OL2000: すべての連絡先のジャーナルをプログラムで設定します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 252947 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Outlook の Visual Basic プログラムでように変更するすべての連絡先は自動的に仕訳帳に設定が使用できるマクロを紹介します。

詳細

既定設定のジャーナリングの連絡先アイテムを無効にします。 連絡先の作成をこれらの連絡先の履歴を有効にする、各連絡先の仕訳帳オプションを設定します。
  1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
  2. [ 初期設定 ] タブの [ 履歴オプション ] をクリックします。
  3. [ 連絡先 ] ボックスに、ジャーナリングを有効にする対象の各連絡先を選択します。
連絡先の数が多いしたすべてのジャーナルを許可する場合、プログラムによってすべての連絡先を変更すると効率的かもしれません。

マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または明示、黙示、黙示または商品性および特定目的に対する適合性に限らずなどです。 この資料は、例示されているプログラミング言語やプロシージャの作成およびデバッグに使用するツールについて理解されているユーザーを対象としています。 Microsoft Support 担当者は、特定のプロシージャの機能についての問い合わせにはお答えできますが、ユーザー固有の目的に合わせた機能の追加、プロシージャの作成などの内容変更は行っておりません。
プログラミング経験がいない場合、マイクロソフト アドバイザリー サービスのマイクロソフト認定パートナーを連絡することがあります。 詳細については、これらのマイクロソフト Web サイトを参照してください。

マイクロソフト認定パートナー - https://partner.microsoft.com/global/30000104

Microsoft のアドバイザリ サービス - http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

使用可能なサポート オプションおよびマイクロソフトに連絡する方法についての詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください: http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;EN-US;CNTACTMSこのマクロを作成: する
  1. [ ツール ] メニューの [ マクロ ] をポイントし、[ マクロ ] をクリックします。
  2. マクロ名 ] ボックスで SetAllContactsToJournal を入力して、[ 作成 ] をクリックします。 Visual Basic エディターを起動し、サブルーチンを自動的に作成します。
  3. 次のコードの行を入力:
    Sub SetAllContactsToJournal()
    
       Dim objContactsFolder As Outlook.MAPIFolder
       Dim objContacts As Outlook.Items
       Dim objContact As Object
       Dim iCount As Integer
    
       ' Specify which contact folder to work with
       Set objContactsFolder = Session.GetDefaultFolder(olFolderContacts)
       Set objContacts = objContactsFolder.Items
    
       iCount = 0
    
       ' Process the changes
       For Each objContact In objContacts
          If TypeName(objContact) = "ContactItem" Then
             If objContact.Journal = False Then
                objContact.Journal = True
                objContact.Save
                iCount = iCount + 1
             End If
          End If
       Next
       
       MsgBox "Number of contacts updated:" & Str$(iCount)
    
       ' Clean up
       Set objContact = Nothing
       Set objContacts = Nothing
       Set objContactsFolder = Nothing
    
    End Sub
    					
  4. [ ファイル ] メニューの [ 閉じてを Outlook に戻る ] をクリックします。
マクロ: 使用するには
  1. [ ツール ] メニューの [ マクロ ] をポイントし、[ マクロ ] をクリックします。
  2. 実行 を [ SetAllContactsToJournal ] をクリックします。
ウィンドウを示す、更新された連絡先の数が表示されます。

メモ

  • 連絡先フォルダー内のアイテムの処理にしばらくをかかります。
  • 連絡先で更新される、マウス ポインターを砂時計に変化しません。
  • このよく使用する場合は、ボタンにマクロを割り当てますことができます。このマクロをツールバーのボタンに割り当てる方法の追加についてはをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
    252426OL2000: 方法をツール バー ボタンにマクロを割り当てる
  • サンプル コードは、既定の連絡先フォルダーでのみ有効です。 任意の連絡先フォルダーを使用する場合は、
    Set objContactsFolder = Session.GetDefaultFolder(olFolderContacts)
    						
    とする変更:
    Set objContactsFolder = Outlook.ActiveExplorer.CurrentFolder
    					
  • プログラミングを使い慣れているを別の場所で、特定の連絡先フォルダーを使用する場合、「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
208520参照元のアイテムとフォルダーの OL2000: プログラミングの例

関連情報

利用可能なリソースと answersto の Outlook ソリューションに関してよく寄せられる質問の追加についてはをクリック資料以下、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
146636ユーザー設定フォームおよび Outlook ソリューションについて OL2000: 質問

プロパティ

文書番号: 252947 - 最終更新日: 2014年2月10日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB252947 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:252947
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com