要がある方法を決定できます。

インストールは成功しましたが、インストール後に更新プログラムがインストールされていないことを確認する場合を参照してくださいかどうか、UpdateEnabled 値を設定するのには True を指定します。または False.

値はログ ファイル要約の最も重要な部分ですがUpdateSourceパラメーターです。この値は、SQL Server 製品の更新プログラム用の有効な更新プログラムを検索するが、場所を指定します。含めることのできる値は次のとおりです。
  • メモリ ユニット
  • 有効なフォルダー パスまたは UNC パス

メモ セットアップ中に値が指定されていない場合 MU は既定値です。

手動での SQL Server の更新プログラムのダウンロードとし、ネットワーク共有またはローカル共有のように有効なパスを指定することを確認してください、[put\\ServerName\ShareName.また、ローカル パスを定義すると、パスが正しく設定されているかどうかを確認します。。たとえば、パスC:\MyUpdateFolder 正しく設定されるパス。さらに、 UpdateSource値は、セットアップ プログラムの実行場所を指定できます。たとえば。
UpdateSource ="します \MyUpdates」。
この文は、現在のセットアップ プログラムの場所の下にある 1 つのディレクトリ内の MyUpdates フォルダーを探して、セットアップ プログラムを作成します。確認、UpdateSource 値が正しく設定されます。

セットアップ時のエラー メッセージが発生した場合は、全体のエラー メッセージこのログ ファイルに表示されるため、トラブルシューティングを始めるには最適な場所になります。このエラー ・ コードとは既知の問題がありますか役立つ技術、問題を迅速に解決するかどうかを確認するメッセージを検索できます。エラー コードまたはメッセージに基づき、一般的な誤りを参照してください。たとえば、UpdateSource パラメーターは、ダウンロードした更新プログラムのパッケージの有効な場所をポイントする可能性がありますいません。また、必ず読み取り権限の SQL Server のセットアップ プログラムを起動するために使用したユーザー資格情報には、少なくともあります。

ファイルの場所を使用して、ダウンロードまたは更新プログラムへのアクセスに問題がある場合は、だけでなく、ファイル システムのアクセス許可を確認するが、またアクセス権を共有するかどうかを確認する必要が。さらに、プロセス モニター ユーティリティを実行できます。このユーティリティをダウンロードするには、以下の Microsoft TechNet web サイトを参照してください。
プロセス モニター
このユーティリティは、セキュリティ上の問題や不適切なアクセス許可をそのアカウントが、ローカルまたはリモートの共有にアクセスしようとすると、SQL Server を実行しているアカウントを特定に役立ちます。

Microsoft Update を使用すると、エラー コードを検索することができます。 または「関連情報」セクション リンクを参照できます。

については、更新をスキャン中に、発見されたの詳細情報や、問題が発生した可能性がありますは、コンポーネントの更新プログラムの詳細ログ ファイルを参照してください。

コンポーネントの更新プログラムの詳細ログ ファイル (Detail_ComponentUpdate.txt)

Detail_ComponentUpdate.txt ファイルは、セットアップ プログラムやその他のワークフローの詳細を提供します。このファイルを含むフォルダーを検索するには、Summary.txt ログ ファイルに参照してください戻る。ログ ファイルの場所でファイルが見つからない場合は、構成ファイルの場所を参照してください。たとえば、構成ファイルの場所、ログ ファイルには次のとおり表示されます。
構成ファイル: C:\Program ただし SQL Server\110\Setup Bootstrap\Log\20110728_044645\ConfigurationFile.ini
この例では、ディレクトリを検索するためにはとおりです。
C:\Program ただし SQL Server\110\Setup Bootstrap\Log\20110728_044645
このログ ファイルを開く場合、次の検索で検索を開始します。
SearchUpdatesAction
たとえば、検索します。 SearchUpdatesAction次のサンプル ログ ファイルには。
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Running Action: SearchUpdatesAction
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Inspecting update packages in directory 'D:\Update Packages'
…..
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Sco: Attempting to check if directory D:\Update Packages exists
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Sco: Attempting to set directory full path
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Sco: Attempting to normalize directory path D:\Update Packages
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Sco: Attempting to get files for directory D:\Update Packages, search pattern *.exe
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Inspecting update package 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe'
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Sco: Attempting to set file full path to 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe'
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Sco: Attempting to normalize directory path 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe'
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Sco: Attempting to check if file 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe' exists
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Package 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe' is a valid update.
…..
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Package 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe' is a valid update.
…..
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Update: {Name: Hotfix Pack; KB Article: CU01_RTM1422.3; Version: 11.0.1500.0; Achitecture: x64; Language: All; Update Type: CU} is available but is temporarily not considered to be selected for installation, because its update type 'CU' does not match the update type 'PCU' that setup is currently looking for.
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Update: {Name: Hotfix Pack; KB Article: CU01_RTM1422.3; Version: 11.0.1500.0; Achitecture: x64; Language: All; Update Type: CU} is considered to be selected for installation.
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Update: {Name: Hotfix Pack; KB Article: CU01_RTM1422.3; Version: 11.0.1500.0; Achitecture: x64; Language: All; Update Type: CU} is available but is temporarily not considered to be selected for installation, because its update type 'CU' does not match the update type 'Setup' that setup is currently looking for.
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: 
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Available Product Updates Discovered:
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Title: Hotfix Pack
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Knowledge Based Article: KB CU01_RTM1422.3
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Version: 11.0.1500.0
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Architecture: x64
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Language: All
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: 
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: 
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Product Updates Selected for Installation:
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Title: Hotfix Pack
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Knowledge Based Article: KB CU01_RTM1422.3
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Version: 11.0.1500.0
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Architecture: x64
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Language: All
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: 
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Update Source: D:\Update Packages
….
(04) 2011-06-28 04:58:44 Slp: Completed Action: SearchUpdatesAction, returned True
この例でわかるように、非常に詳細な情報は、次のように、ログ ファイルが含まれます。
  • かどうか、ディレクトリにアクセスできませんでした。
  • 更新プログラムが見つかりません
  • 更新が有効であるかどうか

さらに、ファイルの検出時に発生したエラーが表示されます。

問題を検出できない場合は、次のログ ファイルを検索することができます。
PackageExtractAction
たとえば、検索します。 PackageExtractAction次のサンプル ログ ファイルには。
(01) 2011-06-28 04:59:17 Slp: Running Action: PackageExtractAction
(01) 2011-06-28 04:59:17 Slp: Sco: Attempting to set directory full path
(01) 2011-06-28 04:59:17 Slp: Sco: Attempting to normalize directory path D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe
(01) 2011-06-28 04:59:17 Slp: Sco: Attempting to check if directory D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe exists
(01) 2011-06-28 04:59:17 Slp: Sco: Attempting to set file full path to 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe'
(01) 2011-06-28 04:59:17 Slp: Sco: Attempting to normalize directory path 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe'
(01) 2011-06-28 04:59:17 Slp: Sco: Attempting to check if file 'D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe' exists
(01) 2011-06-28 04:59:17 Slp: Running: D:\Update Packages\SQLServer2011-KBCU01_RTM1422.3-x64.exe /x:"C:\Users\Administrator.CLUSTERTEST\AppData\Local\Temp\SQL Server Denali CTP3\Hotfix" /q
(01) 2011-06-28 05:00:32 Slp: Process returned 0
(01) 2011-06-28 05:00:32 Slp: Completed Action: PackageExtractAction, returned True

この例でわかるように、この修正プログラム パッケージは、%temp% が抽出されたためパッケージはローカル、でした。破損したファイルなどの実際のパッケージに問題があった場合は、エラー メッセージが表示されます。この例では、収益をされました0 または 成功.

エラーを検索することができますいくつかの他の領域あります。完全なリストをここで説明する領域は行いませんが、調査の開始が表示されます。これらの例では、開始 (アクション) を実行中とセクション (完了操作) の位置を検索するが最適です。開始の間でデータを分析して、エラーが発生した理由を判断するを停止します。

セットアップ ログ ファイル (Detail.txt) の詳細します。

Detail.txt ファイルには、インストールに含まれている更新プログラムの情報が含まれます。このファイルにはセットアップ完了ワークフローに関する詳細情報も含まれています。

[更新アクション] セクションの先頭を検索するには、次のように検索します。
RunSmartSetupWorkflow
たとえば、ログ ファイル次のような可能性があります。
(01) 2011-06-28 05:03:35 Slp: ----------------------------------------------------------------------
(01) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Running Action: RunSmartSetupWorkflow
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: ----------------------------------------------------------------------

これは、製品の更新のワークフローの開始です。

その後、次のエントリを検索してください。
SearchUpdatesAction
これは、検出されたすべてのパッケージ説明や、エラー メッセージがあったかどうか。たとえば。
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Running Action: SearchUpdatesAction
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Discovered update on path C:\Users\Administrator.CLUSTERTEST\AppData\Local\Temp\SQL Server Denali CTP3\Hotfix; Update: Hotfix Pack, Type: CU, KB: CU01_RTM1422.3, Baseline: 11.0.1422, Version: 11.0.1500
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Update: {Name: Hotfix Pack; KB Article: CU01_RTM1422.3; Version: 11.0.1500.0; Achitecture: x64; Language: All; Update Type: CU} is available but is temporarily not considered to be selected for installation, because its update type 'CU' does not match the update type 'PCU' that setup is currently looking for.
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Update: {Name: Hotfix Pack; KB Article: CU01_RTM1422.3; Version: 11.0.1500.0; Achitecture: x64; Language: All; Update Type: CU} is considered to be selected for installation.
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Update: {Name: Hotfix Pack; KB Article: CU01_RTM1422.3; Version: 11.0.1500.0; Achitecture: x64; Language: All; Update Type: CU} is available but is temporarily not considered to be selected for installation, because its update type 'CU' does not match the update type 'Setup' that setup is currently looking for.
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: 
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Available Product Updates Discovered:
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Title: Hotfix Pack
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Knowledge Based Article: KB CU01_RTM1422.3
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Version: 11.0.1500.0
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Architecture: x64
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Language: All
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: 
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: 
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Product Updates Selected for Installation:
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Title: Hotfix Pack
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Knowledge Based Article: KB CU01_RTM1422.3
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Version: 11.0.1500.0
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Architecture: x64
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Language: All
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: 
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Update Source: D:\Update Packages
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: 
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Completed Action: SearchUpdatesAction, returned True
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: ----------------------------------------------------------------------
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Running Action: PackageDownloadAction
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Completed Action: PackageDownloadAction, returned True
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: ----------------------------------------------------------------------
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Running Action: PackageExtractAction
(04) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Completed Action: PackageExtractAction, returned True
(01) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Completed Action: RunSmartSetupWorkflow, returned True
(01) 2011-06-28 05:03:35 Slp: Completed Action: ExecuteUpdateInitWorkflow, returned True

さらに、次の項目を検索します。
ProcessUpdateParametersAction
このセクションでは基本的にコンポーネント更新プログラムの詳細ログの内容のような概要です。たとえば。
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: ----------------------------------------------------------------------
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Running Action: ProcessUpdateParametersAction
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: 
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Product Updates Selected for Installation:
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Title: Hotfix Pack
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Knowledge Based Article: KB CU01_RTM1422.3
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Version: 11.0.1500.0
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Architecture: x64
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Language: All
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: 
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Update Source: D:\Update Packages
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: 
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: 
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Product Update Status:
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Success: KB CU01_RTM1422.3
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: Completed Action: ProcessUpdateParametersAction, returned True
(01) 2011-06-28 06:02:43 Slp: ----------------------------------------------------------------------

これらの例では、明確に、ワークフローのアクションおよびそのアクションの実行中に発生したエラー メッセージを確認できます。ほとんどの検索にでは検索に最適なソリューションを見つけるためのアクションおよびエラー メッセージの両方が含まれます。たとえば、中に SearchUpdatesAction エラーを発生した場合は、次のマイクロソフト サポート技術を検索します。
SearchUpdatesAction エラー 0xc0000005

関連情報

SQL Server の「デナリ」では、製品の更新機能の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。
「製品の更新プログラム」SQL Server の「デナリ」を code-named

製品の更新プログラムの SQL Server の「デナリ」インストール
表示および SQL Server のセットアップ ログ ファイルを読み取る方法の詳細については、以下の Microsoft TechNet web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 2528485 - 最終更新日: 2011年8月18日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2528485 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2528485
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com