Exchange Server 2007 Service Pack 3 用の更新プログラムのロールアップ 3 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2530488 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3 (SP3) 用の更新プログラムのロールアップ 3 をリリースしました。この資料は、更新プログラム ロールアップに関する以下の情報について説明したものです。
  • 更新プログラムのロールアップで解決される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法

はじめに

更新プログラムのロールアップで解決される問題


Exchange Server 2007 sp3 の更新プログラムのロールアップ 3 には、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている問題が解決されます。
  • 2498066 Exchange Server 2007年環境でのデータベース ファイルを拡張しようとすると、エラー メッセージ「システム リソース不足存在、要求されたサービスを完了する」
  • 2497679 会議出席依頼が正しく開けない SP3 または Exchange Server 2007 SP2 の EMC では、「メッセージに送信者の名前を表示する」オプションを無効にします。
  • 2493529 1160 のイベント ID が記録され、Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービスがランダムに、Exchange Server 2007年サーバーに応答を停止します。
  • 2492384 Exchange Server 2007 環境から会議出席依頼を送信すると、外部出席者からの会議出席依頼の返信ステータスが正しく表示されないことがある
  • 2490788 ActiveSync を使用して、モバイル デバイスでは、Exchange Server 2007年のメールボックスと同期するときに、予定表の同期がタイムアウトします。
  • 2489898 Exchange Server 2007 環境のパブリック フォルダーからアイテムが予期せず削除される
  • 2480197 「SSL を要求する] 設定は、Exchange Server 2007年サーバー上の RPC 仮想ディレクトリで予期せずに選択しました。
  • 2479939 Exchange Server 2007年環境で期待どおりのリソース メールボックスのプロパティ"ScheduleOnlyDuringWorkHours"が機能しません。
  • 2477139 Exchange Server 2007年環境では、あいさつのメッセージの再生中に、UM 自動アテンダントで DTMF 入力は受け付けられません
  • 2470759 ストレッチ クラスター上に Exchange Server 2007 SP3 の CCR 環境には、「テスト Replicationhealth」コマンドレットが失敗します。
  • 2461537 Microsoft.Exchange.Search.ExSearch.exe プロセスを適用した後の更新プログラムのロールアップ 1、または更新プログラムのロールアップ 2 を Exchange Server 2007 SP3 の SCC パッシブ ノード上で 100 % の CPU を消費します。
  • 2457838 Macintosh コンピューターから Exchange Server 2007年のメールボックスに電子メール メッセージを送信すると NDR メッセージを「554 5.6.0」
  • 2448291 オブジェクトが壊れています」が矛盾した状態で、Exchange Server 2007 SP3 サーバー上でトランスポート ルールを表示するときに、警告メッセージ
  • 2445129 WebDAV クライアントは、Exchange Server 2007年サーバーに接続するときに、W3WP.exe プロセスがクラッシュします。
  • 2418993 Exchange Server 2007年環境で、SMTP バナーが表示される前に、Telnet セッションを閉じるときに、Edgetransport.exe プロセスがクラッシュします。
  • 2410330 EdgeTransport.exe プロセスのクラッシュは、Exchange Server 2007年環境でリダイレクトするトランスポート ルールとパイプライン トレース機能が有効になっている場合
  • 2408435 「コンピューター アカウントを ' SMTPSVC/' アクティブ ディレクトリで見つかりませんでした」エラー メッセージ、Exchange Server 2007年環境で
  • 2394853 Exchange Server 2007年環境では、添付ファイルを列挙するために WebDAV の"X MS ENUMATTS"メソッドを使用すると、返される URL が正しくありません。
  • 2294143 Exchange Server 2007年環境で POP3 クライアントまたは IMAP4 クライアントを使用する場合、重複する開封確認が送信します。
  • 2267661 サード パーティのメール クライアントを使用して、Exchange Server 2007年ユーザーがメッセージを送信するときに、添付ファイルとして、メッセージの本文の一部が表示されます。
  • 2032592 VSS バックアップは、Exchange Server 2007 CCR クラスターのパッシブ ノードで障害が発生したし、イベント ID 2034 が記録されます。
  • 982714 Exchange Server 2007年サーバー上の「エクスポート ActiveSyncLog」コマンドレットを実行して返されるアイテム合計値が正しくないです。
  • 979338 Exchange Server 2007年のユニファイド メッセージング サーバーによって fax の通信セッションが削除されます。
  • 955480 会議出席依頼は、外部のユーザーから、Exchange Server 2007年のユーザーに送信されるときに仮のではなく時間としてスタンプします。

解決方法

更新プログラムのロールアップの情報


ダウンロードして Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップ 3 をインストールするには、次の Microsoft Update web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com

メモ Exchange Server 2007年用の更新プログラムのロールアップは、Microsoft Update のクラスター化された Exchange Server 2007年システムでは検出されません。

Exchange Server 2007年を実行している複数のコンピューターに、Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップ 3 を展開することができます。また、Exchange Server 2007年を実行しているクラスター化されたサーバーに Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップ 3 を展開することがあります。更新プログラムのロールアップは、Microsoft ダウンロード センターからもあります。

ファイルは、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトからダウンロードできます。
パッケージ Exchange2007-KB2530488-EN を今すぐダウンロードします。

リリース日: 2011 年 3 月 30 日

重要:

再起動の必要性

この更新プログラムのロールアップを適用すると、必要なサービスが自動的に再起動します。

削除情報

Exchange Server 2007 SP3 の更新プログラムのロールアップ 3 の選択を削除するを使用してプログラム追加と削除コントロール パネルの [2492691 の更新プログラムを削除します。

詳細

Exchange のバージョンの詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh135098.aspx

関連情報

ソフトウェア更新プログラムを説明するためにマイクロソフトが使用している用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 2530488 - 最終更新日: 2014年6月24日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition
    • Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition
キーワード:?
kbqfe kbfix atdownload kbexpertiseinter kbsurveynew kbhotfixrollup kbmt KB2530488 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2530488
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com