64 を超える論理プロセッサがアクティブな場合、Windows Server 2008 R2 のインストールがハングすることがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2529956 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

64 を超える論理プロセッサが有効なコンピューターに Windows Server 2008 R2 をインストールしようとすると、以下のいずれかの処理中に Windows セットアップが応答を停止する場合があります。
  • Windows セットアップの初期化
  • セットアップを完了するために必要な 2 回の再起動のいずれか

原因

この問題は、NDIS (Network Driver Interface Specification) ドライバーのエラーが原因で発生します。

コンピューターで 64 を超える論理プロセッサが有効な場合、NDIS ドライバーは一部の処理を正しく行いません。そのため、コンピューターで応答が停止する問題や、その他のシステム エラーが発生します。

解決方法

この問題を解決する以下の修正プログラムが提供されています。以下の修正プログラムは、Windows Server 2008 R2 RTM または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) のインストール メディアには含まれていません。セットアップ中に問題が発生するため、Windows と修正プログラムを正しくインストールするには、以下のいずれかのオプションを実行する必要があります。

オプション 1

  1. アクティブな論理プロセッサの合計数を 64 以下に減らします。これを行うには、ハードウェアの製造元の指示に従って、コンピューター上の一部の論理プロセッサを無効にします。
  2. Windows をインストールします。
  3. 以下の修正プログラムをインストールします。
  4. 手順 1. で無効にした論理プロセッサを再度有効にします。これを行うには、ハードウェアの製造元の指示に従います。

オプション 2

  • Windows 自動インストール キット (WAIK) を使用すると、コンピューターへの Windows の展開に使用するインストール イメージに以下の修正プログラムを統合することができます。

    WAIK をダウンロードするには、次の Microsoft ダウンロード センター Web サイトにアクセスします。
    Windows 7 用の WAIK のダウンロード
    Windows 7 用の WAIK の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    Windows 7 用の WAIK の一般情報
  • インストールで応答が停止する可能性がある多くの状況を回避するため、展開する Windows のイメージ、および展開に使用する Windows PE 環境に以下の修正プログラムを統合します。

    Windows PE イメージをカスタマイズする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    Windows PE イメージをカスタマイズする方法

修正プログラムの情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているシステムにのみ適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ln=ja&ws=support#tab0
注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを入手できる言語が表示されます。使用している言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムは提供されていません。

必要条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) を搭載している必要があります。

Windows Server 2008 R2 の Service Pack を入手する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
976932 Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 に関する情報

レジストリ情報

この修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後は、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で記載されています。お使いのコンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は夏時間 (DST) 調整済みのローカル時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要 Windows 7 の修正プログラムと Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、"修正プログラムの要求" ページの修正プログラムは、両方のオペレーティング システムの下に表示されます。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn)、および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に記載のファイルのバージョン番号を調べると確認できます。
    元に戻す全体を表示する
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.1.760 0.16xxxWindows Server 2008 R2RTMGDR
    6.1.760 0.20xxxWindows Server 2008 R2RTMLDR
    6.1.760 1.17xxxWindows Server 2008 R2SP1GDR
    6.1.760 1.21xxxWindows Server 2008 R2SP1LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされている修正のみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正だけでなく、修正プログラムも含まれています。
  • 各環境にインストールされる MANIFEST ファイル (.manifest) は、「Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報」セクションに個別に記載されています。MANIFEST ファイルおよび関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース)
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Ndis.sys6.1.7600.16797947,07219-Apr-201105:22x64
Ndistrace.mofNot applicable4,54810-Jun-200920:31Not applicable
Ndis.sys6.1.7600.20946947,07219-Apr-201105:27x64
Ndistrace.mofNot applicable4,54810-Jun-200920:31Not applicable
Ndis.sys6.1.7601.17598951,16819-Apr-201105:43x64
Ndistrace.mofNot applicable4,54810-Jun-200920:31Not applicable
Ndis.sys6.1.7601.21707949,63219-Apr-201105:31x64
Ndistrace.mofNot applicable4,54810-Jun-200920:31Not applicable
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース)
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Ndis.sys6.1.7600.167971,997,18419-Apr-201104:34IA-64
Ndistrace.mofNot applicable4,54810-Jun-200920:36Not applicable
Ndis.sys6.1.7600.209461,997,18419-Apr-201104:04IA-64
Ndistrace.mofNot applicable4,54810-Jun-200920:36Not applicable
Ndis.sys6.1.7601.175981,998,20819-Apr-201104:05IA-64
Ndistrace.mofNot applicable4,54810-Jun-200920:36Not applicable
Ndis.sys6.1.7601.217071,998,20819-Apr-201104:27IA-64
Ndistrace.mofNot applicable4,54810-Jun-200920:36Not applicable

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

マイクロソフトは、この現象が Windows Server 2008 R2 の問題であり、64 を超える論理プロセッサが有効なコンピューターで問題が発生する場合があることを確認しています。動作の信頼性を保証するため、これらのコンピューターにこの修正プログラムをインストールすることをお勧めします。

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

追加ファイル情報

Windows Server 2008 R2 の追加ファイル情報

サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (x64 ベース) の追加ファイル
元に戻す全体を表示する
File nameAmd64_1943a18096c3687ac081b61baa6581a9_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20946_none_ec7f38fe38f483ab.manifest
File versionNot applicable
File size696
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameAmd64_99e08887ea1eab83d8e854f27b53f63c_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21707_none_a489537c77fb608c.manifest
File versionNot applicable
File size696
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameAmd64_b11a753e1dc34bfb0c1be31199c7f459_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16797_none_344551ef52f2ee45.manifest
File versionNot applicable
File size696
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameAmd64_f8c908889bd82120e8464763caabb71d_31bf3856ad364e35_6.1.7601.17598_none_fa1744ded203d074.manifest
File versionNot applicable
File size696
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameAmd64_microsoft-windows-ndis_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16797_none_03b355ae35c656fa.manifest
File versionNot applicable
File size225,991
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:33
PlatformNot applicable
File nameAmd64_microsoft-windows-ndis_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20946_none_047203b14ebc4edf.manifest
File versionNot applicable
File size225,991
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:33
PlatformNot applicable
File nameAmd64_microsoft-windows-ndis_31bf3856ad364e35_6.1.7601.17598_none_059ab2fe32ebdc3d.manifest
File versionNot applicable
File size225,991
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:33
PlatformNot applicable
File nameAmd64_microsoft-windows-ndis_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21707_none_0684a0b14bc1645e.manifest
File versionNot applicable
File size225,991
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:33
PlatformNot applicable
File nameUpdate-bf.mum
File versionNot applicable
File size3,153
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
サポートされているすべてのバージョンの Windows Server 2008 R2 (IA-64 ベース) の追加ファイル
元に戻す全体を表示する
File nameIa64_10e60f79da99b583560bb791a97616f8_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21707_none_90af30d86902ac02.manifest
File versionNot applicable
File size694
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameIa64_bf295bda7f8c1482a6255959ad693758_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16797_none_ffa7f5a585c7e84e.manifest
File versionNot applicable
File size694
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameIa64_c15068b6a1e2ae1e4b3dd1b0308691e4_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20946_none_77c0d2d93c11a228.manifest
File versionNot applicable
File size694
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameIa64_d4dcb362691fa96e702dba4be2efd288_31bf3856ad364e35_6.1.7601.17598_none_69984d58559454ed.manifest
File versionNot applicable
File size694
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameIa64_microsoft-windows-ndis_31bf3856ad364e35_6.1.7600.16797_none_a7965e207d66eec0.manifest
File versionNot applicable
File size225,960
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameIa64_microsoft-windows-ndis_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20946_none_a8550c23965ce6a5.manifest
File versionNot applicable
File size225,960
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameIa64_microsoft-windows-ndis_31bf3856ad364e35_6.1.7601.17598_none_a97dbb707a8c7403.manifest
File versionNot applicable
File size225,960
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameIa64_microsoft-windows-ndis_31bf3856ad364e35_6.1.7601.21707_none_aa67a9239361fc24.manifest
File versionNot applicable
File size225,960
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
File nameUpdate-bf.mum
File versionNot applicable
File size2,126
Date (UTC)19-Apr-2011
Time (UTC)23:24
PlatformNot applicable
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2529956 - 最終更新日: 2011年11月1日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Foundation
  • Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems
  • Windows Web Server 2008 R2
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbfix kbautohotfix kbhotfixserver kboem KB2529956
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com