更新プログラムのロールアップ 3 の詳細については、Exchange Server 2010 のサービス パック 1

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2529939
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトの更新プログラムのロールアップ 3 は Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack は、2011 年 4 月 6 日 1 の (SP1) をリリースしました。この資料には、更新プログラムのロールアップに関する以下の情報について説明します。
  • 更新プログラムのロールアップの解決の問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

更新プログラムのロールアップの解決の問題


Exchange Server 2010 の SP1 用の更新プログラムのロールアップ 3 には、次のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている問題が解決されます。
  • 2506998 メインの自動応答から Exchange Server 2010 環境での構成を別の言語が自動応答に呼び出しを転送する場合は、呼び出しが切断されます。
  • 2497682 メールボックス サーバーで、Exchange Server 2010 の SP1 環境でホストされているメールボックス データベースのアクティブ ・ コピーのマウントを解除しようとすると、store.exe プロセスがクラッシュします。
  • 2497669 Exchange Server 2010 サーバー上では、EMC の [メッセージに送信者の名前を表示する] オプションを無効にした後、会議出席依頼を開くことはできません。
  • 2494798 IMAP4 クライアント アプリケーションを使用して、Exchange Server 2010 メールボックスにログオンすると、特定の電子メール メッセージをダウンロードできません。
  • 2494389 Exchange Server 2010 環境では"テスト EcpConnectivity"コマンドレットを実行すると、不要なイベントがアプリケーション ログに記録されます。
  • 2489822 OWA プレミアムを使用して、共有メールボックス内のアイテムを削除しようとすると「にアクセスしようとしているメールボックスが現在利用可能なない」のエラー
  • 2489713 Exchange Server 2010 の SP1 更新 Outlook の cookie の名前を変更した後、リモート ・ アーカイブ機能をサポートします。
  • 2489602 「Get FederationInformation」のコマンドレットから外部の Exchange 組織が Exchange Server 2010 環境でフェデレーション情報を照会できません。
  • 2487852 「必要なアクセス許可がありません。この操作は、グループのマネージャーによってのみ実行できます"エラー メッセージの「ManagedBy」属性では、Exchange Server 2010 の SP1 環境を変更しようとすると
  • 2487501 IMAP クライアント アプリケーションを使用して、Exchange Server 2010 環境でを読み取るしようとすると、電子メール メッセージの本文が空です。
  • 2484862 Exchange Server 2010 環境では、IMAP クライアントを使用して電子メール メッセージを読み取ることができません。
  • 2482471 コンテンツの検索では、Exchange Server 2010 メールボックスに接続する IMAP クライアント アプリケーションに失敗します。
  • 2482103 Exchange Server 2010 環境での EWS を使用して、配布リストの展開に時間がかかる
  • 2482100 作成または、Exchange Server 2010 環境での EWS を使用して、"NoResponseNecessary"の値を指定する受信トレイ ルールを更新できません。
  • 2481283 Outlook を使用して署名して、Exchange Server 2010 環境で電子メール メッセージを転送した後は、さまざまな問題が発生します。
  • 2479875 メールボックスは、Exchange Server 2010 環境では、.pst ファイルをインポートするのには、「New MailboxImportRequest」のコマンドレットを実行すると、Microsoft Exchange メールボックス レプリケーション サービスのサービスがクラッシュします。
  • 2479227 転送ルールが機能しないし、Exchange Server 2010 サーバー上の EdgeTransport.exe プロセスのクラッシュ
  • 2476973 イベント ID 2168 は、DAG では、Exchange Server 2010 の SP1 環境からの Exchange データのバックアップを作成しようとしたときに記録されます。
  • 2469341 Exchange Server 2010 環境でのオンライン モードで Outlook を使用して署名された電子メール メッセージを転送した後は、さまざまな問題が発生します。
  • 2468514 OWA 2010 Outlook 2010 カレンダーを使用して、複数のグループの予定表に追加の予定表へのリンクを削除します。
  • 2467565 Exchange Server 2010 で PowerShell 実行ポリシーを更新するのには、サーバーを定義、展開された GPO の更新プログラムのロールアップをインストールすることはできません。
  • 2464564 Exchange Server 2010 SP1 パスワード リセット ツールを有効にすると、OWA で入力したユーザー名を UPN 形式では、パスワードを変更することはできません。
  • 2463858 配布グループ名は、Exchange Server 2010 の SP1 環境で配布グループへの参加要求はありません。
  • 2463798 IMAP4 を使用して、Exchange Server 2010 の SP1 環境に予定表フォルダーにアクセスするときユーザーが outlook または OWA のパフォーマンスが低下することがあります。
  • 2458543 Exchange Server 2010 サーバー上の Exchange RPC クライアント アクセス サービスでメモリ リークが発生します。
  • 2458522 受信する迷惑メールの一覧や迷惑メールのセーフ リストからエントリを Exchange Server 2010 の SP1 をインストールした後が表示されません。
  • 2457868 Exchange Server 2010 の SP1 で OWA を使用してインターネット エクスプ ローラーの 9 を使用してインスタント メッセージを受信するときに「HTTP エラー 400 不良の要求」エラー メッセージ
  • 2457688 差出人セーフ リスト一覧には、OWA Exchange Server 2010 の SP1 環境で外部の電子メール アドレスを追加しようとするとエラー メッセージ
  • 2457304 Exchange Server 2010 メールボックス上の ActiveSync を使用してモバイル デバイスを同期すると同期の失敗した電子メール メッセージが表示されます。
  • 2451101 「フェッチ (BODYSTRUCTURE)」コマンドを使用して、Exchange Server 2010 環境で特定メッセージを要求するとき 7 ビット引用符ではない
  • 2447629 Exchange メール発信サービスが、Exchange Server 2010 メールボックス サーバー上で断続的にクラッシュするとイベント ID 4999 がログに記録されます。
  • 2445121 "テスト OwaConnectivity"コマンドレットまたは「テスト ActiveSyncConnectivity」コマンドレット EMS では、Exchange Server 2010 サーバー上で実行すると、Microsoft.Exchange.Monitoring.exe プロセスでメモリ リークを発生
  • 2443688 Exchange Server 2010 サーバー上の EdgeTransport.exe プロセスがクラッシュするとイベント ID 10003"および"イベント ID 4999 記録されます。
  • 2432494 Exchange Server 2010 の SP1 をインストールした後、Exchange 管理コンソールを使用して、特定のメールボックス サーバーでホストされているメールボックス データベースのコピーを表示できません。
  • 2426952 Exchange Server 2010 サーバー上のデータベースからメールボックス データベース コピーを削除できません。
  • 2424801 Exchange Server 2010 サーバー上の Microsoft Exchange サービスのホスト サービスがクラッシュします。
  • 2423754 会議出席依頼は、Exchange Server 2010 環境で発生する別のユーザーを追加した後、受信者の応答の状態が正しくありません。
  • 2417084 パブリック フォルダーは、Exchange Server 2010 メールボックスのパブリック フォルダーのお気に入り一覧からが表示されなくなります。
  • 2398431 タールピットは受信コネクタは、Exchange Server 2010 環境で機能を無効にした場合に SMTP パイプライン処理: を使用して電子メール アドレスを確認するのには正常に動作しません。
  • 2277649 Exchange Server 2010 サーバー上で"New TestCasConnectivityUser.ps1"スクリプトを実行すると、誤解を招く情報が表示されます。
  • 2009942 フォルダーは、Exchange Server 2010 のユーザーがオンライン モードで Outlook 2003 を使用するときに更新するのには時間がかかる
  • 2544011 Scanpst.exe を使って .pst ファイルは、Exchange Server 2010 環境で実行すると一部の電子メール メッセージの受信者が表示されません。

解決方法

更新のロールアップの情報

ダウンロードして、Exchange Server 2010 の SP1 の更新プログラムのロールアップ 3 をインストールするには、次の Microsoft Update web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com
メモ データベース可用性グループ (DAG) の一部である Exchange Server 2010 メールボックス サーバー上の更新プログラムのロールアップは、マイクロソフトの更新プログラムは検出されません。

この更新プログラムのロールアップは、次のシナリオで使用するには、更新プログラムのロールアップは、マイクロソフト ・ ダウンロード ・ センターからです。
  • 更新プログラムのロールアップ 3 は、Exchange Server 2010 の SP1 の Exchange Server 2010 の SP1 を実行している複数のコンピューターに展開します。
  • 更新プログラムのロールアップ 3 を Exchange Server 2010 の SP1 をデータベース可用性グループ (DAG) の一部であるメールボックス サーバーを展開します。

ファイルは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロード利用可能です。
Exchange2010 ・ KB2529939 ・ EN-x 64 パッケージをダウンロードします。
メモ この更新プログラムのリリース日は、2011 年 4 月 6日です。

インターネットに接続されているコンピューター上の問題を更新します。

インターネットに接続されていないコンピューターでこの更新プログラムのロールアップをインストールすると、インストールが長い時間をことがあります。また、次のメッセージが表示される可能性があります。
ネイティブ イメージを作成します。Net のアセンブリ。

この問題が発生するネットワークの要求のための http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl web サイト。

ネイティブ イメージの生成 (NGen) をネイティブ コードにコンパイルするアセンブリごとに、証明書失効リストをネットワーク要求を見ると、インストールを続行する前に要求ごとにタイムアウト必要があります。

この問題を解決するには、無効にします。 発行元の証明書の取り消しを確認します。 コンピューターにします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer をクリックします。 ツールをクリックして インターネット オプション、し、 高度な タブ。
  2. 下に セキュリティ セクションで、クリックしてをオフにするのには、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェック ボックス。
  3. をクリックして [OK].

厳密に管理された環境でコンピューターがあった場合は、この Internet explorer のセキュリティ オプションをオフにすることをお勧めします。この更新プログラムをインストールした後、再度有効に、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 セキュリティ ・ オプションです。

ファイルを Outlook Web App をカスタマイズしているコンピューター上の問題を更新します。

重要な 更新プログラムのロールアップを適用する前に、Outlook Web App のカスタマイズされたファイルのバックアップ コピーを作成することをお勧めします。Outlook Web App をカスタマイズする方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
Outlook Web App をカスタマイズする方法
更新プログラムのロールアップ パッケージを適用すると、更新プロセスが必要な場合、Outlook Web App のファイルを更新します。したがって、カスタマイズ、Logon.aspx ファイルまたはその他の Outlook Web App ファイルは上書きされます、Logon.aspx に Outlook Web App のカスタマイズ作成し直す必要があります。

CAS プロキシ展開ガイダンス CAS CAS のプロキシ処理を導入するお客様の問題を更新します。

更新プログラムのロールアップの次の条件を満たす場合は、インターネットに接続されていないクライアント アクセス サーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、インターネットに接続されたクライアント アクセス サーバーでが適用されます。
  • あなたは、CAS プロキシ展開ガイダンスのお客様です。
  • CAS CAS のプロキシ処理を導入しています。

メモ 他の Exchange Server 2010 の構成は、サーバーが特定の順序で更新プログラムのロールアップを適用する必要はありません。

CAS CAS のプロキシ処理の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
CAS CAS のプロキシ処理に関する一般的な情報

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Exchange Server 2010 Service Pack インストール 1 (SP1) する必要があります。

メモ この更新プログラムのロールアップを適用する前に Exchange Server 2010 の SP1 のすべての中間更新プログラムを削除します。

要件を再起動します。

この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動されます。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2010 の SP1 の更新プログラムのロールアップ 3 を削除するには、使用します。 追加またはプログラムを削除します。 削除するには、コントロール パネルの [2529939] を更新します。

参照
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述する用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明


プロパティ

文書番号: 2529939 - 最終更新日: 2011年5月25日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2529939 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2529939
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com