割り込みアフィニティ フィルター ツールをインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 252867
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

デバイスの割り込みをマルチプロセッサ コンピューター上の特定のプロセッサのパフォーマンスを最大化すると便利は拡大/縮小、および大規模なコンピューターのパーティションです。割り込みアフィニティ フィルター (IntFiltr) は、マルチプロセッサ コンピューター上のデバイスのプロセッサのアフィニティを確立することがでく割り込みバインディング ツールです。IntFiltr は Windows 2000 のプラグ アンド プレイ機能を使用して、グラフィカル ユーザー インターフェイス (割り込みバインディングを許可するように GUI) が用意されています。この資料でをインストールし、IntFiltr を使用して、1 台のコンピューターの中央処理装置 (CPU) を変更するのには、ユーザーに許可する方法について説明します。

詳細

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

IntFiltr は、パフォーマンスおよび分割とタスクの関係を特定のプロセッサで複数のプロセッサが含まれている大規模なコンピューターのスケーリングが向上します。適切に構成すると、許可を分割する方法をより効果的に使用するためにプロセッサ、それによってパフォーマンスを向上およびスケーリングをキャッシュします。

Windows 2000 には、スレッドおよびプロセスを特定のプロセッサ アフィニティを持つことを許可する多くの機能が含まれます。IntFiltr デバイス割り込みを特定のプロセッサ関係を許可する Windows 2000 のプラグ アンド プレイ機能を使用します。IntFiltr デバイス割り込みのフィルター ドライバーに接続して、アフィニティ マスクに関連付けられているフィルター ドライバーを持つデバイスを設定するを構成することがあります。

IntFiltr は管理者がデバイスの割り込みをプロセッサの特定のセットを送信することができます。Windows 2000 ベースのマルチプロセッサ コンピューターでは、割り込みコント ローラーに最も低い割り込み要求優先順位の割り込みが使用可能なプロセッサ、デバイスの割り込みをプロセッサをサービスを転送します。IntFiltr を使用すると、管理者がデバイスの割り込みの対象として任意のプロセッサのセットを構成する場合は、既定の動作をオーバーライドできます。一般に、これを対象として 1 つのプロセッサを選択する必要があります。

割り込みをフィルター処理、コンピューターの全体的なパフォーマンスに影響します。ただし、アルゴリズムの 1 つ、最高のパフォーマンスで可能なすべての作業負荷を生成することはしません。これは、Windows 2000 では、既定では、使用可能なプロセッサへの割り込みを指示する理由です。管理者は、ただし、関心の特定のデバイスを特定のプロセッサの割り込みを分割または、最適な構成を検索するのには、さまざまな構成を試すことがあります。このツールが最適でないとしても、構成で許可されていることに注意してください。

IntFiltr Windows 2000 のプラグ アンド プレイ機能を使用するため、マイクロソフトの Windows NT で、IntFiltr を使用ことはできませんし、プラグ アンド プレイをサポートするデバイスでのみ使用できます。また、IntFiltr 共有割り込み別のデバイスとそのデバイスを使用する必要があります。

IntFiltr をインストールする方法

  1. 次のマイクロソフト Web サイトにある IntFiltrTool.exe の自己解凍型ファイルをダウンロードします。
    ftp://ftp.microsoft.com/bussys/winnt/winnt-public/tools/affinity/
  2. IntFiltr.zip を抽出する IntFiltrTool.exe を実行し、WinZip.exe から IntFiltr.zip ファイルを解凍します。
  3. IntFiltr.sys、%SystemRoot%\System32\Drivers にコピーします。
  4. IntFiltr.reg で実行することで修正できるよう、レジストリを更新、 「regedit」と intfiltr.reg コマンドです。

IntFiltr を使用して構成する方法

  1. このパッケージの構成のフォルダーにある IntFiltr.exe を実行します。
  2. 下にあります。 デバイス、適切なデバイスをクリックし、使用して フィルターを追加します。フィルターを削除します。 割り込みのオンとオフ、それぞれフィルタ リングを有効にします。IntFiltr デバイス上にインストールされている場合は、文字列"InterruptAffinityFilter"が表示されます、 上部フィルター ボックス。
  3. 選択、 マスクを設定します。 選択したデバイスの割り込みの CPU アフィニティを設定するかを選択するオプションは、 マスクを削除します。 デバイスの CPU アフィニティ マスクをレジストリから削除するには、[オプション] をクリックします。

    メモ: CPU アフィニティ マスクにはデバイスが存在しない場合 IntFiltr をデバイスにインストールする役には影響しません。
メモ: 変更すると、デバイスを再起動しません。 上級ユーザー用のものであり、デバイス フィルターを選択したデバイスを再起動することがなく設定を変更するのに使用できます。これを有効にすると、変更内容効果、次回デバイスが再起動されるまでかかってしまいます。

コンピューターのすべてのデバイスで表示される場合でも、 デバイス リスト、IntFiltr デバイスの割り込みリソースをインストールするだけです。デバイス割り込みリソース確認するには、デバイス マネージャーを使用し、リソースの種類を表示します。

それを再構成するまでを構成後、IntFiltr、バック グラウンド操作なしで実行します。IntFiltr を使用割り込みアフィニティ設定は、再起動、デバイスの割り込みアフィニティ マスクが定義されると、管理者が変更するまで、デバイスの関連付けが保たれることを意味する永続的なです。デバイスをコンピューターから削除されている、プロセッサに関連付けられている場合は、コンピューターからプロセッサを取り外す前に、アフィニティ マスク デバイスのシステム管理者を更新してください。IntFiltr 通常割り込み別のデバイスと共有しているすべてのデバイスを使用する必要があります。

ハイパースレッディングを使用しているコンピューターでプロセッサ列挙はまずプライマリ論理 cpu 各プロセッサをプロセッサ数を指定して、セカンダリに番号を割り当てます。たとえば、ハイパースレッディングをデュアルの物理プロセッサ コンピューターの論理プロセッサ 0 および 2 では、最初のプロセッサを持つ、論理プロセッサ 1 と 3 の 2 つ目のプロセッサを持ちます。この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトの会社によって製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合のパフォーマンスや信頼性これらの製品について負わない。

プロパティ

文書番号: 252867 - 最終更新日: 2011年7月22日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kb3rdparty kbmt KB252867 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:252867
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com